2005年03月31日

英国カモシカ、続編

とりあえず、英国カモシカのその後を。。。
昨日、私は熱を出した。 ムカつきすぎの知恵熱と思われる・・
英国カモシカ兄の説得により、『なぜ私が怒っているのか』を再考した彼は、今日こそは私と怒らずに話してくれることに同意。
そう、彼は瞬間湯沸かし器、なのでちょっとした事でプチーンと切れることがある。なので、落ち着いて話をすることが難しいことがある。。
でも今日は熱でうなされる私を前に、少しおとなしかった。
2時間も話し込んだ結果、やっとやっと、
『ごめん。今まで気持ちをわかってあげてたと思ってたけど、実際は理解不足だったみたい。なんでお母さんと話してくる必要があるのか、今度こそわかったよ』とのこと。 本当か???
でも、ホント、ここにたどり着くまでに2時間。 
私の英語力うんぬんじゃなく、本当に彼は鈍感というか・・。 
最後には、それをわかって付き合ってる自分にも愛想が尽きてきた・・・。
とりあえずわかってくれたらしいので、あとは彼の母親との和解をするのみ。 でも・・・彼女に発狂されたらイヤだなぁ。。。と、今度は私が気弱になってきた(笑)。
英国カモシカに『なぜ私が彼女の発言で気分を害したたのか』ということを理解させるのに2時間もかかったおかげで、私は頭の血管切れそうな状態でした。 で、もちろん熱は上がり、頭痛も始まり・・・。
今はなんとか落ち着いてるけど。
ホントに散々だったイースター・ホリデーもやっと終わってくれて嬉しい!
これから先、イースターがトラウマになりそう(笑)。
 
明日からウェールズに行ってくるので2、3日、ブログはお休みです。
  

Posted by mangi_japan at 22:38Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月30日

Under The Influence-Super Furry Animals

Under The Influenceわーい!
やっとイギリスのAmazonで買ったSuper Furry Animalsこのリンクはオフィシャルのサイトじゃないけど、このファンサイトの方が断然情報量が多い!)が今まで影響を受けてきた音楽を収録したコンピ・アルバム、『Under The Influencu』が届いた。
本当はSFAの新作を待ちかねてるんだけど、どうも発売は延びに延びて7月頃になりそう。 もうレコーディングは終わってるんだけどなぁ・・。 きっとレコード会社とかとの絡みで、今はリリースできないのでは・・なんて私は思っている。
さて、この『Under The Influence』、収録曲はここからどうぞ。視聴も可です。  メンバー1人あたり3曲ずつ選曲して、アルバムには合計15曲収録。SFAはよくDJセットもやるから、このアルバムも聴いてるだけでどのメンバーの選曲かわかってしまうくらい、とってもわかり易い(笑)。
しかし、ちょっとビックリだったのがCian(キーアンって感じの発音で。主に、様々なノイズ、キーボード、テクノetc..担当)選曲のJUSSI BJOERLINGって人。 これってオペラ(笑)よね、どう聴いても・・。 しかもこの人のCD、日本のAmazonでは品切れになってた。そんなに大人気なのか?? って単に売れないから入れないだけ(笑)? 
いきなりオペラ聴いて、ちょっと心が洗われましたわ(笑)。
嬉しかったところでは、DATBLUGYMEIC STEVENSなどのウェールズ勢が聴けるとこかな。わかり易いけど、もちろんこれはヴォーカルのGruff(グリフ)の選曲。
そして大感激!のUnderworld『Rez』! やっぱり初期のUnderworldは最高! そしてこの曲は、私にとってもすごく思い入れのある曲でもある。 その昔、まだ日本のテレビで “BEAT UK” というUK音楽のチャート番組をやっていた時に『Rez』がかかり、私はぶっ飛んだ。
それまでインディーばかり聴いてた私にとってこの『Rez』は大衝撃で、テクノを聴く足がかりを作ってくれた。 その後、Aphex Twinリンクは彼の所属するWarpレコードへ。音楽が流れるのでボリュームに注意!)やその周辺ものなどを聴き始め、今に至る。
今のUnderworldが、ゼッタイ保障でライブで『Rez』を演ってくれるのなら、私は大金はたいてでも見に行くと思うわ。
もちろんSFAの影響で知った音楽も数知れず・・・。
でも『Under The Influence』ってホントに選曲バラバラ!
よくもまあ、こんだけバラバラな趣味してて、バンドとして1枚のまとまったアルバムを作れるなぁ、と感心。 この中には、私にはどうしても受け付けられない曲もある。例えば、Sly&The Family Stoneとか・・。 すごいクラッシックなんはわかるんだけど、どうもソウルとかはダメみたい。
何はともあれ、
  早くSFAとしてのニュー・アルバムを出して〜〜〜!
  
Posted by mangi_japan at 21:12Comments(2)TrackBack(0)

2005年03月29日

駄々っ子

また英国カモシカはブリュッセルに出張(本当に出張多すぎ!!)。 
しかもたった15分の会議の場にいなきゃいけないからって・・。
それはかなりの経費の無駄では・・・? 
なので、今朝早くにブリュッセルに向かい、今日の夜9時には戻ってきた。来月は20分の会議出席のために出張だそう。 馬鹿らしいわ。
電話で済ませればどんだけ経費の節約ができるか、なんて思う私は貧乏性。
そして。。。帰宅した英国カモシカに聞くことはただ1つ。
  昨日、母親に何を言われたのか。
放っといたら言わないだろうと思い問い詰めると・・・
 『恐くて言い出せなかった・・・ だと。 
この意気地なし〜〜!!
もういい加減、愛想も尽きてきそう。 『お母さんを傷つけたくなかった』って、じゃあ傷つけられた私の立場は?? この先も彼女の暴言を放っとくつもり?? これじゃどうにもならんので、また英国カモシカの出番。 私はそのままお兄ちゃん宅に行き事情を説明。 
頼もしいお兄ちゃんはいつも私の味方。
英国カモシカを電話で淡々と諭し・・・
『このままじゃ何も解決しない。もし1人でお母さんに話しに行くのが恐いなら、俺も一緒に言ってやるから』って・・・!
  ・・・なんか、そこまで恐がるような母親か?? 幻滅。
彼らの母親はただの駄々っ子のような人で、人の言うことは聞かない、なにか彼女に対して批判めいたことを言うと、
「どうせ私が悪いんでしょ〜〜、私がいなければいいんでしょ〜〜〜!!!などと泣きわめくような人・・・。
ハァ−ーーッ 馬鹿らしい! この先、この母親と付き合って行くかも、
と思うと気が重いです。。。
関係ないけど、今日のDiglis。鼻が汚れてる。。。
Diglis  
Posted by mangi_japan at 00:58Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月28日

猫たち

この付近は本当に猫が多い。猫好きにはたまらない場所だろうなー。
でも私は、これだけ猫に囲まれていても(つっても全部誰かの家の猫!)犬派。 自分で飼うならゼッタイ犬!! でも、動物全般好きだから猫も好きだけどね。
そして、今日は久しぶりにデブ猫スパイダーがやって来た。スパイダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この猫、遠くから見ると、灰色の毛の塊が動いてるように見える。
すごく人懐こいんだけど、いつも気が狂ったように、とにかく何度も何度も擦り寄ってくるからちょっと恐い。
そして番犬ならぬ番猫Diglisは、タマ以外の猫が家の中に入ってくるのを許さない。今日も、猫ドアから入ってこようとしたスパイダーを撃退!
でも結局私が玄関を開けてしまい、そこからスパイダーが入ってきてしまった。スパイダーとDiglis
それに気付いたDiglisは
威嚇の構え!威嚇Diglis
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、スパイダーは撃退されてしまったとさ。
それにしてもDiglis・・・いつもうちにいるけど、うちの猫じゃないのよねぇ。
ホントに自分の猫とか飼いたくなったときは、Diglisにちゃんと理解してもらわないと・・・。花見猫
そして、これはよく見かける名無しの猫。よく庭で草を食べてるんだけど、今日は塀の上で花見?
いい感じで絵になってた。
 
今日は1人でこんなことばっかりやってたわ。
 
だって英国カモシカは、例の母親にイースターの食事に招かれて行ってしまったから。
2時ごろ出てって、帰ってきたのは夜8時半頃。 彼はやけに私に優しかったけど、母親に何を言われたのかは知らない。 言ってこないから聞かなかった。 
母親、人種差別プラス『息子(たち)を誰にも渡したくない!』的なところがあるのも判明 英国カモシカ兄の前の彼女が、私と同じ被害にあってたことがわかった。だからあのカップルは別れたのか??
私もこの先ずっとこれはなぁ・・・。考えようっと。
  
Posted by mangi_japan at 20:49Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月27日

オカルトな日

昨日から、英国カモシカとはほとんど話をしてない。
『私は悪いことなんてしてないんだし、あんたの親に何言われようといいけど、あんたが助けてくれないんだったら私はずっと1人で耐えなきゃいけないじゃないの!そんなのフェアじゃない!!』と言っても 『でも親とケンカはしたくない』なんて言ってた英国カモシカに、私はぶちきれてた。
で、午後になって1人で英国カモシカ兄に会いに行った彼。
私はイースター休みだというのに1人で何もすることがなく退屈〜〜〜。
で、ずっとネットをしてた。 
 
そして英国カモシカが帰宅したのは夜の9時過ぎ。 その時私はというと・・・普段は見ない“2ちゃんねる”のオカルト・スレなんてもんを見てたのよねぇ・・。私の心理状態を反映してたらしい。そして英国カモシカの帰宅後もオカルト・スレに夢中。結局、夜中の12時くらいまで見続けてしまった。 
そろそろ寝るか、と思いPCの電源を切って『寝る前にトイレとトイレに入った。とその時・・・・、何の前触れもなくトイレの電気が消え真っ暗に!!!
ひょえ〜〜〜〜、恐いよ〜〜〜 かなり泣きそうだったわー。
しかも私はトイレの中で何も見えずに困った。
なんとか手探りでことを終え(笑)トイレから出たけど、どうやらこの辺一帯が停電になったらしい。30分後くらいには復旧したんだけど。
それにしても、このグッドタイミングってば!マジで恐かったデス。
 
そして、兄と話してきた英国カモシカ。どうも兄に諭されたようで『明日、親とちゃんと話してくる』と言ってくれた。頑張ってくれよ〜〜〜!
  
Posted by mangi_japan at 21:17Comments(0)TrackBack(0)