Hanako姐姐のリアル香港日記

大好な香港に住み始めて1年以上が過ぎました。 日々のあれこれを綴っていきます♪

2015年11月

香港で広東語で医者にかかるとき

高熱で会社を休んでしまいました。
昨晩から身体がだるく、熱を計ったら38度。

葛根湯飲んでみましたが、時すでに遅し。。


今朝病院へ


ローカルの病院へ行くのは今回で2回目


日本と違うなぁと思ってることは、

1. 窓口で『どうされましたか?』と聞かれない
2. よって、診察室に入ってはじめて体温を計ったり症状を伝えたりする
3. 日本みたく薬局が独立しておらず、病院の中にあるからすぐに薬をもらえる


です


窓口では、
『我想睇醫生』
ngoh5 seung2 tai2 yi1 sang1

と伝えます。

すると、過去にこの病院を使ったことはあるか?とかIDはあるか?保険証は?
などと聞かれます。

香港は皆さん英語ができるので、
英語ができる方なら英語でも大丈夫


その病院での診察がはじめての場合は、
『未嚟過』とか『第一次』と伝えます。
mei6 lei4 gwo3
dai6 yat1 chi3


はじめての場合は、
住所などを記入する用紙をもらいますので、それに記入し、窓口に渡します。

あとは、呼ばれるのを待つ!



さて。
中に入ると、
『你識唔識講廣東話?』(広東語できますか?)とか『Is english better?』とか聞かれます。


廣東話の場合、
医者:『邊度唔舒服?』
         (どこが具合悪いですか)
患者:『我有発熱、肚痛、咳得好犀利』
          (熱があります。お腹が痛く、咳がすごいです)
医者:『幾時開始?』
          (いつからですか)
患者:『噙晚開始』
           (昨日の晩からです)

…などと会話が続き。

女性の場合は、妊娠してるか?アレルギーはあるか?も聞かれます。

その辺は日本と同じですね♪


あと、『使唔使攞病假?』(※シックリーブですか?)と聞かれますので、
会社に診断書を出さないといけないときは、ドクターズリポートをもらいましょう。


診察が終わると医者から紙を渡されますので、
それを調剤窓口に出します。


今回は、


4種類。


カラフル!!笑


意識朦朧としてましたが、帰りに近所の街市でパパイヤ買いました。


ハワイ産らしい。




レモン汁かけていただきました。

風邪のときは簡単に食べられる果物が重宝しますね。


※香港は、病気で会社を休む場合、ドクターズリポートが必要になります。
ドクターズリポートがないと、シックリーブ扱いにならず、お給料から休んだ分マイナスされます。
ちなみに診断書料はかかりません♪



私は小さい頃から体調崩しやすかったので、
風邪もひかず体調管理できてる人って本当にすごいなと思います。


気をつけなきゃ

旺角に引っ越して初めての自炊

今年の5月に、尖沙咀から旺角に引っ越しました。

引っ越した理由は、
1. 日が当たらない部屋から脱出したかった
2. 自炊がしたかった
3. もう少し広い部屋に住みたい

という3つの理由から。


前住んでいた部屋については、改めて綴ろうと思いますが、とにかく狭かったのです。
4畳半あるかどうかの部屋で、
キッチンなし。
シャワーとトイレ一緒。
洗濯機もなし。
よく1年間耐えました…


しかも、
○キブリの発生率が物凄く、元々虫が苦手な私は、部屋に食物を持ち込むことすらできなくなってしまったのです

ベッドの上を彼らが歩いてるのを見たときは絶望しました。。



今の部屋には、キッチンといえるかどうかわからないくらいの小さな流し台がついています。

ガス台はありません。



以前住んでいた部屋でのトラウマから、
料理恐怖症になってしまったこの1年間。。


本来は、料理すること自体は別に嫌いじゃなく、
どちらかというと自炊派です


しかーし。
これまで何度もトライしようとしたのですが…
○キブリが沢山出るようになったらどうしよう
という恐怖から、どうしてもできなかったのです!


そして。
今日。


勇気を振り絞って、
お米を炊いてみました



↑香港でも日本米が買えます!
俵屋玄兵衛さんのお米。

炊き上がったコシヒカリの艶やかさに感動

お米を炊くだけでも不安でいっぱいなので。。 よく頑張ったと思います。


おかずには、
・菜心
・葱
・焼売
・魚蛋

を蒸したものに、ソースをかけました。

ソースは、香港でおなじみの


李錦記


かなり質素でしたが、
美味しかったです(;_;)

やっぱり自炊がイイ。
すごく勇気がいるけど、これから頑張ってみようかな。



食べ物とは不思議なもので…


家で炊いたコシヒカリを口に入れた瞬間、
実家での晩御飯の光景が、ぱぁ〜っと浮かんできました。涙

18時くらいになると、私が食卓テーブルを出してきて、そのあと母が次々とおいしいおかずを並べ始める。
私は真ん中。父母は向かいあって。
父は待ちきれず先に食べてしまうけど(笑)、私はみんなが揃ったところで、いただきまーす
ごはんによく筋子をかけて食べたなぁ。
父はテレビの相撲を観ながら楽しそう。
私も父もおかわりするので、母は立ったり座ったり忙しそう。




泣けます。。。


そんな日曜日の夜でした



京都念慈菴のシロップ

数週間前に風邪を引いたあと、咳だけ残ってしまいました。

朝晩は咳が特にひどく、
呼吸困難状態になって目がさめる今日このごろ。。


喉にイイらしい、
これを買ってみました。



シロップみたいのがチューブに入ってます。

箱をあけたら、こんなふうになりました。

袋や箱がキレイに開けられるのって日本のものくるいなのでしょうか。笑


大人は1日3回。


結果…
私の咳には効きませんでした。

風邪の喉痛なら効くのかな

これ飲んで治るなら誰も医者行かないか。笑


中の説明書が香港ぽくて可愛かったです。






成分の効能が詳しく書いてありました。




漢字がズラっとあるだけで身体にイイような印象を受けます。笑


あと数週間経ってもおさまらなかったら、中医でも行ってきます

香港で本を買うの巻

先週の話ですが、
Miramar Shopping Mallの地下にある本屋さんへ行ってきました


広東語、ちょっと話せますが、単語をつなげて誤魔化したり、簡単なことを言ったりしかできません。
もっと込み入った話もスラスラできるようになりたいなぁ。と日々思ってます。


そんな中、こちらの本を発見。


日本語と英語は書いてません。マンダリンを母語として話す人向けの本だと思います。

でも、内容が良い
自分にはぴったり。

そうそう、こういうの知りたかったの〜 というのが沢山書かれています。


え?約束延期になったの?!聞いてないわ〜涙… 
みたいな内容をはじめ、
医者にかかるときや、レストランで注文するときのやりとりを結構詳しく解説してくれています。


単語も後ろにまとめられてます。


香港に住んでいる人は結構使える内容だと思います♪


あと、
これも買いました。



香港の建築物100箇所。

休みの日に少しずつ潰して行こうと思います!

せっかく香港にいるんだし。
色々知りたい!
オール中文なので、言葉の勉強にもなりますね


仕事が割とハードで座ってじっくり勉強する時間がないですが、
時間は作るものですよね

頑張らないと!

小腹が空いたら…

香港は、気軽にテイクアウトできる屋台が多くあります。


昨日は、


旺角にあるこの店で、鶏蛋仔を買ってみました。

プレーン、ボルシチ、オレンジチョコレート、パンダン、と、4種類の味がありました。


え?ボルシチ味?合うの?笑
試しに食べてみようかな…と思いましたが、
パンダン(斑蘭)って一体何??
…と、こっちのほうが気になって仕方なかったので、パンダン味を注文することに。


出てきたのが、こちら。


緑!

味は…

プレーンと何が違うのかわかりませんでした。が、モチモチしててあんまり甘くなく、美味しかったです。


体調がイマイチで食欲なく、昨日の夕ご飯はこれだけになりました



さて今日は、

昨日食べたお店の隣にある、こちらのお店へ。


一豆花という名前らしい。

お店のとなりに、小さいですが座って食べられる場所があります。


いかにも香港らしい。笑

12ドルのゴマ豆乳花を食べました。

意外と大きくてビックリ


お店一番のオススメがこのゴマ味みたいです。
たしかに旨いっ!!

ごちそうさまでした♡


QRコード
QRコード
プロフィール

Hanako

「いつか住んでみたい」とずっと思っていた香港で2014年4月から働いています。北国生まれ。チョコレートとリンゴが大好き。
日々の生活で起こる面白いこと、びっくりすること、楽しいこと、…などなど、オープンに綴っていきます。