2015年04月08日

2、3、4、5、6!

こんにちは。真冬に逆戻り!朝はミゾレっぽい雨で2℃でした!お昼のニュースで都内やっぱ降雪ですって。

明日、天候が回復したら出撃?夜に船長が判断します。

DSC_0306ジギング⇒BA632、6102、633で、5000(2号)、8000(3号)フロロリーダー10〜12号。
キャスティング⇒Bkh703、833、774、815で8000(4号)、10000(5号)、14000(6号)ナイロンリーダー80〜130LB。明日、出れたとしても、この冷たい雨ですからね〜?沿岸海域の温まりかけた水温も低下でしょうね〜。でも、出船となれば行きます!



昨日の・・・
キバキバ対策フックは完成。これらのフックはコイツ以上の魚を獲るため・・・

DSC_0305P5032699









イソマグロもカンパチには切られません。南方エリア遠征時に、イイ場所、時間帯、その1投にかけている最中に・・・ワフーが、フォール中のジグにバイトしフックをカットして持っていかれる事や、サメが食いつき針を持っていかれる事が一番ロスでイヤな事なんです。
過去、強いと思った「シーハンター+ザイロン」では、ナイフのような歯では太刀打ちできず、一瞬でカットされた。
最終的に金属系「ケプラートメタル」ラインを入れ込むことに行きつき、これでアシストラインを切られることが無くなった。
今回、そのケプラートメタルに変わる新素材デビルラインを発見し試作したってこと。

画像奥から、今は無きブリッジの針。画像のカンパチ49.5kgを獲った時もビクともしない信頼できるフック。
線形から考え、PE4号+フロロ20号以上のジギングで使用。
★オートセットフック#30(鉄腕BBスイベル#3・シーハンター20号+デビルライン20号)

オーナー社の近海では支持率の高い“ホールド”フックから大き目な7/0も登場。
線形から考え、PE2〜3号+12〜16号で使用。
★ジガーライト“ホールド”7/0(鉄腕スイベル#3・シーハンター10号+デビルライン10号)

がまかつ社の鋭さ抜群の強度、品質ともの信頼がおける2本で600円の高級フック。
線形から考え、PE3号以上+フロロ14〜20号で使用。
★シングル62VH5/0(鉄腕BBスイベル#3・シーハンター20号+デビルライン20号)


外房などの近海は、また違う繊細なフックパターンになります。
これは、トカラ、沖縄、小笠原などの暖かいエリアでの対策方法です。
まぁ〜変な拘りがあるので参考になるか解りませんが・・・

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔