2012年12月15日

Precision Bassのメンテナンス

本年も残すところあと少し!年内のライブもガッチリこなしていきます!

本日(12月15日)、愛器(プレベ)のメンテナンスをしました。
「メンテナンス」は、その楽器を使っていく上で非常に大事なことです。言い訳になってしまいますが、働きはじめてから、弦交換や指板のお手入れなどは必要に応じてやっていました。今日、改めてしっかりやってみました。時間にして、2時間ほどかかりましたが、改めて感じること・考えさせられることが多かったです

今日行ったメンテナンスです

1.弦交換

弦の交換はみなさんやっていることだと思います。ペグに巻きつける際に、弦をどこらへんでカットするかについては愛器との対話ですよね(笑)
<ネジを緩める?>
自分はいつも、弦をはずした後にネックプレートのネジを少し緩めています。(今回はブリッジのネジも緩めました。)何で緩めるかといえば、音が変わるとかではなく、普段きつく締められていて負担
も多い箇所なので、この時くらいゆっくりしてもらおうという理由です!…ここについては自分自身の習慣です(笑)
ちなみにいつも弦を張りなおして、チューニングした後にしっかりネジを締めます。いつかのベースマガジンで当時好きだったベーシストがこうおっしゃっていたので、それからこのようにしています。いいのか悪いのか理由はわかりませんが、こうしないと気持ち悪いんです

2.ポット交換

今回はポットをひとつ交換しました。音がでないとかの故障ではなく、ポットのシャフトが曲がってしまい、ノブがまっすぐ取り付けられなくなってしまったためです。(↓画像参照)
20121215_065805


ノブがついている時にぶつけて、このようになってしまいました。ジャズベはこんなことないんですけどね…。まだ音は出ていて、ノブなしでしばらく使ってました。とても細かいところではあるんですが、ノブがないのであのシャフトがケースを破いていくんです!また、劣化が早まったり、音が出なくなることがあるそうです。
弦交換の際にサーキット周りの清掃と確認も含め、やってしまいました!
加えて、このようなことが起こらないようにソリッドぽくなるスリーブを装着させました。…ここについては長くなりそうなので、また後日ピックアップして書きます。

3.ペグのトルク調整

このトルク調整は、ホント久しぶりに行いました
自分が使っているペグは全てGOTOH製のペグ(ちなみに逆巻き)なので、六角レンチで調整ができます。
弦を張る時にはかなり重要なところなのですが、ここ何年か怠っていました。。とはいっても交換したのは今回で2〜3回目ですがw
ここの調整がテキトーだと、チューニングがズレたり、パーツの故障を招いてしまうと思っています。
弦高をギリギリまで低くしているので、張力が弱いとビビリの原因になったり、ストロボチューナーで調整したオクターブチューニングが合わなくなったりとかもします。やりだすと結構シビアに調整しています。

4.メンテナンスを終えて…

最近、音に圧がないなーと思っていました。弦が古くなったことの要因ではなく、バスドラムを前に押し出すパワーがないなぁと思っていました。メンテをして、まず弦のテンションが違います…弦が硬すぎて弾きづらいですが、潜在能力を引き出したような気分です!今まで、志半ばなセッティングだったのかな?と思うと申し訳ないですね。



manikro03 at 07:19コメント(0)トラックバック(0) 
Precision Bass | ギターリペアー

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Categories
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索