2005年04月30日

夏が来た〜♪

日本がGWの今、月曜日がバンクホリデーで休みなのでイギリスも3連休です。そして、連休第1日目の今日はホントにいい天気!!
私は常々『イギリスには夏と冬しかない』と思ってるんだけど(極端に暑いか極端に寒いか。そして1週間で夏と冬を同時体験できるほど天気が変わる・・・)、今日は春を通り越して夏のようだった。半袖でも暑いくらい!
そしてこの青空!!晴天 
こんなキレイな青空をイギリスで見たのなんて久しぶり。 
風邪はまだ治りきってなかったんだけど、家の中にいるのも悔しいので、英国カモシカの職場があり、私も1年間ほど働いていた町、Malvernへ行ってきた。車で30分くらいの場所。 
ここは Malvern Hills と呼ばれて名前の通りある。 そしてイギリス内で売られている“Malvern Water”というミネラル・ウォーターはここで取れます。
湧き水なんで、ペットボトルや水筒片手に水を取りに来ている人たちもいるくらい!
この丘はかなり大きくて、1日で全部を歩くのは無理。 今回は今まで歩いたことのないルートに挑戦。
写真で少し遠くに見えているまで歩いた。
 ここ塔   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 サマータイムになってから、どんどん昼間の時間が長くなってきているイギリス。 私はもう少し長く外に居たかったんだけど、英国カモシカのDoctor Whoが始まる前に帰らないとという言葉に反応(笑)。 そう毎週土曜の7時はDoctor Who〜
すんなり丘を離れて家路に着いた私たち。羊 そして、途中で羊に遭遇。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここはCommon Landと呼ばれて誰の土地でもないので、家畜を放したかったら誰でもここで放牧できるそうだ。 でも個人責任で(笑)。
 
イギリスの田舎では、道路の脇を歩いている羊をよく見かけるけど、不思議と車にはねられた羊って見たことがない。ほかのいろんな野生動物の死体はイヤってほど見るのに。
羊は頭がいいからなのか、車の運転手がこんなデカイものは轢きたくないからなのか。。
そして、今日のDoctor Who。 昔のオリジナルDoctor Whoでイギリスの子供たちを震いあがらせ、これが出てくるとみんなソファーの後ろに隠れたという悪役Dalekが戻ってきたDalek んだけど・・・なんか切ない話で泣きそうでしたわ(泣かなかったけど!)。 
最後はDalek、ちょっといいヤツになって自爆して死んでしまった。。
子供向けのSFドラマなのに、大人の私が泣かされそうになるなんて・・。
でもDoctor Whoの視聴者って、きっと半分以上は大人だと思うわ。
  

Posted by mangi_japan at 04:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月29日

よくやった!!

ドア先日購入したドア(モルモット用) だけど、昨日の夜はゴラムを運動場(ベッドの下用の引き出し)に残し、ガンダルフは小屋に入れて、ドアを階段代わりにかけておいた。
2匹とも芝生を食べるのが大好きなので(英国カモシカは、彼らが芝生を食べてくれるので芝刈りをしなくていいと喜んでいる)階段の上には庭で取ってきた芝生を敷き詰めて、それに釣られたモルモットたちが階段を使って小屋と運動場を行き来する というのが私たちの狙い。
 
今日の朝、また喉の痛みで目覚めた私。。。 
でも英国カモシカの 『おー!2匹とも小屋の中にいる!!』 という言葉でモソモソとベッドから出てモルモットの部屋に行ってみると、ちゃ〜んと2匹とも小屋の中にいた!階段 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
階段の上に置いてた芝生はなくなってましたわ。 
やっぱり食欲には勝てなかったか〜! 
でも・・・上ることはできても、降りられないみたい。。。 今度は2匹とも小屋に入れておいて、また階段に芝生を敷き詰めてみよーっと。
最近はケンカも収まり、2匹とも体調もいいようなので、そろそろ小屋を外に移動させる予定。
 
私の体調は・・・いまいちです。 それでも高熱は免れたみたいで良かった。喉の痛みもなんとなく良くなったような気が・・・。
  
Posted by mangi_japan at 09:27Comments(0)TrackBack(0)

ヘンな事故

穴今朝のBBCニュースで妙な事件を伝えていた。 

『車が家の2階に突っ込み、2人重症』家と車

   

 

 

家の住人は他の部屋で寝ていたので無事だったらしいけど、車の助手席に残された男性と、車の前輪の下 から発見された男性は病院に運ばれ、様態は落ち着いてるとのこと。 

最初は、この前輪の下から発見された人物が運転手では?と思われてたらしいんだけど、他にも車から助け出された人物がいて、その人は救助された後、行方をくらましたらしい。 この人物が運転手の可能性もあるらしいけど、真相はまだ不明。 それより、どうやって車が家の2階に突っ込むん??

  
Posted by mangi_japan at 00:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月28日

カゼひいた?

ヤバイわー。。。。 
昨日の夜、なんかだるいなぁ〜と思ってたんだけど、今日の朝起きると強烈な喉の痛み・・・。  英国カモシカのカゼを移されたっぽい。 
しばらく平気だったから大丈夫だと思ってたのにー。
1日中だるくて何もする気にならんわー。 
それでも食欲だけはあるのでガツガツ食べてたけど。
今は頭痛、喉と間接の痛み + 微熱があるくらい。 もしも英国カモシカと同じ経過を辿るのなら、明日は高熱か   イヤだ〜〜〜!
次の月曜日はバンクホリデー(日本でいう祭日。でもいつも月曜日)で、今週末は3連休になるってのに、カゼなんてひいてられんわい!!
 
そして、今週の日曜日には英国カモシカのお姉ちゃん夫婦がオーストラリアから帰ってくる。  
彼らは去年の春にオーストラリアに移住したんだけど、あまりの暑さに耐え切れずイギリスに戻ってくることにしたらしい。以前はニュージーランドに6年近く住んでいた彼女たちだけど、オーストラリアは予想以上に暑かったということ。 
それにしても、もったいない!! この天気最悪のイギリスから、住み心地も天気もいいオーストラリアに引っ越したってのに(しかも永住権まで持っている!)、それを捨ててイギリスに戻ってくるだなんて・・・・。
でも、イギリスでも今日はこんな幻想的な夕焼けが見れた。 
明日の朝、私が高熱でぶっ倒れてないことを祈る。夕焼け
  
Posted by mangi_japan at 17:56Comments(0)TrackBack(0)

2005年04月27日

ルバーブ・クランブル

今日、英国カモシカが会社からルバーブ(rhubarb)を持って帰った。会社の誰かが、家で大量にできたルバーブを会社に持ってきたらしい。ルバーブ
 私、日本ではルバーブって見たことなかったんだけど、日本にはないんかなぁ。
ルバーブは、見た目はセロリみたいな感じだけど、写真のように外側は赤い。
 
 
ルバーブ2それを切ると、中身は緑色。
これは果物ではなくて、野菜の一種になるらしいんだけど、よくヨーグルトの中に入っていたり、パイの具として使うのが一般的。
でも、スーパーで生のルバーブを見かけることは滅多にない。なぜなんかわからんけど。
私も英国カモシカもルバーブ大好きなので、今日はデザートにルバーブ・クランブルを作ることにした。
クランブルとは、小麦粉にバターをまぶして手でポロポロとするまで捏ねて、砂糖を加えたもので、それを砂糖と一緒に煮た果物なんかの上に乗せて、オーブンで焼く。
ルバーブを写真のようにザク切りにして、砂糖と共に柔らかくなるまで5分くらい煮て、その上にクランブルを乗せて、焼きあがるとこんな感じ。Rhubarb pie 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これ、作るのはむちゃくちゃ簡単。 果物は好きなものを使って砂糖と煮て、あとは小麦粉とバターと砂糖を捏ね合わせればOKで誰でも作れます〜。
イギリスではこれに暖かいカスタード(アイスクリームやクリームの時もあり)をかけて食しマス。。。
日本じゃ、カスタードはシュークリームとかの中に入ってる冷たいもん、って思ってたから最初は抵抗あったけど、今では平気で食べれるようになったわー。 慣れってスゴイ。
大抵のイギリスの家庭では、カスタード・パウダーを牛乳と混ぜて火にかけてカスタードを作る。ルバーブ+カスタードで、こんな感じにして食べます。
煮たルバーブの味は、甘酸っぱくて少し苦味のある不思議な味。
 
ルバーブはモルモットにはになるらしいので要注意!
  
  
Posted by mangi_japan at 23:50Comments(4)TrackBack(0)