裏ベトナム案内

筆者ならでの視点で見た、ベトナムはホーチミン(ホーチミン市→サイゴン)の、熱い風俗情報、及び、裏ベトナム情報をお届けいたします。

風俗

ベトナム、ホーチミン(サイゴン)郊外の飯オム


一昨日まで2日間の日程で、視察と用事を兼ねて、サイゴン(ホーチミン)から、バイクで1時間半程度の場所にある、庭園風居酒屋(飯オム)へ行ってまいりました。

私、個人的にはビアオムに次いで気に入っている、ベトナム風俗でございます。理由は、女の子達がけっして可愛くもなく、若くもないのですが、人情があり、サイゴンの水商売の女に比べて金に執着心もなく、また、半素人にもかかわらず、その日のうちにいい関係になれる可能性が大だからでございます。さらに何と言っても、自然の中で昼間からベトナム人の女性達(皆、かなり個性的)と飲む、ビールがこれまた格別なのです。

                121


私もベトナムに、10数年おりますが、上記、サイゴン郊外の飯オムは、いつ行っても、「これがベトナムだよな〜!」とつくづく実感する場所でもあります。観光でいらっしゃる方々は、ドンコイ通りでも、市中心地にある、日系カラオケなどでも、ベトナムを感じられるかと思いますが、サイゴンに長くおりますと、全てが日常と化しており、「これがベトナムだ!」と、感じることがほぼなくなってきております。そんな時に、ガス抜きを兼ねて、郊外へ行き、郊外の訳ありベトナム人女性達(皆、かなり面白い人達です)と一杯やる酒盛りは、サイゴンの日常を忘れさせてくれる、私にとっては貴重な時間でございます。

                144

また、多くの庭園風居酒屋は、池の上やら川の上にあり、釣りを楽しむことも可能です。釣れる魚は、雷魚、鯰、鰻等の東南アジア特有の淡水魚ですが、気分展開にはもってこいです。


                130

皆様におかれましても、仮にベトナム語が話せなくても、女の子達が、いろいろと気を遣って接待してくれますので、充分に楽しめる空間かと思います。ホーチミン市内の、ありきたりの風俗に飽き飽きしている方々には、是非、一度、ホーチミン市郊外飯オムを体験してみるのもよいかと思います。また、郊外ビアオムも、サイゴンとは違った素朴感があり、こちらもおススメでございます。

市中心地の日本人の方々が、よく行かれるカラオケですと、女の子から、「iphoneを買ってくれ!」「ipad買って〜!」 「バイクを買ってくれ!」 「お父さん、お母さんが病気なので、お金ちょうだい!」等の、いつもの作戦で攻撃してきますが、メコンデルタ方面ではない、サイゴン郊外では、そういった事も、少ないように感じております。彼女らも、そういう市中心地のカラオケの女の子なんかを軽蔑しています。ベトナム語で言うところの、Ham Tien(ハムティン)だと。あまりに、催促が厳しい、市中心地のカラオケ女には、「May la ham tien !」と言って、別れてやりましょう!

ベトナム、ホーチミン市、ベトナム地方のアテンド、及び、コーディネイトのご依頼はmaniacsaigon@yahoo.co.jp まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

なお、メールでのベトナム風俗情報のご提供はしておりません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

続きを読む

ベトナム、ホーチミン市(サイゴン)で、レディーボーイ


今回のブログは、ちょっと路線を変えてみたいと思います。過去ブログで、ホンダガールならぬ、ホンダオカマについて少し触れましたが、最近、ホーチミン市に、私が知りえる限りの情報ですが、二箇所のほぼ、レディーボーイ(オカマ)のみの従業員で、構成されているレストランを発見いたしました。

サイゴンのレディーボーイと言えば、ホンダオカマが有名ですが、手癖が悪く、かなりやばい雰囲気を出しておりますので、一般の方はにはちょっと抵抗があるかと思いますが、上記二箇所等(実際にはもっと多いはずです)の場所にいるレディーボーイは、バイクでの回遊魚はしておらず、ホンダオカマに比べて、まだ安全性が確保されている印象があります。

実際に、私もそのレディーボーイを見ましたが、なかなか可愛く、「サイゴンのレディーボーイのレベルもここまで来たか !」との印象を持ちました。小柄できゃしゃで、いままでの、ごっついイメージは払拭されました。

レディーボーイと言えば、タイが東南アジアの中では、有名ですが、レディーボーイマニアの方は、一度、ベトナムのレディーボーイも見てみるのも、話の種になるのかなと思い、今回のブログとさせていただきました。

ベトナム、ホーチミン市、ベトナム地方のアテンド、及び、コーディネイトのご依頼はmaniacsaigon@yahoo.co.jp まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

なお、メールでのベトナム風俗情報のご提供はしておりません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

続きを読む

Ve Mien Tay


まもなく、日本はGW週間となり、日本にお住まいの、熱烈ビアオムマニアの方は、ここサイゴン(ホーチミン市)へ、ビアオム詣でに、おいでになるかと予想されますが、ビアオムは、カラオケオムと言うぐらい、一般的にはカラオケを歌って、ビアオム嬢と、イチャイチャする場所なのですが、日本語のカラオケをおいてある、ローカルビアオムは僅かだと、私は認識しております。ベトナム語、英語、韓国語、中国語は、ローカルビアオムでもありますが、日本語は曲目に入っていても、実際には歌えないというビアオムが多いです。

そんな時に、もし、観光でいらっしゃる皆様が、一曲でもベトナム語の歌を知っていて、それを歌えれば、ビアオム嬢も、皆様が歌う前の、ちょっと暗い雰囲気から、一転して、明るい対応へ変わるのではないかと予想されます。

が、しかし、普通のベトナム歌謡曲を歌うだけでは、いまいち、盛り上がりに欠けます。そこで、皆様にご紹介したい曲がございます。タイトルは、「Ve Mien Tay」と言います。YouTubeで、Ve Mien Tayと検索すれば、いろいろとヒットすると思いますので、ご自宅で練習してから、ここサイゴンのローカルビアオムで、ビアオム嬢にお披露目するのが、ベストではないかと思っております。

なぜ、この曲、「Ve Mien Tay」かと言いますと、ほとんどのサイゴンのビアオム嬢は、Mien Tay(俗に言う、メコンデルタ地方)出身者が多く、この曲を歌えば、皆様とビアオム嬢との距離がかなり近くなるかと思い、ご紹介させていただいております。例えるならば、沖縄出身のホステスの方が多い東京のお店で、東京出身の方が、沖縄方言で、沖縄の曲をカラオケで歌えれば、その場が盛り上がるという状況に近いかと思います。上記、Ve Mien Tayという曲は、別に方言で歌う曲ではないのですが、メコンデルタ地方の各地域の地名が曲の中に、盛り込まれており、メコンデルタ地方出身のビアオム嬢にとっては、ある意味、同郷心をくすぐる、ビアオム嬢必殺チューンでもあります。

ただし、この曲をカラオケで歌う場合は、暗めではなく、極力、明るめに歌うことをお薦めいたします。また、座って歌うのではなく、立ち上がって歌うと、さらに効果的かと思います。

最後に、どういう訳か、私がよく行くビアオムのカラオケシステムは、ほとんど、「Arirang」というカラオケメーカーでして、今回のブログでは、カラオケシステムArirangでの、Ve Mien Tayの曲番号しか、お知らせできませんが 、他のカラオケシステムメーカーの場合でも、ビアオム嬢に、「Ve Mien Tay」が歌いたいとの意向を伝えれば、すぐに入れてくれると思います。また、一般のビアオム嬢は、上記の曲番号を暗記しています。

*タイトル : Ve Mien Tay
*曲番号 : 52956 (カラオケシステムメーカー Arirangの場合)

風俗で働く子をクンニできるか、できないか?


ベトナムは、ホーチミン市(サイゴン)を例にとってお話させて頂きますが、やはり何と言っても、こちらでの遊び(風俗)の代名詞と言ったら、ビアオム(カラオケオム)となるのではないでしょうか?

ですが、ビアオムはある意味、上級者向け遊びでもあります。その理由は、まずローカルですので、英語がほとんど通じないと言っても過言ではありません。さらに、女の子の連れ出し等のシステムも、店により異なり、型通りに進まない傾向があります。また、ビールを大量に飲んで始めて盛り上がるシステム(ソフトドリンクでもいけますが、地味になります。)でして、ビールを大量に飲めない方には、ちょっときつい遊びとなります。もちろん、お金さえあればビアオム初心者の方でも遊べますが、結果的には真のビアオムの楽しさを体感しないまま、お会計するパターンが多いのではないかと思っております。

まず、店選びですが、私は中級ビアオムをお薦めいたします。理由は、値段が手頃な事。店でのおさわりがある程度、自由が利くこと。衣装の露出度がそこそこある、遊び相手の女友達(そこそこ可愛い子がいる)になる可能性がある子が多く在籍している事などなどが挙げられます。

次に女の子選びですが、私が個人的に遊ぶ場合は、あえて対外的に連れ出し不可の店を選んで通っています。これは、ベトナム人から、私、一個人として、学んだ事なのですが、例えば、女の子全員が連れ出し可の店に行き、その中の一人とアフターしてホテルへ行ったとします。そこで、クン二する事になったとしても、ほとんどのベトナム人男性はクン二はいたしません。

このように書きますと、読者の方からは、「ベトナム人がクンニしなくたって、俺ら日本人がクンニする分には、関係ないだろ!」との声が聞こえてきそうですが、ベトナムに長くおりますと、私だけかもしれませんが、遊びもベトナム人化してくるのです。

話しを戻しますが、前日に、その子がお客とホテルに行き、ゴム無しで(ゴム無しはけっこう多い)セックスしたとします。その翌日に、そのベトナム人男性がその子とホテルに行っても、クン二する事はほぼないと言っても過言ではありません。つまり、汚れた物との認識があります。このあたりの解釈はちょっと難しくて、一般のベトナム人の堅気の女の子が、恋人のベトナム人男性とプレイした数時間後に、クン二するのは、問題がないのです。つまり、複数名と日常的に交わる子達のことを意味しています。分かりやすくご説明すれば、夜の歩道に立っている街娼の子やら、ホンダガールをベトナム人男性はクンニしないという事です。もちろん、彼女らも事情があっての仕事ですから、感情面では、同感したりする事が多いのも、またベトナム人的でもあります。


私も訪越間もない頃は、そんな事気にしないで遊んでおりましたが、堅気の女の子達と付き合うようになり、彼らの言う事も一理あると思うようになり、それ以来、商売で体を売っている女の子をクン二する事はなくなりました。あくまでも、私の遊び方ですので、クンニマニアの方達を誹謗中傷する気は、もととうありません。誤解のないようにお願いいたします。

日本人的感覚からすれば、ほぼ、まったく気にしない程度の事なのですが、ここベトナムでは、ちょっと問題視される問題となります。仮に後日、そのビアオムに遊びに行ったベトナム人男性の友達と、私が連れ出した子の話になり、私がクン二した事を話したとしますと、信じられないと言った感じで人格まで疑われます(彼らは、フェラはさせるがクンニはしない)。ですので、私は上記の通り、連れ出せない子を指名します。連れ出せない子も、実は、その日だけが連れ出せない日であり、その日以外はOKという子もいて、そういった子を指名すれば、ババを引く可能性もありますが、私はあえてこだわってお客と遊びに行かない子を指名しております。

上記の「日本人的感覚すれば、ほぼ、まったく気にしない程度の事」の意味とは、私が想像するに、日本人の方(五十路の方)がビアオムのホステスとホテルに行った時の、気持ちを表現するならば、下記のようになるのではないかと推測しております。

                quan.8.2

「おーーーっつ! こ、これはまた、何と素晴らしい○○○○だ!」「ん〜(マンダム)!色、形、匂い、どれをとっても、世界最高級の○○○○だ!」 「どれ、どれ、ちょっと味見してみようかな!」「○×○×!○×○×!」「ふっーーーつ!うまい!若返るな〜!」 「恥ずかしがらなくてもいいんだよ!おじさんにとっては、これ以上ない、スタミナドリンクなんだからね !」「もう、20年近く嫁の○○○○をクンニしたいなんて、思ったことないけど、Phuongちゃんの○○○○ならば、毎日、何十回でも、クンニできるよ!」「あっ〜〜っつ、うまい!うまい!なんて、うまいんだろ!」「来月も、総務に話しつけて、必ず会いに来るからね!」「僕への伝言は、西岡さんに言ってね!西岡さんが、メールで翻訳して僕に送ってくれるからね!」「いいね!分かったね?」「それと、普段は西岡さんは、だいたいワイシャツ着てるけど、プレイベートで会うときに、たまに、92って書いてあるTシャツ着てるけど、クンニとはまったく関係ないからね!誤解しないでね!」「んっ? おっっーつ!お汁がよくでる事!」「ちょっと待って、スプーンあったっけ?これは冷凍して日本に持ち帰って、ここぞという時に解凍して飲むからね!いいね?」.........

みたいな感じになるのではないかと、私になりに想像しております。なんか、エロトピアとか、快楽王などの一部を抜粋したような内容になりましたが、実際こんな感じではないでしょうか?(読者の方に、こんな感じではないでしょうか?と、聞いてどうするのでしょうか?)


いつもの事ながら、かなり話が脱線(皆様からはこういう話が西岡さんらしいと励ましのメールを、よく頂戴しております。)しましたが、話を元に戻して交渉術について記したいと思います。女の子指名後、その子が横につくのですが、今までの東南アジアの遊びの経験を全て注ぎ込んで、落とします。

私がいつも行っている落し方(過去のブログと多少だぶるところがあるかもしれません)ですが、「ベトナム在住とは言わない。」「明日の午前便で帰国すると言う。そして二週間後にまたサイゴンに仕事で来るとも言う。」「必ず、既婚者だと言うと同時に、妻は日本に住んでいると言う。」「その妻とは合わないので、離婚を考えている。」「相手に自分の意思が通じる程度のベトナム語しか話さない。」「ここ二年、勃起した事がないと言う。(←かなり重要です) 「彼女の田舎の話をして、田舎に両親に会いに帰りなよと、言う。」 「財布の中には、米ドルを入れず、ユーロを入れて、何気にちらっと見せる。」「朝までを要求しないで、必ずショートにする。」「店内でガツガツして触らない。」「月経、直近、直後の子を狙う(ママに事前に確認)。」「満月の時を狙う。」


だいたい上記のような感じで、私は攻略しております。ほとんど、参考にならないような感じとなってしまいましたが、私の遊び方は、だいたいこんな感じでございます。

ここまで書いて、こんな事を言うのもなんですが、観光でベトナムに来る方は、私のようにベトナム在住ではないので、堅気の子を攻略する時間もベトナム語力もないかと予想されます。ですので、ベトナム人の子と遊びたいとなったら、当然、風俗へ行くしかないのです。ですので、風俗の子と遊ぶのは当然なのですが、その中でも、半玄人を狙うというのがベストかと思います。完全な堅気の子と、その日の内にホテルへ行けるという確立はほぼないですから、上記に記してありますように、風俗の子となりますが、できるだけ、使い込まれてない○○○○をゲットするのが良いという結論で締めくくらせていただきます。

で、また、読者の方から、「誰だって、使い込まれた○○○○なんか、好きじゃねえよ!」等のご意見が聞こえてきそうですが、半ば素人と関係を持てる手段もございます。このあたりの話は、今後のブログでご紹介していくつもりです。

ベトナム、ホーチミン市、ベトナム地方のアテンド、及び、コーディネイトのご依頼はmaniacsaigon@yahoo.co.jp まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

なお、メールでのベトナム風俗情報のご提供はしておりません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。



よろしければ、一押しくださいませ

続きを読む

ニャチャン(Nha Trang)でロシアン


私は、プライベートと仕事でよくニャチャン(Nha Trang)へ行きますが、ニャチャンの外国人観光客区域は、ロシア人観光客が日に日に増えており、他の外国人観光客を圧倒している感があります。街角にも、ロシア語表記をよく見るようになり、ニャチャン及び、ムイネーがロシア人観光客にとってのベトナムでのビーチリゾートととなりつつあります。

そんなニャチャンなのですが、最近は、ロシア人売春婦が出没してきており、私が知るだけでも、6人の売春婦が、ニャチャンの外国人観光客区域において、商売をしております。彼女らは、マミーに管理されている訳ではなく、独自にお客をとっているようです。彼女らと遊ぶ場合には、とある人物達を通じて接触するしかないようです。ニャチャンのロシア人売春婦は、ベトナム人とは遊ばなく、ニャチャンに観光客で来る外国人のみを相手にしています。価格も、USドル払いで、朝までコースが一般的です。料金体系(そんなに高くないです)につきましては、彼女らの商売の事もあり、このブログでは控えさせていただきますが、見た目は一見してロシア人には見えないような感じです。夕方近くからタンクトップ等を着て、街角で買い物をしたりして、軽く日焼けしている感じで、とても健康的に見ます。

日本人観光客の皆さんも、ホーチミン市(サイゴン)からニャチャンまでは、国内線で約40分です。飛行機のチケット代金も、日本円で約6千円程度です。サイゴンの、喧騒及び、拝金主義をお嫌いの日本人観光客の皆さんは、是非一度、ニャチャンの遊びを体験してみてはいかがでしょうか。


ベトナム、ホーチミン市、ベトナム地方のアテンド、及び、コーディネイトのご依頼はmaniacsaigon@yahoo.co.jp まで、お気軽にお問い合わせくださいませ。

なお、メールでのベトナム風俗情報のご提供はしておりません。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。