2010年01月12日

『フダンシズム-腐男子主義-』ism.43 ワタシ誰アル?はるまき姉妹

『フダンシズム-腐男子主義-』もりしげ/ヤングガンガン 2010 NO.2より
ひ~こちらも遅くなりました…クリスマス発売だったんですよねえ…えらく昔のことに感じます。


ここで先ず、大ポカやらかしていたことにお詫び。前回の感想を書いていたとき実は更衣室に受け付けにいた女性とコスプレ広場にいた少女が同一人物だと思い込んでいました(汗)…よく見ればわかることなのに、本当にすいません…。
今回はその2人がメインで描かれていました。更衣室にいた女性はベテランスタッフ”はるき”さん。他のスタッフにも何かと頼りにされる百戦錬磨の同人戦士のようです。片や広場にいる黒髪の少女ですが、ちょっと問題ありのようで…。


コマケ(コミケ)には様々な参加者が集うので、安全のために多くのルールが存在します。たとえば主にコスプレ時の小道具に関しては「長物禁止」など。それに明らかに反した道具を持ち歩いていたため彼女はスタッフに呼び止められますが全く聞く耳を持たず、しかも驚きの身のこなしで誰も捕まえることが出来ない困った事態に。それを見たアマネは少女を追いかけます。


いやあー…近頃増えたとされるイベントの何たるかを一切調べもせずに会場に紛れてしまう人。彼女、”十河まさき”さんには一応、ちゃんとした目的があったわけですが正直見ていてイラッとしてしまいました…くぁ~。いや、同人云々は別にしても人の話を聞かないのはいかんよ…。
そんな困ったちゃんを捕まえたアマネははずみでウィッグが外れて男の子ということがばれてしまいますが、驚く彼女に対して言った数(アマネ)の言葉(心の声を含む)にはじぃんときました。
2010011202060000
苦労も絶えない女装生活ですが、いまの数君にとってこの上ない答えだったと思います。


ともあれスタッフに連れられて行ったまさきさんは先のスタッフさん、はるきさんの妹さんだということが判明。趣味趣向は正反対のようですが会話はなんともテンポのいい漫才のような2人でした。・・・しかしこの姉妹、2人ともアマネが男子だということに気がついていることになりますね。この後どう物語に影響していくのか気になります。


一方コスプレ広場にいる皆のもとへ帰るアマネ。皆は今後の進路について語り合っていましたが、刹那さんときよきよの協力プレーで罵られる松本部長かわいいよ松本部長。刹那+きよきよ×松本部長…アリだな!


余談ですが、「姐さん講座」のサンタ娘仕様たまたんが『花右京メイド隊』のシンシアにそっくりでちょっと興奮しました。やっぱりたまたんは見た目18歳以上に見えないなあ…w
ついでにもりしげ先生で「はるまき」というとミヤビさんの得意料理だなあとか思ってしまいます。はるはるまきまきなのでーす。



前号感想
『フダンシズム-腐男子主義-』ism.42 Moe Moe おおきに毎度あり!!

過去エントリ
「ぎこちなさ」の真骨頂 腐男子主義-フダンシズム-2巻/もりしげ - 漫画脳
オタクイベントにおける多面性 フダンシズム-腐男子主義- 3巻 - 漫画脳
 たった一本の折れないフラグ 『フダンシズム-腐男子主義-』4巻 - 漫画脳
恋、友情、すれ違い、あとガイア。 『フダンシズム-腐男子主義-』5巻(もりしげ)



manganou at 02:20コメント(0)トラックバック(0)フダンシズム-腐男子主義-   このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

ササナミ

記事検索
  • ライブドアブログ