2009年05月29日

入道殿 そのお声 

さて D基地建設の主力砲にと わが家に運び込んだものの
その大きさたるや、、、、、
nyudo04


手前はJBL 130Bですぞ、、、、、
nyudo03


半端じゃありません。

恐る恐る 解体作業に入るmamboであった。
敵も然る者、Boltが錆付いていて、作業は難航、、、、、
とうとうBoltの頭を切断するという強硬手段に、、、

nyudo06


おお、やっと姿を現しおった。
んん?バスケットはRCAっぽくもあり、Telefunkenっぽくもあり、、、
多分どちらかのライセンス品であろう。

身体検査、、、、、約30cm 12インチですな、、、、
nyudo08


Fieldの巻きもきちっとしておる。
Field Coil DCR値 1.4kΩ
Voice Coil DCR値 10.2Ω

ふむふむ、

早速、Field電源を加圧! 慎重にアンプのボリュームを上げていく
おお、生きておるワイ
レンジは狭いけれど、聴けなくは無い。
この音を聴く限り、独逸系の音ではなく、米国系と思われる。
多分、球で鳴らすと良い音がするのであろう、、、、、

いったい何年前のものじゃろーか?
少なくとも1950年代以前であることは間違いない、、、、、

隅から隅まで何か識別できるものを探すが、何も手がかりが無い、、、、
諦めてHornを仮付けして、、、、おや、光の乱反射で何か文字が、、、、





  
Posted by manmaru863 at 23:23Comments(4)TrackBack(0)

2009年05月22日

刺客 入道殿 その正体!

西の僧兵の命を受け刺客として送り込まれた入道。

あるオークションで私の目に止まるよう仕掛けられていた。
なにげに気になるシルエット、、、、、

タイトル『昔の拡声器 スピーカー(ジャンク品)』

入道01a


入道02a


入道03a


『商品説明:詳細は不明です。』
『状態 スピーカーの中身がありません。(写真添付)』
はあ? こんなでかいのに何でやねん?

『仕様 サイズ(約):直径540mm×長さ180mm×地面からの高さ117mm』
まああのぼんさんのことやからしゃあないけどね。

入道05a


が、しかし、この最後の画像を見て食指が動かないMamboではない。
一気に喰らい付いた。
だれか絡んでくるかと思いきや、出品価格のまま終了。
ありゃあ、こんな凄い物なのにぃ? で、 めちゃ安で入手。

その正体は?、、、、続く、、、、

  
Posted by manmaru863 at 00:53Comments(6)TrackBack(0)

2009年05月18日

Victim/Dummy general 〜 Marlena Shaw "Who is this bitch,Anyway?"

うーーん なんということか

残念ながら今日はニッパー君は欠席。

Marlena Shaw "Who is this bitch,Anyway?"
Marena01


欠席の理由?
DSCF1430


西の僧兵に送り込まれた刺客が私を狙っていたとは、、、、、
運良く、難を逃れることができたのは、
我が愛するニッパー君が身を呈して守ってくれたお陰だ。
無残にも砕け散って、、、、、

哀しいときは音楽で気を紛らそう。

なんとこの私でもBlueNoteを持っていたす。

それも放送局向け見本盤。

Marena02


ドラマ仕立てのオープニングから、これが大人のJAZZだよって
聴かせてくれたこの一枚。
びっくりして BlueNote輸入盤1枚とCBS Sony移籍後の2枚を手に入れてました。

スタンダードではなく、エンタメ系のJAZZ。
サミーデイビスJr.の前座を務めることができる実力。
ミュージシャンも実力派揃いでタイトに攻めまくる。

一度生で聴いてみたい一人です。

今日は曲のコメントはできそうに無いす。

少しショックは収まったものの、やっぱりニッパー君何とかしてあげなくっちゃ。  
Posted by manmaru863 at 00:26Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月14日

入道 参上!!

某ponさまのblogに触発されて
何か変なもんをのせないかんという脅迫感に駆られて、、、、

そしてとうとうやってきてしまった。

入道殿、

入道01


なんやねん その態度のでかさは、○○寺の住職かいな?
こちらが後ずさり しましゅた。

入道02


手持ちの手なげ弾を並べてみる。
で、でかあ
入道03


さて何でしょう?

答えは週明けね

薪取りにいかなあかんので、、、、

Sugerfootさんごめんね また音ネタでなくて  
Posted by manmaru863 at 00:36Comments(4)TrackBack(0)

2009年05月09日

Caroline Crowford / Bohanon's Beat

今日は久しぶりの音楽ネタ。

Caroline Crowford、、、、
あまり知らないよね。

Randyのお姉さんでもなさそうです。

caroline01


“I name is Caroline”Mercury SRM-1-3742

A1:Tell me you'll wait
  せつなく歌い上げる恋のバラード いいね

A2:Coming On Strong
  やたー!! ボハノンズビート
  リフといい、まったく"Let's Start the Dance"のまんまね

A3:A love song For You
  陽だまりの中のラブソング

A4:Caroline Break Down
  またまたボハノンズビート 独特だね
  しかし「他に無いのか?」というくらいシンプル

B1:It Rains Because
  In the Rainばりの雷エフェクトで始まる、
   このアルバムで最高のバラード
  この人結構 バラード上手いんです。
  そういえば"Let's Start the Dance"のB面もバラードだったけど
  むしろこちらを入れておけば良かったと思う。

B2:A Nice Feeling
  Uptempoで踊りやすい曲。タイトなリズムとストリングスが
  絶妙に絡んで、メロディがもう少し載ってれば最高。
  ボハノンもこういった趣の曲を多くやってれば
  もっと良かったのにね。
  
B3:Riding On Your Love
  リードと掛け合うスキャット 珍しい、、、けどダルイ

この人Bohanonのバックコーラスをやっていて
曲では“South African Man”,“Have a Good Day”,
“Thoughts and Wishes”,“Foot Stompin' Music”に参加してて、
彼のアルバム"Summertime Groove"でも全曲やってたそうな

以前Sugerfootさんと
ボハノンズビートの日本版ジャケ違いの話題
がありましたが 下が その絵バージョン。

caroline02
  
Posted by manmaru863 at 00:05Comments(2)TrackBack(0)