2009年07月22日

先日「いけふくろう」の頭の上に100円玉を置いてみたんですよ。いや、何かが変わるような気がして。

で、翌日見たらその100円玉が10円玉に変わっていたんですね。

何か意味があるような気がして…。
例えば実はこれはある悪の秘密結社の暗号というか連絡用で、頭の小銭の有無や金額によって作戦決行or待ての合図になっていたりとか。

ないか。
いや、でも待て。
私は去年のある日いけふくろうの頭に12円が置かれているのを確かに見た。一人の人間によって一度に置かれた雰囲気。それで12円は不自然だ。絶対に暗号だ。もし今私がここに5円玉を追加すれば間もなく発生する重大事件を未然に防ぐことができるかもしれない。しかしそれによって逆に引き起こされてしまうかもしれない。どうすればいいのだ。

さ、帰ろ。

話は最初の100円に戻って、もし「これは、つまり『おつり』なんだろう」と判断した私がその10円玉を持ち帰った場合、罪になるのかなあ。
なんか、なるっぽいよね♪

(06:34)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nipo5    2009年09月01日 23:10
なんと!
いけふくろうには投資しないほうがいいみたいですね。
2. Posted by 万年床生活者   2009年09月02日 06:00
NIPO7.0さん、お久しBluetooth

そう、元本割れは必至。まさにハイリスクノーリターンなのです。

それでも私は、奇跡を信じています…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コメント
記事検索