2005年07月

2005年07月31日

橙昔話二

f15a8684.jpg94'だか95'に
新潟イレブンが
アルビレオ新潟と
チーム名を変え
Jリーグを目指す。
と言い出した!





『おいおい、マジかよ?!』って正直思ったよw
それでも、とりあえずボチボチと試合を観に行き始めた。
何故観に行こう。なんて思ったか?と考えてみると。。。

写真のおじいちゃんw、フランス・ファン・バルコム。
ひとつには、
この人が監督に来てくれたことがデカかったね、やっぱり。

前に違う場所で書いたことがあるけど、
Jリーグ最初の『ステージ』で優勝したのは鹿島。
で、J元年のシーズン優勝は、
あの有名な『ジーコのPKボールに唾吐き事件』の末、
ヴェルディ川崎が勝ち取った。

そのシーズン、ヴェルディの監督は松木安太郎。
確か当時37歳くらい。で、ヘッド・コーチが
このフランス・ファン・バルコム氏だったわけさ。

あの頃のヴェルディと言えば、KAZU、ラモスを筆頭に
ぎゃんぎゃんの個性派集団。
それを監督経験のない37歳の松木がまとめられる訳がないw
多分、裏でチームを作っていたのはこの人(バルコム)だった。
。。。と推測されるのよw

そのバルコム氏が新潟に来て監督をすると言う。
さらには海外の代表監督のオファーを蹴って新潟に来るという。
『アレ?これちょっと本気印?』って思ったわけ。

そして、ふたつめの理由は。。。
その頃のチームには我が母校の後輩がたくさん在籍していたのさ。
ただ後輩。たって、私は3回生で毎年地区2回戦負けw
確か6回生くらいから強くなっていって、全国行って、
もう全く別世界w

OB会に出たって弱かったウチらは隅っこのテーブルで
しみじみやるだけで、強くなってから以降の奴らなんて
話したこともなかったけどねwww

でも、弱かったとはいえ、先輩は先輩w
この関係は後に役にたってくるんだけどね。
そこらへんを含めた話は、また後日にするとして。。。

とにかく、そんなことで、チームを応援に行く。
というよりは観戦に行きだした。

その頃の会場は?と言えば。。。
新潟県内で言うと、新津サンスポや長岡やら中条やら新井やら。
唯一、YKKやら北陸(電力だっけ?ガスだっけ?)と
やる時に新潟市陸で開催されるくらい。

それでも、市陸でやっても、入場料なんていらない。
タダ。無料。だって地域リーグだもん。当たり前。
試合のあるその日、その場所へ行ければそれでOK。

新津の土手に寝転びながらとか、中条に子供と犬連れて
ドライブがてらに。とか滅茶苦茶な観戦の仕方だったなぁ。
だってアウェーG裏の芝生席で試合中に犬の散歩させてんだからね。
それがまたウチらだけじゃなくて、
他にも散歩させてる奴がいたりして
試合中に『ワン、ワン』とか犬の鳴き声が響き渡ったりしてさwww

でもね、その頃ってば、当然ながら、YKK、北陸電力以外、
こちらはJを目指すチーム。他はアマチュアのクラブ。だったから
完全なワンサイドゲームばっか。

引きこもる相手をどうやって、なかば強引にでも
突き崩していくか?っていう試合ばかり。
正直全然つまらないのよ、サッカーとしては。

でも、今のビッグスワンの観客層なら
この頃の試合の方が受けたかもね。

とにかく、5-0やら7-0なんてザラ。
下手したら10-0なんてのもあったような気がするよ。

なんとか北信越リーグを優勝して全国大会に進むも
一度目は×、二度目でなんとかJFLに昇格できた。
ようやく98'にはJFLでのシーズンを過ごせることになった。

実はもうこれがタイムスケジュール的にはギリだった。
だって翌99'からはJ1、J2の2部制でやることに決まっていて
新潟は施設やらクラブの体制やらから言って
J2に入っていいですよぉー。ってなことになっていたわけさ。

JFLを1シーズンも経験せずに、地域リーグから
いきなりJ2じゃぁ、開催国だからW杯に初出場するみたいじゃんw
それじゃぁねぇ。。。

フランスW杯最終予選、あの時の代表と同じ様な
もの凄いプレッシャーのなかでの全国大会だったと思うよ。
なぁK村。ってより、背番号0、そうだよな?
よく頑張ったもんだ。

で、この先はまた、後日。アディオス。

manon_blog at 10:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月30日

橙昔話一

6804d0d9.jpgようやく中断期間に
なったことだし、
昨日の
『ベチス・ソシエダ大汗書き込み』
の件からも明白な通り、
最近多々感じる
私の物忘れのひどさを
少しでも防ぎ、
脳みそを活性化させる為にも、
少し昔の事(ビッグスワン以前の時代)などを
不定期連載として書き留めておくか。と思っている次第。

しかし
『そんな昔のことには興味がないのだよ私』的な人にとっては、
たんなるジジイの自慢話にしかならない可能性も十分にあるのでw
皆さんのお気に障る文章が多々あるだろう。
そうタイタニックという映画が私にとっては
単なるババアの自慢話にしか感じないように。
さらに私には人を楽しませられる文章を書く能力がない。
ゆえに、読み進められる皆さんにおかれましては
十分にご注意いただきたい。
ただし!今だから書ける!というかなりの暴露内容が
含まれる可能性も大なのだが、それにより、
『誇りを傷つけられた』『○○に謝罪しろ!』などと
コメントされても私は聞き入れる耳を一切持たないので、
そのつもりでwww

フィクション半分。ノンフィクション半分。ってことで。
そこんとこ、よろしく。

さて今回の写真は昔のシーズンパス。
手前のオレンジ色の奴が、チームとして最初に売り出した
初めてのシーパス。
ようやく北信越リーグからJFLに上がれた98'のシーパス。

ちゃちいでっしゃろw。
今なら小学生でも偽造できそうなレベルだ。
バスや電車の定期券よりよほど安っぽい。
けど、これでもその頃の私らにとっては
かなり嬉しい物だったのさ。
しかしながらこのシーパスはスタジアムに入場する際
一瞬だけ見せてあとはジーパンのポケットに隠してた。

なんかさ、ショボいシーパス首から下げてると
『おいおいあいつこんなサッカーに
  シーパス買って見に来てるよ』的視線を感じ、
なにやら、こっ恥ずかしい気持ちがしたのさ。
その頃の私はチームに誇りなど微塵も感じていなかったわけだしw

そしてこの98'シーズンは確か回数券もあったのさ。
11枚とか12枚ついて10枚分のお値段です。って形式の奴ね。
これがなかなか好評でね。
一人で各試合一枚づつ全部使ってもいいし
一試合に11人の仲間で行って一気に使い切っちゃってもよし。
つまりAlbirex教の勧誘には持ってこいのアイテムだったわけさw
翌99'シーズンも回数券あり。ただしその99'で廃止になったけかな?
クラブにいる先輩に廃止理由を聞いたよ。
そしたら、こう言ったね。
シーズン終盤で回数券が余ってる人が大挙して押し掛けたら。。。
一応満員の際はお断りすることも有。との記載がしてあるが、
それが最終節でもし昇格がかかった試合とかになったら。。。
入場させなかったら、記載はしてあるが暴動が起こりかねない。
キャパ以上に入場させたらさせたで消防法の問題あるしだって。

その99'シーズンはJ2初年度で開幕7連勝。
一時『えっ昇格??』みたいな雰囲気もごく一部には流れ、
そして最終的には最終節の新潟市陸競技場で、
私達の目の前で、瓦斯が昇格を決めたシーズンだったのさ。

長くなったので今日はこれでおしまい。
次回はこのシーパスが発売される以前の
北信越リーグ時代のお話をしようと思います。

それでは、ちゃおw

manon_blog at 12:42|PermalinkComments(3)TrackBack(1) Albirex新潟 

2005年07月29日

大衆操作

67eca42b.jpgいやね、
解るよ、確かに。

来日してるのは
レアル・マドリードさ。

で、その次の日
マス・メディアに
『レアル』の文字が踊れば、それりゃぁ
『おっ、レアル・マドリードの試合、どうだったんだ?』
と自然に思考する。

さすがの私でもそこで思考がフリーズしないさw

でもさ、皆さん知っているよね。
スペイン本国で『レアル』と言ったら一般的には
『レアル・ベチス』を指すんじゃなかったっけ?
(※ごめん、間違えたソシエダだ(大汗)
日本では『レアル』と言ったら『マドリード』

いつからこうなっちゃったんだろう?
なんでこうなっちゃったんだろう?

あの金子達仁ですら、スポーツ新聞のコラムで
『レアル』と表現している。
コラムの冒頭で『レアルマドリード』と表現した上でだが、
その後は『レアル』と略している。
どうせ略するのなら『マドリード』とすればいいのに。

例えば新潟県外の友達が
『いやぁ凄いね、毎試合4万人も集まって。
 新潟アルビレックスはさ』と言われたら、どう?

少なくともいい気持ちはしないでしょ?
それと同じようなことだと思うのだけれどなぁ。。。

これはもう完全にバカ・マスコミのせい。
解っていながら、そう表現し続ける馬鹿のせい。

似たような事だけど少し違う話で
『ダブル・ボランチ』や『セリエ・エー』なんて
造語を平然と使い続ける馬鹿ども。

まったくもってこの国にはジャーナリズムなんて存在しないよ。

manon_blog at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年07月26日

世界一周

165ee4b5.jpg高い入場料払って
見に行かれた方
御愁傷様です。

あ、でもヴェルディを
応援してるなら
OKかw




いい加減、マスコミも気づけよ。
クラブのハゲ頭どもも気づけよ。
『銀河系軍団来日』なんつ〜て
ことさら大袈裟に煽ったって
そろそろ大衆は気づき始めてるぞ。
ガラガラの味スタがいい証拠。

アメリカ、中国を回って、日本だとぉ。
さらにはもう明日、磐田戦だとぉ。
なめんのも、たいがいにせ!ちゅう話やねん。

な〜んて、エラそうに文句たれるところまで
来ちゃいましたね、日本w

よくやったヴェルディ。
よくやった戸田。ですよ、ホントにw
唾でなくて私みたいにタン吐いてやればよかったのにw

さて我がチームも明後日、大連戦なわけですが、
なんで明後日なんでしょう?
平日開催で相手が大連じゃ興行的にも厳しいだろうし、
(昨年対戦相手があのボカですら平日開催の為赤字でした。)
中断期間にはミニキャンプ張るんでしょ。
せめてキャンプ明けの方が良くない?

7月中にPSM組んでるJチーム、他にもたくさんありますよね?
これじゃHOT6でなくてHOT7じゃん。
責任者出て来い!

たとえ選手がストライキ起こして
PSMブッチしたとしても私は許すぞ!w

manon_blog at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年07月25日

全員集合

d15833f0.jpg
9番だよ!
『全員ファビーニョ!!』
いや
全員がファビーニョには
流石になれないがw
ファビーニョは
ファビーニョだったw



本山はなんで坊主にしたんだ?失恋か?(古いw)
もっとよく見せておくれよ、J速報の愛子ちゃん。
本山、本山、本山。。。
私と違って髪の毛はたくさんあるだろうに。
坊主頭、坊主頭、坊主頭。。。
そう言えば先週の浪速のゴンも、ゴンも、ゴンも。。。

なんてこと考えながらTV観戦始めたら
妙に気になる奴、約1名。
ーーー根本ッッッーーーー!!
おめぇさん、それヅラかよっ!(って違うよ)

さて前半。
もうスタートから両者へろへろ。簡単なミスパスの連続。
しかしこれも致し方ない。HOT6最終戦だ。

目に見えない疲労がかなり蓄積されていたハズ。
さらに現地特派員によれば、異常な蒸し暑さ。
(特派員の体型によるところも大きいがw)

スポーツする方なら解ると思うが、疲労は思ったより
判断ミスやボール扱い、パスなどのスキルに
大きな影響をおよぼす。
正常時なら考えられないようなミスを起こしてしまう。

それでもホームのせいか?危機感があるのか?
大分の出足がよい分、前半は完全に大分ペース。

案の定、直樹のボールにつられる悪い癖が出て
(去年の清水戦、その時もボールにつられて
 チョ・ジェジンどフリーにしてヘッド決められただろうが。。。
 てめぇがCKからのまぐれボレー決めたから忘れたか?)
見事ワンフェイクにつられ高松に先制点を献上。

でもまぁこれは高松誉めておく?

さらにはJ2時代からの有名な直樹の滅茶苦茶目クリア。
全然直ってません。DF陣4人もうアップアップ。

バックス陣にリーダーシップとれる奴がいない。
っつ〜のはキツイねぇ。(チーム全体もか?)
萩村もそういうタイプじゃないし。
○ちゃんなり、あんにゃが早く戻って欲しいわい。

でもそこを踏ん張れた(大分自滅?)のが、
後半ファビーニョの大活躍に繋がったね。
HOT6を考えれば、新潟は身体が動かないなりにも
選手の気合いが感じられる試合だったよ。

この試合はまさしく日曜の夜、社会人としてあるまじき行為のなか
大分まで駆けつけた、ざっと見たところ約100名の、
キミ達の勝利だよ。おめでとう。

TV前で念を送っていた。とかいう超能力者の諸君。
念なんか全然届いていませんから。残念。
いい加減そのことに気づきましょう。
『行けない』んじゃなくて(何に言い訳してんですか?)
あんたが『行かない』だけですから。

え、私?
ええ、行かないですよ。日曜夜のアウェーゲームなんて。
TVの前で寝転がりながら、屁こいてビール飲んで
『あら、すご〜っい、入っちゃったよ〜ん』
『○ゅきが女のくせに痛風になると楽しいな』
『あれ、アニマルいる?』
なんて思いながら見てますたよ。ハイ失礼。

manon_blog at 09:30|PermalinkComments(8)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月20日

移籍完了

366f02ad.jpg97' 9/7 国立の
センターサークルに
二人はいたよ。

横浜FC関係のブログを
チラホラ読んだところでは
概ね歓迎ムードのようで。

しかし38になってFW張ってるところが
KAZUの凄いところでもあり
同時に馬鹿なところだw

ま、J2見る楽しみがひとつ増えた。
ってことで、私も概ね歓迎w

97' 9/7の国立では試合前センターサークルで
ボールにひざまずき二人で手を合わせて
祈り始めた時には正直背中に悪寒が走ったけどねw

まぁボールに魂込めました。って奴だから
仕様が無いねw

いや、こんな事書いてますが、彼が日本サッカー界に
残した功績は認めてますよ。

ただジョホールバルで交代する時
『えっ、俺?俺なの?』って仕草を見せていた彼に
その試合を解説していた木村和司が言い放った
『お前だよ(冷めた声で)』の一言が忘れられません。

頑張れ!KING!横浜FCJ1昇格の立役者となれ!
私も応援す。。。する。。。いや、しないわ、やっぱ。
ごめんw

manon_blog at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年07月19日

満員御礼

87f64474.jpgそうだ!
「でん」wの
創設者の名前だ、モリゾーwww

なにか?と言うとね。
このキャラクターが
マスコットになっている場所へ
行ってきたのさ。


名古屋が新潟へ来て試合をしているその日に
私は名古屋に行っていたのさ、えっへん。

ホントは、逝ってきた。。。だった。。。_| ̄|○
入場者数過去最高、21万人!!ぎょえっっっっ。

こちらとらガキ二人連れだ。まともに歩けない、っつ〜の!
4万人入った試合終了直後のEゲート階段下の広場を想像してくれ。
それがずぅぅぅっと続いていると想像してくれぃ。

ふん、それでもマンモスは見れたよ。
でも。。。それよりもリマのシュートの方が見たかった。。。
ドリブルから左足でのリマのゴールなんて、
もう一生見れないかも知れないじゃねぇ〜か!!

昨日帰って来て、一応録画は見ましたよ。
サラっと見た感じでは。。。
桑原と久しぶりの勲くん、チェックにカバーにと
よく動き回っていたようですね。

ハイ、私は動き回らずに、万博会場中央広場でジッとしてますた。

だって、自動販売機のペットボトル買うのにも
15分も並ぶんだぜぃぃ、イエぃ!!
万博まんせー!!

仲良くなったら万博の穴場、紹介するよ!www


manon_blog at 11:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月15日

一般常識

3b8e0e74.jpgまあさ、今更
←んな加工したって
意味ねぇ〜んだけどね
一応ね。(苦笑)



ホントは祭りが終わるの無言で待ってるのが正解なんだろうね。

今回の事じゃ確かに一般常識的に理があるのは向こうだからな。
何を言ったって、突っ込み返されるのは明白だ。
だからホントは上に書いたように無言で通す方が
彼らの為なんだろうね。

しかし、ちらほらと新潟関係でのブログでも
語られ始めたのを読んでエセ・ヒューマニズム的な意見の
くだらなさ(俺的にはそう感じる)には、流石に呆れた。
我慢が切れたw俺も書くことに汁!!w

ここぞとばかりに正論振りかざして
コメントしてくる奴らにはうんざりだ。

正直、こいつら、俺知ってるしさ、
ここをいつも読んでいる方にはご存知の通り、
知ってるどころか実家が同じ町内の若者もいるよw
ブログの主も何度も同じ席で酒を酌み交わした仲だ。
その席で顔を突き合せて色々な事を議論してきた奴もいる。
99年以前からサポートしている奴もいたハズだ。

だから、この首謀者の奴らのことネットだけじゃなく、
本人そのものをよく知ってる。
よく知ってるからこそ、彼らの想いを知っているからこそ
『くだらねぇ。少々ハメを外してお痛をしただけじゃねぇか。』
って俺は思うよ。

一般常識から外れた行為だったことは承知の上で
断固彼らを、彼らの精神を、俺は支持するよ。

これしきのこと、笑い飛ばせない奴とはお友達になれないよ、
ホント。(だからこそ俺は友達が少ないわけだがw)

昔なら間違いなくコレは通ったよ。市陸時代なら間違いなくね。

ビッグスワンが出来て、得たものはでかかったけど、
失ったものでかいね。
つまんない野郎ばかり増えたもんだ。俺的にはね。

草津の断幕『そうだ、草津に戻ろう!』じゃないが
『そうだ、市陸に戻ろう!』って気分だよ、まったく。

manon_blog at 11:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月14日

過密日程

f6116fe5.jpg






HOT!HOT!!
HOT!HOT!!

スベリーマン・ショウよろしくスベリまくりの
この企画(企画って言うのか?w)

ひどいよね。(って全試合見たわけじゃないが)
お金とってお見せする内容だ。
と胸はって言えるゲームをしているチームは
いったい何チームあることだろう?

少なくとも昨晩の浦和は最低。
我が新潟の試合は見ていないので、なんともであるが
試合後のコメントなど読むと。。。

で、スカパーでやっていた浦和vs柏なんだけど。
サントス最悪。ってか浦和最悪。
サントスなんて代表からずっとだもんね。
そりゃ腰からくだけるさ。
そんな中で救いだったのは柏が頑張っていてくれたことだね。
浦和には合わせずw。。。

解るよ、確かに。
今年が特別な日程になることは。
しかし、この夏場にこの日程は選手には酷だ。
さらにそれを見せられる我々も本当に酷だ。

あえてくだらないキャッチつけて
無理矢理盛り上げようとしているリーグ側には興醒めだ。

ただ、前記の通り、その理由が解るだけに
こんな試合を見せられても怒りのやり場がないのだよ。。。

manon_blog at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年07月13日

臨海翌日

61707af0.jpgさて、臨海に行かなかった
ヘタレな私は臨海翌日
某国営放送にご出演された
池田会長の話を拝聴したw









この人(ってかNSG?)、行動が派手な為に
やっかみ半分に叩く人も多いが
どうして、どうして、新潟を元気にしたい。という
一念は相当なものらしいし、私などその点で
素直に畏敬の念を覚える人物なのだが。。。

なにせ、サッカーに関してはトーシロw
放送内容もその番組の構成上、ああなることは
番組を見る前から解りきったことではあるが
出来れば、もちっと、チームの今後の話を聞きたかったな。
ってのが見終わった直後の感想。

祭りの終焉が近いことは誰もが感じてることだよね。
きっと次の一手はとっくに考えてあるんだよね?
尊敬する会長様。

会長様のご意向のおかげで、スタジアムは今
祭りが終わればさっさと日常に帰る人達ばっかです。
その人達の日常に強いAlbirexはあっても
弱いAlbirexとサカーは無いみたいです。
どうしましょう?会長。

最後に話変わるけど、G裏中央からバックスタンド寄り、
大旗が1本しかなかったね、神戸戦。
ぎゃぎゃーわめいて、あの辺で振ってた人達ってどうしたの?
一足先に祭りが終わりましたか?

manon_blog at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月12日

臨海劇場

96def887.jpg僕は臨海には
行かなかったわけで。
それはきっと僕が
弱虫なせいであり。
それは父さんがいつも
嘆いている
ことであり。。。




いつも父さんは
『純〜。サッカーは現場が一番だぁ〜。
 TVじゃ肝心のところは解らん〜。』
と僕に言っており。。。

それでもどうしても僕はTVでも良いから見たかったわけで。。



結果は神戸戦とは全く逆。
ところが見終わった感想が清々しい気分になるのは何故だろう?w

それはジェフのサッカーが楽しいからだよね。
ボールも人もよく動く。
それに対して新潟のDFも
(DF陣のみを指して言っているのではありません)
よく頑張ってました。

ただ悲しいかな新潟は、奪ってからのパスミスが多い。
そしてジェフとの決定的な差は、ボールを持った時の
『第3の動き』

これがジェフはそれこそ3どころか4も5もあるよね。
対して新潟は受けようとしている選手が動いているのみ。
受けた選手からどう展開するのかを考えて動いている時が
ジェフに比べて決定的に少ない。

新潟も好調な時はコレが出てくるんだけどな。
まだまだその波が大きすぎる。

ま、とにかく負けて悔しいのは当たり前だけど
楽しい90分でしたよ。2日経ったTVの画面上ではねw
間違いなく保存版です。

manon_blog at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月08日

懐古趣味

987ebbc7.jpg例によってダビングの日々w
昨晩は、以前ダビング済の
03'昇格特番よりも
もっと古い99'~02'あたりの
主に夕方のローカルニュースを
集めたテープを偶然見つけ
それをダビング。


寺川のボサボサ頭もセルジオの原始帰りwも映っていた。
(もちろん、鳴尾のハットトリックや小野伸二のミドルシュートも)
そして。。。
♪何をするか予測不能、それが俺たちのナシメント♪まで!!w

写真は始めてビッグフラッグをお披露目した時の写真。
そう、ノザが号泣した京都戦。
ホントこのシーズンも昇格惜しかったんだねぇ〜。。。
翌シーズンの長居での印象がキツすぎのせいか
私的にはどうもこのシーズンが霞んで見える。

そしてその長居。
ハゲが息子を抱きしめるシーン。
今見ても目頭が熱くなるシーンの連続。

京都戦がわずか4年前。
もっとずぅぅぅと昔のような気がする。

それだけ、ことAlbirexに関しては色々あった。ってことだよね。

これからも、よろしく。

manon_blog at 10:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月07日

僅差勝利

bae28c4d.jpg私の隣の席の女史。
終わって一言。

結局、神戸には
エジミウソンがいないけど
新潟には
エジミウソンがいたのよ。

って。

確かにwww


気持ちは見えましたよ、痛いほどw
勝つゾ。って気持ちがボトルボトル
あ、いやビンビン伝わってきました。

ところが前半はソレが空回り。
中盤でごっつ動きまわるのですが
てんでバラバラ。
いやもう時間が経つのが遅いこと。遅いこと。
(つまらないゲームの証拠)

それがピシッと繋がったのが先制点。
ありゃ、ビューティホーwでした。
寺川から出たボールに前3人が奇麗に絡みました。

そうなのよ。
昨日は寺川が、少し下がり目なんだけど、
いいポジションに入りこむので、
寺川にボールが渡るとけっこうチャンス。
さらには相変わらずのダイナモぶりで、
自分で撃ったナイスシュートを掛川に止められて
そっからの相手の速攻をピューって追いかけて
また自分で防いだりしちゃってw
今日は寺川からだな。って密かに隣の席の女史と話してましたw

そんな寺川の活躍に負けじと素晴らしかったのが
2点目を決めた喜多のミドル。
普通そのコース・スピードありえないでしょ。

で、もっとありえないのが掛川くん。
前節より引き続きナイスセーブを連発してたと思ったら。。。
ご愁傷さまですw

まぁハッキリ言って、得点シーン以外は
それこそ18位と15位の対戦でしたな。
特に前半。

やっぱ18位には18位にいるだけのそれなりの理由があるわけで
んでエラそうに言っているマイチームも15位なわけで
やっぱりそれなりなんですわ。
たいした実力差があるわけでなく、試合を決したのは
結局、冒頭の一言ですわ。

ファビーニョの容態と次節千葉戦がごっつい不安。。。

manon_blog at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月06日

読書週間

8e4559f0.jpgこの本を読んでみました。







以前、前橋出張のおり時間が出来たので
前橋市敷島サッカー場で
草津のホームゲームを見れました。

その少し後に、この本の存在を知り、
紀伊国屋だのうんたら書店だの
探しまわっていたのですが、
見つからず、そうこうしているうちに
女王様が先に読まれたことを知り、
あせりまくって
(なぜあせる必要があるのか?は不明w)
結局amazonにて他2~3冊
(いずれもサカー本)とともに購入。

ようやく先日読み終えました。

感想文提出はまた後日w

あの日、敷島サッカー場で
『そうだ、草津に帰ろう』
の断幕をG裏に出していた彼。
彼自身もこの本を読んでいるんだろうなぁ。

今、どんな想いなんだろ。


manon_blog at 15:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

神戸戦前

kobe-member
まぁこうだろうな。
しかし、カンジョ。と書いてあると
『カノジョ?誰の彼女の話さ?』
と読んでしまう私は今、
幸せなのだろうか。。。。。









当然、前節とは全く逆の展開になるであろうことは
皆さん承知の助だね?

パベル監督自身も広言している。

ということは、浦和より現実ショボいウチなのであるから
前節の浦和サポの100倍も
ジリジリした想いを実感できるよ、きっと。

その時、スタジアムが嫌〜な空気にならなきゃいいけどね。
正直心配ってか、まず間違いなくなるだろうね。
ブーイングが起きるだろうね。
マイチームに対してのブーイング。やれやれ。。。だよ。

『強いチームになるには、もっと厳しい目で!』
はいはい。
どこで読んだのだか、んなこと。
ゲーム中にする必要無い。と私は思うけどね。

そうさせない為には早い時間の先制点だ。
エジミウソンにはかなりキツくマークしてくるだろうから
エジミウソンがサイドに引っ張って空いたスペースに
ファビーニョ・慎吾・幸治朗が突っ込む。
って感じだろうね。

やっぱこうなると、
リマの出場停止&船越アキレス腱、痛いねぇ。。。

manon_blog at 09:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年07月05日

雨中対戦

7d8f2095.jpgどうも納得がいかない。
1日おいてもスッキリしない。
このモヤッと感は
なんなのだろう?と。

←試合終了直後の私(うそ)







確かに新潟はマゾサッカーをしようとしていた。
エジミウソンを一人残し、見事に引きこもった。

それに対して浦和。
ショボい。実にショボい。
新潟の引きこもり方が上手く、
また新潟の選手一人ひとりに気迫が感じられた。。。
。。。ことを差し引いてもしょっぱかった。

本来の浦和なら、リーグ優勝を狙う浦和なら
やりようは他に如何様にでもあっただろうに。

リマ→幸治朗→エジミウソンの一矢は見事だったのだが。。。

そうか!ハーフタイムでのインタビュー、
反町の『してやったり!』のニヤケ顔を見たせいか?
(これで現場に行かなかったヘタレが書いていることがバレたな)
『してやったり!』を後半も続けられず、
逆転負けをくらったからか?

いや、それだけじゃない。
このモヤッと感の最大の原因は
マゾサッカーをしようとして
マゾサッカーにすらなっていなかったせいだ。

耐えて、耐えて、閃光一発!
ここぞの場面でパスミスが多く閃光が光るまでいかない。。。
耐えて、耐えての前に浦和の攻撃がショボい。。。

そうだ!雨のせいにしておこう!
スリッピーなピッチのせいにしておこう!
そして忘れてしまおう!w
きっと次はナイスゲーム見せてくれるさ!

しかし、明日の予報も雨だ。。。_| ̄|○

manon_blog at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟