2017年04月14日

引っ越します。

こんにちは。突然のお知らせですが・・・。

2006年より。書き続けてきたlivedoorさんのブログですが、更なる飛躍を込めて・・・

この度、お引越しいたします。

11年間有り難う御座いました!

上屋敷隆・Today in Game 2として生まれ変わり。

コチラ⇒アメブロhttp://ameblo.jp/mangrove-studio/

jake at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!雑談 

2017年04月13日

マリブ92。

こんにちは。春の陽気が続いておりますが桜も頑張って耐えてます。

いよいよGW頃!数年ぶり?久しぶりに「マリブ92」が入荷します!

先月より取扱店様への受注スタートしてしてますが・・・有り難いことで既に完売寸前です。

入荷まで今しばらくお待ち下さい。

《マリブについて・・・》

代表サイズの「マリブ78」開発は、都市近郊の港湾部の人為的プレッシャーの高いエリアにおいて、「切り札」的なルアーを作れないものか?

「大野ゆうき氏」のそんなリクエストに答え、一緒に考え出したのが「マリブ78」でした。

しかし、これらのフィールドと条件に合わせサイズ設定を考えた為、東京以外のフィールドでは?

例えば「湾を出た外海」「大河川」「磯場」「サーフ」など、マリブが効果的な場面に出くわしても、
サイズやウエイト不足によるアピール不足や飛距離が足りず使えない、悔しい場面がありました・・・。

そんな時でも「マリブ」が使えたら・・・!

そんな理由で完成したのが「マリブ92」だった。

写真1427937344959









《SPEC》
サイズ:92mm
ウエイト:21g(シンキング)
フック#4
リング#3

マリブ92」ならではの、追加された特徴的デザインが⇒テール下部に取り付けたフィン。

これは、単なるデザイン的な物ではなく特性上どうしてもアクションがオーバーぎみになるのを、
最適な状態に抑える効果を発揮しています。

これによりマリブ特有の、ゆっくりとした「スイングアクション」を継承し、ボリュームあるデザインとウエイトを装備し十分な飛距離を確保。

写真1427937326148









この機会をお見逃しなく!!

jake at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月12日

patagonia

おはようモーニン昨日は台風なみの暴風雨でしたミゾレから本格的に降りだし外気温1℃になって・・・白くなり始めた時は、夏タイヤだから冷や冷やしちゃいました通過後・・・チェーン規制になってましたから間一髪でした

机の上には海イッパイのカタログが到着してました。
長年愛用の頼れるトランクスも載ってます。
これらのトランクス=海パン。
履くときは当然フル●●が“掟”濡れても速乾性素材なんでスグに乾くから心配ご無用〜。
出来れば暖かい場所でトランクス1枚で生活したい・・・

今年もお世話になります。

今週は釣りはお休み机に向かい

DSC_0024DSC_0025

2017年04月11日

企画。

お疲れ様です。

ひどい雨ですね。途中、雪でしたが!
ノーマルタイヤでギリギリでした。

打ち合わせ終了し、夢がイッパイ!
夢で終わらないよう企画を進めます。
お楽しみに。

DSC_0010


jake at 13:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月10日

出張!

おはようモーニン。

夢がぎっしり詰まったプロトを持ち込み開発の為の出張です。

明日の夜に帰ります。
DSC_0005


jake at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月09日

SFPC外房セミナー!

お疲れ様でした!本日SFPC外房セミナー無事終了しました。

参加者の皆様、悪天候の中、お疲れ様でした。
また、若栄丸さん、松鶴丸さん、山正丸さん。ご協力ありがとう御座いました。

DSC09401DSC09402









海況は南西の強風と雨で経験者も入門者も厳しいコンディション・・・
終始、水深60〜70mのジギング主体の狙いとなりました。この水深だと180〜200gが必要となる。潮流によっては・・・250〜300gあっても良いくらい。

DSC09403DSC09404









潮も2〜3ノットと速く、上級者でも難しい中、ポツポツとワラサはヒット!

DSC09406DSC09408












シケの日は船のアップダウンが少ない釣座、胴の間やトモが楽にジギングが行える。

DSC09409DSC09411









1本釣れれば悪天候も吹き飛ぶ嬉しさ!笑顔がステキ!

DSC09412DSC09414









今日、釣りが初めての女の子にヒット!タックルの使い方も練習中だったので大騒ぎ!
自力で巻くのが精一杯!STAFF全員がかりでサポートし・・・最後まで自力で無事キャッチ成功!

DSC09415DSC09417









抱きかかえてしまう程、嬉しかったみたい!おめでとう!
時折、強くなる雨足。カメラは水滴だらけ。

DSC09418DSC09421









潮流が速くしっかりフッキングできてないと途中でバラシもあり、
全員釣らせる事が出来ませんでした。スミマセン・・・。

DSC09422DSC09425









大きく揺れるミヨシでジギングして頑張ってやっと釣れて良かったです!

DSC09426DSC09429









サンパク〜ワラサが多く、ジギング初心者に優しい外房は今も続いております。

DSC09432DSC09433









キャスティング錦糸町店の春田さんもSTAFFとして乗船。

DSC09434DSC09438









こちらも初心者のお客様、自力で釣ることが出来ました!おめでとう!

DSC09440DSC09443









当船では一人で最多6本。若栄丸さんでは8〜7本釣られたお客様も!

DSC09442DSC094361491704349646








参加者の皆さん、ずぶ濡れになりながらご苦労さまでした〜。今日は暖かいお風呂にでも入って風邪など引かないよう、ゆっくり休んで下さい。

外房の春はこれからです。春マサシーズンも後少し!また、機会を見つけて外房にチャレンジしてみて下さい。
お疲れ様でした〜。

jake at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月08日

変則五角形(irregular pentagon)

おはようモーニン満開の桜は花散らしの雨となってますが・・・
またそれも風情があってよいものです
今日の海上はどうなんでしょう雨風が強そうです。
明日はSFPC主催のセミナー。外房のジギングを体感するには絶好の条件ですから是非出船したいですが・・・天気が心配です。

今日のネタは?
毎週のように外房で使用しているワイプMIDについて掘り下げて解説してみましょう。

《SPEC・SIZE》
★130g⇒BODY155
★150g⇒BODY165
★NEW180g⇒BODY168弌5月中旬発売)

《開発コンセプトは?》
外房のような水深30m以下の浅い岩礁地帯に対し、アンダーキャストし広範囲にボトムから浮き上がった瞬間、即座にアクション!一瞬でアピールさせヒラマサに口を使わせる!微かな入力で機敏に反応してくれるジグが欲しかった。

その為には、規則正しくキレイに泳ぐアクションより⇒『イレギュラーアクション』を求めた、自身が思い描く専用のジグを作らなくてはいけなかった・・・。

そこで変則的な左右上下・非対称な形状をモデルを削り煮詰め行きついたのが・・・

背中、腹側のRの付いたベイトフォルムは、べベル(ナナメ)ポジションにおいて推進力を生む魚形状、両側面の非対称形状は、バランスを崩し予測不能なイレギュラーなアクションを生む「変則五角形」に行きついたのだ。

DSC09391DSC09393DSC09394DSC09399DSC09400


























もちろん万能なジグではありません。

得意、不得意があり・・・ドテラ流しでのべベルポジションでは有利に形状が能力を発揮してくれるが・・・限りなくバーティカル(垂直)に近い状態だとイマイチ能力を発揮できない形状となってしまう。

この辺の「ワイプMID」の特性を把握して頂き使用してもらえたら嬉しいです!

こんな事も言えます。。。

『五角形』は縁起の良い形状でもあります。

邪気の入り込む隙のない完全な形が五角形。また幸運を呼び込む形としても知られてます!

ワイプMID愛用者の方々に幸運あれ・・・。


jake at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月07日

青物をベイトで!

おはようモーニン昨夜から雨風が吹き荒れてますが・・・
都内の咲いたばかりの桜は頑張ってます
午後から晴れる予報なので今夜は素晴らしい花金フライデー
ステキな花見になるのでは

DSC_0391









先日ご紹介したブルーアイアスベイトジギングロッド第二弾・・・

開発中★品番《ブルーアイアスBA613B/TZ》について再度お話しましょう〜。

力強くガツガツしゃくる青物狙いのベイトジギンガー待望のロッドとなること間違いない。

現在の外房は水深、潮流、そして魚と絶好の環境が整ってます。
従って、毎週、外房に持ち込みテストを行っております。

全長6.1f、*遠征にも最適、グリップから抜ける1&H設計。
ジグウェイトは?⇒下は130〜200gを操作してます。
トカラで300gを背負わせガンガンしゃくりMAXウェイトを検証し表示を決定したいと思います。

◎左右交互のドテラ流しにおいて、
船底方向へ流れるキツイ逆ポジションでの操作感。


1490738359085投入したジグが潮にノッて離れていく方向のジギングはスピニングで問題ないが・・・釣座がミヨシ、トモ以外だと、逆流しになった場合、ラインが船底方向へ入り込みスピニングだと・・・経験した方なら解ると思いますが手を伸ばしキツイ姿勢となってしまう。潮流が速いと更にツライ姿勢になってしまう。




こんな時、ベイトタックルのポジションが楽で有利に働きスピニングよりは楽にジギングが行える。特に、近頃の外房ではワラサを狙う中心となり水深40m以上を狙う場合が多くベイトタックルの有効性が実感できよう

プロト取り付け持ち込んだのは『PE3号』を400m巻いた代表リール「SHIMANOオシアジガー2000NRHG」を装着。6.2のギア比でハンドル1回転⇒最長実測107cm。

このハイスピード系ジギング振幅とブランク弾性率の反発速度との相性は、読みどおりの抜群な使い心地でホッとしました力を入れなくても攻撃的ジギングが可能となるでしょう

ブランク性能をMAXに引き出すためガイドは『BA642B』同様のTZ(トルザイト)採用。
今回はフロロ14号を取り付け極力小径にしたガイドとの干渉を検証した結果、何の問題も無くビンビン潮流を感じるほどであった

そしてリールを手で包み込む「パーミング」のホールド性を高め、力強いジギングを可能とする、
Fuji「PLS」リールシートを採用しているのも特徴の1つである。

642tz_guide642tz_sheet04642tz_sheet03DSC09324


















ちなみに・・・愛用の「オシアジガー2000NRHG」に後付けしているハンドルノブは
《夢屋ラバーT型パワーハンドルノブM》・・・ラバー材質だが軽く、小型で手のひらにすっぽり収まりホールド感はバッチリ。親指の付け根を支点とし前方へ楽に押し出せる


明後日、9日(日)はSFPC主催の外房セミナー・・・天気が心配です

jake at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月06日

mahi jerk/2017

おはようモーニン南風が強く気温も上昇の週となってます。都内の桜も満開〜

またまた新色が着弾

今日はmahi jerk/マヒジャーク

もう相模湾シイラゲームでのジャークベイトの帝王になりつつあります。もはや敵ナシ・・・
シイラ必携ルアーとして知られる?「マヒジャーク」。

初心者の「ぎこちないトゥイッチ」でも、幅あるジャークアクションは、シイラの捕食のツボを刺激

シーズン前半の低水温時、逆に夏真っ盛りの高水温時など、シイラが沈み気味で喰いの渋い時にも、圧倒的なヒット率10年ロングセラーの人気ルアー

今年の新色が到着もうこんな時期に来ちゃいました

★MH-32(コーラルキャンディー)
何で今までキャンディー色が無かったのか不思議です。
迷ったらこのカラーなのか欲張りカラーですが確実に釣れる色となるでしょう

DSC09383DSC09385









★MA-31g(攻撃ピンク)
人気のパターン「攻撃ピンク」のベースがプレーン「メタルアルミ」地という玄人好みの色
言わずと知れたピンク伝説の更なる起爆剤となるはず

DSC09386DSC09388









2017夏・・・下記の他、9色。全11色の豊富なベース&カラーラインナップで迎え撃ちます。

★MA-1(カタクチ)・・・最も喰われているベイト。カタクチの手堅さはNO1。
lh01








★ML-1b(ブラックカタクチ)・・・玄人好みの背中ブラック&ラメ入り仕様のカタクチ色。
ml01b








★LH-1p(ピンクベリーカタクチ)・・・背中ブラック&ブルー大人のブルピン。
lh01p








★BH-2(マイワシ)・・・ナチュラル系では安定のブルー色の人気定番カラー。
bh02








★ML-2d(ダークマイワシ)・・・オフショア紫に染まった第二のマイワシ。
ml02d








★KU-7(ピンク)・・・使用率No1.基本のピンク。自分のルアーを見失ってしまう人。
視認性抜群のピンク。アクション確認もし易く上達に役立つ色。
ku07








★MH-7m(ピンクマイワシ)・・・大好きなマイワシとピンクが合体。
mh07m








★IH-31g(攻撃ピンク)・・・内部に反射板入り光の屈折マジックを演出。
無題








★ML-39(ピンクヘッドシルバー)・・・背中には純銀粉を使用しスパークル効果を生む。
ml39









《下地となるベース》
MA⇒メタルアルミ、ML⇒レンズホロ、BH⇒ボーダーホロ、LH⇒レーザーホロ
KU⇒クサビホロ、MH⇒マグマホロ、IH⇒インサイド反射板

《カラー詳細》コチラから。

《仕様》
今年より標準装備されるトレブルフックはオーナー社「ST56#2バーブレス」仕様となります。

受注はまだ先ですが・・・入荷予定が解り次第ご案内させて頂きます。

jake at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!企画 

2017年04月05日

激熱!外房ジギング!

おはようモーニン!全国的に昨日より暖かくなる予報です。

今週も外房へ・・・『大原・山正丸』さんへ行ってきました。

日射しがあって暖かいと思いきや・・・沖は一日中、北風が強く寒かったな〜。まだまだ朝夕は冷え込むから防寒は忘れないようにした方がよいです。

DSC09331DSC09330









春休みも終盤各船・・・親子連れや中学、高校生アングラーも多かったようです。
昨日も弊社ダイヤリーでご紹介した天才中学生『田中龍季』くんが乗船。

DSC_0374DSC_0388









《昨日の外房ジギングタックル》
ブルーアイアスBA583S+ステラSW8000HG
*ブランク反発力の特性を生かし、春特有の急潮攻略。水深30m以上において、時として2ノット近くの潮が流れる状況があり、少ない入力でジグの操作が容易に行える。

ブルーアイアスBA633S+ツインパワーSW8000HG
*起伏の激しい、浅い根回りを広範囲にキャストを繰り返し繊細にジグ操作を必要とする場合。これから、浅根に付く浮き気味の春マサ狙いでは絶対外せないアイテムの1本である。

◎ブルーアイアスBA613B/TZ(プロト)+オシアジガー2000NRHG
*水深50m以上、船底方向へ入る逆流しにおいて、スピニングでは困難な姿勢でのジギングとなるが、ベイトタックルなら、スピニングより遥かに楽なジギングが可能。ヒット後も無理なポンピングをしなくてリールの力を利用しスムーズなファイトが行える利点がある。

《ライン》⇒バリバス・アバニジギングMAXパワー3号+フロロ14号リーダー*乗合船でのオマツリをした時のダメージを考え、リーダーはこの時期太めの14号。
ネットが間に合わない場合も躊躇せずにリーダー掴んで抜き上げられる安心感。

《フック》⇒がまかつ・つらぬき4/0

《ジグ》⇒ワイプアウトMID150g、新サイズ180g
*水深30m前後の潮が速い場合や、水深30m〜60mで潮が弛んだ時に「ワイプMID150g」を使用し、潮が1ノット以上に速くなってきたら「ワイプMID180g」を使用している。

海域の潮も薄濁り・・・ワラサが好きな水色!
反応もポツポツでも出てれば・・・このようにヒットしてくれます。
但し、ヒットゾーンを把握しリールの巻きとロッドのしゃくりのリズムを合わせないと食ってこない。
最初に食わせる事に意味があり、反応も盛り上がってしまえばジグやカラー関係なく食ってくる。

DSC09333DSC09337DSC09338

















常連のお客さん達は、次々にワラサをヒットさせていた。

DSC09346DSC09347









女性アングラーにも優しいワラサ!楽しそうにファイトをしてます。次々にロッドが曲がる!

DSC09349DSC09351









ブルーアイアスBA583SワイプMIDでいつも釣ってくれる菅原さん。180gも発売したら宜しくお願い致します。サンパクサイズも混じりますが、昨日もヒットしまくり午前中だけで10本以上?

DSC09353DSC09354









龍季くんはというと・・・大人顔負けのジギングテクニックでヒットさせファイトを楽しんでました。
もちろん、使い込まれたワイプMID150gシルバーで!

DSC09355DSC09359












桜井さんは、オッ・・・小平商店オリカラのMID。

ミヨシ勢もロッドが曲がりネットが間に合わないので、セルフで抜き上げ。

DSC09360DSC09362









靴屋の吉野さんもワイプMIDで有り難う御座います。

DSC09363DSC09364












イナダ、サンパク混じりのワラサとはいえ、ちょっとサイズが良くなれば引きを味わいながら40〜50mから上げてくるのも大変です。

数本ファイトすれば疲労も蓄積・・・オジサン達は、移動中グッタリ(笑)

ジギングの「いろは」を知っていれば?およそ9割のアングラーが満足して帰られているように感じました。
また、サイズの良いワラサは食べても美味しいと評判!

イナダ、サンパクは有無を言わず即リリースして、美味しそうなワラサを持ち帰って食べてみては?

きっと、また釣りたくなるはずです。

DSC09366DSC_0386









午後ワンチャンス・・・ヒラマサを狙いに30m前後の岩礁エリアへ。

ボトムからワイプMID150gを浮かすと即チップされるような魚信があり、
「アッ!?」誘い続けると、3度目のアタックでようやくノッた!

サイズは小さかったが今季初のヒラマサ。狙って釣った嬉しい1本となった!
色はMIDの外房ブルーでした。

これから始まる春マサを思わせるような食い方で久しぶりにドキドキした!

すると・・・龍季くんのロッドが曲がった瞬間を見てしまった!何やら大きいのが食ってしまった?

DSC09368DSC09372DSC09374


















船長がエンジンスタートしてフォローするのだから、それなりのサイズ・・・。
しばらく頑張ったが・・・残念。ハズれてしまった。ハズれても悔しがらず冷静な龍季くん。

もう一人の冷静沈着じゃない?ナブラン福田さんはいつも楽しそうだ!

DSC_0393DSC09375









船長もサクッとワイプMIDで釣って見本をみせてくれました!

DSC09377DSC09381DSC09382


















船長、同船の皆さん、日没までお疲れ様でした。

連日、外房ジギング船は大盛況です。このワラサもいつまで続くか解りません?
早目な釣行、予約をオススメします。

jake at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!釣り