MAGカップ公式ブログ

2022年11月20日(日)開催の、漫画・アニメ・ゲーム等のジャンルについて出題される個人主催のクイズ大会についての告知用ブログです。

MAGカップ3杯目について

開催日:2022年11月20日()
大会名:MAGカップ3杯目 会場:オンライン(Discord+Qox)
主催:阪本諭史 Twitter:@QUIZ_MAG_CUP
開場:11:00/開始:12:00/終了(予定):18:30
参加費:無料コンセプト:主催者の好きなように漫画・アニメ・ゲーム系のクイズを出題する
参加定員:24人
主催者の言葉:前回大会からおよそ8年ぶりとなります。再び大会を開きたくなって帰ってまいりました。
今回はオンラインでの開催に決めました。また、今大会の特別ルールとして、「カンニング可」とします。
企画内容:全て早押し
問題何度・傾向:1R、2R、敗者復活は半数以上が分かる問題。3R、準決勝、決勝は少し難易度の上がった問題が増えていきます。画像を見て答える問題もあります。当ブログの例題を参考にしてください。
レギュレーション:参加制限無し
優勝賞品:なし

大会で使用するDiscordサーバ上でエントリーを行う予定です。エントリーは10月1日()00:00に開始します。サーバのURLはエントリー開始と共に公開します。

【3杯目ラウンド紹介①】1R 3○2休

・参加者全体を2組に分け、各組30問限定の早押しクイズを行います。
・正解すると○を得ます。3○で勝ち抜けです。
・誤答は2問休みです。
・勝ち抜けた人には順位に応じて以下のボーナスが入ります。限定問題数終了時点で勝ち抜けられなかった場合はボーナスはありません。
順位1234567~
得点3221110
・○の数とボーナスの合計が順位点として入ります。

カンニング可について(2)

カンニング可と言われてるけどどこまでやっていいの、という疑問にお答えします。

・事前に作成したカンニングペーパーやメモ、あるいは出題対象作品を見ながら参加する→OK
・クイズに参加中、出題された問題の情報についてウェブで検索する→OK
・その場に仲間を呼んで、一緒に問題を聞きながら答えを教えてもらう→OK
(当然ながら、MAGカップでの話です。他の大会でやらないように)

・他の参加者や見学者に答えを教えてもらう→MAGカップ用のDiscordサーバにいる人に聞くのは非推奨です。発覚した時点で失格にはしませんが、やめるように呼びかけます。話を聞いてくれないようならサーバからキックします。

・大会の様子を一般にミラー配信し、答えを教えてもらう→不特定多数への配信はNGです。発覚した時点で該当の参加者をキックします。
・主催者のPCをハックして問題を盗み見る→不正アクセスは犯罪です。発覚した時点で大会を中止し、しかるべき機関に通報します。

カンニング可について(1)

MAGカップ3杯目をオンラインで開催するにあたってひとつ決めることがありました。それは「カンニング対策どうするか」です。
結構悩んだのですが、「最初からカンニング許可しておけば逆に不公平感が無くなるのでは」と考え、今回のレギュレーションとしました。
ちなみに、カンニング許可に伴い「ペーパー、ボード、早押しボードの類は行わない」と決めています。

以下は検討の内容を簡単にまとめたものです。

1.オンラインである以上物理的な干渉は不可能
・参加者の良心を信用する
 →まあこれはないかな。身内の集まりならともかく、悪意もって参加する人が出た時点で崩壊します。
・謎解きなどカンニングでは対応できない問題で大会を開く
 →何問作る必要があると思ってんだ→却下

2.能動的でないカンニングをどこまで認めるか
・各自の自宅から参加するため、たとえば「部屋に貼ってあるポスター」「横に置かれた本棚の本」で答えが分かる可能性がある。これらは意図せず目に入ってしまうかもしれない。
 →参加者に部屋の様子を映してもらって目に入る範囲の情報を片付けてもらう→MAGカップでそこまで求めるか?

3.補助ツールの使用について
・Google IMEの予測変換のおかげで曖昧なタイトルでも補完してくれる、という話を聞いた。
 →仮にこれを禁止する場合、日本語入力ソフトをこちらで指定し、さらに、辞書機能の不使用、履歴のクリアを示してもらう必要がある→非現実的

じゃあ、逆にカンニング可にすればいいのでは?
→不正行為をするのが問題であれば、カンニングを不正行為ではないと決めてしまえば問題はなくなる
→カンニングをルールに組み込むことによって、カンニングをしない人の不公平感(なぜルールを守っている側が敗退しなければならないのか)が薄まる(はず)
→上でみたように、オンラインクイズでは参加者の環境や動きに干渉することは極めて困難
→「こちらから制御できないことは禁止しない」という方針にする

3杯目開催します

全国の漫画・アニメ・ゲームが好きな皆様、漫画・アニメ・ゲーム系のクイズが好きな皆様

MAGカップ主催の阪本です。
来たる2022年11月20日、第3回大会「MAGカップ3杯目」を開催します。
2杯目は2014年でしたので、8年ぶりの開催となります。
過去2回の大会に負けず劣らず愉快で個性的な問題を用意しています。
今回は、オンラインでの開催に決めました。普段周りにクイズする場が少ないよ、という方も奮ってご参加ください。お待ちしております。
プロフィール

manga_anime_game_c...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ