2005年02月14日

ヴァレンタイン

ヴァレンタインかぁ。 みんな、今日はどう過ごしていたんだろう。 
 
日本ではチョコレートにプレゼントと女の子たちは頑張るけど、ここイギリスではカップルの日という感じ。男女とも自分のパートナーにカードや花束を買い、どこかで食事、っていうのがよくあるパターンかな? すごいとこでは、お互いにプレゼントを買いまくる!なんてカップルもいるみたいだけど、それはお金があればこそできるわけで。
 
私はというと…
英国カモシカからカードをもらったのに、私はカードの1枚も買ってなかった。
だって去年のヴァレンタインに、私はカードをあげたのに彼からは何もなかったから!英国カモシカはちょっと変わり者で、イギリスで恒例のクリスマスカードでさえ送らない人。だから、カードとかは嫌いなんだろうと勝手に思い込んでいた。 ごめんね、英国カモシカ。
 
そして、イギリス中のカップルがロマンチックな夜をすごしている中、私たちも!と映画を見ることに。 そして見たのは。。。
 
 The Magic Round About
 
イギリス人なら誰でも知ってる、60年代にBBCで放送されてた子供番組!
これはそのリメイクの映画版で、公開前からThe Magic Roundaboutの存在は知っていたけど見たことのなかった私は、これは見ようとこころに決めていた。
内容は、子供番組なのにドラッグ中毒を連想させる砂糖の大好きな犬Dougle、カタツムリのBrian、ピンク色の牛Ermintrudeなどのキャラクターによる、アドベンチャー。 原作はフランス人、Serge Danot氏。
 
イギリスのBBCの子供番組って最近の"テレタビーズ"などもそうだけど、やけにカラフルでわけわかんなくて、意味不明ってのが多いが、その中でもこの Magic Roungabout はヤバイって聞いてたのでBBCの子供番組ファンの私としても、期待度かなり高し!
 
このリメイク版では、Dougleの声をRobbie Williams、そしてDougleの飼い主、Florenceの声はKylie Minogueが担当するなどして話題にもなっていた。
でも…ぜんぜんオリジナルとは違うかなぁ〜。 キャラクターとかは確かにオリジナルに近いんだけど、綺麗にデジタル化されてて、音楽もとってもモダン。 テーマ曲もオリジナルとは違い、現代の子供向け音楽といった感じだった。 私も英国カモシカもちょっとガッカリ。 でもとりあえず見た、ってことで。
 
ちょっとはロマンチックなことを、と映画のあとは中華を食べに行きました〜!
 
これは私の持ってるDougleのぬいぐるみ!実際のDougleはもっと毛が長くてかわいいんだけどな。Dougle
 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mangi_japan/14387311