2019年01月16日

思い出す事は作り出す事なのだ?!

最近読んでいるブルーバックスの本。

何かを思い出すという事は、脳内のどこかに完璧な形で保存されている記憶を見つけ出し、その記憶を無傷のまま引き出すという単純なことではない。
新しく経験した事は、一般的知識(意味記憶)と関連づけて記憶され、また自分自身の以前の経験(エピソード記憶)とも関連づけられて記憶される。それらを純粋に分けて思いだす事は困難。

ある出来事を思い出そうとした時、その記憶だけでは無く、それに関する過去の経験や知識も一緒に引き出されてしまう。バラバラになった記憶の断片を組み合わせて、首尾一貫した話しにする。その時正確性より合理的な一貫性を優先させている。
だから、私達の記憶はしばしば歪曲される。思いだす行為は実のところ作り出す活動なのだ。image

manoclinic at 18:54|PermalinkComments(0)

新年

2019年は亥年。十二支では最後の12番目。亥は、猪突猛進という言葉で知られるけれど、今年は先を急ぐより、じっくりやりたい事をする。年号変わるけれど、平成の締めくくりの年にしたい。0AD026CB-5642-4E6B-9FE4-CEB39733DDA3

manoclinic at 17:24|PermalinkComments(0)

2018年08月29日

女医と働き方改革

医師の長時間労働は理想論ばかりでなく、皆で妥協を!。
綺麗事、言葉だけの理屈はやめて、見識と節度にもとづいて、女医の仕事を考えて欲しい。病院や大学が優秀でなくても昼夜を問わず働ける医師が欲しいのなら、医師の仕事をただの肉体労働として考えているだけです。医療経営は成り立っても、結局患者さんは救えない。入試だけでなく、どの領域でも働く女性は差別や不当な扱いを受けている。いちいち言ってたら、家庭も仕事も回らなくなるから言ってないだけです。仕事だけしていいだけなら超簡単な事。男女問わず同じように心身を休める、子育てできる働き方改革を!。そのためには完璧ではなく、複数担当医にする、時間制限するなど、文句や不便は承知で、次善か次々善の策を練ってみる!そう思います。

manoclinic at 09:19|PermalinkComments(0)

2018年08月26日

暑さに負けないで!

異常気象の為例年になく熱中症の人が多かったです。
外出中に体温が上昇し、意識障害を起こして救急搬送となった高齢者もいました。よくあったのは熱疲労の状態で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などの訴えで受診され、塩分や水分摂取や休養を指導して、対症療法で処方した方もお多かったです。
最近では夏中冷房の効いた家に閉じこもりすぎて、冷房病(医学病名は無い)で、自律神経の不調の症状の人も結構おられます。朝晩涼しい時に散歩を始めたり、少し汗ばむような💦運動したり、交感神経系と副交感神経をバランスよく働かせるようお話ししてます。ちょっとストレスかけて活性酸素を作らせる方が体の防御力が高まります。加減が難しいですけどね(^-^)。
B2A33956-C6B2-47D4-A449-706515D9AE92


manoclinic at 09:05|PermalinkComments(0)

2018年05月15日

認知症の原因と予防


海馬の萎縮だけが認知症に原因ではない。先日の内科学会で名大の先生の最新の認知症研究の講演によると。
脳🧠は加齢変化に対抗する代償機能を持っている。ある神経ネットワークが低下すると、他のネットワークが増えて機能低下を代償しようとする。歳とともに機能低下した分、他のところのネットワークが増やすことをしているが、それでも、カバーし切れなくなると認知症が出現するらしい。

また、ネットワークにはハブがある。それは海馬ではなく、後部帯状回と楔状部らしいとのこと。

認知症予防は神経ネットワーク網をドンドン増やすこととハブとなる部分の変化を防ぐ事らしい。


manoclinic at 16:53|PermalinkComments(0)

2017年01月01日

若々しく生きる

あけましておめでとうございます🎍
image

100年時代の人生戦略という本を読んでいる。その中で書かれていることがとても興味深い。
平均寿命が延び長寿化時代になるが、老いて退職後の人生を生きるには人生が長過ぎて、十分な資金確保ができない。80代まで働けばいいのだが、手持ちの20-30代で身につけた知識とスキルで最後までいけない。そこで、提案されるのが、マルチステージの人生、生涯に二つ、三つのキャリアを持ち、移行の機会を増やす、その為に、人生いつでも、柔軟性を持ち、新しい知識を獲得し、新しい思考様式を模索し、新しい視点で世界を見るようにする必要がある。そうして移行を繰り返す結果、進化生物学で言う「幼形成熟」のように、大人になっても、思春期的特徴を持ち続け、柔軟性と適応力を維持し一定の行動パターンにはまり込まことを避ける。とあった。若々しくあるということは、こういう事だと思う。

manoclinic at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月20日

社会が学校に求めるもの

大阪府医師会の学校医総合講習会がありました。クリニックでは15歳以上しか診てないけど、学校医をしているので参加。スクールカウンセラーの先生のお話で、「児童生徒の抱える問題」という講演を聴きました。

印象的だったのは、「今社会が学校に求めるものは学力だけでは無く、人間力が求められており、特に異質な集団で交流する能力、自己と他者の相互関係に配慮できるコミュニケーション能力が重要視されている」と言われた事でした。
昔は学歴が能力を担保していたのに今は人間力が求められている時代だそうです。

でも、人間力なんて誰がそんな事教えられるのだろう、先生はとても忙しそうだし、生徒も色々求められてとても大変。一方で不登校やイジメの話しもありました。

風潮として やたら〇〇力と言われたり、他者を意識する能力ばかり求められていて、みんなシンドイのでは。🙄
ここは居直って、「一人でいて、孤独でいても良いじゃないか、どうせ自分の事しか知らないのに、どうどうと一人でいられる能力をつけろよ!」と言われた方が楽なのではと思ってしまいました。

manoclinic at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月11日

やっと試験終わり

東京で試験があり、計6時間で250問を解きました。吹田市民病院のN先生も受けに来ておられた。医者は皆んなよく勉強しはります。
私は以前東京マラソンに出て6時間走った時と同じぐらいシンドかった。寿命が縮んだかもしれない。これからは何事も無茶をせずに地道にやっていこう。😐

manoclinic at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月22日

高齢者の目標値

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標は若者とは違う。2016年5月に日本老年医学会で発表されました。
認知機能障害や日常生活動作レベルや使っている薬によって、目標基準が違う。認知障害強かったり、ADL低下あればやや甘い基準でもOKという事。
数値に一喜一憂せず何事も個別的に総合的に判断したいものです。image


manoclinic at 14:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月08日

いつまでたっても試験勉強?!

image

ここ数ヶ月朝勉強している。移行措置で内科専門医試験が受けられるので、秋に東京まで行って受験予定。開業して10年(^ ^)日々の忙しさと医学の進歩の速さに追い付いていなかった事も多々ある。知識収集と整理には良い機会なのだが、この年齢で試験勉強はキツイ😥タフに試験勉強してきた人生だけど本当ツライです。

manoclinic at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)