2005年08月

2005年08月31日

橙昔十一

6fa4ea0f.jpg
モリゾーに似てない?w

ホントは
西郷隆盛だけど。


さてさて、
ビッグフラッグのことを書く前に
このことにも触れておこうか。



この辺から当事者がたくさんいるから、
指摘されるのが恐いんだけどねw

99'からその傾向はあったのだけれど。。。
00'開幕戦大宮でコールリーダーをやった北村が
『糞の会!!』と言い放ってやめてからは
もう正直言って『翼の会』はボロボロ。
つまり新潟のG裏はもうズタボロ。

そこへ救世主のようにw登場したのが『DEN』だったわけですよ。
DENと言っても、ビッグスワンでやった
DENvsENGのDENのことじゃないよ。

99'のシーズンオフなのか?
00'のシーズンオフだったか?忘れちゃったけど、
とにかくその頃、ユニゾンプラザの一室で、なにやら役に立たないw
応援会議みたいなのをM木くんが企画してくれててね。

いつもは、M木、北村、T杉1号と我々スタオレのメンバー+α
10名にも満たずwって感じの参加者で、
その役に立たない会議をしながらくっちゃべっていたのだけれども、
ある時ででで〜ん!と『DEN』のメンバー4人が出席してきたわけさ。

『DEN』の創設者のひとりモリゾーと、
まだ学生でくそ生意気なw、hama、190、ダーオカの4人。

そこで、モリゾーが力説してた
『俺たちの声を選手に届けたい!!』
って言葉が凄く印象に残ってる。

翼ともめる気なんてサラサラない。とにかく、
『俺たちの声を選手に届けたい!!』って。

そう、そうなんですよ。

北村が抜けてからの『翼の会』の応援と言ったら。。。
まるでピッチの選手の方を向いてないのね。
最後には試合の状況に関係なく、紙に書いてきた順番通り
チャントを繰り出す始末。

だからDENの奴らは純粋に
『声を届けたい!』と思ったんだろうね。

その頃のDENのメンバーと言えば前記の4名の他にも
皆さんご存知の浅妻氏やら、
G裏でこいつの名前を知らなきゃモグリだ!と言われたkumaさんや、
並び問題のリーダーになったダーリやらそうそうたるメンバー。
いわゆる今のG裏の基礎を築いた人々ですよ。

後に翼の会から、おーちゃん、G裏のMrナイチンゲールwみの〜君。
その頃、若手NO1活動家wのじゃるく君などが加わった。
けど、その頃には『ひとり1団体』ってことで、
『グループ組んでたって、しゃーないだろ』
とDENは解散してたと思うけどね。

翼から抜けるまでの間、上記3人は、2団体の間に入って
よく頑張っていたんだけれどね。
DENにもめる気がなくたって、これだけ考え方が違えば
どうしても両者の行動にはズレが出てしまう。
それを埋めようと頑張っていたのだけれどねぇ。。。

とにかくさ、もうハッキリ言って北村の言うように
『糞』なのさ、ホント、悪いけど。。。

私はその現場にいたからよく解るけど、おーちゃん達が決定的に
『翼』に愛想つかしたのは、どの試合の時だったか忘れたけど
こんな事があったのさ。

翼の会が陣取っているのはいつもバックスタンド寄りコーナー付近。
それに対してDENはG真裏で陣取っていた。

おーちゃん達3人が翼の幹部らしき人達に話かける。
『G真裏のDENの横に応援場所を移しましょうよ。
  今日は結構観客も入りそうだし。こんなコーナー付近ではなく
   DENと一緒になって応援しましょうよ』

それに対して翼さん幹部の回答
『この場所は会議で決めた場所だし、今日は会長も来てなくて
 会長の許可も得られないし、私の独断で場所を
 移動することは出来ない。場所を移動して何かあった時の
 責任も持てないし。。。』の一点張り。

おーちゃん達と一緒にその回答を聞いた私も唖然。
『場所を移動して応援するだけなのに何の責任だ?』
『会長の許可?お前、歳いくつだ?』
『仕事じゃねぇーーんだぞっ!』
心底その場にいて、私もそう思ったよ。

あとで聞いたところによるとその場所は
TV映りの良さも考えて決めた場所だそうな(これまた唖然)

つまり彼ら(翼幹部)の視線の先には、どこまで行っても
ピッチ上の選手たちなんて、いやしない。

視線が完全に明後日に向いていたんだよね、翼の会は。
ただし、これは北村が抜けて翼の会終焉の頃の話ね。
翼の会も最初の頃は違ったと思うよ。

『観客が盛り上がり、スタジアムが盛り上がれば
  それが選手を応援することになる』って。。。
無理だって、そんなの。
だってそう思わない?
チャントの好みなんて十人十色だし、
声張り上げて応援したい奴もいれば、張り上げたくない奴もいる。
だけど、皆何しにスタジアムへ来るのさ?
サッカー観に、サッカー応援しに来るんでしょ。
ってことさ。

それに気付いていた彼等(3人)は、もう翼にはいられない訳さ。

そしてこんなDENと翼の考え方の違いは
私のビッグフラッグの活動にも若干絡んでくることに
なったのだよ。その話はまた後日に。。。

manon_blog at 16:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Albirex新潟 

確認千葉

65ac75b8.jpg実はこいつ
好きなんだなぁwww

日本で最高に
品がなくて
くだらなくて

スワンのセンターサークルであの逆立ち、
ぶちかましてくれないかなwww


さて、千葉戦ですよ。

>しかし、同点に追いつかれた時、ゴール前にボールを運ばれた
>巻(?)のヘディング。アレ悔しいね。あそこで潰せれば。。。

>もし巻だとしたら、それまで萩村と直樹がほぼ完璧に
>押さえていただけに、とっても残念。
>(ビデオで要チェックだなw)

う〜ん、やはり巻であったか。。。
ま、しゃーないわな。

で、女王様のBBSで紹介されてた動画。
アレ見ると、林のオフサイド臭くね?とか思ったけど
ビデオ見るとオンサイドっぽいね。

オフサイドの判定ってば、やっぱ、見る位置で
だいぶ違うことを再認識。うん。

今後はその辺踏まえて文句たれることに汁!www

たださぁ、そのシーンの副審がDOROが言うように
『高橋』ってのがねぇ〜。。。

がっぺ、ムカつく。

manon_blog at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月30日

橙昔話十

dda33e7c.jpgさぁいよいよ
昔話も最終回。
だって、ほら、
女王様が心配して
下さっているように
この先続けると
タイトルが四文字じゃ
なくなっちゃうからネw

でオレンジ袋から↑写真のボードに変えて
応援し始めたのが確か00'シーズン。
コレが結構やっかいなブツでねぇ〜w

オレンジ袋なら、いざとなりゃ1~2人でも配って、
試合後のゴミとなった袋を回収するのを
ボランティアの人と一緒になってやれば、なんとかなった。

ところがこのボードは、配るのにもまず1~2人じゃ無理。
さらには回収して、どこかで保管しなければならない。
この保管はさすがに、クラブが自分達の備品を保管する為に
市陸の部屋を一室借りていたので、そこに置かせてもらうことに
後日なったけれども、それまでは、俺かおじゃるさんか涼さんの
クルマのトランクにいつも積みっぱなしの状態だった。

紙だから重たくてねぇ(苦笑)
駐車場からスタンドに上げるのも、毎試合ひと苦労さ。

それでも浦和戦の時なんざ上手くいったね。
上のチビの写真も(涼さんが撮ってくれたんだっけな?)
確かこの日に撮った写真。で、ご覧のようにガキほったらかしで、
ボード作業の方に集中していたので、父親に放ったらかされた
我が家の長男は見事、父親の俺に愛想を尽かしサッカーを
観に行くのが嫌いになりましたw

まぁこの頃がピークでね。あとはマンネリもあったし
メンバー間(私と約一名の間でだけだがw)の確執も
出て来たしね。。。

ホントは楽しんでやらなければいけないのに
なんかもう義務みたく感じてきてて、作業自体が苦痛なわけさ。
だいたい、袋やボード配って試合終わってから後片付けして、
そんなことが楽しい訳ないのよw
それに掲げた一瞬の奇麗な?wスタンドは自分達じゃぁ見れないし。

そして私の中で決定的となったのが
00'シーズンの最終節が終わった後、
シーズンオフの間、前記の市陸の部屋に保管してくれ。
ってクラブに頼んだら、『いつ部屋を空けてくれ』と
新潟市側から言われるか解らないから、預かれない。と言われたのを
(翌シーズンからはビッグスワンもいよいよ
  使い始めるしね。俺もそりゃそうだな。と思った)
メンバー達に伝えたのに、メンバーの約一名が
『んなこと言ってんじゃねぇよ、クラブ!』って
皆で強引に部屋へ持っていこうとしたのね。

その時、凄く感じたのさ。強引に部屋へ持って行こうとした
そいつの
『俺は自費を投じてまで応援してやってるんだ!
  (預かるくらいがなんなだよっ!)』って気持ち。
そいつのそういう気持ち。

『あ〜、こりゃもうこいつとは一緒に出来ないや』って思った。
これメンバー間の確執の方の理由ねw

だってさ、私は『応戦してやってるんだ』でも
『応援させてもらってるんだ』でもなく
そこにチームがあったから『応援してる』だけだもん。

皆もそうじゃない?
『応援したい』から『してる』だけでしょ?

そしてそこには各人それぞれの応援のスタイルがあるだけ。
こうやって袋配りたくなるバカもいれば
G裏で声張り上げながら応援するスタイルが好きなバカもいれば
メインでピッチのプレーを凝視しながら拍手したいバカも
みんな自分がそうしたいから、してるだけでしょ。
袋配りのことにしたって、クラブが『協力できるよ。』
と言ってきた部分に関して協力してもらっているだけ。
ただ、それだけのこと。


で、スタジアムオレンジ作戦についての限界を感じたのがこちらの時
もう01’シーズンに入ってますが。。。
(すみません、女王様。二度も無断で写真借りちゃってます。)

00'シーズンの終わりで前記のようなことがあったので、
01'シーズンは開幕当初からほとんどスタオレとしての
活動はしていなかったと思うんだけど、
大好きなアノ仙台戦wだ!ってんで、ボードは出来ないけど
俺ひとりでもオレンジ袋を配ったれ!
と思ったのさね。袋なら1~2人でも出来るからね。
結局3~4人は手伝ってくれたんだけど。。。

もうね、仙台はさ、な〜んもしなくたって、誰が言わなくたって
仙台イエローなんだよね。年寄りモンも若いモンも
自然にレプユ二来てる訳さ。マイチームの誇りと共に
当たり前に着てるわけ。
あげくの果てに、あいつら(仙台)G裏でなくバックスタンドに
陣取りやがってさぁ。

自然なイエローと作られたオレンジ。
このコントラストが見事に市陸の聖火台を挟んで
バックスタンドに展開されたわけさ。

もう決定的。ダメ押しのダメ押し。
先日鹿島戦の6、7点目みたいなもんw

『だめなんだよ!こんな風に無理矢理オレンジにしたって!』

。。。。。で、この日を境に俺は娑婆へ戻ったという訳だw

ただ、この時はもうビッグフラッグの話が進行しつつあったのさ。

その辺の話は次回をお楽しみに。
えっ、最終回だったんじゃないか?ってw
いいじゃん別に、続けたくなっただけなんだからw
それにコレは最初に書いた通り、
自分の記憶の整理の為に書いてるだけだからさ。

それをキミ達が『読ませて頂いてる』ってことをお忘れなくwww

manon_blog at 07:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月29日

鳴尾直軌

f1644c13.jpg たまには
スタジアムに早く
出かけてみるのも
いいもんだ。

↓石毛さんといい、
今回のエントリーの
鳴尾の挨拶といい。


昔と違って今は結構楽しめる。退屈しないね。

ただ、鳴尾の挨拶の前のビデオは正直
いい加減げんなりしつつあるのも事実。

むりやり感動話を持ってこなくともよいよ。
>アールビバンさん。。。

で、写真の彼の挨拶だ。
以前の記事で彼のサイン入りTシャツの件について
書いたことがあったが、ついに本人登場だ!

『誰ですか!僕がせっかく心を込めて書いたサインを!!(涙)』



。。。んな訳ない。

『新潟に育ててもらった、鳴尾です!』
多分に社交辞令が80%だろうが、グッときた。
『。。。帰ってきました!』
またグッときた。

新潟の選手のなかで私が一番最初にサインを書いてもらった彼。
磐田に移籍した際、淋しかったが、
移籍先での活躍を願った数少ない選手のうちの一人な彼。

これからは指導者という新たな道を歩むわけだが
彼の教え子がアルビレックスのトップの試合で
ビッグスワンのピッチを駆け回るのは
そう遠い未来の話ではないのかも知れない。

そうなりゃ、新潟サイコー!!だね。

その時を、楽しみに待ちたいと思う。

manon_blog at 14:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月28日

詰将棋的

b0428e59.jpg今回の敗因は
←こいつだ!
いや、負けてないけどw

四国アイランドリーグ
石毛宏典代表!





『元西武ライオンズの』と言った方が通りが良いかな。
お勉強にいらしたのでしょうかね?
ロイヤルボックスで試合前のかなり早い時間帯から
観戦されてましたよ。

さて、試合の方は非常になかみの濃い90+4分間でした。
凄く面白いナイスゲームでした。

ガンバ戦ではサイドを捨てた反町監督だったが
千葉戦では当然捨てられるわけが無く、3バックスタート。
中盤の構成力とテクニックに劣るウチは、
どうしてもその両サイドが押し込まれ、
慎吾、リマが低いポジショニングになり気味で
5バックに近くなっちゃってたね。

それでも前半を0-0で折り返せたことはデカかったよ。

『さぁどちらが先に、どんな手を打つ』と思っていたら
先に動いたのはオシムだった。
水野に代えて工藤。
結果的にはコレで慎吾が上がれる時間帯が増え、
新潟には良かったんじゃないかな?

昨日は皆頑張っていたし、素晴らしかったよ。
追いつかれて負けたような気分だったけど
清々しい気分でスタジアムを後にして呑みに行けたさwww

しかし、同点に追いつかれた時、ゴール前にボールを運ばれた
巻(?)のヘディング。アレ悔しいね。あそこで潰せれば。。。

もし巻だとしたら、それまで萩村と直樹がほぼ完璧に
押さえていただけに、とっても残念。
(ビデオで要チェックだなw)

ま、とにかくジェフ戦はいつも面白いよ。
意地でも残りたいね、J1にさ。

さぁ次はレッツゴー俊也だ。
負けんなよっ!きっちり勝て!!
勝って新潟に戻ってこいよ!

manon_blog at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月27日

女子大敗

nade我が社の
カメラマンから
未だ写真が送られて
こないので
取り急ぎ文章のみにて。




って言ってたらしょうもない写真が送られてきますた。
なんて言って実はその人の携帯借りて私自身が撮った写真でした。
幸子じゃなくてメンゴw

金払って指定席で見ましたが、
元、とれました。なでしこvsレディースw

正直言って『なでしこ」が、どないなモンやねん。
って思ってました。
TVから流れてくる映像はなにかまったりした感じで、
スピードも迫力も感じられなかったですからね。
駄菓子菓子(ちゃきんパクリ!)やっぱサカーは現場ですね。
『サカーはお茶の間のTVの中でやってんじゃねぇ!
  現場でやってんだ!』ですな(古ッwww)

ウチのレディースとの実力差が歴然なことも
ありましょうが、そのパススピード、迫力、
ともに私の想像をはるかに超えたものでした。

私が大ファンの生意気女・永里ちゃんwの
『これぞセンターフォワードNO9だぜぃ』のプレーぶり。
労を惜しまぬ梢ちゃんのサイドアタック。
そして後半、その梢ちゃんに変わって入った丸山の
スピードには口あんぐり。でした。
澤は相変わらずダダだしwww

とにかく非常に面白かった。

そして最後まで手を抜かずプレーしてくれた
『なでしこ』に感謝、感謝。

ウチのレディースにとっては何物にもかえがたい経験と
なったことでしょう。

自分に何が足りないのか?よく身に染みたと思います。
 (まぁ正直言って、フィジカル、テクニック、
   判断のスピード、それこそボールを受ける時の
    身体の入れ方まで、全てだと思いますがね。。。)
そして彼女達は今日闘った『なでしこ』のメンバーらがいる
リーグへ入ることを目指しているのですから、
今までと同じ日常を送っていたら無理なことに気づいたハズです。

そして、そのことに気づいてくれた彼女達は
きっと成し遂げてくれると期待しています。

それにしても、彼女達は幸せだなぁ。
2万人の観衆のなか、ビッグスワンで『なでしこ」の
本気プレーと対戦し、さらにはビッグフラッグに
ビッグジャージまで広げてもらった上にG裏からの大声援。

こんなこと通常のL2リーグのチームじゃありえませんよ。

最後に、今日の試合で『ふがない』なんて言っている人も
いるんですな。驚きました。

見えてない。
サカー見てないヤツがいかに新潟に多いのか、
解ろうというものです。
今日の試合は『ふがいない』んじゃなくて
『頑張ったが、実力差が歴然』ってことでしょう?

こりゃhamaの言う通り、新潟じゃソシオは無理ですね。
サカー見えてないソシオ大量発生で有能な監督が
そいつらのおかげでクビ。
なんて事態がホントに起こりえますね。

さて、ソシオがダメなら、どうやってこれ以上の資金を得るかね?
ビッグクラブへの道は果てしなく険しいなぁ。。。


manon_blog at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー | Albirex新潟

2005年08月25日

大敗鹿島

56b63e4b.jpg5点、
7点、
10得点、
運命の分かれ道
がっちり獲りまショウ!
。。。かよっ!
いとしこいしに怒られるっつ〜の!

確かに井原ほかALLの言うようにロスタイムの満男FKは痛かった。
しかし私がもっとイタかったのはその前の
例によっての直樹のポカですよ。羽田に負けんじゃねぇっーー!
必ずひと試合に1~2回ポカをやらかす彼だが
今回は得点どころか試合結果に直結しちまった。。。

ちやほやされてぇ〜んなら、頑張れよな!
おめぇは数少ない生え抜きでもあるんだからよ。

で、その満男アシストの得点でいい気分になった彼は
ごっつぅ気分よい状態でロスタイムのFK蹴れた。ってわけだよ。。。

あと4点目の新井場。
彼のゴールもびゅーちふーだったなぁ。。。
アレを鹿島G裏、生で見れたヤツは小便ちびったんじゃね?

結局この2・3・4点目がもの凄く効いたわけだ。
でも攻めて行った結果のコレだからむしろサッパリでしょ。

ほいで私、左サイドバックに菊地を入れた段階で
あきらめました、試合結果を。。。_| ̄|○

もうこれは菊地のボール扱いがどれほどなのかを
見る為だけの試合に汁!って。。。

しかし。。。磐田でレギュラー獲れないどころか
試合にもなかなか出れない二十歳の若造に
過度の期待かけざる得ないウチのチームって。。。どうよ?

ま、敗因は『ちゃきん』だ。
間違いなくあいつだw
あいつが行くとロクなことがありゃしねぇ。
もつ煮も売り切れだったらしいじゃねぇかwww
仕様が無いから名誉ある『敗因』はお前に譲るよ、ちゃきん。

で、大量失点の原因がトヤ。ってことでいいね?w

manon_blog at 08:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月24日

蹴球賭博

5bca331b.jpg昨日、外回りの途中
郵便局に寄り
初めて郵便局の
ATMを
使いました。


やっぱり郵政民営化、h。。。いやでもやっぱ。。。!!w
そうです、今日のMan on!は、今、日本中を揺るがす大問題
郵政民営化について。。。いや、ちっがーっう!
片山さつきの髪型がh。。。もっと、ちっがーーーっう!

え〜。。。m(_ _)m

そうです。タイトル通り、『toto』です。
ひょっとして皆さん、もう忘れましたか?
ええ、そうです。あの有名なロックバンd。。。m(_ _)m
お尻も奇麗に洗って欲しい。
の、日本で初めてあのシャワーt。。。m(_ _)m m(_ _)m

さぁみなさん、気を取り直してぇ〜。

27日発売開始、つまり22節(かな?)分から
totoがインターネットで買えるようになります。

昔、喜々としてtotoを購入していた私が
ここ1~2年、買わなくなったのは間違いなく発売場所が
あまりにも少ない。不便だ。という理由でした。
だって。。。弁当屋にtotoだけ買いに入っていけるか!
っつ〜のよ、まったく。

それがeバンクとやらに口座を開設すればネット購入が出来る。
と聞いて、早速手続きをした訳だ。

で、手続きの最後に届いたeバンクのキャッシュカードを
試しに郵便局のATMで使ってみた。という訳。

totoのネット購入についての詳しくはこちら
見て頂ければ解ると思うのだが、このeバンク口座を開設して
自分の口座へ入金する際、見事に私は間違ったw
注意点として少し皆さんにお伝えしておこう。
間違って入金したお金は無事、戻ってきたし、
今思えば私がせっかちでよく確認もせずに、
振り込んだことが悪いだけなのだがwww

まずeバンクに自分の口座を開設する。
すれば口座番号が与えられる(当然)
ここで自分のeバンクの口座に入金して初めてキャッシュカードが
作れたり、totoが購入できるようになるわけだが、
この一発目の入金の時
○○銀行○○支店の○○な口座番号に入金してくれ。
と書かれたカードがeバンクから送られてくる。

この入金する口座番号とeバンクの自分の口座番号は違うのだ。

これは送られて来たカードにしっかりと書いてあるのだが、
せっかちな私はちょちょらにしかカードを見ずに
ATMが『口座番号を入力してください』ときたので
迷わず自分のeバンクの口座番号を入力してしまった!
するとATM側が相手先を表示するが、そこに表示された文字は。。。
『カ)イーバンクギンコウ』の文字。
なんの疑いもなく確認OKのボタンを私は押した。

自分のeバンクの口座の入出金はネットですぐ確認できるので
見てみても、まてどくらせど、入金された形跡がない。
当たり前だw

ついに私はeバンクのカスタマーセンターに電話して
ようやく間違いに気づいた。というお粗末な結果。

しかし、私は言ったね。
『なんで、入金する口座番号と自分のeバンクの口座番号が
  違うや、ボケっ!!』
さらには金は返ってくるんかい?と聞いたら、
電話のおねえちゃんがあっさり一言(もうそりゃホントにあっさり)
『間違えて入金された方が返金を拒否されれば、だめですね』

その『言い方』に私はキレたね。
あまりに冷たい言い放ち方。確かに間違えたのは私だ。
間違えたあなたが悪いでしょ。と、せせら笑うような言い方。
(同じこと言うにも言い方って大事ですよ、
  >クレーム処理担当の皆さん)

『こういう間違い、他にもたくさんあるんじゃねぇの?
 間違いやすいシステム組んでるオタクには責任ねぇの?
 最後の確認の口座名にカ)イーバンクギンコウって
 出てんだぞ。オタクにも責任あるんじゃね〜の?
 あ〜?(語尾あげて)上のもん、出せや、ゴラァ!!』

そういうことで、もしeバンクに口座を開設して、
totoのネット購入をしようと考えている方がいましたら
上記の件に気をつけましょう。

そんな訳で無事ネット購入が出来るようになったのだから
残り試合はtoto買いますよぉ〜。
皆さんに会った時、やたら無口になっていたら
高額配当を当てた。と思ってください。
ええ、当たっても外れても誰にも言いませんからw

ただ、以前かなりの高額を当てた涼さんには
(その時は1等1億で涼さんはひとつ外しの2等でした。
 だいたい金額想像してみてください)
豪華な食事を奢っていただきましたので
その義理だけは果たそうかな?とw
でもなんで奢るのか涼さんにも
そして他の人にはぜってぇー言わないw

それとノミ屋でもやりますかな。
手数料は購入金額の10%でどうですか?みなさんwww

manon_blog at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年08月23日

罵固罵固

6bde3700.jpgメガホンのくだりで
思い出したことが
あったので
書く事に汁。。。






『なんとかメガホンを拍手に変えられないか』
00'~01'シーズンの頃、この問題は私達にとって
けっこうやっかいな問題だった。

おーちゃんの(その他多勢の)
『なぜ、メガホンではなく拍手なのか?
  理由を書いたビラを配ろう!』の号令のもと
私達は試合前のスタンドにビラを配ることにした。
各自それぞれで配るスタンドを分担し、
メガホンを持っている人めがけて
『すみません。これ、読んでみて頂けますか?』と
丁重にお渡ししていった。

すると、あ〜ら不思議。
まずほんとんどの人がそのビラを読んで、
やおらメガホンを、ごそごそとバックにしまってくれるのだ。

なんて素直な愛すべき新潟県人たち!!w

しかし!!私がビラ配りを担当したバックスタンドに。。。
コーチに引率されてきたであろうサカー少年団の一団が
私の目に飛び込んできたのだ。子供たちは皆、意気揚々として
メガホンを構え、選手が出てくるのを今か今かと待っている!

私は思わず、他のスタンドを見渡した。
G裏。。。メインスタンド。。。アウエーバックスタンド。。。
見ると、皆未だ頑張ってビラを配りながら
時には配った人に説明している仲間の姿が私の目に映る。

。。。

恐る恐る、引率のコーチらしき大人にビラを渡す。
『あの〜、すみませんがコレ読んでみてもらえますか?』
少年達はいぶかしそうにコーチの顔を見ている。。。
ひと時の静寂がその場を包む。。。

『はい、みんな。メガホンをしまいましょう!』
そのコーチは少年達に声をかけた。

しかし!次の瞬間、私のもっとも恐れていた事態に陥る。

『え〜、ダメなのぉ〜。。。』
『どうして〜。。。』

悲しそうな顔をした少年達の声が私に突き刺さる!

私はうまい言葉を少年達にかけられず、
その場を逃げ去るようにして立ち去ったwww

私は泣きたい気持ちになりながらwww近くにいた、
おーちゃんとみの〜君にこれこれ、然々なんだ。
と話した。すると、おーちゃんが一言
『がぁっはっは。俺、知ら〜ね!www』と
足早に立ち去っていってしまったw

私はあの時の少年の顔が忘れなれないwww

さて冒頭のイラストは、このビラ配りを私達がやめた後も
『メガホンはやめて、拍手にしよう』
と書いたプラカードを、お手製のプラカードを持って
試合前のスタンドをずっと歩いていた方のHPより
またも無断拝借m(_ _)mしたものだ。

その彼は何を隠そうkobaの親父だ。
オレンジ袋の際やいろいろな時に、
そっとwみんなを手伝ってくれていた。

件のプラカードを持っていると、わざと彼の目の前で
メガホンをこれ見よがしにバコバコ鳴らす輩も
たくさんいたそうな。
(ま、それも仕様がない。と彼は言っていた)

そんな風に色々なことを地道にやってきた人が、
スタジアムにはたくさんいる。
表には出て来ないが、そういう人がたくさんいる。
そして現在がある。ということをあらためて思い出した。

manon_blog at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月22日

橙昔番外

48751d4d.jpg来県したのが
いい機会だ。

忘れぬうちに
←彼のことも
書きとめておこう。






(写真は栃木にある彼の現在のお店である)
この男はおーちゃんとか目玉お化けとか、あーちゃん、などと
一般的には呼ばれているわけだが。。。

02'前後の彼のマスコミ露出度は、現在の浅妻氏に匹敵するほどの
ものであったので、その頃からのサポーターは、古町にあった彼の
お店に一度は足を運んだことがあるだろう。

私が彼に初めて会ったのは、先日の飲み会でhamaが
言うには99'らしい。hamaに指摘される位なのだから詳しい日時は
すでに忘却の彼方であるw

ただ日時は忘れさったが、そのシチュエーションは
今でも鮮明に覚えている。

その頃(どの頃だか解らんのだがwww)彼(おーちゃん)も
老舗に常駐していた。

ある日、
『(Albirexの選手)頑張れ!で、むしゃくしゃして
酒が飲みたくなったらウチの店に来てくれ!当然、金は要らん!』
みたいな書き込みがあった。

その頃の新潟といえば、Albirexやサカーを語り合いながら
一献傾ける。なんて場所はごく希にしか存在しておらず、
そんなお店を渇望していた私とTAKAさんは迷わず飛びついた。

とは言うものの、もし座って1万円とかだったら、どうしよう?
ぼったくりなお店だったりしないのかな?とか、
ネットで釣っているのかな?等、ネット初心者の私はビビリーでw
少しの間、実際には足を運ばす、ほったらかしていた。

するとTAKAさんから『特攻してきた』という報告が入る。
その報告によれば、サカーに詳しそうな若いにぃちゃんを一人使い
老舗に書き込んだ本人がオーナーでやっている
ショットバーだという。おっしゃ、それならビビリーな私でもOKだ。
私も行こう。とあいなったわけだ。

古町の雑居ビルの一角にその店『ベリー』はあった。
小汚いEVを降りると、これまた小汚い廊下の一番奥に
その店はひっそりと看板を掲げていた。

店内はお世辞にも奇麗とは言えない店だったw
まず驚いたことに、カウンター席の椅子が
まともな物がひとつもない。5~6個あったと思うのだが、
どれに座っても必ずどこかガタガタするw
さらには奥のテーブル席のソファは座るとどこぞが痒くなりそうな
深夜喫茶の雰囲気をかもし出している。

正直、失敗か?と思ったがw
それでもAlbirexを肴に酒を飲める店が
ようやくひとつ増えたことを喜び、何度か足を運んだ。
足を運ぶうちに、おーちゃんの人柄にも引かれ始めていた。

ベリーを閉め『GARTEN』を開店した時は、これがおーちゃんの店?
と驚くほど奇麗な店になり、同時にその頃新潟の盛り上がりも
上昇カーブを描いておりGARTENの早い時間帯は
Albirexサポーターで賑わうこととなったが
まず間違いなくその時間帯の収支は、
まるで儲かっていなかったことだろうw

そしてその頃の彼の活躍は、皆さんご存知の通りだ。

後日書く事になるであろうが、翼の会の会員であった彼は
翼の会とDENの間に立って、なんとか翼の会側を
説得しようと、みの〜君や、じゃるく君と共に奔走しており、
またメガホン撲滅運動や、彼によるアウェーバスツアーの敢行。
ガンセンターに置ける駐車場問題への取組み。
などなど。。。
ここにあげた表立った行動以外にも、
裏では数えきれないほどのチームへの貢献があった。

先日発売された浅妻氏プロデュースのサポCD。
このサポCD1枚目発売の際には著作権協会のシール貼という仕事が
あったのだが、それを皆で貼ったのも、
おーちゃんの店GARTENであった。
(このシール貼作業の際、浅妻Pは糞の役にも立たなかった、
 どころか皆の作業の邪魔になっていたことを付け加えておこうw
 人間、得手、不得手がホントーにあるもんだw)

さらにビッグフラッグ募金の際も、賛同してくれるお店には
募金缶を置かせて頂いたのだが、その金額が他のお店と比べて
GARTENは突出しており、最後まで涼さんのところと
激しいデッドヒートを繰広げたのだ。
サポマガのビッグフラッグのところにに書いてある
『お釣りを募金缶の上にわざわざあげて
   お客さんに渡すという作戦に。。。』
と言う店は、まさしくGARTENであったのだwww

先日久しぶりに来県してくれた彼に会い、
また4枚目のCDタイトル『GLAMOROUS』を思うにつけ、
このブログの最初のエントリーで書いた
『新潟の人には地元にチームがあることに麻痺して欲しくない』
と言う彼の言葉をあらためて噛み締めている今日この頃なわけだ。


数々の逸話を残したそんな彼も
今は故郷(栃木県今市市)で冒頭の写真のお店を
両親および弟さん夫婦とともに営んでいる。
何を食べても美味しい。これは保証する。

近くに行ったおり、訪ねてみるのも面白いと思う。
『新潟から来ました!』と彼に伝えれば
きっと目玉が落ちそうなくらいに目を丸くして
懐かしい頃の新潟の裏話をしてくれることだろう。


manon_blog at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

雷鳴豪雨

e6f631fd.jpg凄かったねぇ


テクニックで劣る
新潟にとっては
まさに
天の恵みだった。

とにかく、全ての事が上手く作用した。

十日町でのミニ・キャンプの成果。
そして菊地効果。
センターライン(ボランチ、CB)の選手が
見事に目をひんむいてくれた。
桑原&勲は代表で少しお疲れ気味のガチャピンを
見事に押さえてくれたよ。
でもたった10分間であれだけアピールする菊地は
やはり、かなりやりそうだぞ。頑張れよ、特に勲w

直樹、萩村のコンビ、今期最高だったんじゃない?
とくに直樹はデフォなポカwwwを1~2回やらかしたけど
それ以外は素晴らしかったです、ハイ。
やれば出来るんだから、やってくださいw

さらに試合直前に起こったキャップ移籍ショック。
これまた皆のベクトルが『やらなければ!』の方向に
向いてくれたよ。

そして上記の当日の『天の恵み』だ。

現実的なところを言えば
2点目のエジのゴールは凄かった!
それまで前線で孤立して、大した出番のなかった彼は
ここ一番で見事に結果を出してくれた。

さらには畳み掛けての3点目。
現場ではオウンゴールのアナウンス。
記録ではエジのゴールになったようだが、
あの得点後の『リマ・コール』が正しい!www
素晴らしいCKだった。

この素晴らしい2点目から3点目の一連の流れが
一番の勝因じゃないかな。

とは言っても桑原。
リーグ初得点おめでとう!w

manon_blog at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月19日

伝説の男

de61d618.jpg伝説の男〜♪伝説の男〜♪

と言っても、はなわではないし
はなわの歌うガッツでもない。




いずれは『橙昔話』に登場させねば。と思っていた
ガッツよりも少しだけ(そりゃもうほんの少しだ)
イケ面の伝説のサポーターbyBSNwwwが
久しぶりに新潟へ(帰って)来た。

飲んだ。歌った。投げた(ダーツを)。突いた(ビリヤードを)。

相変わらず彼の目玉は飛び出して落ちそうなほどであったが
楽しかった。
Albirexのことなど、これっぽっちも喋らなかったが
(ウソ。少しは話したw)楽しかった。

昨日(今日か)別れたのは2:00amを過ぎていた。

大事な契約をする為に6:50amの新幹線で東京へ向かう。
と言っていた190とhamaは無事新幹線に乗ったのだろうか?

いずるは今日も婆ちゃんを抱きかかえることが出来るのか?

それでも来ずにはいられなかった。
目玉お化けに会うために。

そういうもんだ。


manon_blog at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月18日

橙昔話九

d9fcf9a5.jpgいくらその頃が
サイン貰い放題
とは言っても
行ったその日に
なるべく多くの
選手からサインを
貰おうとするのは
難儀なことだった。

そんな時、力を発揮してくれたのが写真の彼。
後輩。それこそ同じ高校でも別世界の彼だが
後輩は後輩www

練習が終わる。頃合いを見て彼が選手に説明してくれる。
練習が終わればすぐ帰りたがる選手もいたのだが
この手順でいくと結構すぐ帰りたがる選手でも
残っていてくれたりして、凄くありがたかった。
サインしてくれる選手もそれを段取りしてくれる彼もね。
感謝。感謝。

とにかくこの99'〜00'シーズンはなんかもう
『バックスタンドを盛り上げるんだ』とか
『少しでもオレンジの物、身につけて来てくれないかな』
『観客を増やさなっきゃ』みたいな脅迫観念にかられて
突っ走ってましたな。。。今思えばアホか。って感じw

でもさ、全部メンバーの誰かの自費なんだぜ。

『選手が何かスタンドに投げ込んでくれると嬉しいよね』
ってことで、いわゆるコンニャクボールとか自費で買って
それにまたサイン貰いに行ったり、めりのさんなんかは
お手製のオレンジと青のリストバンドを何個
作ってくれたんだが解らないくらい作ってくれたり。

で、クラブに渡して、
『これ、選手にスタンドへ投げ込んでもらって!』って。
KOBAの持ってる鳴尾のサインボールってコレだろ?

またある時は
『オレンジを身につけてスタジアム(バックスタンド)に
 来た人には抽選で粗品を進呈!』なんつ〜って
今でいうサンクスデイもどきのことまで
いちファンである俺たちが企画したりしてさ。

で、その粗品も全て自腹。
色んな人がいろいろな品を持ち寄ってくれて。
猫サポさんの、下手なカメラマンが泣いて逃げ出すくらい
かっちょいい選手の写真とか件のAlbirexビールとかねw

YAZAWAをもじってKIZAWAなんてロゴ作って
(これまたビールに同じくムーの作品)
Tシャツ作った時もあったなぁ。。。

ツオイスさんなんか試合前にバックスタンドで
マジックショーを開催したこともあったなw
(彼のマジックの腕前は凄いんだ!)

00’シーズンには、今度はおじゃるさんが自費で
ボードを買って、袋ではなくボードでバックスタンドに
オレンジと青のストライプ作ったりして。
いわゆる鹿島戦の時やったモザイクパネルの
初期の初期だよね。

ついにはオレンジマンまで登場してしまったw

たださぁ、これらの事やっていくうちに
やっぱり俺としては『なんだかなぁ。。。』って
感じがし始めてきたのも事実。

いわゆるグループ組んでるミュージシャンが
『解散します。理由?音楽感が違ってきました』
ってヤツよw

その辺の話は次回にしませうかね。


manon_blog at 12:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Albirex新潟 

親善試合

f39955af.jpg





最終予選。っつ〜てもねぇ。。。

私の中では昨日の試合は含まれません、ハイ。
楽しませんてくれればOKな親善試合。ってことに汁!

で、楽しませてくれたのでOK。
(イランがあんなじゃね。楽しさ30%引きだが)
さらにはしっかり勝って1位通過だし。

おらおらおら、ジーコ解任派、出てきやがれw
サカージャーナリストでは誰がいたっけ?
あたしゃ、竹を割ったような性格でなくて
納豆におくら混ぜた性格だからね。ネチネチだよw

ま、いいか。

とにかく190。でなくてぇ〜、今野。
あの時間に交代。って自分の役割しっかり解ってます。
ガチャピンも福西も好きですが、今野もいいです。
早く追いつき、追い越しましょう!

で、菊池くん。
まずは今野においつくように!頑張りましょう!

manon_blog at 08:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0) サッカー 

2005年08月17日

主将移籍

a136c28e.jpg










20日に彼のチャントとコールで送り出してやりたい。

。。。だぁあ〜(お決まり通り語尾あげて)


ジャニーズ事務所のアイドルじゃねぇっつーーの!!

もし、そんなことしちまうクラブだったり
彼だったとしたら、少なくとも彼の今後の活躍は
他の移籍した選手と同様に願わなくなっちまうな、俺。

来る者拒まず、去る者追わず。

の私にとって
移籍先での活躍を願う数少ない選手の一人なんだから、
アホなことせんでくれ、頼むから!

クラブの職員だって暇じゃねぇんだぞ!

老舗のバカ共!!

manon_blog at 16:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月12日

偏愛来襲

4838c52c.jpgえ〜っと。。。
ちゃきんのトコから
飛んできた皆様。

お疲れさまです。





(↑無断転載。許しておけ、ちゃきん)

なにやら昨日から、アクセス数が異常だったので
『うぎゃっ、祭り開始か?
  それともサイパー攻撃か?(んな訳ない)』
と思ったら、ちゃきんが晒していやがった。

う〜ん、恐るべし『偏愛』恐るべし『ちゃきん』

ちゃきんが何故にこんな辺境の地を晒したのか?
ちゃきんの本意が読めぬのだが、
いずれにしてもこれだけは言っておこう。

ここは、たんなるジジイの自慢話のブログですから!
ちゃきんのトコみたく面白いネタ話は全然ありませんから!

残念!

おやすみアルビ斬りいぃぃ!

飛んできた皆の衆。そういうところ。
ってことで、よろ。

manon_blog at 11:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Albirex新潟 

橙昔話八

d71f3e1e.jpgとっても
貴重な木澤の
サイン入り
ゴミ袋w
(涼さん所有品)
木澤は機嫌
良くないと
サインくれないので
有名だったからねw



オレンジな袋を配る。と決まった時、
一応クラブには話を通しておいた方がいいわな。
ってことでC氏のところに行った。

実はこのC氏。高校の先輩。私が1年の時、彼が3年。
私は1年の途中からサカー部に入部したので
私が入った時には彼はもう引退していて、
おなじグランドで一緒に蹴ったことはないんだけれどね。

それでも『後輩だ』と言うと何か通じるものがあって
気軽に相談に行けた。こう考えると学閥は重要だねw
(後日もう一度学閥のありがたさを汁こととなる)

で彼に、袋配るけど『注意点は?』って聞くと
『くれぐれもスタジアム外で捨てられることがないように。』
と言われた。当たり前だね。

でさ、配った時に、そのことは当然注意事項として
スタンドの皆にお願いしたんだけれど、
ホントそのころの観に来ていた新潟の人って、
いい人ばっか。っていうか。。。
言われたまま動くってか。。。w

一応配った毎試合後にメンバー全員で市陸の周り回って
点検したんだけど、まず落ちてないのさ。
一枚も。

ただスタジムのベンチシートの下に
押し込んで帰って行く人は多かったけどw
これは仕様がないよね。

欲しくもない袋配られて、絶対に持って帰れ!
そして自宅に帰ってから捨てろ!
ってのがどだい無理な話。

配っていても、すごく皆、協力的でさ。
新潟の人って純朴な人が多いんだなぁ。って
その時、改めて思ったよ。

それともうひとつC氏に言われたことが
『翼の会には気をつけてくれ』だってさw

『とにかくスタジアムでの応援は自分達が全て仕切っている。
 という感じなので、スジは通してくれ』と。
なんだよ、翼の会って、893なのかよっ!w

したら射手座さんが『俺、翼の会の会員だった!w』ってwww
んで、射手座さんから一応翼の会へ連絡しておいてもらったのさ。

もめる気なんてこっちにはサラサラないから、
逆にもめてたら逆効果になっちまうしね。
この辺はうちらのメンバーは年齢層が高い奴が
集まっていたおかげだね。
『ま、言われた通りスジは通して最初は下手で逝こう』ってw

で、射手座さんに翼の会側に連絡してもらって、当日試合前に、
その頃のコールリーダーのM氏と太鼓な北村と、
翼の会メンバー二人に会って打ち合わせたンだけれど、
C氏が言うみたいな雰囲気全然ないわけよ。
それどころか、とってもフレンドリーw
『なに言ってんだ?C氏』みたいに思ったのな、実際。

北村なんかはもうさ、
『あそこまで袋がきて、そっからこうタスキかけて』
なぁ〜んて、とっても楽しそうに話してた印象もあるし。
(違うか?北村?w)
M氏もこちらの話聞きながら
『うん、うん。それじゃお互い頑張りましょ』
みたいな感じでさ。

なんだよ、全然違うじゃん!って。。。

結局、C氏がそう感じるところって
クラブ側にも多大な原因があってさ
(ブランカーサとアライアンス合体の時の件とか)
そんで翼の会な約1名さんが強烈だっただけの話で
この約1名様が『俺たちゃ応援してやってるんだ』
ってなスタンスなもんで、後々困ったちゃんになることは
事実なんだけどね。
でも、そうなっちゃった。ってことには
クラブ側の責任も大よ。ってことなのさ。きっと。

具体的な事柄については、北村に譲るけどねw

でさ、札幌戦で配り始めて何試合か経験して、
バックスタンドの多くの人が協力的だと、
こっちもただ配るだけでなく、
『配った袋を大事にしてもらいたいね』とか
『バックスタンドの観客が増えて欲しいな』みたいな
変な勘違いな欲が私達に出てきたわけさ。

で、冒頭の写真みたく、
『そうだ!袋に選手のサイン書いてもらったら、なじだ?』
『そうすれば、簡単に袋捨てねぇべ!』
になったわけだ。

と、今日はここまで。また、明日。。。ってか
お盆休みに入りますw

manon_blog at 08:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月11日

橙昔話七

9f17626b.jpg鳴尾がサイン
してくれてる
証拠写真が
←こちらw

この頃は県スポ
行けばサインは
貰い放題。







さて99'。
J2リーグが開幕した。
なんと大方の予想を裏切りチームは開幕7連勝!
確かJ2が開幕した頃からこのオレンジ袋な話を
掲示板上でやり始めていたので、話はどんどん
盛り上がっていった。

涼さんのところで知り合った、
私と同じく北信越リーグ時代から
アルビを見ていたというTAKAさんと組んで、
涼さんのところの他の子をアルビにハメようと
企てたら、当日おまけで観に来た涼さんが
見事に木澤にハマったw

で、この二人(TAKA、涼)とも、
オレンジ袋な話にも無理矢理巻き込んだ。

ツオイスさんとは袋を購入することになる前に
一度仙台スタジアムで会っていた。
ちなみに、この時初めてhamaとみわさんに会った記憶もある。
サウロがゴール前でフェイクフェイク!
『お前もう完全に相手を振り切ってるやん!早く打て!』
のゴールを決め0−3で勝った試合だ。覚えてる?hama。

その後実際に、ツオイスさんがオレンジ袋のサンプルを
おじゃるさんに送って、それを見て確認するために
選手の貯まり場的になっている居酒屋をおじゃるさんが
知っているというので、百貨さかい(ローカルだw)の前で
俺、涼さん、おじゃるさんの3人で待ち合わせて会った。

おじゃるさんは、ずっと以前にツオイスさんと
市陸で既に顔合わせ済みだったらしい。

けれど、これ以外の主なるメンバー、
射手座さん、kobaくん、他何人かは
掲示板上での付き合いのみ。
当日初めて顔を会わせることとなる。

ドキドキもんだった。
オタクちっくな奴だったら、どうしよう。
知らんフリして逃げようかな?とか思ってw

ところが逃げられなかった事実があった。
オレンジな袋自体をツオイスさんが
あのタイヤがたくさんあることで有名なw
私の自宅の車庫に送ってきていたからだ。

私以外にはTAKAさんとおじゃるさんのところにも
そのオレンジな袋は送られてきていたが、
初めて配る日の分は確か私が持っていくことに
なっていたのだ。

つまり私は逃げられないのだ。
どんなオタクちっくな奴が来ようとも。。。

当日、バックスタンド側のゲート下で顔を
会わせると幸いオタクちっくな奴はいなかったよ。
でも、ある意味、みんなオタクだったw
射手座さんが開口一番
『なんだ、全然ジジイじゃないじゃないですか!」
当たり前だ!ジジイになってこんなことしてたら
それこそブッキーなジジイじゃん(と思ったw)

kobaくんは、kobaくんより、kobaくんの
親父の方が俺らと歳が近かったw

それまで一度も掲示板での話し合いに
参加してこなかったロムラーな
なべちゃんが当日、突然参加してくれた。

これはある意味、俺的に凄く心強かった。
『あぁ、掲示板を見て、あえて書き込んでは
  こないけど、このオレンジな袋の話に
   賛成してくれてる奴もいるんだなぁ』
ってことを実感させてくれた。

で、初めて配ったのが確か新潟祭りの日の札幌戦
(だったと思うが定かではないw)
オレンジな袋を持ってバックスタンドに
上がってから以降のことは、もうなぁ〜んも覚えてません。
配った時の反応とか試合の結果とかwww

ただ暑い日だったのだけは覚えてます。

そりゃそうだ。新潟祭りの日と言えば8月。
当然暑いに決まってるべw

さてさて、ついに配り始めちゃったよ。
ってことで、これ以降のことはまた違う日に。。。


manon_blog at 07:48|PermalinkComments(5)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月10日

橙昔話六

22844986.jpgさて、いよいよ
←この時代の
裏話などを
ハマいち
ますか。
おっと、
ハジメ
ますか。だw


(写真右下にうっすら見えるのは、それこそ鳴尾のサインw)


と言ってもたいした裏話などないのだが。。。

98'JFLシーズンの終了後、私はPCを購入し
インターネットとやらに繋げることが可能になった。
あの頃は未だ今のように常時接続なんて夢のまた夢で
接続時に『ぴーヒョロヒョロがーーー』なんて
バブルガンのイントロダクションみたいな音がしてw
私を未知なる世界に運んで逝ってくれた。

エロ画像もたくさん見たなぁwww
だからあの接続の時の音がすると何やら淫靡な世界に
連れて逝ってくれるようなドキドキ感を感じたなぁw

あの頃アルビ系BBSで主だったところと言えば
老舗か、みわさんのnijiraneかな。
実は老舗の管理人さんは私の友人の兄貴。
そんなこともあって老舗に常駐。

99'に入って、あの頃仕事そっちのけでw
老舗に常駐していたメンバーが
ツオイス、おじゃる、射手座、koba(敬称略)
それと俺。

確かこの5人で
『スタジアムを(チームカラーの)オレンジにしたいね』
なんてことを書き込んでた。

その頃、新潟でレプリカ着てる奴なんて北村とkumaさん位。
(うそwwwもう少しいたけど)
とにかくスタジアム自体ガラガラで
試合を見に来てくれるだけでありがたく、
スタンドをチームカラーで染めるなんてどだい無理な話。
と私は思っていたから単純に
『オレンジなスタジム見たいな!』って思ったわけさ。

じゃぁ何で染める?って話で色々と案が
出た気がするけど、どんな案があったか忘れた。
とにかく代表が青のビニール袋使ったのパクって
オレンジのビニール袋にするか。ってことになった。

97'のW杯最終予選でアウェーへ応援に行ったサポーターが
それぞれ青いビニール袋持って応援することで
少しでもスタンドに青を増やして
人数を多く見せることによって選手達を元気づけよう!
って朝日がどこかで言ってたの思い出してさ。

『お、こりゃ、いいじゃん。それでいってみよう!』
って思ったんだよ、確か。

『おし、じゃぁオレンジなビニール袋』と探し始めたら
これがもうどこにも無くてさw
特注して作るしかない。。。えっ、金かかるじゃん。

そこで姑息な私はどうしたか?って言うと。。。
まず、クラブのC氏に会いに行ったわけさ。
『こんなこと考えてるけど、どう?』って。
C氏「そりゃ、いいじゃん」ってな話になるわなw
そこで私は言う訳さ。
『ところがオレンジ色の袋は別注で頼まにゃならん。
 袋に会社のロゴ印刷するから、スポンサー探そうよ!』ってw
結局のところ人任せ。
案だけ出して、それを遠くから眺めていよう。って魂胆w

C氏からは当たり前『そりゃNG。無理。見つかんない』の即答。
ありゃやっぱ無理かぁ。。。なんて思ってたのさ。

したっけなんとツオイスが
『俺が自費で購入したる!』って言い出した訳さ。
総額十数万だぜ!!
マジかよ!って思ったと同時に、
『こりゃ逃げらんねぇじゃんw』って腹くくったさ。

老舗な意見らしく、
言うだけ言って後は誰か頼むさ。的に考えていたのにね。
こう考えるとコレは老舗の住民の伝統なんだねwww

ところがツオイスのおかげで
『やるしかねぇ!』になっちゃった訳よ。

余談だけど、このツオイスって彼は
フリューゲル応援してたら、クラブ潰れて
地元福島FCを応援し始めたら、これまた潰れてw
で、福島FCの監督してたのが永井さん。ってことで
JFLシーズンから新潟の監督やり始めたのが
永井さんってこともあって新潟を応援してくれてたんだけど
『なんか縁起悪くね?二度あることは三度ある。って言うし』
とか、俺に、からかわれていたのさねw

でも結果は、今の新潟見れば
『三度目の正直』ってことになったわけですよ。

さぁオレンジ色の袋は福島在住のツオイスが購入用意する。
じゃ地元の俺たちゃぁ何すんだ?

ってことで、続きはまた後日。。。


manon_blog at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月09日

橙昔話五

58ab73ec.jpg←この写真は
本文と全く
関係ございませんw

でも、
よく出来てるでしょ。
スタオレな頃
メンバーの一人が
遊びで作った。

こんなビールが出来たらいいなぁ。。。ってね。
今は実際にサッポロさんが出してくれたけどね。

さて本題。
JFLが開幕しました。開幕戦は川崎フロンターレ。
で、確かホーム開幕が市陸で対瓦斯(だっけ?)
1万入ったんだよね、市陸で。

この頃の私と言えば、メインスタンドの
シーパスだったからそれこそキックオフ5分前とかに
着席できるタイミングで競技場に行ってた。
この日もそんな感じで家を出たら、
自宅近くの裏道で対向車と擦っちゃってさぁw
もう時間ないから、
『急いでるから、そっちで勝手に
処理してくれ。あとで交番行くからさ』
とか言って相手に免許証見せて、逃げてきちゃったw
で、試合終わってから交番に行ったんだよなぁ。。。
あとにも先にも自分に非があって事故ったのって
コレ1回だからよく覚えているwww

話がそれちゃいましたwアルビでしたねwww

私的には、もうとにかくこのシーズンは、
なんでもいい。とw
JFLには無事上がれたし、あとは来年、J2を待つだけ。
みたいな心境で悲壮感0の試合を
思う存分楽しんでた記憶があるなぁ。。。

で試合内容は全然覚えてないwww

このシーズン、一番鮮明に覚えているのは。。。
ゴール裏にあらたな団体が出来て開幕当初
分裂応援していたことかな?

ずぅぅぅぅと後になって
その名前とか知ったわけだけど。。。

チーム創設当初から、ずっとサポートしてきた
ブランカーサとは別にアライアンス。
っていう団体が出来て、G裏のバックスタンドよりの
コーナーで応援を始めた。

私のその頃の感想を正直に言おう!
ブランカーサはG裏正面でマジに選手を
サポートするのが目的。って感じ。
チャントも新潟のオリジナリティ溢れるものが多く、
とにかく頑張っている。って感じなんだけど。。。
とにかくダサい!!www
もう、とっても近寄りがたくダサい!!www

対するアライアンス。
こいつら結構ハジけてて、使うチャントも
代表のパクリとか耳になじみやすくて
ブランカーサよりは少し洗練されたイメージを
かもし出しているのだけれど、なんにせよ、
『自分達が楽しんじゃぉぉぉーー』的色合いが
強すぎてチームをサポートすることより
自分達が楽しむことが先んじてる感じがした。
ゴールが決まると回りに水撒いたり、紙吹雪撒いたり。
その頃の新潟ってば静かに見ている人が
圧倒的に多くてちょっとケムたがれたのも事実。

こう書くとさ。
『じゃ、足して2で割りゃ丁度いいじゃん』
って誰でも思うよね。
そうなのさ。
事実、足して2で割ったのさ。
したっけ、『翼の会』が出来ちゃったのさ。

いやね、『翼の会』だって最初のうちは良かったよ。
末期の頃をのぞけばね。

それはまた後日の話www

manon_blog at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月08日

戦後日本

c0f90717.jpg
ヤンキー座りして、
こちらにガン
たらしてるwのが
彼だ。


古い写真だ。
場所は県スポ。
アルビレスタに
グランドを追い出されるw
直前の写真だ。




あの頃は木澤と肩を並べるほどの人気選手だった。
2度あった対浦和のホーム戦で、
どちらの試合でもハットトリックを決めた彼は
間違いなくスター選手だった。

しかしその頃はサインもらい放題だった。

だから、とりあえず、サインもらったのか?
欲しくもないサインだったのか?

そのサイン入りTシャツを今、オークションに出す。
売れないからといって某掲示板に書き込む。

神経を疑う。
怒りを通りこして、淋しい。

こんな日本になっちまった。。。


manon_blog at 13:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) Albirex新潟 

生泡美味

私にとって意義の見いだせない大会が終了すますた。
最終戦、女子は6日の土曜日に。
男子は昨晩の7日、それぞれ終了すますた。

2戦とも0-0のドローな『なでしこ』。。。
う〜ん、頑張れっ!!
ってことで、8/6は『なでしこ』行ってきました!!













06cee9a3.jpg









あ、いや。。。
生ビールが、すんげぇ美味かったッスwww
本家の『なでしこ』が頑張っている時間、
美味い料理に舌鼓打ってたッス。失礼m(_ _)m

8/6はam球蹴り。
nishiさんが日記に少し載せてくれてます。

あんな小さな写真でもわかるほどの
あまりにアルシンドな私の頭に涙です。。。
2分でも楽しかったw

で夕方から、私がホペイロでw混ぜてもらっているチームが
以前出場した大会で優勝した祝賀会とamのビッグスワンの
打ち上げかねた形で件の店へ行った。という訳でした。
韓国なんて行くわけありませんw

さて今日はめずらしく最後に重い話します。
その8/6はエノラゲイから悪魔が広島に落とされた日です。
前日からTVでも特番が組まれてました。

筑紫は嫌いなのですが、今回の番組は良かった。。。
けれども、こんな風にも想いました。。。

悲惨さを語りつぐのも当然重要ですが
悲惨さばかりを語りつぎ、その悲惨さの中で
その方々が何を想い生き、闘ってきたのか?
そのことに想いをはせ、考え、その精神。
日本人たる精神を語り継ぐことがあまりにも
ないがしろにされている。と思います。

それはまず間違いなくこの国の未来であり
そしてこの国で暮らしてゆく
自分たちの肉親、家族であったに違いありません。

なにも戦争賛成なんて言うわけじゃありません。
いや絶対に反対なのは当たり前です。

しかし先人のその想いをないがしろにしてきた今、
日本はどこへ向かっているのでしょう?

今一度考えるべき時が来ているのかも知れません。

manon_blog at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

2005年08月05日

橙昔話四

1aba3a88.jpg自国へ帰って
連絡がつかない。


別にこの人の
専売特許ではない。

新潟にもいたのだ!




イグナーーース!!(確かコンゴ人)

しかし、理由が、もンの凄い。
家族の具合が云々とか言って嘘ついて
どこぞの金持国のチームと裏交渉なんぞしていた
写真の我がまま坊やとは訳が違う!

理由。。。。。。『内戦の為』!!

どうだ!まいったか!平和ボケした日本人ども!

もう、なぁ〜んも言えません。。。
誰も文句言えまへん。
ただただ、無事を祈ってましたよw
いや、笑い事じゃなく。

だってさ、ロメロとかマースとかマイケルとか。
それまでも印象に残っている外国人プレイヤーは
何人かいたのだけれども。。。
イグナスはちょっと私の中では別格。
とにかく、帰ってきて欲しい。
新潟でプレーをして欲しい。
そう思わせるプレイヤーでした。

もうね、ボールを持つ間合いが全然違う。
ヴェルディとのPSMではハーフウエイ付近から
DF二人引きずって突進。
見事ゴールを決めた時には、ぶったまげた。とにかく。

あと北信越〜JFL時代で
印象に残っている選手としては。。。

今の強化部長。神田せんせいの弟。
名前忘れたけど、彼も上手かった。
新潟でサッカーやってて神田三兄弟を知らなければ
『もぐりだ。』と言われたけど、ホントだね。
確か木澤の来るずっと前の右サイドだったと
思うけど、彼が上がって行くとチャンスになった。

それと現在コーチの平岡さんとか、やっぱ別格だったね。
彼はエスパルスの黄金時代を支えた一人だった。
新潟で初めてロングスローを投げられた選手で
平岡がスローインする度に
『平岡っっっ!頼むぞぉぉ!』って大声あげる奴がいて
私は
『なんじゃそりゃwスロー受ける側の
  FW杉山頑張れ!じゃないんかい!』
って毎度突っ込み入れてましたw

それと忘れちゃいけない、新潟のドゥンガ
日本リーグ時代最後の新人王、古俣さんですな。
新潟工業出身者でジュビロの前身、ヤマハ発動機から
やはりJFLに昇格する上で彼が新潟に
帰ってきてくれたことはデカかった。
チームがダラけた試合してると
猛然のスライディングタックルにいって
チームメイトの目を覚まさせる。
なんて感じでした。

最後に今も甲府で頑張っている水越くん。
彼は小さいけど汗かき君で人気者でしたね。
木澤が来たことによってプレイエリアがかぶって
退団せざるえなかったけど、好きな選手の一人でした。

うわ、長くなっちゃったね。
まとまりのない文章になっちゃった。

あとは思い出した時に書く事に汁ね。
それで、ばいなら。

manon_blog at 09:54|PermalinkComments(6)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月04日

東亜日報

9a3dd994.jpg
昨日は
男子、女子とも
試合があったので
この題名に
しましたよw
>新字・滑り



で↑こりゃやっぱ可愛そうだろ>桃w
あまりにキツイのでボカしておきました。

さて、電車ジャックならぬ、さんたけジャックを行い
各方面より『しゃぶしゃぶ食べないなんて信じらんない!』
『そこに参加してない人のボトル
 勝手に飲むなんてモラル疑う!』
『8号線を歩いて来ようなんて恥知らずもいいとこ!』等
愚行を行い、アルビサポ風紀委員会から
『アルビサポの誇りを傷つけられた!』
『さんたけの親父と白根市民、我々サポに謝罪しろ!』
などの声が。。。。どこからも上がっていません。

そんな淋しい夜を過ごした翌日、東亜細亜の試合がありました。

この時期の、この大会開催の意義が見いだせない私にとっては
とりあえず楽しませてくれればなんでもいいです。

ですから終盤の横パスFCには、少しげんなり。
民放の実況陣には激しくげんなり。
ゲストの元代表の女。気持ちは解ります。
が、しかし、公共の電波です。それも全国放送。
もちっと自覚しましょう。

でも11人総とっかえはスカッとしたね。

え〜サントスはですね。。。
『ピッチ上でも通訳が必要だから出している。』
ということを、さんたけジャックに参加した
某スジ者の方wから教えていただきましたので
私納得しましたwww

試合内容は割愛。
相変わらず、なでしこは拍手もんだったし、
男子は11人総とっかえらしく先制され
11人総とっかえらしく後半頑張っておいつきました。

あっ、それと話変わるけど、ひとつ提案。
Lリーグもこれから益々盛り上がってもらわねばいかん。
ってことで、選手のキャプション出す際には
所属チームも入れましょうや、某左翼民放さん。
『負けられない。。。云々』
なんて、くだらないコピーつけてないでさ。

manon_blog at 08:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) サッカー 

2005年08月03日

橙昔話三

d2312229.jpgえ〜。
既に面倒臭く
なってきたんですがw


北信越時代の応援風景などを
少し。。。
ええ、東亜日報ではありませんw

ハイ、そこ、北村。
突っ込もうと思って、舌なめずりしないw

そう北村はまさしくあの頃の応援風景の当事者。
うかつなことは書けんのよw

だいたい、あの頃の私は前記の通り
応援にはさっぱり興味なし。
だから書きたくたって書けん。

だって劇団ひとり。な北村みたいなの
ばっか集まってんだぜ。近寄れねぇってw

とにかく最初に出来たのがブランカーサ(だよな?)
で、JFLシーズンにアライアンスが現れ、
悪名高き暗黒の時代『翼の会』時代に突入してゆくであったw

ま、このへん、皆さんのお好きな掲示板のトップページに
過去ログへのリンク張ってあるので、そこ読みなはれ。
(知っている人が、昔の名前で出ています。って奴だw)

私が詳しい話できるようになるのは
そう、今日の写真のブツを98'JFL終了後の冬に手に入れ、
老舗に参入し始めた99'J2初シーズンからなのさ。

その話は、また後日のお楽しみ。ほいじゃね、ばいびー。


manon_blog at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Albirex新潟 

2005年08月02日

東亜女子

a416c464.jpg永里いい!

写真は澤だがw

あのふてぶてしさが
いい!


試合後の両チーム選手握手のシーン見た?
永里の態度、見た?
悔しさ一杯、隠しもせずに、あのふてくされた態度w

澤の次は彼女だね。
彼女が女子代表引っ張ってくれることだろう。
今日の写真は 穂希だがw(いい一文字入ってるねぇw)

いやマジで。彼女(永里)上手いじゃん。
昨日は孤立気味で自らサイドに
開かざるえないシーンも多くて、もったいなかった。

一度、彼女に当てて、ダダに返し、左右に展開。
そこからラストパスを永里に。
ってオーソドックスな戦法をもう少し使えたら
彼女がもっと生きただろうに。残念。

私が萌え〜。の梢ちゃんもヘロヘロになりながら
よく頑張っていたし、日本の未来は明るいよ。

残り2試合、頑張れ!なでしこ!!

で、写真は澤穂希(しつこい)

manon_blog at 08:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0) サッカー 

2005年08月01日

東亜細亜

d158c677.jpg気持ちの問題
だけじゃねぇって。

気持ちは
大切。
だけど、
それだけじゃ
勝てねぇって。


サントスがへろへろなんてHOT 6!中から
素人の私だって解ってたことじゃん。

代表のフィジカル・スタッフがしっかり助言しなっきゃ。
で、した上で使ってんならやっぱジーコの責任。
さらには助言してないなら、そんなスタッフを使っている
やっぱりジーコの責任。

だいたい、大会前の合宿時にフィジカル的なデータとか
測定したのかね?で、検討したのかね?

気持ちの問題にすりゃ簡単だけど、
それじゃぁ前に進まないだろ。っての。

新潟にもよくいるよな。
結果だけ見て、すぐ気持ち云々言い出す奴。

もう一度言うよ。
気持ち抜きには勝てないけれど、
気持ちだけでも勝てねぇんだって。

こんな大会、なんでもいいけど、
北朝鮮に負けた。ってのがムカっ腹たつじゃんw

中国、韓国に対しても同じこと言えるから、
やっぱこの大会、なんでも良くねぇ〜かw

でも選手の皆さん、乙です。


manon_blog at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー