一方、ドクポン(イ?スヒョク)は苦しんだ。ドクポンはナリがナンギルの方に行ったことを知り、かんしゃくを起こしたりもした。 14日に放送されたSBSドラマ「浪漫ドクター キム?サブ」では、自殺を試みたソジョン(ソ?ヒョンジン)の手首の手術をするサブ(ハン?ソッキュ)の姿と、その姿に感嘆と驚きを同時に感じるドンジュ(ユ?ヨンソク)の姿が描かれた。  ドクター異邦人 dvd手術は成功したが、その後の状況はよくなかった。サブは回復したソジョンを「精神疾患者は医療人になれない。自殺までしたヤツには患者を任せられない。お前は今日からこの病院から資格をはく奪する」と言った。ドンジュは「ひどくないか」と反論したが無視された。  ドンジュの覚醒もあった。本院復帰のために院長との酒の場に以降としたドンジュは、農薬を飲んで救急救命室に運ばれてきた患者を放っておけず、患者のもとに行った。しかしドンジュは患者を助けられなかった。  患者の保護者に死亡したことを伝えながらドンジュは苦しんだ。「一体なぜ」という考えは、院長との酒の席、本院復帰の可能性をあきらめて救急救命室に戻った事実はドンジュを苦しめたのだった。母親からの電話にドンジュは涙を流した。  それでも幸いなのは、ソジョンに自分の気持ちを伝えたことだった。ヤケドの患者を一度も診たことがないドンジュを、ソジョンが電話で治療の仕方を教えた。しかしことをサブが目撃し、大変なことになった。 14日に放送されたKBSドラマ「我が家に住む男」では、ドクポン(私の守護天使 dvd box)がナンギル(キム?ヨングァン)、ナリ(スエ)の前で自分の気持ちを打ち明ける様子が描かれた。  ナンギルの弁護士を自任するドクポンは、その理由を聞かれると「僕がどうしてこうしているのか考えてみたが、ナリさん、僕たち付き合ってみます? 近所の友達ではなく、もう少し近い男友達」と言って二人を驚かせた。  ドクポンは「お宅の継父さまが無料弁護を負担に思っているようなので、実はこのようなよこしまな気持ちがあると明かしたのだ」と説明した。