ナブラン を含む記事

2017年03月09日

外房ワラサ続。

お疲れ様です。また外房に行ってきました。

食い気は?多少、波があるものの反応は相変わらずバリバリありました。

春が近いとはいえ、まだまだ冷え込みの厳しい早朝は、船縁は凍ってますので乗船時は十分注意して下さい。ってことで・・・再び大原・山正丸さんへ乗船。前日、釣果が難しかった影響なのか?久しぶりに広々と船を使わせて頂きました。

DSC09082DSC09081









出船前には、各タックルのドラグチェックは忘れずに!出港すると空気が澄んで美味しい〜!

DSC09079DSC09084









ベイト(カタクチイワシ)が大量に接岸したのか?灘よりから沖まで鳥だらけ!

こんな感じ↓灘よりではサワラに混じりヒラマサまでが跳ねてたような?沖よりはメジとワラサの跳ねまくり!しかし、移動が早く捉えられず・・・。でもナブラを見ると興奮しますね!

DSC09092DSC09093









過ぎ去ったナブラの下をジギングするとスグにヒット!
福田さんは「ナブラン」ではなく「ワイプアウトMID150g」(小平商店オリカラ)でヒットさせた。
ロッドはブルーアイアスBA633Sでした。

DSC09090DSC09091DSC09094


















ハナちゃんも使い込んだ「ワイプアウトMID150g」でヒット!

すると・・・「ナブラン福田」が再来!難しいナブラなのに「ナブラン」でヒットさせた!

今年の春も暴走しそう〜。

バタバタとヒットし無事全員キャッチ。

今日も感度と反発があるブルーアイアスBA583Sを使い、50mを超える水深でもジグをしっかり動かせた。これから春の潮流が速くなれば、更に活躍してくれるロッドとなるでしょう!

DSC09097o0480064013885640803











小振りなサンパクサイズは、ペンチでのリリース。

DSC09099DSC09100









使用ジグは当たり前ですが「ワイプアウトMID150g」。

何のジグもそうですが、ランディングした後にバタバタされると、曲がってしまう事があります。次に投入する前には必ず真っ直ぐになっているか確認して下さい。曲がっていると泳ぎが出ませんので注意!

ジグが曲がった場合はゆっくり手で戻すか、平なとこに置いて手で押しながら戻してあげて下さい。予防策としては、フックに注意しながらジグ本体を握り、フックをペンチで外します。

DSC09098DSC09104









潮の流れしだいで釣果が左右するが、魚は沢山いましたね〜。
ベイトが大量に入ったことで、ワラサ、サワラ、メジ、そしてヒラマサが大騒ぎ!
春のパターンに大きく変化する時期なのか?これからが面白そうな外房でした。
何れにせよ、早目な釣行をオススメします。

DSC09108DSC09111DSC_0148








《本日のタックル》
ブルーアイアスBA583Sステラ8000HGアバニジギングMAXパワー3号フロロ14号
ブルーアイアスBA633STPSW8000HGアバニジギングMAXパワー3号フロロ12号
プロト3号ベイト+オーシャンマーク(アバニジギングMAXパワー3号フロロ12号



そして・・かねよ食堂の肉玉ねぎ定食(生姜味)で終わり。

明日は東京湾に浮いてます。

jake at 16:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

外房!

お疲れ様です。外房に来てます。

朝からベイトが多く、ワラサ、メジ、ワラサ、浅場ではヒラマサも?動き早く捕らえにくく難しいですが、ナブラン福田!良型ワラサを食わせました!

他、下では活発よくMIDでも食ってくれました!

明日から再び面白そうです!

詳細は帰ってから。

DSC_0146


jake at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月21日

暮れの外房。

おはようモーニンです。昨日は前夜から動きまくって帰宅後早々にダウン〜。そして充電完了!
今日まで釣り日和なのか?昼間が最も短い「冬至」らしいので早く仕事を片付けないと!

昨日の報告をしちゃいます。久しぶりの外房でした。状況解らず手探り状態?

前夜からの単独で大原へ移動し、寝袋で車中泊。これがいつもスタイル。

半年仕事で釣りから離れていた「ナブラン福田」も外房への復活!今日は楽しみましょう!

DSC08531DSC08532









お世話になったのは大原「山正丸」さん。ほぼ満船状態で出船です。

まずはキャスティングのステージへ・・・。お隣の吉野さんにイタズラされるナブラン福田。

DSC08533DSC08534









釣れそう〜!何度かチェイスがあって・・・瀬戸くんがオシペンでヒットさせた!

DSC08535DSC08536









気配が無くなり、沖へジギングに移動。
ショーゴが2ヒット?オレも「ワイプMID150g」でショーゴのヒット!
水面でサメに襲われ、ショーゴは逃げていった(驚)!*カンパチの幼魚⇒ショゴ。

DSC08538DSC08540












タッキーはアカヤガラを「ワイプMID」でヒットさせた。潮が動いていないんですね〜。
そんな感じに午前の部は終了。

DSC08541DSC08542









午後の部がスタートし、出港して数分。大量のベイト反応がっ!?港の前に?
船長に聞くと、朝は全然いなかった・・・。
花ちゃんがサイズをチェックすると・・・ウルメとカタクチは、このサイズ!
入ってきたばかりなのか?鳥がパラパラといるだけ・・・?時合いがきたら反応するのか?

DSC08543DSC08544









投げても投げても誰も反応せず、西日になりかけた15時頃・・・

皆さん、半ば諦めかけたその時!ナブラン福田にヒット〜!

ルアーはもちろん「ナブラン」!半年ぶりのヒラマサの引きに興奮気味!

DSC08545DSC08548









でも・・・落ち着いてランディング成功!おめでとうございます!
ロッドは「ブラヘラBkh815PGS」でしたね。有り難う御座います。

DSC08552DSC08554DSC08555

















トップで初めてのお客様にもヒット!オレのナブランにもチェイスあり〜のチャンスタイム!

突然ヒラマサが湧きだした!あまり見ることが出来ないヒラマサのナブラです!

皆、一斉に撃ち込むがヒットしたのは?

タイミング良く通過させた福元さんの小さな「ロデオ」に食った!余裕でキャッチ&リリース!

DSC08557DSC08558










その後は・・・?徐々に静かになり本村さんのトップでイナダをヒットさせて終了となった。

この時期には珍しい静かな外房!無風のベタ凪。

房総半島に沈むサンセットは最高の景観でした。

DSC08559DSC08564

jake at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年12月20日

ナブラン。

お疲れ様です。行って来ました。

ナブラン福田!復活!
おめでとうございます。
DSC_8556

詳細は明日。
渋滞してませんように!
DSC_8557


jake at 18:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月31日

16cmべベル最終。

こんにちは。台風も通過しスッキリとした関東地方です。
今日で8月最後!?近海の海水温が高ければ、暦は関係ありません!夏はまだまだ続きます!

皆さんからの要望で・・・。

現在販売している「ストライクプロ16cmマグナムミノー」は52gですが、
昨年から16cmべベルの試作を繰り返し、やっと最終サンプルが仕上がりました!
アクションチェックが終わり次第生産に取り掛かりたいと思います!

16cmべベル⇒本体自重で69g。フック付けて約80g

《アクション》⇒着水フォールはテールから落ち〜低速シンペンアクション〜中速シンペンアクション&ウォブリング〜高速パワーウォブリングという設定。

《基本的な使い方》
1、ショアでも向かい風に負けずキャストを行い、沈めべベルポジションでレンジ攻略。
2、オフショアからヒラマサをTOPで誘い出しでヒットしない時に試してみて下さい。(外房でヒットしましたが・・・バラシ。船縁まで、ぞろぞろヒラマサが着いてきます!)
3、イワシナブラの下へ沈め試してみて下さい(七里でテストして頂いた方が、このパターンでクロマグロをヒットさせてます)相模湾や津軽でも、上で食ってくれない時に有効かもしれませんね!

《特徴》
20cmべベルは、完全に潮流に負けない速攻フォールだけを考えテールウエイトにしてみましたが、16cmべベルは船や磯、堤防。より多くのステージに活用できるミノーとしての機能も損なわず、重いシンキングミノーとして使えるようにセッティングしてみました。

《使用タックル》
テストでは、8フィートロッドにステラ10000XG(PE5号+100LBリーダー)オーシャンスナップ付けてテストを行いました。PE5〜8号クラスのヒラマサ、マグロ用のロッドでしっかり振り切れ飛距離が得られます。

DSC_0345DSC_2525DSC_3331*比較対象で15cmのナブランを置いてます。





◎べベルは赤目が目印。
◎本体自重69g+フック重量。「がまかつSPXH2/0」を2本付けて約80g位になる見込みで設定してます。
◎テールワイヤー溶接し強化済み!

このサイズなら、20cmべベル以上に各地で使われると予想してます。



発売時期の詳細が分かりしだい報告させて頂きます!

jake at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年08月12日

シイラパラダイス!

こんにちは。今日は岡田さんの駿河湾シイラ釣行を報告します!

岡田さんは、常にシイラを求め西へ東へ・・・
今年は高知・室戸沖に行けなかったようでモンモンと!ようやく駿河湾で爆ったようです!

静岡県富士市にある田子ノ浦港の「晴丸」さんにシイラ乗合で乗船。

5時に港を出て駿河湾を西へ向う。

IMG_3413IMG_3418












1時間位、走った焼津沖のエリアから潮色が徐々に良くなりだしキハダの跳ねや潮目に着くシイラの姿が見え始めた。

IMG_3424IMG_3434IMG_3444












ルアーを投げるとシイラがどんどん集まってきて、船の周りは泳ぐシイラに覆われ一面ブルーに。
いったいどのくらいいるのかと思うくらい、凄い数です!

ルアーへの反応はすこぶる良く、撃ち込めば瞬く間に数匹がルアーを取り合う程の高活性。

小さめの流れ藻の下にはマツダイの姿も見れ、いいサイズを2匹キャッチできた。

IMG_3459IMG_3463IMG_3476









サイズは50〜70僖ラスとやや小型が中心だが、
中にはメーターを超える個体も混じっており、小型をかわしてそれを狙うのだが、これがなかなか難しい。

それでも何とか苦労しながらナイスサイズをキャッチ。



《タックル》
ブラックヘラクレスBkh662Sツインパワー5000XG
ブラックヘラクレスBkh722S/M・TZツインパワー6000HG

ライン:アバニ・キャスティングMAXパワー2号+ナイロン40LB

ルアー:マヒペン127Fアトゥーラ120ナブラン150ストライクジャークボラドール130LS
ストライクスプーンなど。

では・・・シイラパラダイス動画をご覧ください。


jake at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月11日

キハダ狙い。

お疲れ様です。行ってきました〜。土曜日のズブ濡れタックルが良く乾く日射しでした〜(笑)

久しぶりのベタ凪の相模湾。ワクワクモードでの、
今季初!庄三郎丸さんからのキハダ狙いで出船してきました!

DSC_2983DSC_2984









真沖の約5マイル4号付近に到着すると、カツオ&キメジの小さなナブラ・・・。
ナブランが着水するとロッドに微かに伝わるバイト1発!?フッキングせず・・・。

DSC07033DSC07036









時折、ルアーを襲ってくるシイラを交わしながら・・・だが。ノッてしまったファニー中山〜。

DSC07038DSC07039









ナブランを爆咥えするほど高活性〜!水温は23℃まで上昇!

DSC07040DSC07041









至る所でミズモチもあり、こんな感じに鳥が固め、たまにチョボチョボ跳ねるが反応しない・・・?
2〜3kgありそうなカツオの大群に遭遇するが、シラスに夢中で間違っても食ってくることは無かった(悲)シラス食いのカツオだから美味いに違いない・・・。誰か釣って〜。カタクチの生餌を撒いても素通りするらしく難易度の高いカツオ達です。

DSC07044DSC07046DSC07049









土曜日の雨以降からキメジ、キハダの浮きが悪くなったそうで、これからだけど早く回復して欲しいです。

今日は海風が気持ちよく初夏を感じた一日でした。
皆さん、お疲れ様でした〜!

jake at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年07月10日

ナブラン!

おはようございます!再び、2、3日梅雨の晴れ間がきましたね〜。

明日は日射しが恋しく、昨日濡れたタックルを乾かしに行ってきます!

13617431_10205355525207320_324761774_n昨夜、お客様からメッセージに・・・やっと釣れました〜!そんな連絡が入ってました!有り難う御座います!
シーズン始めとはいえ・・・
昨日のドシャ降り悪天候の中での貴重な1本!
本当に、おめでとう御座います!!

ロッドは「Bkh774PGS」に「ナブラン」シルバーレイン!
またマニアックな色でヒットさせましたね〜(笑)
詳細は後日ダイヤリーにて。




ところで、今日は選挙ですが・・・立候補している方々の演説が見苦しい。お決まりの罵り合い?貶し合い?スレ過ぎて誰が良いのか見えてこないのはオレだけ?アベノミクスが汚いカネノミクスににならないで欲しい。

「どうしたもんじゃろのぉ〜?」

次の都知事選にしても、釣り人の敵「小池」になったら大変だし、他の方が良く解らなくて・・・。それとも政治に経験なく無害な裸足タレント?

jake at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月29日

Bkh722S-M/TZ!!

こんにちは。いよいよ発売間近・・・。まもなく受注開始!

今年の新製品として「トルザイトガイド」のメリットを最大限に生かし搭載したエキスパートモデル!

「ブラックヘラクレスBkh722S-M/TZ」をご紹介します。

サイトフィッシング専用を追及し発売したのが「Bkh662S」と「Bkh663S」がある。
(*在庫も残り少なくなってきました。)
相模湾では、愛用者も多くもはや定番。応用性がある完成度の高いロッド!

DSC03886DSC_2965









ミヨシのポジションを想定すると・・・もう少し長さがあって距離を出したい、そして「テクニカル」に「センシティブ」に操作したい。そんな理想の長さを検証していくうちに究極ならば「7.2f」という長さに辿り着いた。

しかし、最大の特徴でもあるグリップエンドが肘までの「ショートハンドル」をセッティングすると、当たり前だが、若干「持ち重り」を感じ気になっていた・・・。

この時に出会ったのが軽量・最強を売りに登場した「トルザイトリング」だった・・・
若干、納得できなかった誤差を穴埋めしてくれるのは、このガイドだった、究極を求めるなら必要なのか?

そこから1年間テストを続け、高性能ブランクとトルザイトガイドの相性を実釣テストを行い、使用範囲のタイプ別の操作感、ストレスのない飛距離、PEのダメージなど、全て検証し納得できたので、このアイテムからスタートできると決断した。

*かなり個人的な考えが盛り込まれ、他社では開発を拒否してしまう竿の企画であろう(笑)?
まさに自分の為に作った竿でしょ!って言われてもおかしくありません。

心臓部となるブランクは・・・メインシャフトは低弾性15t&24tのミックスで主軸は構成されており、プラッギングにおいて最も重要な「しなやかさ」「柔軟性」そして「操作性」の向上を極め、更にベリーからバット部分には中弾性30tを巻き付けシャフトの反発性を高め、15g程度の細かなプラグから50g程度にプラグまで、ルアーウエイトに幅を持たせ高次元な飛距離を約束してくれる。万が一、BIGフィッシュがヒットしたとしても、低弾性の粘りと、中反発の張りが最後まで踏ん張ってくれるはず!

こんなハイエンドなロッドには、高ハイギアリール(ステラSW5000XG⇒6000スプール仕様)と組み合わせると、最速の巻きを極めて高次元なゲームが展開できるのでは?一般的には、正直ここまで必要ないと思います。

DSC05294DSC05465DSC05307









クラスとしては、「PE2号」設定とし夏のシイラはもちろん!リールを3000、4000番まで落とし、PE1.2,1.5号でワラサや大型シーバス、そしてサワラまで年間を通し使えるアイテムとなるでしょう。




完成品自重は175g!!
適合ルアー:15g位から50g位まで幅が広い。マヒジャーク、アトゥーラ120、マヒペン107、127、
マヒBOX、ボラドール110〜130LS、ナブラン150、マグナムミノー160个泙任盪箸┐襦

DSC05418DSC06074DSC06185












まもなく待望のデビューします!

サイトフィッシングが好きでマニアックな方は店頭でご覧になって下さい!

jake at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月24日

外房!春マサ!

こんにちは。昨夜、大原からの帰り道は、流石に疲れが蓄積しているのか?一気に走りきること出来ず、途中で限界を感じ無理せずサービスエリアへ。帰宅は23時と遅くなってしまった。

では、昨日の報告をさせて頂きます。色々な意味で熱い日になりました・・・。

外房の春マサは、GW直前から上向き今も続いております。満喫するなら今がチャンスです!
念願10kgオーバーと出会うのも夢じゃないかも?それほど高確率なんです!

車中泊で朝、目覚め「山正丸」さんに乗船開始すると、毎週、外房に通っている達人ばかりじゃないですか。一般のお客様含め当然満船です。

オレ自身の外房知識は、船長や彼等から吸収していると言ってもおかしくない。

外房らしくないベタ凪の海へ出港!

DSC06731DSC06732









ナブラン福田は・・・今日で三日目の釣行。釣れてるかな?

DSC06733DSC06734









出船してスグに大盛りイナダの群・・・ジグを落とせば落ちていかないほど。

DSC06737DSC06740









全員サイズ確認程度で、中に入れず、ポトポト船外でリリース。次の場所は、少しサイズはUP。

DSC_2789DSC_2792









オハロウさんも慣れたもので次々ヒットさせていた。タッキーは、傷だらけの「ワイプMID」を釣れるからリメイクし大切に使って頂いてます。いつも有り難う御座います。

DSC_2793DSC06743
メチャクチャ綺麗にリメイクしてました。
タッキー色?









大阪からシマノ山田クンは、今年発売したばかりの「キングスラッシャー」を使い食わせまくり!

DSC06741DSC06744









このエリアは薄濁りの潮と澄み潮が混じり合い、ワラサとヒラマサが混成しているエリアだが、ワラサ8割?ヒラマサ2割?オレは全部サンパク、ワラサだけでした。北澤さんは「ワイプMID」のピンクで良く当ててました。

DSC06746DSC06747DSC06748












ヒラマサがアタリだしたのか?ナブラン福田は「ワイプMID」を使ってお見事ヒラマサ!
シマノ山田クンも「キングスラッシャー」の手堅いシルバーでしたでヒラマサ!

DSC06749DSC06751DSC06752












皆、ヒラマサを当ててます。オレはまだワラサばかりを船外リリース・・・?

DSC06754DSC06755DSC06757
北澤さんもヒラマサを。

そんな感じに午前中が終了〜。





引き釣りの漁師さんが多いっていうことは、ヒラマサが良く食っている証拠。





午後の部がスタートし、真潮根に向かうと場所によっては2.5ktの流れが効いている。

そんな第一投目!タッキーに良いサイズがヒットした。水深は20m!ギリギリのファイトを制した。

DSC06758DSC06760









船上計測13kg。立派なヒラマサです。
ルアーはタッキー自身がビルダーに作ってもらった「すどうちゃん」小平商店にて販売してます。

ヒラマサの口には海水ポンプを突っ込んで回復しリリース可能なことを確認し速やかにリリース!元気に真潮根の戻っていきました。

DSC06762DSC06763









エンジンを停止し、流しながら狙うのだが、浅い場所20m付近まではキャスティング、30mを過ぎ深くなってきたらジギングで攻めます。

タッキーの激流「真潮根」MID攻略ジギングテクニック・・・真潮根の落ち込んだ30〜40mを「ワイプMID150g」を使い、潮流の下流側から上流に向け、強い抵抗を感じつつ、少々硬めなロッドを使い、早目の速度で、強目に中層を意識してジャークをする。普通の1ピッチでは流れに負けてしまい流れの速い海中でのジグが動きが不十分なのである。

この後・・・モンスターがUSダイワの永山さんにヒットし無事ランディング成功!画像はコチラから!

DSC06764DSC06765
ほぼ同時にヒットした浜田さんの10kgオーバーの立派なサイズなのに小さく見えてしまいます。







この「時合い」のチャンスに・・・せっかくノセたヒラマサは腹フックを伸ばし逃げていった・・・(悲)

その後、何とかヒラマサを釣らせてもらいました。小さくてもヒラマサは嬉しいですね!

DSC06768DSC06773












熱い日でした・・・

DSC06775DSC06776DSC06777









真潮根は凪の日でも、波は高く船は大きく揺れ、力強く踏ん張るので・・・オレ含め、皆さんお疲れモード!

そりゃー疲れます!

外房は今日も熱くなっているはず・・・。



《タックル》
ブラックヘラクレスBkh815PGSステラSW14000XGSMP6+ナイロン130LB)
ブラックヘラクレスBkh774PGS+ステラ10000XG(SMP5+ナイロン100LB)
ブルーアイアスBA63プロト+ツインパワーSW8000HGアバニジギングMP4+フロロ12号)
ブルーアイアスBA6102S+ステラ8000HG(アバニジギングMP3+フロロ10号)

jake at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!