ココロといっしょ

引越しをしました。もしよろしければ下記アドレスまでお願い致します。

blogを引越ししました!

時間がかかってしまいましたが、ひとまずblogの引越しが完了しました
過去の記事やリンクなどは全て引越しが完了したのですが、
新しいことがまだ全く準備できていなかったりますので、
毎日少しずつ手をいれながら新しいblogに馴れていきたいと思います。

新しいアドレスはこちらになりますm(_ _)m

http://manmaruko2002.blog88.fc2.com/

これまでリンクを貼って下さっていました皆様で、
「もうしばらく貼ってやろうじゃないか!」という方がいらっしゃいましたら、
お手数をおかけしまして申し訳ございませんが、
リンクの差し替えをどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m


引き続きつたない内容まっしぐらですが、これからも【ココロといっしょ】をどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

Blogを引越しします。

以前から考えていたのですが、
この【ココロといっしょ】を引越しすることになりました。

今インポート(引越し)申請中ですので、
完了した後もまったく同じ記事がそのまま移行されています。

ライブドアでは動画を載せることができないのですが、
引越し先では携帯で撮った動画も載せることができるようになりますので、
より一層我が家の生きものたちのライヴ感ある動き(笑)をご覧頂けるようになればと思っています


インポートが完了しましたらまたこちらにお知らせさせて頂きたいと思います。

引き続きつたないblogではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

雛たちの様子 -孵化10日目-

孵化10日目の朝を迎えました。

巣を見てみると元気そうな様子を見ることができたので、
初仔ちゃんと同じように手にとって様子を観察してみました


第一卵目の雛です。
体重は19gでした。
Image2893Image2892

足元がしっかりとしていて、指に止まる時も力強く感じました。
お目目ぱっちりな元気の良い雛です



第二卵目の雛です。
体重は18gでした。
Image2895Image2894

やはり第一卵目の雛と比べると、まだ若干体の小ささを感じます。
でも羽を広げる様子などを見ていて元気に成長していることが伝わってきました。

今朝もロッカ♂からミルク(餌)をもらっていました。
ロッカとココロ♀が2羽ともほぼ平等にお世話ができていて嬉しくなりました
初仔ちゃんは、孵化から12日目の朝に巣から一歩踏み出して巣あげしました。
今回ももうその時が目の前にやってきています。



が、しかしそのロッカとココロですが、
今朝からロッカの求愛が始まって、
完結とまではいきませんがココロがロッカを受け入れていました
Image2891

き、切り替えが早すぎますよ!!
でも前回は孵化から7日目にロッカが求愛を始めたことを思うと、
雛が2羽な分緩やかになったのでしょうか
ということで、そろそろ雛たちを巣上げがやってきました。
朝・晩の差し餌生活のスタートです
寄り道厳禁でがんばります


今回2羽とも順調に元気に育ちましたら、里親様を募集してみたいと思っています。
この機会にウスユキバトの可愛さを知って頂けたら、
こんなに幸いなことはありません

子育て姿に感動 -孵化9日目-

一卵目が孵化をして9日目の朝です。

座るおなかの下に隠れていた時期も終わったのでしょうか、
ココロ♀の体の前に雛たちが顔をのぞかせています
Image2882


一卵目の雛がロッカ♂にミルクをおねだりしつつ立ち上がったので、
今日あたり巣から一歩踏み出すのかなと思って見ていたのですが、
また巣の中に逆戻りです

雛の姿です。
左の画像では手前が二卵目の雛、奥が一卵目の雛で、
右の画像では左が二卵目の雛、右が一卵目の雛になります。
Image2886Image2885
だいぶんと羽も生え揃ってきました。


そして「いつかは撮りたい!!」と思っていた様子を撮ることができました!!
雛にミルクを与えている様子です

ココロに代わってロッカが巣に入ると、
雛たちがしきりに首をのばしてミルクをおねだり。
若干体が大きい分アピールも大きい一卵目の雛にまずはミルクを与えている姿です。
Image2888
雛がロッカの口の中にクチバシを差し入れてミルク(餌)をもらっています。


この後に卵目の雛も「わたしにもちょうだい!」と頑張って、
ロッカにミルク(餌)をもらうことができたのですが、
すかさず一卵目の雛が逆側から「もっとちょうだい!!」とばかりにクチバシを差し入れます
ちょっと慌てているロッカパパ。
Image2889

こうして生命が育まれて繋がっていくんだなぁ・・・と教えられました



毎日少しずつ。。。

以前blogにも少し書いたのですが、
荒鳥のクリーム文鳥♀に【酷く手を怖がらなくなってほしい】練習を毎朝繰り返しています。

といっても、ケージに手を入れてただジッとしているだけなのですが
今朝も手を入れてジッと待ちます。。。


まずは先住の白文鳥のチュチュランがやって来ました。
上の止まり木から様子を見ております。
Image2873


そうしている間に下に降りてきて近づいてきました。

「あの子が乗ってるのなら怖くないのかしら・・・」
Image2875


「ちょっと乗ってみる・・・」
Image2876


「大丈夫そうだから噛んじゃお!」
Image2878

と、手に乗ってきてくれるようになりました
乗ったまたケージから出そうとすると、
あとちょっとのところでケージに逆戻りしてしまうので、
まだまだ根気よく練習が必要なようです。
手乗りとまではいかなくても、ストレスが軽減されるように馴れてくれたら嬉しいなと思います。

初めての羽繕い -孵化8日目-

孵化8日目の朝。
雛たちの様子を見ますと、目が一層しっかりと開いていました
さらに一卵目の仔は羽繕いをし始めました!

羽繕い直後の様子です。
Image2870
筆毛も開き、背中の羽が増えてきました

二卵目の仔と体格の差はありますが、それでも元気そうです。

今回両親が雛にミルクをあげている様子を見れていなかったのですが、
雛たちにせがまれてミルクをあげるロッカ♂の姿を見ることができました
やはり一卵目の仔の方が体の大きい分、アピールが目立ちます。
ロッカは先に一卵目の仔にミルクをやり、
その後なんとか二卵目の仔にミルクをあげていました。
でも催促する一卵目の仔が途中から一緒になってクチバシを挿入してくるので、
ロッカがとても大変そうにミルクをあげていました


3羽の親になって、ちょっと男らしく見えるロッカです。
Image2872





【初めて】といえば、
昨日の朝からフトアゴトカゲに野菜を食べてもらう練習を始めたのですが、
少量ではありますがちゃんと食べてくれました!!
Image2869

一番おなかがすいているであろう朝の一番目に野菜とフトアゴフードをふやかした物をトレーに入れることにしました。
その後にカルシウムをダストしたローチを数匹与えます。
ローチも順調に食べてくれているので、
このまま毎日続けていきたいと思います!

フトアゴちゃんに限らず、
やはり夏の暑さのせいもあるのでしょうか、小鳥たちやモルモットにも野菜が大好評です。
今のところ1日チンゲンサイ1束です。
チンゲンサイは軸がしっかりしているので、
小鳥たちが齧っても途中で折れることが少なくて最後まで食べ切ることができているので、
小松菜を与える時もありますがチンゲンサイに傾斜しています。

飼い主も好き嫌い言わず、野菜を食べなければ・・・

筆毛と目が開きました -孵化7日目-

第一卵目が孵化して7日目の朝を迎えました。

朝ロッカ♀が食事をするのに巣を離れますが、
その間ちゃんとロッカ♂が巣に座ったり縁に止まっていて懸命です。
今朝もちゃんと巣と雛を守っていました。
Image2865


雛の様子です。
実質的には昨日ですが、2羽とも目が開きました
Image2866

先に孵った子の筆毛が開き始めました。
まだ7日目ですが、やはり成長が早くて驚きです!
2羽の間で若干体格の差が見えますが、
十分許容範囲かと思われますので何もしていません。


飼い主が画像を撮ったり様子を見ている間、
巣のとなりで両親が見守ります。。。ごめんね毎朝
Image2867

今回も筆毛が開ききって巣を出るくらいのタイミングで巣上げをしようと思っています。
やっぱり緊張しています、今から





昨日私のワガママで、
久しぶりに大阪・千里丘にあります【ピー&リュクス】へ連れて行って頂きました。
大好きなペットショップではあるのですが、
小動物が弱いのと、
熱帯魚コーナーに好きな熱帯魚が少なくなってしまったことがあって足が遠のいていたのですが、
久々に店舗様のHPを見ると熱帯魚と爬虫類が充実している様子だったので連れて行って頂きました

熱帯魚コーナーがとても良くなっていて、かっこいい熱帯魚たちがいました。
海水魚コーナーが激減していたのですが、
その代わりに増えたのが爬虫類コーナー!
相変わらずベルツノガエルの誘惑に負けそうでしたが、
今回も見事に断ち切りました(笑)
嬉しいことにフトアゴヒゲトカゲの特集コーナーが作られていて、
いろいろな血統のベビーたちがたくさんいました

やはりうちに同じフトアゴちゃんがいるので比べてしまうのが飼い主の心情。。

Sさん!どうですか?
やっぱりうちの子の方がキレイな色してませんか??
Image2864

鳩飼い至福の時

なんていいますと大袈裟なのかもしれませんが、
鳩さんの水浴び姿というのは見てて至極至福な気持ちです
Image2861

私も長く生きてきましたので心が無垢でなくなってしまっていますが、
この時は飼い主も心洗われるような気持ちで眺めています。


「水浴びするよ!」と抱えようとすると「グーーーーーーー」と険しい花鈴♀ですが、
水浴び用のケージに入れちゃうと浴びるの早いです(笑)

ふかふかつやつや気持ち良さそうです
Image2862


「調子を落としている鳩は水浴びもしません」と鳩舎さまからの教え。
こうして2羽そろって水浴びしていると心からホッとします。
今のところ週1回の水浴び継続中ですが、
こんな様子を見ていると1回でも飛ばしてしまうと申し訳なくなります

何度見ても不思議な行動

また昨日から花鈴♀がいつもの位置で座り始めました。
Image2853

普段からも花鈴は「グーグー」と唸って怒り気味ではありますが、
この状態の時はさらにヒートアップをして本当にコワイです。。。
昨晩も抱っこして散歩に出そうとすると、
それはもう大変な勢いで噛んできますので
もともと怖がりな花鈴がさらに敏感になる時期でもあります。


それにしても。。。
この行動、定期的に続いていますが・・・本当のところは何の行動なのか?
私は【想像抱卵】なんて風に言っていますが、
本当に産卵のデモンストレーションなのかどうかはわかりません
Image2855

ごはんは食べに来ますし、怒りっぽくなって攻撃的になるのも構わないのですが、
実際本当に抱卵をしている♀と同じで、
花鈴もこの時期便が水っぽくなったり体に溜めたりするので、
それが「大丈夫なのかな」と心配になります

他の♀鳩さんたちもこんな風にするのか気になっている飼い主です。




そして今朝のウスユキ雛たちの様子です。
ココロ♀が母の顔に見えます
Image2857

まだ数日しか経っていませんが、それでも確実にしっかりとしてきています。
Image2856
この様子を見るのは2回目ですが、やはり驚きです!

初仔ちゃんは昨日あまり差し餌を欲しがらず、
手に乗せれば乗っているのですが、
こちらから近づけるとオロオロし始めるようになりました。
今度こそ完全に巣立ちを迎えたのかもしれません

嬉しいできごと

部屋の中のみんなの御世話が終わって外のウスユキケージを覗くと、
ココロ♀が食事中でした
Image2843

カバー付きの器で食べると、ココロは必ずこうして中に入って食べます。
「餌まで届かないのかな?」と思って飼料を多く入れても同じだったので、
結局量を元に戻してしまいました
ロッカ♂にはこういった癖は無く、ちゃんと手前にとまって食べています。
個々のいろいろが楽しいです


そして今朝の雛の様子です。
Image2844
この後食事を終えたココロが座ったのですが、
おなかの下で雛が懸命に動いていました。
巣の中に糞がいっぱいなのが気になりますが、
もう少しして筆毛が開いた頃に一度掃除したいと思います


そしてもう1ペア、すっかり抜けた羽が生え揃ったポムル♀&ハオ組です。
Image2842

2羽は変わることなく、常にくっついて穏やかに過ごしているようです。
今度こそ雛を巣上げした時にケージに戻してあげたいと思っていますが、
またココロたちにポムルが羽を抜かれるのではと心配です
交尾は確認できていますが、産卵には至っていません。
まだまだ若い2羽ですので、楽しみはこれからです!




今朝嬉しいことがありました
blogでは紹介していませんでしたが、先日クリーム文鳥♀をお迎えしました。
2008年12月生まれで、とてもキレイな赤い目が印象的なコです。
Image2851

でもこのコは荒鳥ですので、
先住の白文鳥チュチュランのようにはいかず、
手を入れるとバタバタっとケージの中を飛び回っていたのですが、
この数日の間で手前の止まり木にとまるようになったと思って見ていたのですが、
今日手を入れてチュチュランを乗せていると、
指先をカプカプと噛んでくれたのです!!
だからといって無理をすると怖がらせてしまうので、
嬉しくてもはしゃがずにただじっと見ていました。
些細なことですが、本当に嬉しかったです

Profile
ドルフィン



ぼくの金魚鉢



Recent Comments
メールフォーム
  • ライブドアブログ