2013年02月26日

新BA632S。

九州で展示する新製品「ブルーアイアスBA632S」!市販品に近い感じに仕上げてみました。
昨年からテストサンプルは微妙なアクション違いで4本も作ってしまった…
発売予定はまだ決定してませんが年内にはリリース予定。

BA632チビマサこれも良い最高の竿を作るため!

全長:6.3フィート、ラインPE:1.5〜2号、ジグMAX:150gですが、軽くアンダーでチョイ投げしたり、ドテラ流しで斜めジギングでは200gクラスのロングジグにも対応した。



特徴の一つですが、セッティングガイドは繊細さを全面に押し出すために小径ガイドを使用。
おかげでよりブランク感度が増した気がします。まさしく手元への感じ方は!
high response高応答!、high sensitivity高感度!伝わり方が違うのだ。

マダイカツオ懸念していたアンダーハンドでのノット箇所の引っ掛かりは?フロロショックリーダー10〜16号の摩擦系ノットでのスリ抜けは問題なかった。



テスト中には大きなマダイまでがヒット!!




昨年の秋には…
近海にて引き味の強いカツオを相手に4〜5kgのドラグテンションを掛け過激なテストを!

秋のカツオ引きの強いカツオでカツオの乗り合い船では…
ルアーマンの釣座がミヨシとなり、カツオに走られ過ぎるとエサのお客さんとオマツリして切られたりするので、ファイトする範囲を最小限にし、なるべく強目のドラグテンションで走られないように強引なコントロールしなければならない。

テストとしては最高のステージでありロッド能力の見せ場でもあった!


気温も10度を下回った相模湾の冬…終盤の大型カツオまで狙い続けた。

冬にも活躍したジグこの時は、「サプライズ椙尾君」にも手伝ってもらいとても助かりました。

ブルージャックとワイプが活躍!!


これからの春先はワラサやヒラマサのジギングです。

jake at 13:31│Comments(0)TrackBack(0)clip!企画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔