2009年12月29日

そうなんだよ

e0ca42c1.jpg
あろ〜は。
 
 
そんなこんなで12月です。
 
12月だし2009年が2010年になっちゃうし、そんなアフタヌーンにはこんな話し。
 
 
高校の時のある日曜日の話し。 
 
とっても綺麗に晴れた日 
 
 
 
ウチの家族となかよし家族やなかよし夫婦やなかよしシングルや 
 
とにかく20人ちょっとくらいで 
 
YAMAに登った 
 
 
 
けっこう本格的な登山道を登った 
 
 
 
あたしはその時ピチピチギャル〜な高校生だったから 
 
頂上がもうすぐってなった時にラストスパートをかけた 
 
 
 
ここぞという時にはやらないが 
 
訳の分からない時にがんばったりする 
 
 
 
 
 
そして 
 
 
山頂にある山小屋みたいなのに入って 
 
下に広がる雲と山頂に広がるグリーンと 
 
まだえっちらこっちらと登ってくる仲間を眺めていた 
 
 
 
 
 
その時後ろで山小屋の管理人みたいな人たちが話していた 
 
 
 
「あれ?あの人たち泊まるのかな?」 
 
 
 
 
心の中で 
 
 
「泊まんないよ。」 
 
と答えた 
 
 
 
 
でも なんだかその言葉がひっかかった 
 
 
 
 
 
頂上でおにぎりやおべんとうを食べて 
 
 
ちょっと薄い空気を吸い込んだ 
 
 
 
 
でも 
 
1人、高山病にかかった 
 
 
とってもとっても気持ち悪そうで死にそうな顔をしていた 
 
 
 
 
 
そして 
 
下山 
 
 
 
 
 
すると 
 
 
だんんだん薄暗くなってきた 
 
 
と思ったら 
 
 
 
まっくらで1歩先も見えなくなった 
 
 
 
 
 
さらに 
 
 
横は崖になって下の方でサワサワと山の細い川が流れていた 
 
 
だれが落ちてもおかしくない状況だったから 
 
 
動かずにここで夜をあかそうということになった 
 
 
 
 
 
しかも 
 
 
そんな日に限って闇夜で月がない 
 
 
 
 
空腹は 残り物を分け合ってなんとかなる 
 
 
おしっこは ちょっと外れにいって川に向かってすればなんとかなる 
 
 
 
 
でも 
 
 
暗いのはなんか恐くって長くって自分の周りが無限に広がるかのように思う 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな時 
 
 
 
 
 
ハーモニカの音が聞こえた 
 
 
 
 
 
ともだちの父ちゃんの音だった 
 
 
 
それに合わせて歌ってる人もいた 
 
 
 
ウチの母ちゃんも・・・歌はハートだと言わんばかりに歌うウチの母ちゃんも歌ってた 
 
 
やっぱり歌ってた 
 
 
 
 
何曲も何回も音がした 
 
 
 
 
 
 
そして 
 
 
そんな中でも寝てしまうのはあたし 
 
 
 
 
 
 
だんだんと 
 
 
太陽の光を感じられるようになって 
 
 
 
数歩先が見えて下山再開 
 
 
 
 
きっと みんな一睡もしてないだろうに 
 
 
おりる足取りは なんだか軽やかに見えた 
 
 
 
 
 
 
月曜の学校は間に合わなかったので休んだ 
 
 
 
火曜に学校に行くと 
 
 
 
ともだちが 
 
 
「きよ きのうはどうしたが?」 
 
 
って聞いてきたから 
 
 
 
 
「遭難しちょった。」 
 
 
と答えた 
 
 
 
 
 
 
 
あれは遭難だと思ってる 



manmalade at 12:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2009年11月15日

ちょうしはどうだい?

4c8426cc.jpg





友よ。愛すべきロクデナシよ。




なんかこのフレーズすき。



なんかうれしかったり


なんかかなしかったり


なんかたのしかったり


なんかフリフリしてみたり


なんかさけんでみたり


なんかないてみたり


なんかねっころがってみたり


なんか手つないでみたり


なんか宙にういてみたり


なんか歩いてみたり





なんでやろ、ほんものしかいらん。


コトバも笑顔も眼差しも本物がいい。




アタシハホンモノカ?


manmalade at 23:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年06月03日

まほう

3ff8a3c3.jpg









両方の目ひらいて、



五感も第六感も七感も八感もひらいて、



風をつかんで、



すこし前傾姿勢で、



瞬間の永遠を感じて、



カラフルな世界ながめながら、



飛べる。



みんな飛べる。



飛ばないと見えないもの。



倒れないと見えないもの。





イメージは魔法なのです。


manmalade at 08:24|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2009年05月29日

まだまだあるけど、

57eef784.jpg





ショウナンの味が、けっこうすき。


車に乗ってるとき、音楽きいてたら


シ「ちょっと〜音楽けして〜!」


はい。


シ「ほーら、カエルの声がする。すてきやろお!」


うん。





参観日に行くとショウナンの机の中を見るんだけれど、


プリントや手紙がクチャクチャになって入ってたりするのは、べつに誰でもあるある。


ハンケチが、何枚もつめこまれてんのも珍しいことぢゃないよな〜


靴下…またの名をソックスが出てくんのもありだと思う。


ショウナンの机からは、これらの他にオパンチュが、スマして入ってるから笑っちゃう。




ノーパンだいすき男子。



いや、男子はNOパンだいすきなのか!?


manmalade at 09:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年04月27日

キョウコノゴロ

650eafbf.jpg






高知は、なんやかんやゆっても太陽が暑い。


なんでやろか、時差のないニッポンの県外人が高知の太陽に驚くんをけっこう聞く。


だからか、ツバメの匂いもだいぶ前からするんよね。


チャリに乗っててツバメの匂いがするなぁって思ったら、

サッサと巣を作って、

チャッチャと子育てをしている、

そして、トットと出ていくんだろう。


ツバメの匂いのする田んぼ道がだいすきだ。




土曜は、参観日でウチのトムソーヤたちのステキングぶりを見にいった。


手を挙げてる後ろ姿、いいねぇ。


2:30に終わり、修学旅行の説明やらなんやらがあるけど、そこんとこはキャンセルでライブに行くことにした。


往復7時間かかるけど、ナナを道連れにして高速を飛ばした。

1000円って料金に軽く感動しながら、お約束のように道に迷い、行き過ぎてUターンして、なんとなくここら辺だよな的な場所で電話して道を聞くパターンは、だいぶ慣れてきた。



そして、再会。


ここからは、


……


コトバを失うな。


その笑顔だけで



その手のぬくもりだけで



その唄だけで



通じるから。




み〜んなが優しい気持ちになればいいな

なんて思うこの頃です。


manmalade at 16:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!