スポンサーリンク


マユリ:・・・日番谷隊長

君に試したい薬が幾つもあるんだ

今なら受けてくれるネ?

何 心配はいらない

全ては

瀞霊廷の為に だヨ

マユリに向け刀を振り下ろす日番谷

それをかわしながら両手から網のようなものを飛ばすマユリ

飛び上がりそれをかわしマユリの頭上から一撃を加える日番谷

マユリも斬魄刀を取り出す
斬魄刀同士が激しくぶつかる

マユリも斬魄刀を抜きそれを受け止める

そこから激しい剣戟の応酬が始まる

マユリ:研究室にこもってばかりいる私などに
太刀筋を読まれている事が不思議かネ?

先日 疋殺地蔵にセンサーを埋めてネ

私の周囲2尺以内に入った刃に対し
常に60度以上の角度をつけて接触するよう設定した

つまり 君の剣を全て自動で受けきるという事

その直後 膝蹴りを繰り出す日番谷

それを左手で受け止めながら日番谷の膝に丸い布のようなものを当てるマユリ

マユリ:今の話で剣でなければ当てられると判断したろう

それが剣以外で攻撃させる為の誘導だとは思わなかったかネ?

日番谷の膝に貼り付けられた布が爆発し右足が吹き飛ぶ

が、しかし即座に再生

そして切りかかってきたマユリの一撃を受け止め
マユリの斬魄刀を手で抑える

そして
日番谷:卍解

大紅蓮氷輪丸!!

卍解する日番谷

マユリ:ぬうッ!!
押さえつけられた斬魄刀から凍りついていくマユリ
そして斬魄刀から手を放す

しかし右半身が凍りついてしまうマユリ

そこへ
ドン
止めの一撃を加え マユリを貫く日番谷

マユリ:・・・ひ・・・ ・・・日番谷隊長・・・

次の瞬間 何故か場面は戦闘前に戻る

マユリ:キミに試したい薬が幾つもあるんだ
今なら受けてくれるネ?]

日番谷:!?
驚く日番谷

マユリ:何 心配はいらない

全ては

瀞霊廷の為に だヨ

再びマユリに斬りかかる日番谷
マユリが斬魄刀で止める

マユリ:研究室にこもってばかりいる私などに
太刀筋を読まれている事が不思議かネ?

日番谷:・・・それはもう聞いた どうなっている?

マユリ:会話が成り立つのかネ

新しい発見だ

日番谷:卍解  大紅蓮氷輪丸!!!

再び卍解しマユリを凍りづけにし打ち砕く日番谷

マユリ:・・・さ・・・ 流石に強いな・・・

・・・日番谷隊長

君に

試したい薬が幾つもあるんだ
今なら受けてくれるネ?

場面は再び戦闘前へ

日番谷:・・・・・・!!!

何だこれは・・・!
何が起きてるんだ!!

焦る日番谷

マユリ:オヤ 何だ

脳が気付き始めているネ

ごきげんよう日番谷隊長 何度目の「今」かネ?

笑うマユリ

日番谷:・・・・・・・・・

マユリ:私の薬は皆

使用者に新しく素晴らしい体験を与えるものばかり

人知を超えた力・知覚・反応・勇気・・・・・

そして君には

過去を見通す力を与えた

戦いの中であるポイントを通過する度に
君は過去の一定の地点に立ち戻る

あるポイントとは 私を殺すこと

つまり私を殺さなければ君の未来は永遠に続くが

私を殺せば君の未来はそこで止まるという訳だ

悩ましいネ

敵を倒さねば前に進めない
しかし倒せば後ろに進んでしまう

ただ
この薬に不完全な所は

短期記憶を司る海馬にしか作用しないということ
そのため使用者は何度過去へ立ち戻ったか記憶できない

そして
過去への旅行が10回を越えると

重篤なな副作用に見舞われる

脳の平衡感覚を司る部位が三十秒ほど完全に麻痺する

三十秒の麻痺など大したことではないと心優しい日番谷隊長は
思ってくれるだろうが

戦闘中に起きては一大事だ

新薬に副作用はつきものとは言え
これでは到底市場に出せはしない・・・

さて ここで問題だ

私は一体いつの時点で
君に薬を盛ったのだろうか??

日番谷:・・・・・・・ くそっ・・・!!
マユリを恨めしそうに睨み上げる日番谷

マユリ:答えは 過去で受け付けるヨ

ドッ
マユリが日番谷に刀を振り下ろす

ブリーチ BLEACH 594話へ続く

スポンサーリンク