632 を含む記事

2016年09月01日

カツジギ更に続く・・・

お疲れ様です。行ってきました。台風過ぎての出港でした・・・。

相模湾はどのように変化しているだろう?
大潮の満潮時なので平塚新港は海面が上昇して溢れそうなくらいヒタヒタ〜。

カツオの宿題が残っているので、カツオ&キハダのコマセ船への乗船。

DSC07531DSC07532









沖に出てスグに潮が押してクッキリ潮目。
今日のシイラは130cm台がヒットするなど好調だったようです!
朝イチの群を捉えジグを投入すると椙尾くんが良型のカツオをヒットさせるが・・・。
前回よりはアタリが多く、状況は上向き?他船の竿が曲がっている光景を見れた。

その後、小さなキメジ(ペンギンさん)が我々のジグにアタック。

DSC07534DSC07537









台風前は居なかったキメジ・・・。
あまりにも小さいので、なるべく魚体に触れず、そのままリリース。

DSC07539DSC07541

秦野「リフラックス」塚田さんも
ワイプアウト・ショート80g」でペンギン。






オレのペンギンは途中でバラシ・・・。最近バラシ多過ぎなので色々見直しが必要です?

こんな感じにリリースします。

DSC07542DSC07543









ソナーで魚群を追っかけ、仕掛け&エビちゃん&ジグを投入する船団。
毎回、船と船が接近し見たことある方々?知り合いとも多く出会うので、なんか面白い(笑)

DSC07545DSC07550









《タックル》
ブルーアイアスBA632S、6102SツインパワーSW6000HGステラSW5000XG
*BA632Sは椙尾くんも愛用
《ライン》モーリス・アバニジギング10×10MAXパワー2号+フロロ10号(3ヒロ)
《ジグ》ブルージャック50g、80g、ワイプアウト・ショート80g

DSC07553DSC07557DSC07558









後半は、4号機ならび西エリア、大磯沖の鳥山を追い、オレと椙尾くんのジグにアタリがあっただけ。

この時、エサで1本ヒット。そして納竿・・・。

カツオ・・・なかなか釣れてくれません?



まぁ〜そんな具合に今日も苦戦しております。

津軽からは夕方にシイラパターンでモンスターヒットの連絡が・・・!
その後、どうなったのでしょう?

jake at 17:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月27日

カツジギ続き・・・

お疲れ様です。行ってきました!何に・・・?

昨夜帰宅し、準備して平塚へGO〜。

小泊遠征前にやり残したカツオジギング・・・後写真1枚が欲しくて行ってきました。

来週になってしまうと・・・台風の影響がほぼ確定?ならばカツオが釣れてるうちにと・・・。

TLC主催レディースセミナーの開催を横目で見ながらの出港〜。

DSC07515DSC07517









とにかくカツオが釣りたい。カツオの写真が撮りたい!
愛用のタックル⇒BA632S+ステラ5000XGに自信のワイプ80gシルバーピンク。
頼むから頑張ってくれよ〜!気合注入〜。

カツオ&キハダ船団は相変わらず動きまくってます。

DSC07519DSC07523









ヤバイ雰囲気の中・・・終盤に板橋区のエビングアングラーに待望のヒット!

DSC07524DSC07525









ツインパに巻いた6号300mがファーストランで半分以上もラインを出していった!
いいサイズです!巻ける時はガンガン巻いて〜!一応アドバイスを。

DSC07526DSC07527









残り20mに差し掛かった瞬間・・・。ナント切れた!?あ〜。針のチモトで切れていた!
先ネムリの針なのに・・・。サポートについていたオレも残念〜。悔しさ倍増〜。
また頑張りましょうね!

DSC07529さて、肝心なオレの本命はというと・・・。
ナント・・・ノーバイト!前回より出来悪し・・・
またもや撃沈(悲)
周辺の餌での釣果も・・・?どうしたんだ〜カツオ君?
何処に行ったのカツオ君?

気を取り直し、台風抜けたらまた行ってみよう〜。

jake at 18:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2016年08月10日

グランドスラム!?

お疲れ様です。台風が過ぎ去った外房へ再び・・・夏マサを狙いに行ってきました!

今日は名手・瀬戸くんとオハロウさんと大原・山正丸さんで。

外房の夜明けは陸地が見えない太平洋!それが新鮮。当たり前ですが。

今日も暑くなりそうだぁ〜。

若手は・・・ポイントに着く前に余裕のノット組み替え(笑)

台風が過ぎて、どのように変化しているか楽しみだった・・・。

DSC07303DSC07308









前回より、鳥が多く、濁り潮と澄み潮のエリアがハッキリしていた。

鳥がザワついている場所でジギング。開始早々、イナダらしきアタリが?
やっとノッてやっぱりイナダ!写真を撮らずリリース〜。次のアタリが?なんとカンパチ!
ショゴサイズですが入ってきたようです!

《本日のタックル》
ブルーアイアスBA632S+ステラ8000HG
ブルーアイアスBA6102S+ツインパワー8000HG
共にライン:アバニジギング10×10MAXパワー3号+フロロ12号リーダー(3ヒロ)
ジグ:ワイプアウト・ショート100g&80g

DSC07309DSC07311












瀬戸くん・・・次にヒラマサ喰ったら青物3種制覇でグランドスラムだね〜なんて冗談を言ってたら!

本当にヒラマサがヒットした!正直?過去に記憶がなく・・・初めての体験です!

DSC07313DSC07314DSC07315


















瀬戸くんも夏マサをキャッチし。更に・・・カンパチを追加のヒット!
画像はありませんが4種目ヒレナガカンパチであった。他、シイラをかわしながらのジギング。

パターンは前回と変わらず・・・小さ目のジグを遠くへキャストし、
ワンピッチで間合いを入れながらの横方向へのジギング。
今回は更にサイズを落としワイプ100gの他にワイプ80gも使った結果。

DSC073171470775243994












オハロウさんからのスイカの差し入れがっ!有り難う御座います!

DSC07318DSC07319









美味しいスイカ食べ放題!大きくカットしたスイカを3つ・・・こんなに食べたのは子供の頃以来(笑)

DSC07320DSC_3163DSC_3165








お腹いっぱいスイカを食べても・・・下船後は腹が減る。

本日は「女良食堂」で生姜焼き定食で満足!

明日から世の中はお盆休みですが・・・
明日は平塚・庄三郎丸さんでシイラセミナー!
今日沢山いたシイラが回って来ないかな〜?

jake at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月07日

夏マサ報告。

こんにちは。台風はジワジワと勢力を増しながら関東太平洋沿岸に接近中!

昨日は可能性を求め夏マサを狙いに外房へ。秋本番前に、黒潮の影響する外房海域の状況や傾向を自ら知る為でもあった。(カッコよく言うと・・・)

お世話になった大原・山正丸が海域に到着すると台風のウネリがあるだけでベタ凪。

今時期のベイトは?浅瀬の小さなカタクチがメインベイト。気になる深場のベイトはどうなんでしょう?
ここ数年、少ないらしく望みが薄いようです・・・残念。

海水温は、どこも25℃以上で高温です!湿度が高く、朝から汗が止まらない・・・。

DSC07266DSC07272









水深15〜18mの根がらみの浅瀬を広範囲に探る外房スタイルのジギングで攻める。

「アカウミガメ」が目の前を通過していった。産卵で近寄ってきたのか?
産卵のできる環境であって欲しいです!

DSC07275DSC07276








後方のお客さんがイナダをヒットし魚の動きを感じ取る・・・

最初は「ワイプMID130g」をセットしようと思ったが、船長アドバイスでベイトが小さいから小型のジグがあったら、その方が良いでしょう!たまたま2本だけ「ワイプアウト・ショート100g」があったのでセット!フックもショートバイトでも取れるよう細軸の「がまかつ・近海64ミディアム7/0」を1本付け。

アンダーで約30m飛ばし着底から、ロッドを真横ナナメに構え、巻き続けながらのワンピッチで操作。ショートボディなので細かくアクションさせ、フォールさせない程度の速度でナナメ引き。浅いので1回毎に回収しべベルポジションからのジギングを繰り返していった。

底を切った瞬間・・・ジグに絡み付くアタリを感じ、誘い速度を変化させるとヒットしてきた!

イナダかと思ったら小振りだがヒラマサだった!幸先の良いスタート!

DSC07280DSC07282DSC07283
時折、鳥が海面を意識しベイトが浮く!ベイトの反応も凄いみたい。






トメさんがトップ「マヒペン・ダイビング」でヒットさせた!






シイラで苦笑い・・・。結局、ヒラマサ1本、イナダが2本、1バラシで終了〜。
風も無く究極に暑かった〜。汗も一度も乾くこともなく流れっぱなし!
日射・熱射病対策で飲み物は2リットルは必要かな?

DSC07287DSC07288









《昨日のタックル》
ブルーアイアスBA632S+ステラ8000HG
ライン&リーダー:アバニ・ジギング10×10MAXパワー3号+フロロ12号
ジグ:ワイプアウト・ショート100g、プロト125g、MID130

DSC07296DSC_3142









春先は夕方までの通しが多かったので、久しぶりに「かねよ食堂」に行けた。
肉玉ねぎ(生姜味)定食880円。
帰宅後は「ぴん太郎」で購入した地タコ750円。味は言うまでもありません!

DSC_3143DSC_3145









次回、台風が去った後に行って、どのように変化しているか?チェックしてきます!

jake at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月29日

カツヲの当り年か?

こんにちは。スッキリ夏空!キハダのネタではなく、もう一つの楽しみ。

巷では・・・今年のカツオの当り年か?と囁かれてます・・・。一昨年の再来か?

カツオの味は開いてみないと解らない。と言われるほど、味にバラつきがある魚。
しかし、今年、既にカツオの味わった方々は、皆さん口を揃え!
全部アタリ!マジに旨い!と言ってます。

早い時期から湾内に入りシラスを食い続けているのだからそりゃ〜身質が旨くなるでしょう〜。

昨日も沖で出会ったカツオで有名な・・・?
某〜長〇〇〇丸さんは1本釣りで500kg獲っていたしサイズも2〜3kg!

コマセ解禁も後3日!あの強い引きとあの味が・・・今から楽しみです。

そうなると・・・カツオ狙いの釣り人もショップ様も準備は大丈夫ですか?

では?相模湾スタイルのカツオジギングを紹介しましょう。

コマセ・カツオ&マグロ船がスタートし、ミヨシの空いているスペースが我々のステージ。
ここで指示タナをジギングで誘っていきます。

どのようなタックルが必要か?今一度、参考にしてみて下さい。

ジグはやっぱり。プロトの時から、かなり釣らせてもらったワイプショートですよ。
ワイプアウト・ショート80g」です。昨年、カツオが不漁だったので今季に期待!
↓80gは下記のカラー在庫あります!!*130、160gなどはお陰様で全滅し現在生産中!
この秋!待望の入荷しますよ〜!80gはカツオシーズンに向け作っておきました!

DSC_3104DSC_0847









他のサイズと比較すると6面、左右対称、7:3後方重心コンセプトから、80gは意図的にボディ両前方のフラット面を拡大6:4バランスになっているのが解ります。
すなわち早く沈む落とす事より、一定レンジ(ヒットゾーン)をゆっくり誘うアクションが行えるよう形状修正してある。↓100gとの比較。比率配分を変更したのが80g。

DSC01660DSC01664









《参考タックル》*必見です!
ミヨシの限られた範囲でファイトしなければならない為、カツオに遊ばれ、後ろに走られるとエサの仕掛けと絡むとやっかいです。ドラグテンションは4.5kgに設定しやや強めに強引なやりとりが必要となる。ヤワなロッドだと危険です・・・?繊細に誘い食わせ主導権を握らせないロッドが必要なんです!これがテクニカルで実に面白い!
*中でもBA632S、BA6102Sがオレとスギオの間違いのないお勧めロッド!

DSC01854ロッド:ブルーアイアスBA632S、6102S、633S
リール:ステラツインパワー5000〜8000番クラス
ライン:アバニ・ジギング10×10MAXパワー2〜3号
リーダー:フロロ8〜12号(3ヒロ)
ジグ:ワイプアウトショート80g、100g、ブルージャック50g、80g




フックはどんなタイプを?オススメのフックを紹介します。

DSC_12225bf7542399583791









◎がまかつ社「バーティカルライト」2/0か3/0がオススメ!コンパクトでも強度があり信頼あります。
基本は1本で使用する。タフな時は2本付けたくなるが・・・ネットイン後に外すのに時間がかかり「時合い」の逃してしまうので極力1本で使用しようすること。



*これより細い軸のフックは伸ばされますので使わないほうがよいです。
*使用ジグは「ブルージャック50g、80g」「ワイプアウト80g、100g」までを使用範囲とする。

*フロロリーダーを最低3ヒロ入れるの為、ラインやリーダーのヨレが気になる方は「ボールベアリング#3」を使用するとリーダーのヨレが気にならなくなりトラブルも解消されます。

これで準備万端OK!!後はジギングするだけ。湾内には大量入荷中〜!1ケ月前からシラスを沢山食って脂のノリがハンパじゃなく絶品だと思います。ん〜堪らない!早く釣りたいですね!

DSC01848DSC01846











例年だと、11月上旬まで楽しめる釣りです。シーズン後半になれば皮際の霜降り度は増していく。
さすがにウエイトも5kgに達すると満足度はMAX!

DSC01856DSC020541415496747967












★31日(日)SFPC主催「女性限定シイラセミナー」参加人数に、若干余裕があるようなので、
お時間のある方は⇒コチラにご連絡お待ちしております。

jake at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月21日

青い英雄!

こんにちは。GW直前。ジギングロッドの準備は如何ですか?

3月末から外房に毎週通ってますが、今季使用率が高いジギングロッドがBA6102S。一番、思い入れが強いアイテムでもありますが・・・今日はブルーアイアス全体、完成するまで、特徴等を掘り下げて説明させて頂きます。是非とも、読んで下さいね。

我々が自信を持ってオススメする“青い英雄”という名の「ブルーアイアス」ジギングロッドを改めてご紹介させて頂きます。

最先端ジギング界に対応すべく素材コンテンツの見直しから“ブルーアイアス”の企画がスタートした。心臓部となるブランクシャフトは、日本技術の結晶と言えるほど寸分狂わないカーボンの密巻き加工は、まさに職人芸の域・・・。その技術を凝縮させた厳選アイテムが完成した。

DSC_7907632ファイト632で








潮流で惑わされるゾーンから、ジグから伝わる微かな変化を逃さず手元まで伝達!

そして・・・フッキング!

メリハリあるファイトは、決して相手には主導権を与えない!

DSC02593DSC05043DSC05055








プレッシャーが大きい日本近海のジギングにおいて・・・

ヒラマサ、ブリ、カンパチ達への繊細なアプローチは、これからのジギングには必要不可欠。

ブルーアイアスが解決してくれます!




《グリップデザインのフォルムと特徴》

リアグリップの端が、他メーカーと比較すると、ほんの少し短いと思います。大柄な体系で脇に引っ掛かる程度の長さ。この長過ぎないリアグリップは、アンダーでキャストをし易くさせ、瞬時に構えジギングを行う際、この動作でレインギアや衣類に引っ掛かりにくくしスムーズに行える意図がある。その分、ブランク性能を最大限に引き出すために、重要なブランクを露出させている。

グリップ全体リールシート
リールシート「DPS18」は「FK7」と言ってラバー特殊コーティングを施したシートを純正で装備。何が良いか?リールフットとの密着が良くシッカリ固定できます。握り感も滑らずフィット!しっとり感が堪りません!!




魚を掛けた時・・・無塗装リールシートは緩み易く、ファイト時に発する嫌なギシギシ音はしません!
サンプルでは無塗装の安いリールシートでテストしますが・・・実際の製品には使いません・・・。

存在感ある「ロイヤルブルー」を使い、ブルーを強調した専用メタルパーツを装備。

リールシートは、下から回し上げる「アップロック」設定。細身のフロントグリップは、人差し指を沿え違和感が無く繊細なジグ操作が行えます。エンドEVAは限界まで細く削ぎ落とし軽量化を図っている。

アップロック裏面
ロゴとスペックを挟むように、前後2箇所「天然アワビ」の装飾が独自の目印!




当然ですが、アワビ柄は一つ一つ異なり同じ模様はありません。世界で一本のあなた自身の模様なんです。渋くカッコイイ竿を持ちたい!というモノへの拘りですね。装着するスピニングリールは?勿論、国内最高水準のリールと合わせお使いになって下さい。


DSC04951
ガイドを固定する、止め糸は中を抜き最低限のスレッドで少しでも軽く。

ブランクスカラーは太陽光に映える「ミルキーブルー」ブルーにもグレーにも見える乳白クリアー。





「high response高応答!」「high sensitivity高感度!」
伝わり方が違います!

≪アイテム≫

★[BA583S]…Length5.8f、PE2-3、Jig150g、WT180g
(水深20〜100m、ジグ80〜180g、細めのリーダーを使いタフコンディション時のバーティカルジギングに適している。ショートからセミロング径の細かな操作が可能。)
*Kガイド設定:トップ8、シングル8、10、12、16ダブル30

★[BA584S]…Length5.8f、PE3-4、Jig200g、WT195g
(水深30〜120m、ジグ100〜230g、オールマイティーに使え水深があるエリアでのバーティカルジギングに適している。セミロングからロングジグを少ない力で横に飛ばすことが容易にできる。)
*Kガイド設定:トップ10、シングル10、12、16ダブル20、30

★[BA633S]…Length6.3f、PE3-4、Jig150g、WT185g
(水深15〜80m、ジグ80〜180g、ナナメ引き、ドテラ流しに対応、角度に付いたポジションで繊細かつナチュラルに潮を掴んだジグの操作が可能。)
*Kガイド設定:トップ10、シングル10、10、12、16ダブル20、30

★[BA632S]…Length6.3f、PE1.5-2.5、Jig150g、WT178g
特徴の一つですが、セッティングガイドは「KガイドTOP7〜25リング」と繊細さを全面に押し出すために、小径ガイドを使用。お陰でよりブランク感度が増し、手元への感じ方は!

設定した小径リングは、アンダーハンドでのノットの引っ掛かりは?フロロショックリーダー8〜14号の摩擦系ノットでのスリ抜けは問題ない。

★[BA6102S]…Length6.10f、PE1.5-2.5、Jig180g、WT192g
632Sを素材ベースとした、ロングスペック設計。全長6.10fと約7.0fもある青物狙いのスピニングジギングロッドである。

少しでも高いポジションから、ロッドストロークを生かした操作幅は、アンダーハンドで遠くへジグを送り込み起伏の激しい底を広範囲にトレースしたり、ドテラ流しでの距離あるジグ操作に最適。

ブリやヒラマサに最適BA6102S最終モデルは玄界灘のドテラ流しでテストが行われた。

食い渋る条件下でも、ロッドの長さを利用し船から遠くへのアプローチが行え、10kgオーバーを連発させコンスタントに拾っていけるロッドとして自分なりに確信した。

装着されているガイドは8〜25と最小限のサイズを設定し軽量化している為、フロロリーダーは14号以下を使用してください。



BA6102Sの最大のメリット。遠征や持ち運びを考えジギングロッドでは珍しい1&h(ワン&ハーフ)グリップジョイントによる設計。仕舞寸法はナント1560个8.0fとのキャスティングロッドの仕舞寸法より短くなる計算。

完成品自重は192g。約7.0fなのに軽く仕上がりました。
推奨リール:ステラ5000〜8000番、HGタイプをオススメします。

DSC_0305DSC_0304










《外房以外の相模湾テストではカツオのコマセ乗り合い船》

BA632SとBA6102Sで繊細かつ強引に!

晩秋・・・相模湾の引き強い良型のカツオを相手に、推奨ドラグ3.5kgの数値を遥かに上回る4〜5kgのドラグテンションを掛け過激で強引なテストも繰り返す。

DSC02054DSC01856引きの強いカツオで












ルアーマンの釣座がミヨシとなり、ヒット後、カツオに走られ過ぎるとエサのお客さんとオマツリして切られたりする。ファイトする範囲を最小限に、振り回されたら負けである!なるべく強目のドラグテンションでファイトし、後方へ行かれないよう強引にコントロールしなければならない!

サプライズ代表の椙尾くんにもテストを依頼しBA632Sという繊細なロッドですら数本のキハダをキャッチした。勿論、椙尾君の技術力もあるが・・・。

IMG_887614386585129631438658498132












ブルーアイアスの中で一番繊細なBA632Sのテストとしては最高のステージでありロッド能力の見せ場でもあった!椙尾君・・・このロッドでの20kgを超えるキハダも想定内なのだ!!


≪ブルーアイアス動画≫

トカラの魚達は容赦なく我々に襲いかかってくる・・・

◎ブルーアイアスBA584Sによるジギングでカンパチを釣る。


DSC00781主演は、今週末ご結婚なさる・・・
いわき市在住の丹一成君です。(祝)おめでとう!
ブルーアイアスBA584S+ステラ8000HG(PE4号+フロロ20号)+ワイプアウト・ショート200g(カラーはピン金)で、確か…水深120m前後だったかな?

ワイプ・ショート200gを使用。カンパチのトルクある引きは最高です。
動画は後半のファイトシーンですが、ブルーアイアスBA584Sの曲りが確認できます。



猛獣のようなトカラの魚達にブルーアイアスは鍛え抜かれた!

ブルーアイアスBA584S」を使いナイスなカンパチを仕留めてます!!


DSC08234DSC08243DSC08248DSC08252


















時には・・・キハダが現れ猛スピードに耐えなければなりません!

◎耐える584!ファーストラン!ステラのドラグ音が堪りません!最高の瞬間です!



円を描きながら浮いてくる動きに合わせ、ゆっくり上げればよい!キハダが近くに来たらロッドエンドを腰から脇挟みへ移動しネットへ誘導する!


DSC00735DSC00738DSC00741









ブルーアイアスBA584S」は共にステラ8000番クラスがマッチし、ギア速度はPGでもHGでも好みで合わせる。この手のジギングではキレと速度が重要だと思っているのでHGが絶対条件。

DSC03300

ブルーアイアスについて、長々と説明させて頂きましたが・・・大丈夫ですか?

販売店様へ。これらの文面、画像等は販売促進用としてご自由にお使い下さい。

この春も「ブルーアイアス」ジギングロッドを宜しくお願い致します。

jake at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月19日

近海ジギングフック。

こんにちは。暖かいですね。三寒四温・・・春が近づいている証拠です。

そろそろ青物の準備をと思いジギングフックをチェック中。遅いですが・・・。

過去、ブログで紹介している愛用のフック達ですが、最近から見てくれた方々の為に、まとめてみました。

今回は、近海青物ジギング、ラインがPE2と3号用タックルとしてのフック紹介します。

がまかつ社「アシスト64近海ミディアム」の5/0と7/0は、ケプラーコード付きの市販品をいつも購入。無ければバラ針で自作しますが・・・。サワラのような鋭い歯を持つ魚からブリやヒラマサまで使用。

次に、オーナー社「シワリ6/0」これらのフックは柔らかなロッドとの相性は抜群です。

ウチのブルーアイアスでいうと「BA632、6102、633S」に最適。魚の重みだけでフッキングするほど、軽く繊細な針ですね〜。

がま針DSC_0860









シワリは、バラ針なのでコードは自作します⇒以前に使用していた「ウルトラノット20号」より、表面が滑らかで適度な張りをキープし細く仕上がる「スクラム16」の20号を使用。

細く仕上がることで海中での抵抗を減らし、スムーズなフッキングが可能となる考え。

この「スクラム16」は中空となっているので、中芯として吸水性が無い強力ポリエステル系ハリス「テレフター」の2号を入れて作ります。これで更に張りがキープされ、一番の利点であるクセが付いても直るのが有り難い!

これらのフックには、小さ目なボールベアリング#3クラスの1重リングに直接取り付け使用。
基本的にフック1本で使用するが、タフな条件下で、2本で使用することもある。
フロロリーダーやラインのヨレや絡みが絶対にイヤなので、必ず高性能なボールベアリングを入れるようにしています。こんな感じに。

DSC_0310DSC_0327









シャウト社「TCスパーク3/0」!通常のスパークは過去に使っていたので形状やフッキング率も実証済み。

TCスパークは、フッ素コート加工されて表面がツルツル!!フッ素コートされた針はツルツルで触れただけで指を貫通し、身をもって経験したから!危険です。取扱要注意!

シャウトのアシストコードもブルーでキレイなので合わせてみました。「ワイプアウトMID」にもバッチリです。

DSC_1505DSC_1508









一つのメーカーに拘らず、良いと思ったフックを購入し、実際に試した結果を、自分なりにお伝えしています。勿論、中には…ん〜?っていうフックもありました。ほんの一例にすぎませんが、皆さんのジギングシーンの参考になって頂けたら有り難いです

jake at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年11月18日

63の2.5?

こんにちは。雨は一度あがり夕方から再び降る予報です。

今日はウチのジギングロッド「ブルーアイアス」の新アイテムのお知らせ。

DSC_1854今現在、「633」のバットパワーを持ち、「632」の繊細なTIPセクションを合わせ間の2.5パワーをテストしてます。椙尾君のリクエストで一年前に作り上げ2シーズンを迎え、相模湾や外房での使用感はバッチリ!

来年の新製品に導入予定です!




*本日「品切れカラー」今年最後(3度目)の「ストライクスプーン」が入荷します!
(コノシロ以外)これで年内の生地は全て塗り終わり、品切れましたらまた来年お願い致します。

jake at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年10月09日

テスト中〜。

お疲れ様です。風も落ち静かになりました。相模湾・・・なんだか跳ねまくってるみたいですね〜。

今週は来季の新製品となる?プロトロッドのチェックをしてました。

DSC_1661上から、。贈襭茵淵屮薀悒蕁砲蓮■僑僑旺唯掘ィ横罎嚢垢暴世蕕く仕上げPE2号以下のライトキャスティングロッド。
■贈繊淵屮襦璽▲ぅ▲后砲蓮■僑械欧硲僑械海涼羇屮▲ションで繊細さをUPさせたブランク。PGS(プログレス)の売れ筋774と815の間、長さ7.10fでPE4〜5号が使えるプラッギングロッド。
発売現実的な、これらのロッドをテストしてます!

jake at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年08月07日

コマセキハダ。

こんにちは。連続猛暑日更新中の都内です。この暑さは・・・どうなってるのでしょう?

昨日の報告です。8月1日より、コマセのカツオ&マグロ船が解禁となり更に相模湾は大盛況!

この釣りは独特で、コマセのお客さんが胴の間〜トモに乗船し、余っているミヨシにルアーアングラーが乗船し、ジギングやエビング等でカツオやキハダを狙う釣り方。

現在、相模湾の水温は一気に上昇し27℃台まで!!夏の潮が差してます。

コマセが解禁となり約1週間ですが、スギオ君は既に三度目。このところ釣果が思わしくない、コマセのお客さんでも坊主をくらってしまう程、渋いとか?庄三郎丸23号での出港。

1438909302908DSC04523











《タックル》
ブルーアイアスBA632S+ステラ6000HG(アバニ・ジギングMAXパワー2号+フロロ10号)
オシアジガーS643+ツインパワー6000HG(アバニ・ジギングMAXパワー2号+フロロ10号)
ブルーアイアスBA6102S+ステラ5000XG(アバニ・ジギングMAXパワー2号+フロロ10号)
ブルーアイアスBA633S+ツインパワー8000HG(アバニ・ジギングMAXパワー3号+フロロ12号)

*リーダーは約3ヒロ確保し、全てドラグテンションは4kgに設定。この作業を怠り、ドラグが緩かったりすると胴の間のコマセ仕掛けに絡むリスクが増す。十分注意してほしい。

ジグ⇒ワイプアウトショート80、100g、ブルージャック50、80g

出港前の準備中に水面で何やら元気良く捕食する小さな魚を発見!スギオがスクってみると・・・ナント!シイラの幼魚でした!今年、生まれたシイラの赤ちゃんが平塚新港の中でスクスク育っている姿を見て感動〜!

DSC04524DSC04525









走り回ってようやく反応を見つけスタート。水深40〜50mとのアナウンス。指示タナに+10mで約60m付近からジギングを開始する。
すると2シャクリ目!オレのワイプショート80gに、朝イチの第1投目からヒットしてきたが、水面に浮いた時、エサと絡んで、紫色のカツオが泳ぎ去った・・・。その貴重なヒットと、中盤にスギオ君にヒットしたキハダのみで終わった。

DSC04527DSC04528









ロッドは、ブルーアイアスBA632より強めのプロト!ラインはアバニ・ジギングMAXパワー3号+フロロ12号。月曜にヒットさせた時の2号タックルから1クラスUPさせキハダ対策のタックルだ。ジグはブルージャック80g。

DSC04529DSC04533









スギオ君は、何本も掛け慣れているので中村船長もジョークを飛ばす余裕。案の定、スムーズにランディングまで持ち込むことが出来た。釣る男は何か持っているんだな〜?

スギオおめでとう〜!!

DSC04535DSC04538DSC04540DSC04541DSC04542DSC04543


























相模湾コマセのカツオ&キハダはここ数年、大人気で昨日も船団ができてました。この釣りは11月上旬頃まで楽しめますので、今後カツオとキハダの釣果が上向く事を願いたいですね〜!!

jake at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!