2009年10月29日

ブルネットちゃん Lansing D1050 / D1004Cabi 道草?中

コンテナ到着以来、
やっとのことでヨハネスさんちへお伺いすることができた。
ブルネットちゃん長いことお預かりいただき
有り難うございました。

D1004a


で、車に積んで家へ辿り着いたのですが、、、、、、、
どー考えても置く場所がないんです。

西のMさんのよーに「ここへこれが来て、あれはここへ、」
というような考えがありません。
まったく考えもせんと買うてばかりいる自分が情けない。


その結果、当たり前のよーですが、支払いでひいひい言うてますんです。

で、置き場所。

ないんです。「よー考えもせんと」といわれても仕方ないんです、
「これええよー」と言われちゃうとついつい、、、、
その場では「これは絶対に買とかないかんやっちゃー」

で、無い知恵を振り絞って 考え付いた場所が、
例の『被害者A』さん
早速電話、、、、

mambo:「いっぺん聴いてみいへん?」
被害者A:「いま忙しいンやけど」
mambo:「でもなあ、ぼくとこ置いたらなかなか動かせないから
もうこんなん思う存分聴かれへんでーーー」
かなり強引

被害者A:「わかった、そしたら今から来てもええよー」

しめしめ

で、2人して車からひいひい言いながら降ろす。

で、でかい

この間 4343を運んだんですが、これに比べたら小さい小さい。
どうです皆さん 背後のシステムは4560の上に2360ですぜ
D1004bb
で、アンプは?
38FD?

さくさくと配線。


音が出た瞬間

二人揃って大拍手しちゃいました!

モノなのにボーカルはほんとに粒立って聴かしてくれます。
あたかもそこに居るようです。

これまで聴こえなかったベースの弦から胴へ響きが移るとこまでくっきりはっきりと
ほんまに信じられません。

数曲聴いて ぼそっとAさん

「これがLansingの音なんやねえ 一体今まで何聴いとたんやろ?」

さっそく嵌った しめしめ

しかし 本当にええんです。
これまで某MさんのBlogを見ていても
「なんやこのおっさん、Monoへの拘りなんて言うても、片chで鳴らしてもそんなんまともな音になるわけ無いやん」
と思っていたのが、

これを聴いたらあきまへん
「やっぱりあの表現は嘘ではないよねえ」被害者Aさん

顔を見合わせて頷いちゃいました


長い船旅の末に辿り着いた極東の地で久しぶりに灯が入ったLansing

-----------------------------------------------------------------------------------------------
今まで感じることができなかった、ピアノの鳴り、響きをほんとに美しく感じます。
ラッパの音は、ほんま伸びやかでキレイ。演奏者は、きっとこんなふうに吹いてたんやろな〜。
ボーカルもタイコもオルガンも、ほんまにすんばらしい〜〜!!
でも、ほんま、「ジムラン」ってスゴイですね。
ほんま、スゴイわ〜。
こんなモン、60年も前に作られてたんですねえ、
それにしても今まで何聴いてたんでしょう? と2人で顔を合わせる。

60年も前に作られたスピーカーが、今、目の前で鳴ってくれてる・・・・・。
ほんとにすんばらしい。
ほんま、感激です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
         (以上某blogよりパクリ)

三角の箱なんですが、薄い板にDouble Woofer、CabiのVolumeなんてまったく足りないはずなのにゆったり豊かに鳴ってくれる、、、、、、。
完璧に箱鳴りを活用してますね。
D1004c
Lansingさん貴方は天才だ!
(商売はダメだったようですが、、、、)

「これをStereoで聴きたいね」
なんて考えてる人いますか?   あ、それ僕かも

今、eBayに出てまっせーーーー
http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=140354645029&ssPageName=STRK:MEWAX:IT


  
Posted by manmaru863 at 23:33Comments(4)TrackBack(0)

2009年10月26日

もういくつ寝ると!?、、、、、、              薪ストーブシーズン到来!!

朝夕 めっきり冷え込むようになって来ました。
居間の気温が20℃を下回ると薪ストーブを焚きはじめる。
今はまだ焚けない。
(金沢のベテランからは笑われそうだけど、、、、)

一昨年サボっていたので、
昨シーズンは薪棚が底をつき家人からブーイングだった。

何故って? 薪棚にHornを隠してたから、、、、。
(そんなん誰が見ても判ろうもんにねえ、、、、)

今年は春~夏の暑い時期にも頑張ったんで桜やケヤキを中心に
比較的棚は埋まっている。

でも来年、再来年も良い薪をと思うと、
もう少し硬い木を大目に欲しいなあ、、、、


と思っていたら
高校時代の友人から久しぶりに電話があった。
「今、樫の木を切っとるけど欲しい?」

涎をたらしながら駆けつけたら、、、、、、

樫20091026c
な、なんと、2ton車5杯分はゆうにある。
(画像の中のチェーンソーは刃の部分が45cmあります)

何往復かなあ? と考えながら切っていたらさわさわっと草が動く音がした。
んん?  まさかあ イノシシ?
樫20091026b


でもこっちはチャーンソーをぶん回しているから向こうの方が怖がってるはず。
でも、一羽の鳥が羽ばたいただけでした、、、、
ふう、山を知らないからねー

土日で、玉切りを50個くらいGet あと何回 通わにゃあいかんのかしらん?





  
Posted by manmaru863 at 23:26Comments(4)TrackBack(0)

2009年10月21日

2つのお化け? Lee Press-on the NAils オバケバンド と  オバケアーム

Lee_Preston


仕事で行った先でたまたまジャケ買いした
Lee Press-on and the NailsのFirst Album
Jump-Swing from Hell: Live at the Hi-Ball Lounge

聞いてひっくり返った記憶がある。オバケバンド
乗りは良いけど演奏は・・・・・・ヘタ!!
特にHorn好きのMamboにとってはブラスセクションの外しは凹む。

公式サイトは
こちら
http://www.leepresson.com/

演奏は粗い!!
http://www.youtube.com/user/reichmarshall#p/u/12/gAXK8mSa1KM

で最近届いたのが
RCA_16a

オバケアーム
RCA_16c
まるで戦車の砲身のよう、、、、、
CDジャケと比べてそのサイズがお解かりいただける、、、、
RCA_16e


RCA_16f
ね、ごついでしょ。正体は

RCA_16d
RCA! 16? 型番わかんないわ。
アームだけじゃあ16インチーズには入れてもらえん!

しょぼりん


  
Posted by manmaru863 at 03:16Comments(2)TrackBack(0)

2009年10月12日

Michael Jackson を EMT-938 で

僕がR&Bに興味を持った時には、既に彼はスターだった。
1972年のアルバム
MJ_Ben


A1. Ben
   せつなく、やさしく唄いあげるバラード、大好きです。

A2. Greatest Show on Earth
    生き生きとした歌に感動しちゃいます。

A3. People Make the World Go Round
    Stylisticsのヒット曲も情感豊かに、、、上手いよね。

A4. We've Got a Good Thing Going
オーソドックスなR&Bの曲、ベリーゴディらしさが出てるね。

A5. Everybody's Somebody's Fool
    とっても良くできたバラード、G・ペイジのアレンジだけある。

B1. My Girl
    テンプスの定番。言うことないですね
    テンポ早めだけどキュートに仕上がっている。

B2. What Goes Around Comes Around
    踊り的にはこうしたミディアムが一番体が動く、、、
    小気味良いイントロ、、、大好きです。G・ペイジのアレンジ。

B3. In Our Small Way
    語りから歌への入り、しびれるバラード

B4. Shoo-Be-Doo-Be-Doo-Da-Day
    このアルバム唯一のUpTempoのStievie Wonderの曲
    そつなくこなしてるね

B5. You Can Cry on My Shoulder
    Soulの本道ともいえる一曲。
    このアルバム中でマイコーの声が一番若く、
    初期に録られたんじゃないかと思うような曲

MJ_Music_and_Me


A1: With a Child's Heart
    痺れるバラード いいね

A2: Up Again
    サビのコーラスが鳥肌もんです。

A3: All the Things You Are, Are Mine
    Motownでやるスタンダードナンバーの編曲モノ。
    8beatのメロディアスな曲

A4: Happy (Love Theme from "Lady Sings the Blues")
    ダイアナロス主演映画“ビリーホリデイ物語”の愛のテーマ
    それにスモーキーロビンソンが詩をつけた曲。満点!

A5: Too Young
    大御所Nat King Coleの曲。
    いけるね。やっぱりこれもG・ペイジのアレンジ

B1:Doggin' Around
    ブルーステイストたっぷりのR&B。シャウトしてるマイケル

B2:Johnny Raven
    この乗りは最高! 踊りだしちゃうね。

B3:Euphoria
    Leon Wareの曲。I Wanna Be Where You Areが有名だけど
    同じくらいこの曲も好きですね。G・ペイジのアレンジ

B4:Morning Glow
    ブロードウェイミュージカル“Pipin'”からの一曲。
    シタールのオブリガートがドラマティック感を盛り上げる

B5:Music and Me
    アルバムタイトル曲 ギターとマイコーの
    透き通った声でノックアウトされちゃいまっせ。




ところでmamboのAnalog→CDは、大事な人向け? には これを使います。
Analog_CD


ちょうどMusic & Meを再生中。これもラッキーなことに見本盤。
(タンテもレコード盤も放送局放出品のようですね)





  
Posted by manmaru863 at 18:42Comments(2)TrackBack(0)