584 を含む記事

2016年11月08日

スリランカ遠征(パート6)

こんにちは。本格的に冬のスタートですが。
本日・・・自動更新!今頃、ランカー狙いでBIGベイトをバンバン投げている最中かな?

長かったスリランカ遠征もいよいよ後半です。

朝食のオムレツが一番好きかな?ケチャップを頼むと何故か辛い!?
チリソースと間違えてない?まっイイか〜。

朝、キリンダの港に行くと昨日のボートが転覆した行方不明者は?シケの海を泳いで帰ってきたようです!たくまし過ぎます!!ホットしました。

天気は快晴〜風も弱そう〜?初っ端・・・久(キュウ)ちゃんがヒットさせる。流れがGTに向かっていく・・・素早くミヨシを交わし逆へ。シャローなのでモタモタせずに一気に勝負をかける!

DSC08157DSC08158









無地にランディング成功〜!次は・・・チェイスを繰り返しやっとノセたGT〜!久しぶり興奮したなぁ〜。一眼レフのスリリングな画像はお楽しみに〜。

DSC08160DSC08163









ベテラン岩崎さんもヒット!なんか今日は一番食いが良い!外道のチェイスも多い!

DSC08166DSC08168









特大GTはヒットしませんでしたが・・・皆、スリランカの海を満喫してます。

DSC08170DSC08171









見て・・・この嬉しそうな顔〜!トップに炸裂するGT最高です!って事で・・・べベルは持っていきましたが、最後に少し投げただけでヒットはありませんでした。上で釣れるのだから使わなくてもOKですね。

DSC08175DSC08187









やっぱり午後になると風が強くなってきます・・・。

DSC08192DSC08196









そして夕方ストップフィッシングとなった。疲れた体を癒してくれるのがプール・・・。

DSC08200DSC_0139









プールからあがりシャワーを浴びてお楽しみディナ〜。

DSC_0132DSC08202









最終日は、ちょっと遠いエリアですがジギングに行ってみましょう!

DSC08203DSC08206









では気合を入れてシャクリましょう!

DSC08207DSC08209









50mからのドロップオフ・・・。80〜100m付近。そして200mエリアまで・・・。

DSC08210DSC08214









ドテラで流すが・・・ボートは止まったまま?潮が動いていない・・・。

DSC08215DSC08218









狙いはイソマグロにカンパチ!スパニッシュマッカレルに鋭いキバにカミカミされたくらい。
見たこと無い魚が釣れただけで不発に終わってしまった・・・。
ジギング中にクジラの家族が接近してきたのはビックリしたな〜。

ジギングしたのは?海底にある岬の先端・・・潮が流れそうな地形なんだが?
最後のランチBOXは炒麺。

1477920098090DSC08219









最終日は、不完全燃焼で終わってしまった・・・ザクっと短時間で軽く攻めた程度ですから。
なんとも言えませんが、まだまだ開拓の余地がある場所だと感じた。

皆での記念撮影。キャプテンNICO〜。アチャラ〜。Thank You(ボーマ・ストゥーティ〜)!
NICO〜はバラマンディから計6日間も我々をガイドしてくれました。本当にお疲れ様でした。

DSC08226DSC08228









《スリランカ遠征・GT&ジギングタックル》
◎ブラックヘラクレス(GT)
Bkh837LMG+ステラ18000HG⇒スティックベイト用
Bkh798LMGプラスステラSW18000HG(20000スプール仕様)⇒ポッパー用
◎ライン&リーダー
アバニSMP8号鮪リーダー170LB(スティックベイト用)
アバニSMP10号鮪リーダー200LB(ポッパー用)

◎ブルーアイアス(ジギング)
BA584SツインパワーSW8000HG
BA585S(プロト)+ステラSW8000HG
◎ライン&リーダー
アバニ・ジギング10×10MAXパワー4号フロロリーダー20〜24号

DSC08229DSC08261









《JIG》
SHIMANO:スティンガーバタフライ・ロングべブルスティック200〜300g
Mangrove Studio:Wipe Out MID150gShort200g
《GTルアー》
KZ Works:シュリガーラ155GTスペック、ワイルドファング150
SHIMANO:OCEA PENCIL別注平政220、プロトのポッパー2種類。

DSC08263DSC08258










人生は一度しかない・・・旅に出よう〜!
旅を創造・演出する。
お問い合わせは「トラベルプロインターナショナル」まで。

パート7に続く・・・。もう暫くお付き合い下さい。

jake at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月27日

更に2本動画UP完了!

こんにちは。生憎の雨ですね。あんまり降らないでくれよ〜。

昨夜、残りの動画アップ完了してますのでご紹介します。

DSC066791本目は・・・本来どっか〜んと大きなカンパチ動画が理想でしたが、そうウマくいきませんね〜。
300gまでのジグを使い、バーティカルでの操作性が優れている「ブルーアイアスBA584S」。ワイプアウト・スライド220gで小さなカンパチ動画。シャクリのピッチ等を参考にしてみて下さい。

ジギングでの自撮り動画はホント難しいです。フォール中からONにしておくには電源や容量の限界があるし、ヒットした瞬間にONにすると、最初の巻きとノセるタイミングが遅れてしまい、
万が一・・・大きいヤツがヒットした場合、主導権を握られる可能性がある。



DSC06489もう1本は、お世話になっているシマノさんの新妻クンがヒットさせた未公開GT動画や、ドラグが出ている状況を中心に「トカラ遠征ダイジェスト」として編集してみました。

素人(オレ)が撮影、編集した動画なのでクオリティーは勘弁して下さい。では・・・ご覧ください。



jake at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月14日

トカラ遠征パート5

こんにちは。

シケ後の最終日は、無事出船できました。暗いうちにアノ場所へ行ってみる事に・・・・

暗闇では?キメジのみ、薄明るくなってくるとキハダが食い出した!

こっちもキタっ〜!こっちもダっ〜!プチ爆?

DSC06636DSC06638DSC06641やっと北海道から初参戦の大西クンがヒットさせた。今度はノッたか〜?








野辺クンはサクッとGTを上げ即リリース!





光量が少ないとスピードが追い付かず写真が撮れません。

DSC06643DSC06646









大西クンは「ブラックヘラクレスBkh837LMG」でこのロッドだったからこそ、
余裕の安心ファイト!良かった良かった〜!

DSC06648DSC06649









つい先日まで雪が降ってた北海道から参戦したのだから〜!

やったね!来たかいあったね大西クン。本当におめでとう!!松ちゃんもファイト中〜。

DSC06650DSC06653









無理に力を入れず誘導するようにファイトしてます。ハイ!松ちゃんも〜おめでとう!

DSC06655DSC06657









大きなトビウオが出てきました!こんな時は、海面をシャバシャバ音を発しながら引くと良い。

高木クンもファイト中〜。

DSC06658DSC06661









無地キャッチ!表層でプラグにボコボコ出ると楽しい〜!高木クン、野辺クン、笑顔が最高です!

DSC06663DSC06665DSC06666









力が残っていれば・・・即投げる!

すると・・・




即バイト!!

最初は、出た瞬間アワセが早かったりモタモタしてたのが、次第にノセるのが上手くなってくる。

DSC06667DSC06669

関東に帰ってきてキハダのシーズン開幕前の練習になります。







腹からこんな魚が出てきました。いつもでも釣れるワケじゃありません。

DSC06670DSC06672












キハダの食いも止まり・・・ジギングへ。

DSC06673DSC06675DSC06678









子カンパ。東はショゴ。西はシオ。






《タックル》
ブルーアイアスBA584S」+ツインパワーSW8000HG
アバニジギング10×10MAXパワー4号+フロロ20号)ジグ:ワイプアウト・スライド220g

*584はPE4号を使った水深100〜150m位までを、180〜250gクラスのジグを使い、10〜20kgクラスのヒラマサやカンパチを狙う為、決して硬すぎずジグの操作感を損なわないようなミドルクラスな設計となっている。

DSC06679DSC06680DSC06685小臥蛇にて・・・回収中にヒット!上げている途中だったからラッキーだったかも?

そんなに深い場所ではなかったので、
ガンガン巻いて勝負しないと、根に行かれます!


ロッドを絞り込んで引きに対応!





抵抗している時は・・・このようにロッドを曲げ保持して軽くなったスキを狙って巻くだけ巻く!

DSC06687DSC06690

やっとトカラらしいサイズがあがりました。

約20kgのカンパチ。







PE3号タックルで走り回られたのでリーダーはザラザラだった・・・。野辺クン。おめでとう!

ランチは、海水で磨いだ米をガスで炊いた、熱々ご飯に南風カレーをかけて完成!

DSC06692DSC06695









ご飯の量は無条件でワンパク盛りっす!

DSC_2721DSC_2722









午後は不発で終わった・・・。

これで本来後半戦の終了。翌日の「フェリーとしま」に乗って帰るのだが・・・

船長の計らいで、朝7時までやろうという提案・・・実に有り難い。

その代り、片づけはバタバタになってしまうが。

DSC06696DSC06697DSC06698








最後の晩御飯もモリモリ食べて明朝4時起床〜。

初日に高木クンの釣ったホシ(スマガツオ)を
刺身を頂く!

真っ赤で最高の味でした!やっぱりスマは美味いね〜。



ちょっとした流れや水温変化で、これだけ口を使わなく苦戦しまくったトカラ遠征でしたが、

いよいよファイナル。

パート6をお楽しみに。

jake at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月12日

トカラ遠征パート3

こんにちは。スッキリ晴れましたね!これから車検だ〜。

トカラ遠征パート3〜。

前日、早朝キハダのボコボコがあったもんだから・・・翌日も早起き!キハダを求め〜暗闇出港!

しか〜し・・・投げてもシャクっても何も無し・・・?沈黙・・・。

様子がおかしい?早々、見切って臥蛇へ向かった!

DSC06536DSC06537DSC06539DSC06541


















ジギングで高松君と恐田君が立て続けキハダをヒットさせた。

DSC06545DSC06546DSC06547DSC06548























こんな柄の魚も現れてジグのフォール中にスパッスパッやられますので気を付けて下さいね〜。
もう解りますね〜。

DSC06550DSC06552









小さなキメジはこのようにしてリリースすればダメージは少ない。

オレは只管プラグを投げ続けたが・・・反応してくれない・・・。

DSC06553DSC06554









反応するのはジギングで水深100mあたりで、たま〜にキハダがアタルだけ。

DSC06557あまり食い気が無く低活性〜。
諏訪之瀬島へ引き返してのジギングへ・・・。
途中・・・
今夜からシケる予報〜。
「フェリーとしま」が下り便を欠航にした!?翌日の上り便も欠航。
ナント!前半メンバーが帰れなくなった!さて〜どうしましょう?後で考えるってことで・・・


諏訪之瀬島の沖合に到着してジギングして、やっと釣りたかったカンパチがヒットしてくれた!

DSC06560DSC06561









待望のカンパチがやっと釣れてくれた〜!
《タックル》
ブルーアイアスBA584S」+ツインパワーSW8000HG
アバニジギング10×10MAXパワー4号+フロロ20号)ジグ:ワイプアウト・スライド220g
*584はPE4号を使った水深100〜150m位までを、180〜250gクラスのジグを使い、10〜20kgクラスのヒラマサやカンパチを狙う為、決して硬すぎずジグの操作感を損なわないようなミドルクラスな設計となっている。

DSC06568DSC06573DSC06576
新妻君もヒットするが・・・

いつ何時モンスタークラスがヒットするか?解らない・・・



あの日の、船の向きと潮流は今でも鮮明に覚えている・・・






トカラには代表するスター選手が4種存在する(我々の考え)
大小問わず、その魚達と出会えただけでも嬉しい事である・・・。

明日はシケ・・・前半戦はこれで終了となった。

シケ前には飛魚が入り、夜な夜な堤防では良型のGTが連日あがっていた。

DSC_2616DSC06579









事件勃発・・・スマホを洗濯機で洗ってしまった恐田君は・・・ふて寝。皆さんも気を付けて下さい。

DSC_2647DSC06578









スーパーカー南風号も煙を吹いて調子が悪くなってしまった。

島では島民も旅行者も何があるか解りません。その都度、慌てないでノンビリ対処しましょう〜。

お昼のタケノコカレーは旨すぎて皆でおかわりしちゃいました!

DSC_2631DSC06580









諏訪之瀬島には何故か飛行場があります。その昔、リゾート計画があったらしい〜。
リゾートにならなくて良かったかな?

DSC06583DSC06585









相変わらずシケてます。ホントにフェリーとしま・・・欠航なのか?

DSC06588DSC06589









島の日中は時を忘れるほど静かである・・・。サリーとテンバは散歩?

DSC06590DSC06591









伊東船長〜それって散歩?サリーとテンバはドライブ気分?

DSC_2642DSC06593









トカラにはヤギもおるし牛もおります。デッカイ魚もおります。他になりもいりません。

前半組の帰りは結局・・・船長が屋久島まで送ることになりました。オレも同行〜。

屋久島まで何時間ですか?・・・6時間!えっ〜。

DSC06594DSC_2645









キハダとアボガドへの特製ソースかけは最高に旨かったですよ〜。また来るねえ〜!

DSC_2646DSC06597









屋久島に向け6時出港。諏訪之瀬島の東側は噴火口が見えます!屋久島が見えてきました。
トカラ列島の島々とはスケールが違う大きさである。屋久島には三つの高い山があります。

DSC_2650DSC06601









屋久島南にある栗生港に入港・・・お昼頃。

荷物を降ろしていると・・・子ザルがっ。

親とはぐれ別のサル似のお父さんに拾われ育てられていると・・・。

DSC_2655DSC06604









2016年トカラ遠征前半〜屋久島でお別れです。

前半組シマノ御一行様は、高速船トッピーで鹿児島、そして大阪まで無事に帰られました。

お疲れ様でした〜。

DSC06605DSC06607









皆さんをお見送りしたあと、南風丸はスグに出港し口之島へ向かった・・・今度は4時間!?

後半組が翌朝到着するため口之島に向かうのです。しかも西風強くシケだし〜。

パート4から後半戦のスタートです。

jake at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月21日

青い英雄!

こんにちは。GW直前。ジギングロッドの準備は如何ですか?

3月末から外房に毎週通ってますが、今季使用率が高いジギングロッドがBA6102S。一番、思い入れが強いアイテムでもありますが・・・今日はブルーアイアス全体、完成するまで、特徴等を掘り下げて説明させて頂きます。是非とも、読んで下さいね。

我々が自信を持ってオススメする“青い英雄”という名の「ブルーアイアス」ジギングロッドを改めてご紹介させて頂きます。

最先端ジギング界に対応すべく素材コンテンツの見直しから“ブルーアイアス”の企画がスタートした。心臓部となるブランクシャフトは、日本技術の結晶と言えるほど寸分狂わないカーボンの密巻き加工は、まさに職人芸の域・・・。その技術を凝縮させた厳選アイテムが完成した。

DSC_7907632ファイト632で








潮流で惑わされるゾーンから、ジグから伝わる微かな変化を逃さず手元まで伝達!

そして・・・フッキング!

メリハリあるファイトは、決して相手には主導権を与えない!

DSC02593DSC05043DSC05055








プレッシャーが大きい日本近海のジギングにおいて・・・

ヒラマサ、ブリ、カンパチ達への繊細なアプローチは、これからのジギングには必要不可欠。

ブルーアイアスが解決してくれます!




《グリップデザインのフォルムと特徴》

リアグリップの端が、他メーカーと比較すると、ほんの少し短いと思います。大柄な体系で脇に引っ掛かる程度の長さ。この長過ぎないリアグリップは、アンダーでキャストをし易くさせ、瞬時に構えジギングを行う際、この動作でレインギアや衣類に引っ掛かりにくくしスムーズに行える意図がある。その分、ブランク性能を最大限に引き出すために、重要なブランクを露出させている。

グリップ全体リールシート
リールシート「DPS18」は「FK7」と言ってラバー特殊コーティングを施したシートを純正で装備。何が良いか?リールフットとの密着が良くシッカリ固定できます。握り感も滑らずフィット!しっとり感が堪りません!!




魚を掛けた時・・・無塗装リールシートは緩み易く、ファイト時に発する嫌なギシギシ音はしません!
サンプルでは無塗装の安いリールシートでテストしますが・・・実際の製品には使いません・・・。

存在感ある「ロイヤルブルー」を使い、ブルーを強調した専用メタルパーツを装備。

リールシートは、下から回し上げる「アップロック」設定。細身のフロントグリップは、人差し指を沿え違和感が無く繊細なジグ操作が行えます。エンドEVAは限界まで細く削ぎ落とし軽量化を図っている。

アップロック裏面
ロゴとスペックを挟むように、前後2箇所「天然アワビ」の装飾が独自の目印!




当然ですが、アワビ柄は一つ一つ異なり同じ模様はありません。世界で一本のあなた自身の模様なんです。渋くカッコイイ竿を持ちたい!というモノへの拘りですね。装着するスピニングリールは?勿論、国内最高水準のリールと合わせお使いになって下さい。


DSC04951
ガイドを固定する、止め糸は中を抜き最低限のスレッドで少しでも軽く。

ブランクスカラーは太陽光に映える「ミルキーブルー」ブルーにもグレーにも見える乳白クリアー。





「high response高応答!」「high sensitivity高感度!」
伝わり方が違います!

≪アイテム≫

★[BA583S]…Length5.8f、PE2-3、Jig150g、WT180g
(水深20〜100m、ジグ80〜180g、細めのリーダーを使いタフコンディション時のバーティカルジギングに適している。ショートからセミロング径の細かな操作が可能。)
*Kガイド設定:トップ8、シングル8、10、12、16ダブル30

★[BA584S]…Length5.8f、PE3-4、Jig200g、WT195g
(水深30〜120m、ジグ100〜230g、オールマイティーに使え水深があるエリアでのバーティカルジギングに適している。セミロングからロングジグを少ない力で横に飛ばすことが容易にできる。)
*Kガイド設定:トップ10、シングル10、12、16ダブル20、30

★[BA633S]…Length6.3f、PE3-4、Jig150g、WT185g
(水深15〜80m、ジグ80〜180g、ナナメ引き、ドテラ流しに対応、角度に付いたポジションで繊細かつナチュラルに潮を掴んだジグの操作が可能。)
*Kガイド設定:トップ10、シングル10、10、12、16ダブル20、30

★[BA632S]…Length6.3f、PE1.5-2.5、Jig150g、WT178g
特徴の一つですが、セッティングガイドは「KガイドTOP7〜25リング」と繊細さを全面に押し出すために、小径ガイドを使用。お陰でよりブランク感度が増し、手元への感じ方は!

設定した小径リングは、アンダーハンドでのノットの引っ掛かりは?フロロショックリーダー8〜14号の摩擦系ノットでのスリ抜けは問題ない。

★[BA6102S]…Length6.10f、PE1.5-2.5、Jig180g、WT192g
632Sを素材ベースとした、ロングスペック設計。全長6.10fと約7.0fもある青物狙いのスピニングジギングロッドである。

少しでも高いポジションから、ロッドストロークを生かした操作幅は、アンダーハンドで遠くへジグを送り込み起伏の激しい底を広範囲にトレースしたり、ドテラ流しでの距離あるジグ操作に最適。

ブリやヒラマサに最適BA6102S最終モデルは玄界灘のドテラ流しでテストが行われた。

食い渋る条件下でも、ロッドの長さを利用し船から遠くへのアプローチが行え、10kgオーバーを連発させコンスタントに拾っていけるロッドとして自分なりに確信した。

装着されているガイドは8〜25と最小限のサイズを設定し軽量化している為、フロロリーダーは14号以下を使用してください。



BA6102Sの最大のメリット。遠征や持ち運びを考えジギングロッドでは珍しい1&h(ワン&ハーフ)グリップジョイントによる設計。仕舞寸法はナント1560个8.0fとのキャスティングロッドの仕舞寸法より短くなる計算。

完成品自重は192g。約7.0fなのに軽く仕上がりました。
推奨リール:ステラ5000〜8000番、HGタイプをオススメします。

DSC_0305DSC_0304










《外房以外の相模湾テストではカツオのコマセ乗り合い船》

BA632SとBA6102Sで繊細かつ強引に!

晩秋・・・相模湾の引き強い良型のカツオを相手に、推奨ドラグ3.5kgの数値を遥かに上回る4〜5kgのドラグテンションを掛け過激で強引なテストも繰り返す。

DSC02054DSC01856引きの強いカツオで












ルアーマンの釣座がミヨシとなり、ヒット後、カツオに走られ過ぎるとエサのお客さんとオマツリして切られたりする。ファイトする範囲を最小限に、振り回されたら負けである!なるべく強目のドラグテンションでファイトし、後方へ行かれないよう強引にコントロールしなければならない!

サプライズ代表の椙尾くんにもテストを依頼しBA632Sという繊細なロッドですら数本のキハダをキャッチした。勿論、椙尾君の技術力もあるが・・・。

IMG_887614386585129631438658498132












ブルーアイアスの中で一番繊細なBA632Sのテストとしては最高のステージでありロッド能力の見せ場でもあった!椙尾君・・・このロッドでの20kgを超えるキハダも想定内なのだ!!


≪ブルーアイアス動画≫

トカラの魚達は容赦なく我々に襲いかかってくる・・・

◎ブルーアイアスBA584Sによるジギングでカンパチを釣る。


DSC00781主演は、今週末ご結婚なさる・・・
いわき市在住の丹一成君です。(祝)おめでとう!
ブルーアイアスBA584S+ステラ8000HG(PE4号+フロロ20号)+ワイプアウト・ショート200g(カラーはピン金)で、確か…水深120m前後だったかな?

ワイプ・ショート200gを使用。カンパチのトルクある引きは最高です。
動画は後半のファイトシーンですが、ブルーアイアスBA584Sの曲りが確認できます。



猛獣のようなトカラの魚達にブルーアイアスは鍛え抜かれた!

ブルーアイアスBA584S」を使いナイスなカンパチを仕留めてます!!


DSC08234DSC08243DSC08248DSC08252


















時には・・・キハダが現れ猛スピードに耐えなければなりません!

◎耐える584!ファーストラン!ステラのドラグ音が堪りません!最高の瞬間です!



円を描きながら浮いてくる動きに合わせ、ゆっくり上げればよい!キハダが近くに来たらロッドエンドを腰から脇挟みへ移動しネットへ誘導する!


DSC00735DSC00738DSC00741









ブルーアイアスBA584S」は共にステラ8000番クラスがマッチし、ギア速度はPGでもHGでも好みで合わせる。この手のジギングではキレと速度が重要だと思っているのでHGが絶対条件。

DSC03300

ブルーアイアスについて、長々と説明させて頂きましたが・・・大丈夫ですか?

販売店様へ。これらの文面、画像等は販売促進用としてご自由にお使い下さい。

この春も「ブルーアイアス」ジギングロッドを宜しくお願い致します。

jake at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月03日

愛用ライン。

こんにちは。朝から雨でしたが暖かくなる予報です?明日は完璧に雨?

そろそろ、ラインを巻き替えか?
今日は愛用ラインのあれこれ・・・基本8本縒りのPEが好み。
「スーパーコンダクター」は4本縒りなのでスローでディープを狙うなら伸び率が少なくオススメ。

DSC_2486★ジギングは「アバニ・ジギング10×10MAXパワー」を愛用。10mマーキング10色。細かなウルさい目印が無くて、とても見易い。
最近は、PE1、2、3号が主役で4号が必要なくなってきた。1〜3号の強度があれば、ドラグテンションは4〜7kgなので充分。ジグは60〜400gまで使用可能。後はフロロリーダーの太さや長さを変えを、瀬がキツイとか無いとか?エリアによって対応する。


◎東京湾、相模湾(太刀魚、シーバス、サワラ)・・・PE1〜2号
使用リール:ステラ4000、オシカル200HG、バルケッタ300HG
オシアジガー1500HG、オシコン300HG
使用ロッド:BA632、6102S

◎外房、玄界灘(ヒラマサ等の青物)・・・PE2、3号
使用リール:ステラ5000、8000、オシアジガー1500HG、オシコン300HG
使用ロッド:BA632、6102、583、633、584S

もし、ジギングで10kg以上のテンションを掛けるならPE6号を使用するかもしれないが・・・今はいらない。近年、ジギングスタイルは、ロッドやリール、フックなど高性能になり、次々にライト化が進み、昔より楽にジギングが行え、大型魚も容易にキャッチできるようになった。

★キャスティングは「アバニ・キャスティングPEスーパーMAXパワー」を使用。通称:SMP。
このラインは、2ランク強度がUPしているのと長期に渡る使用でも耐久性があると感じでます。
色も「ステルスグレー」は見にくいかと思えば意外と視認性がある。マーキングは25mごとにネイビー、ピンクの印が付いている。オレ的には50mだけで良いが。

◎東京湾、相模湾(シーバス、サワラ、シイラ)・・・PE1.5かPE2号
使用リール:ステラ4000、5000、6000
使用ロッド:Bkh662、663S

◎相模湾、外房、玄界灘(キハダ、ヒラマサ等の青物)・・・PE3、4、5、6号
使用リール:ステラ8000HG⇒3、4号用、10000XG⇒5号用、14000XG⇒6号用
使用ロッド:Bkh703、833、774、815PGSBkh836LMG

◎トカラ、津軽小泊(GT、キハダ、マグロ)・・・PE8、10号
使用リール:ステラ18000HG⇒8号用、20000スプール⇒10号用
使用ロッド:Bkh837LMGBkh798LMG+

こんな使い方をしてます。

*ラインは全て最低300mは入れます。
*PE2号は「アバニ・キャスティングPEマックスパワー」を愛用。
*ツインパワーでもOK

釣行前に皆さんの参考になれば有り難いです。

jake at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月04日

青い英雄!!

こんにちは。連日猛暑日の記録更新とか!天気予報で言ってました。エアコン壊れてるし・・・。

早々、秋に向けて青物ジギングロッドの準備は如何ですか?

我社が自信を持ってオススメする“青い英雄”という名の「ブルーアイアス」ジギングロッド。一部入荷してますので改めてご紹介させて頂きます。

最先端ジギング界に対応すべく素材コンテンツの見直しから“ブルーアイアス”の企画がスタートした。
心臓部となるシャフトは、日本技術の結晶と言えるほど寸分狂わないカーボンの密巻き加工は、まさに職人芸の域である・・・。

DSC_7907632ファイト632で








潮流で惑わされるゾーンから、ジグから伝わる微かな変化を逃さず手元まで伝達!

そして・・・フッキング!

メリハリあるファイトでは決して相手には主導権を与えない!

DSC02593DSC05043DSC05055










日本近海のヒラマサ、ブリ、カンパチ達への
繊細なアプローチはこれからのジギングには必要不可欠。






《グリップデザインのフォルムと特徴》

リアグリップの端が、他メーカーと比較すると、ほんの少し短いと思います。大柄な体系で脇に引っ掛かる程度の長さ。この長過ぎないリアグリップは、アンダーでキャストをし易くさせ、瞬時に構えジギングを行う際、この動作でレインギアや衣類に引っ掛かりにくくしスムーズに行える意図がある。その分、ブランク性能を最大限に引き出すために、重要なブランクを露出させている。

グリップ全体リールシートリールシート「DPS18」は「FK7」と言ってラバー特殊コーティングを施したシートを純正で装備。滑らずフィット!しっとり感が堪りません!!

存在感ある「ロイヤルブルー」を使い、ブルーを強調した専用メタルパーツを装備。




リールシートは、下から回し上げる「アップロック」設定。細身のフロントグリップは、人差し指を沿え繊細なジグ操作が容易にこなせる。エンドEVAは限界まで細く削ぎ落とし軽量化を図っている。

アップロック裏面ロゴとスペックを挟むように前後2箇所「天然アワビ」の装飾が独自の目印!個人的に、渋くカッコイイ竿を持ちたい!という拘りですね。
DSC04951


ガイドを固定する、止め糸は中を抜き最低限のスレッドで少しでも軽く。

ブランクスカラーは太陽光に映える「ミルキーブルー」ブルーにもグレーにも見える乳白クリアー。




≪アイテム≫

★[BA583S]…Length5.8f、PE2-3、Jig150g、WT180g
(水深20〜100m、ジグ80〜180g、細めのリーダーを使いタフコンディション時のバーティカルジギングに適している。ショートからセミロング径の細かな操作が可能。)
*Kガイド設定:トップ8、シングル8、10、12、16ダブル30

★[BA584S]…Length5.8f、PE3-4、Jig200g、WT195g
(水深30〜120m、ジグ100〜230g、オールマイティーに使え水深があるエリアでのバーティカルジギングに適している。セミロングからロングジグを少ない力で横に飛ばすことが容易にできる。)
*Kガイド設定:トップ10、シングル10、12、16ダブル20、30

★[BA633S]…Length6.3f、PE3-4、Jig150g、WT185g
(水深15〜80m、ジグ80〜180g、ナナメ引き、ドテラ流しに対応、角度に付いたポジションで繊細かつナチュラルに潮を掴んだジグの操作が可能。)
*Kガイド設定:トップ10、シングル10、10、12、16ダブル20、30

★[BA632S]…Length6.3f、PE1.5-2.5、Jig150g、WT178g
特徴の一つですが、セッティングガイドは「KガイドTOP7〜25リング」と繊細さを全面に押し出すために、小径ガイドを使用。お陰でよりブランク感度が増し、手元への感じ方は!

設定した小径リングは、アンダーハンドでのノットの引っ掛かりは?フロロショックリーダー8〜14号の摩擦系ノットでのスリ抜けは問題ない。

「high response高応答!」「high sensitivity高感度!」

伝わり方が違います!

晩秋、相模湾の引き強いカツオを相手に推奨ドラグ3.5kgの数値を上回る4〜5kgのドラグテンションを掛け過激なテストも繰り返す。

DSC02054DSC01856引きの強いカツオで












《相模湾カツオのコマセ乗り合い船》では…

ルアーマンの釣座がミヨシとなり、ヒット後、カツオに走られ過ぎるとエサのお客さんとオマツリして切られたりするので、ファイトする範囲を最小限にし、なるべく強目のドラグテンションでファイトし強引にコントロールしなければならない。

IMG_887614386585129631438658498132












ブランクのテストとしては最高のステージでありロッド能力の見せ場でもあった!
時として・・・20kgを超えるキハダも想定内なのだ!!

★[BA6102S]…Length6.10f、PE1.5-2.5、Jig180g、WT192g
632Sを素材ベースとした、ロングスペック設計。全長6.10fと約7.0fもある青物狙いのスピニングジギングロッドである。

少しでも高いポジションから、ロッドストロークを生かした操作幅は、アンダーハンドで遠くへジグを送り込み起伏の激しい底を広範囲にトレースしたり、ドテラ流しでの距離あるジグ操作に最適。

三陸沖のジギングも、近場の相模湾でも大活躍だった。

三陸でも身近な相模湾でも

ワイプショートの相性は?







「ワイプMID」だけではなく
「ワイプショート」の細かな動きも反応することができた。

ブリも楽しく玄界灘ジギングヒラマサドテラジギング























最終モデルは玄界灘のドテラ流しでテストが行われた。食い渋る条件下でも、ロッドの長さを利用し船から遠くへのアプローチが行え、10kgオーバーを連発させコンスタントに拾っていけるロッドとして自分なりに確信した。

ソフトなブリやヒラマサに最適


ロッド性能がアングラーを引き立ててくれる!




遠征や持ち運びを考えジギングロッドでは珍しい1&h(ワン&ハーフ)グリップジョイントによる設計。仕舞寸法はナント1560个8.0fとのキャスティングロッドの仕舞寸法より短くなる計算。

装着されているガイドは8〜25と最小限のサイズを設定し軽量化している為、フロロリーダーは14号以下を使用してください。

完成品自重は192g。約7.0fなのに軽く仕上がりました。
推奨リール:ステラ5000〜8000番、HGタイプをオススメします。

DSC_0305DSC_0304









≪ブルーアイアス動画≫

◎ブルーアイアスBA584Sによるジギングでカンパチを釣る。


DSC00781主演は福島県いわき市在住の丹一成君です。ブルーアイアスBA584S+ステラ8000HG(PE4号+フロロ20号)+ワイプアウト・ショート200g(カラーはピン金)で、確か…水深120m前後だったかな?

ワイプ・ショート200gを使用。カンパチのトルクある引きは最高です。
動画は後半のファイトシーンですが、ブルーアイアスBA584Sの曲りが確認できます。



ブルーアイアスBA584S」を使いナイスなカンパチをキャッチしてます!!

DSC08234DSC08243DSC08248DSC08252

















◎耐える584!ファーストラン!ステラのドラグ音が堪りません!最高の瞬間です!


円を描きながら浮いてくる動きに合わせ、ゆっくり上げればよい!キハダが近くに来たらロッドエンドを腰から脇挟みへ移動しネットへ誘導する!

DSC00735DSC00738DSC00741









ブルーアイアスBA584S」は共にステラ8000番クラスがマッチし、ギア速度はPGでもHGでも好みで合わせる。この手のジギングではキレと速度が重要だと思っているのでHGが好みである。

DSC03300


長々と説明させて頂きましたが・・・大丈夫でしょうか?

以上、この秋も「ブルーアイアス」ジギングロッドを宜しくお願い致します。

jake at 10:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月13日

トカラ動画UP

こんにちは。スッキリ晴れて夏日です!

トカラで撮影した動画を少しづつUPしていきます。

まずは、ジギングでのカンパチ。サイズは?目標には程遠いですが、
ヒット直後からランディングまでご覧下さい。

DSC03286

その時、使用していた「ブルーアイアスBA584S」のベンドが見れます。







jake at 13:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月12日

トカラ遠征後半パート4

こんにちは。日本列島〜台風6号通過です。東京は今夜〜明朝?

シケで釣りに出れない場合は、このブログで暇つぶしを!

長々とお付き合い有り難う御座いました。トカラ遠征報告ラスト!パート4です。

この日は、暴風雨で最悪のコンディション。風裏での釣りと制限されました。トメさんの「スマ」で始まりました。島では「ホシガツオ」と呼ばれてます。真っ赤な赤身を新玉ねぎとポン酢で頂きます。

DSC03651DSC03653
野辺君にはカンパチが。









丹ちゃんの「ブルーアイアスBA584S」が曲がった!が・・・。ワイプ220gスライド(グリーシルバー)。140mまでの浅いエリアでは「ワイプアウト220gスライド」が釣れる。ワインピッチで左右に大きく飛ばし⇒その後、チョンチョンと細かく誘うと!ドスン!とヒットする。

弊社在庫は殆ど無く、今後、追加生産予定も無し、宣伝する必要性も無いジグだが。トカラでは外せないジグの一つ。ネットで探してみよう〜。

DSC03656DSC03658











伊東船長にお願いしてクロムツ(10〜20kg)が釣れるポイントへ。野辺君は仕込んでおいたスペシャルジグの登場!?どっかで見たことあるような?そう!懐かしザウルスのヒラジグラ800g?1圓泙任△蠅泙靴燭らね。クレイジーな時代でした。で?送り込む水深は400〜500m夢のゾ〜ン!!キズだけ付き不発で終了。矢野っぴ〜は、まぁ〜まぁ〜なイソマグロをキャッチ!

DSC03660DSC03663











武藤君は、ジギングでキメジを釣る!雨足は徐々に強くなり横殴りに・・・。

DSC03665DSC03667









顔に当たる雨粒は痛いくらい!雨に向かって叫ぶ・・・丹ちゃん。こちらは、寄り添って爆睡〜。

DSC03669DSC03670









ですが、テンションMAXで頑張りましょう!丹ちゃん・・・カンパチ良く釣ります。

DSC03671DSC03673









いくらトカラだって・・・潮が悪ければ、我々も漁師さんでさえお手上げ。こんな時もあるさぁ〜。

DSC03681DSC03684









松ちゃん・・・「ワイプアウト220gスライド」で釣って頂き有り難う御座います。

身体も冷え、温かいお風呂に早く入りたいね〜。この後、湯船に3人で突入し・・・湯船を壊すから止めて〜って怒られました・・・。*突入画像あるけど載せられません。

DSC03686DSC03689












雨は上がり回復しつつあるシケ残りの海へ。初カンパチをゲッツ!やり事なす事すべて初体験の24歳若手、武藤君が羨ましい!

DSC03690DSC03692









松ちゃんも徐々にエンジン始動〜!

DSC03694DSC03699









ジグにキャスティングとキハダがアタリだす。

DSC03701DSC03704









武藤君!再びキハダ!ヒット!「ブラックヘラクレスBkh836LMG」に「ボラドール170F」。食われているベイトが小さいから・・・コレ(ボラドール170F)にしてみたら?このアドバイスを忠実に実行し、キハダが即バイトした!!「ボラドール170F」の「シャウト!シングル5/0」クダコ仕様!

DSC03707DSC03709











1本釣るごとに余裕ができて、どんどん上達していく武藤君。

DSC03711DSC03716









明らかに「ボラドール・170f、190F」への反応が良いことを確信した我々は、ボラドールを付け投げると全員ヒット〜。海面から規則正しくダイブさせながらアクションさせると・・・激しくバイト!
ボラドール使うと、殆どが、ミスバイト無しで確実にフッキングしていた。

DSC03722DSC03728









小臥蛇をバックにキハダ祭り開催中〜。ロッドは「ブラックヘラクレスBkh815PGS」が最適。

DSC03729DSC03731









食われシャブられ過ぎで、ボラドールもボロボロドールになってしまった・・・

DSC03734DSC03738









ほんとキハダって面白いっすよね〜。
じきに相模湾が始まりますが、開幕前に、目を慣らし、身体を慣らしなど、良い練習になりました。

DSC03745DSC03747









武藤君には更なる試練が?内臓抜き(ツボ抜き)作業の講習会が・・・。

DSC03748DSC03750









ここまでくると余裕のファイトを見せる武藤君。もう大丈夫だね?通称:ピンボラでもキャッチ。

DSC03753DSC03755









太陽も西に傾き・・・後半戦もいよいよ終盤です。

DSC03756DSC03758









最後の最後にトメさんジギングでヒット〜!が・・・。
皆とグルグルと絡みまくり・・・マジかよ〜!トメさ〜ん!!大ブーイングで小さなカンパチ浮上〜!
で・・・最後に「ダイナマイツ!」で終了〜。

皆様、船長〜お疲れ様でした〜。

DSC03760DSC03763









これからの片づけが大変なんです。数日、船に置きっぱなし潮まみれのタックルを水洗い。

そして、この日・・・港にトビウオが入った情報が!晩飯を済ませ、港に下りてみると・・・。

DSC_0751DSC03764









大きな堤防の外側から、この満月が上がり、堤防内側の海面が照らされるまでがチャンスらしい。

DSC03767DSC03771









発電機を使い電灯を一気に照らすと、トビウオが集まり、1スクイ2本ペースで確保!
これ(トビウオ)をどうするかって?ウロコを取り、背開きにして甘塩し干して保存するようです。

このトビウオを追って、港の暗闇に接近するのがGTやイソマグロなんです。

早朝からパッキング、荷持出し作業で汗流し10時には港に下りて「フェリーとしま」を待つ。
いよいよ、お別れです・・・。今年もお世話になりました。

DSC03765DSC03773









フェリーとしま丸は出港しました。この後、中之島⇒口之島⇒鹿児島港には19:30分着予定。

DSC03779DSC03780









あまり寝過ぎると、夜に寝れなくなるので、レストランで他のお客さんの迷惑にならないように宴会?浜原荘から渡されるお昼弁当もおつまみに。

DSC03781DSC03782









定刻、鹿児島港に到着し、鹿児島泊メンバーと分かれ宮崎へ移動〜。

DSC_0760DSC_0764









宮崎の地鶏でシメっていうことで。我々の遠征は終了となった。今回は多少悪天候に見舞われたが、中止することなく出船できてラッキーでした。

今回もお世話になった南風丸・伊東船長、浜原荘、ふじ荘に感謝します。有り難う御座いました!

DSC_07651430920349068










トカラ遠征報告・・・終わり・・・。

jake at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月10日

トカラ遠征前半パート2

こんにちは。
溜まってる仕事を片付けに早朝出勤してます。台風が接近してますね〜。来週から影響がでるようなので十分気を付けて下さい!

さてさて、トカラ前半パート2です。休日の暇つぶしで読んで下さい。

今回は、本当にカンパチが良くなかった。伊東船長は底潮が悪いって常に言ってました。
表面の潮は動き、トカラらしく素人目では見えるのですが、実際は底が行ってない。

そんな厳しい条件だからこそ、勉強になることが多い。

《ジギングで狙う水深とジグ》
浅いところで100〜130mを「ワイプアウト・ショート200g」や「スライド220g」で攻め。深いところで130〜180mを「オシア・スティンガーバタフライ・ロング300g」を使用した。

いつもパーフェクトフッキング!自作の最強フックは無敵です!今回はアレンジしてみて、いつもの「シーハンター20号」と新「デビルライン20号」との四つ編み混紡仕様!「フィッシングファイターズ」の「鉄腕リング」と「鉄腕#3BBスイベル」も快適な使用感でした。

DSC03436DSC03439









《今回のジギング・タックル》
BA584S+ステラ8000HG(10×10MAXパワー3号)・・・ワイプアウト・スライド220g
◎BA585S(プロト)+ステラ8000HG(10×10MAXパワー3号)・・・スティンガーロング300g
◎BA641B(プロト)+オシアジガー1500HGスーパーコンダクター2号)・・・ワイプアウト・ショート200g

田代君が釣ったクエをみんなで食しました!鍋は旨味バッチリで身はプルプル!刺身も程よい脂が口の中で溢れます。鍋で腹いっぱいになってしまったので、翌日の朝食で雑炊にしてもらいました!贅沢な食事となりました。

DSC03451DSC03452









タケノコの天ぷらは、何も付けないで食うのが一番!浜原荘〜最高です!

DSC03453DSC03455









まぁ〜食事は毎晩満たされてますが、海は決して良いとは言えない。こんな感じに釣ってますが、雑な釣りをしていたら坊主くらいます。ちゃんと繊細・丁寧に攻めなければならない!

DSC03458DSC03459
ホント・・・キハダ大好きなんです。キレイなキハダを撮影するには?シメる前に、ルアーを外し即撮影すると、こんなキレイなんです。船にスポンジマットがあると楽です。



《今回のキャスティングタックル》
Bkh833PGSステラ8000HGSMP3号)・・・ダイビングマヒペン127F、ナブラン150
Bkh815PGSステラ14000XGアバニGT6号)・・・ナブラン150ボラドール170、190F、スプーン。
Bkh837LMGステラ18000HGSMP8号)・・・べベルスイマー、サーフェスブル
Bkh798LMGプラスステラ20000HGSMP10号)・・・BIGポッパー


高知や宮崎などから本職のカツオ船が毎年来てますが・・・果して獲れてるか?このアジア圏はカツオの親魚が獲られまくり減少の一歩を辿っているとか?カツオも危機的状況なのだ。

DSC03465DSC03467









今日の船飯は?炊き込みご飯。スープ付き。今日も大盛り。

DSC03470DSC03471









ん〜。カンパチが小さい・・・贅沢な悩みなんですが・・・。スティンガーロング300g好調!

DSC03473DSC03475












回収中に中層でハガツオがヒットした!シルバー色が無難で万能カラー!

DSC03478DSC03481









「探検丸」は、ジギングする我々に、細かく的確な情報を提供してくれる。

DSC03484DSC03486DSC03492










ジギングする高松君は?なんか・・・やっちまったようです!




水深30mを200mライン出されました。やっぱし〜。GTでした。しかも良型!撮影し即リリースしてやりました。この時、べべってましたが・・・釣れませんでした。

DSC03494DSC03496









今日は口之島に上陸!「ふじ荘」に一泊です。もちろんBBQ〜。タケノコもあります。そんなに食って飽きないの?って言われますがハイ「飽きません」。最後は、各自、焼きオニギリをお好きな味で育てます。

DSC03500DSC03503









田代君・・・次はムロの泳がせに挑戦!タックルは?シマノ「チェルマーレ」に「タリカ」で決まり!
簡単にGTキャッチ!即リリース!

DSC03510DSC03512









再び・・・スプーニングしてみました。

動かし方:着水後、ロッドを立てリーリングする事により、泳がす速度を調節しやすくする。時折、水面に出て回転してもOK。ヒラッ!ヒラッ!ジャバジャバ!と出るくらいの速度でリーリングする。これがスプーンの誘い出しです!他に?どんな魚が釣れるのか?これからが楽しみです。

このテスト中のスプーンですが、発売する予定ではありますが・・・今のところ未定で御座います。

今後もスプーニングでどんな魚が釣れるのか?可能性を求め調査していきます。

DSC03513DSC03515












雨でシケてきました。大雨でも「ゼフォー」のレインギア着てますから〜。大丈夫っす。
島野勇三さんは、途中参戦、悪天候の中、頑張りました。海の宝石“カスミアジ”をゲッツ!

DSC03517DSC03519









今夜もBBQ〜。どんだけBBQすんねん。リクエストしてますので!焦げた魚はモンガラ系〜。味噌入れてグツグツとしてます。シマノ御一行様は翌日のフェリーでお帰りになります。

DSC03521DSC03525









その前に・・・早起きして8時まで海に!やっぱり田代君は何かを持ってます。最後に食わせました!イイ引きしてます!ターボが効いてます!新「ツインパワーSW」のスムーズなドラグ音が鳴り響き!快適にファイトしランディング成功!なんと・・・トカラ初参加で、憧れのオールスター選手を全種キャッチしたことになる。

田代君・・・この経験をバネに今後も良い製品開発に期待してます。

DSC03527DSC03532











そして、前半が終了した。10時に来る「フェリーとしま丸」に間に合うように、送りの荷物、預ける荷物の手続きを済ませ、急ぎのパッキングとなる。伊東船長と記念撮影。

DSC03533DSC03536









お隣、平島から40〜50分で到着。
皆さん、お疲れ様でした。鹿児島港19:30頃、到着してからの、大阪までの車移動、
気を付けて下さい!

DSC03537DSC03539









さよ〜なら〜。また来年、頑張りましょう! そして、この姉妹が浜原荘にやってきました。

DSC03541DSC03552










トカラ遠征後半組と合流です!パート3に続く!

jake at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!