2016年04月

2016年04月26日

第8節 名古屋 2 vs 1 新潟 × 4/24 13:00 パロ瑞穂

001この日
決めたのはイケメン端山
出したのはレジスタ加藤

しかしそこへ繫げたのは
←の選手。

強面・小泉選手(苦笑)

Jリーグにイケメン選手は欠かせませんが(女性サポ(おばちゃんサポ含む)談)
それとは同じ位にアルビレックスには、
睨まれただけで相手がビビる大木になっちゃう強面選手も必要・草

この小泉選手の加藤選手へ繫げたプレーが素晴らしかったですね!

試合のダイジェストでは、
かわした後からばかりで、私がみたものでその瞬間が
映っていたダイジェストニュースはありませんでした。残念。

わずか一二秒のことなので、そのシーンから流してくれればいいのに。。。orz
(選手のアップなんか削ってさ。。。
 いやいやイケメンも重要と言っといて、こりゃ失礼m(_ _)m(笑)

さてそのシーンを少し思い出してみると。。。

左サイドから右サイドの小泉選手までボールが回ってきましたが
前に立ちはだかる名古屋の選手。

くるりときびすを返し今一度返そうとした所へ
名古屋29番がプレスバックに!

右はタッチライン。前にも後ろにも名古屋ん。いや〜ん。

今まさにボールを奪われようとした
その瞬間ひらりとかわして唯一スペースのあった内側へ。

このかわし身が凄かった。

ただ名古屋的にはこの内側へもう一人来ていれば完璧でしたね。

しかしそうそう上手くはいきません。
唯一空いていた内側のスペースへドリブルで逃げる小泉選手。

この段階で小泉選手に対応せざる得ない名古屋の選手が一人寄ってきた時、

センターサークル付近でフリーになっていた加藤選手は二三歩前へ出ながら
小泉選手からのパスを受け、余裕を持った状態で先方を見据えられました。

その視線の先を左サイドからダイアゴナル気味に走り込んできたイケメン端山選手。

レジスタ加藤がコレを見逃すわけがありません。

端山選手の走り込む先の足下にピタリと浮き球のパスを通します!
このパスがまた見事な正確さ!

そしてこれからがまた驚異のイケメン端山選手!

左足で見事なトラップ(簡単じゃないですぜ)&間髪入れずに右足で
出てきたGKをあざ笑うかのように頭上をふわりと超すループシュート!

左足トラップから右足ループまでの速かったこと!
そしてその判断の速さも素晴らしい!

ナイスプレーが三つ続けば、それはもう、ゴール!!ですよね。

この一連のナイスプレーで、ごはん三膳いけます!ってシーンでした!

さぁここから反撃開始!

完全にこちらのペース。

強いと言われるチームなら逆転まで決め切ることでしょう。

しかし残念ながら今のウチ強くない。まだ。

そう、まだね。

そりゃこのまま弱いまま。ってことだってありえるけれど、
これから強くなってくれる予感だって
ビシバシ石橋とんねるず!くらい感じます。私はね。

なんたって昨シーズンの【やらされてる感】をまったく感じませんもの。
誰かにやらされてる感的サッカー(ニガワラ

ってことで、お約束でdisちゃってますけど、
とにかく

いよいよゴールデンウイークに突入するぞーー!

VAMOS!ニイガタ!!






manon_blog at 11:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年04月19日

第7節 広島 1 vs 0 新潟 × 4/16 19:30KO (Eスタ)

00ついに不調の
守田GKがリーグ戦での
先発から外れました。

東口選手の後を受け
『どうかねぇ〜。。。』
と思ってたら、
シーズン後にはそう思った私が
m(_ _)mこうせざるえない活躍を
してくれた選手です(苦笑

今回先発した川浪選手や他の選手達とまた
切磋琢磨して逞しくなって戻って来てくれることでしょう!

さて試合。
不調の広島さんとはいえ、
前半の新潟は素晴らしかったのではないでしょうか。

見ていて間違いなく面白かった♪

この試合だけに限らず、バイタルでの連携から中央突破して、
シュートまで持ち込めるシーンが増えて来ています。

わずかなスペースでもあの球回しが出来るチームになってきてます。

これにSBのサイド攻撃が絡まれば、攻撃のバリエーションもグッと広がり
相手チームは的を絞れなくなる。

中央→サイド→中央と。

まさしくスペースの支配を掲げる吉田監督の真骨頂。というところでは。

併せて前記のGKを含めたディフェンス陣が成熟してくれば、
本当に面白いチームになってくれると期待しています。

次もアウェーの連戦になりますが、

VAMOS!ニイガタ!!
未来は明るいぞ!!!

manon_blog at 14:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月12日

第6節 新潟 1 vs 2 磐田 × 4/10 16:00KO (デンカS)

12963822_1097506656957259_6464075001610633076_n『花見や♪花見や♪
 ほいでついでに試合や♪』
という人もいたことでしょう(笑)

さてその試合です。

序盤の序盤は磐田さんの勢いに
やや戸惑った感はあるものの、

徐々に落ち着いて押し込み返し、

ほとんどチャンスらしい
チャンスは作らせずに

逆にこちらは良いシーンが
何回も出来た前半が終わり

後半開始直後の
あの素晴らしい崩しからの先制点が入った瞬間に

ほとんど人が『こりゃ今日はもらったぜ!』と思ったのではないでしょうか。

img_0その一分後には恐怖のズンドコに落されるとも知らずにwww

それでもまだ同点。

なんとか建て直して『もう一度決めればええやん!』
とようやく思い直すことが出来始めていた頃に

恐怖のズンドコ第二弾(苦笑)

ここで【ガクっと】、きてしましましたね、広島から。。。

広島から来たのは野津田 岳人やないかい!【ガクト】違いや、ヴォケ!!m(_ _)m

はぁ〜ぁ〜。。。

痛い敗戦でしたねぇ〜。

だいたいアレですよ。
戦前ウチの右サイドが、ちんちんにされるんじゃないか?
とビビってた(私はw)アダイウトンですよ。

彼が思ってたほどじゃなくて、さらにスカパー!の梅ちゃん先生によれば
『ポジショニングが悪い。もっとタッチライン際に張ってれば云々』
ってことで、ほぼ制圧できていた前半。

そりゃ名波監督さんも手を入れてきますわなぁ〜。

『えっ!あんさん、今、磐田はんにおるんでっか?!』な松井選手と交代。

なんかフランス(だっけ?)行ったのは辛うじて覚えているのですが。。。
けっこう好きだった元日本代表選手。

嫌ぁ〜な気はしておりました。

したっけ(田鉄矢)。。。m(_ _)m

その松井選手に守田が何スイッチ入っちゃったのか?特攻かけてPKですわ。。。orz

まぁまぁ、前半の良かった時のイメージは残して、
その部分を成熟させていきまひょ。
向かってる方向性は間違っていない筈。

うん出来るハズですよ。
なんと言っても監督が昨年までとは違うのですからw
今は辛抱。辛抱。辛坊治郎のそこまで言って↑委員会ですよ(ニガワラ

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月08日

ナビ 新潟 0 vs 5 川崎 × 4/6 19:00KO (デンカS)

001『新潟?
レオシルバはやるだろ。
他は知らん』
ってな感じの川崎サポの皆さん。
レオ温存しちゃって、ご披露できなくて

。。。orz


その川崎戦ですが

川崎のハイプレスも確かに良かったのですが
私が『あやや。松浦あやや(古っw)』と思ったのは
新潟も負けじと高い位置から網にかけようと開始直後は
前線の選手がチェイシングに行ったわけですが
これがまた川崎側の落ち着き払った360度全方位使ったパス回しに
軽くかわされてしまったことです。

その昔。日本代表の監督で加茂周さんという有名な監督さんがいました。
若い方は知らない【加茂】知れませんね。
001







。。。m(_ _)m

ゾーンプレスという戦術を取り入れ、
だいぶ話題になりました。

それが完成に近くなった頃
『でもアルゼンチンにはかからないyo』
なんて自分で言っちゃいました(笑)

えぇ個人技が巧すぎて
プレスにいっても交わされちゃうyo
ってことです。

それとはちょっと意味違いますけれども、
そんなことを思いだしてしまいました。

さぁ大変です。
『連携が十分でないこのメンバーで行ってもやられるムード』
がチーム内に蔓延し始めました。

そんななか川崎さんはガンガン来ます。

そしてCKで先制されます。

酒井選手の判断はどうしたかったのでしょう?

『タッチに逃げてもキッカーに拾われてまたCKと同じようなモン。
 ゴールラインに出すの簡単だけど、それこそCKもう一回。
 一番薄そうなPA対角まで吹っ飛ばすのが一番か?』的な判断で

結局ヘッドミス。ってことだったんでしょうかね?

そして続けざまにPK献上。。。orz

ただね。たくさんの方が書かれているように【闘ってない】は違うと思います。

『どうしよう?』と迷ってはいたかも知れません。

肉弾戦を挑まなければ【闘っている】とは言えないのでしょうか?

否!と私は思いますけれども、まぁ大量失点でシュートもロクに撃てなかった。
のを考えると、そう言われるのも仕方ないのかな?とも思います。

風間監督も言っているように
『違う選手が出ても、同じサッカーが出来るように』なってきた川崎さんと
未だチーム構築中でさらにいつもと違うメンバーとの差が大きい新潟とでは
必然と言える結果だったのかも知れません。

これは小林選手と加藤選手が交代して入ってきた時に感じました。

『あ、やっぱ違うわ』と。

でもまだまだこれからですよ。このチーム。このサッカー。

ホント今シーズンは楽しめます!

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 09:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月04日

第5節 福岡 0 vs 1 新潟 ○ 4/2 14:00KO (レベスタ)

この試合までに
ナビスコカップが
二試合ありましたが、
一秒も見ていないので。。。
000







。。。m(_ _)m


12801531_1092098387498086_850040138930657481_n
さて福岡戦です。

新潟のお家芸【優しさ発動】にて
昇格後まだリーグ戦未勝利の福岡さんに
初勝利!というプレゼントを
贈ってしまうのか?!


本気で心配していた新潟サポも
多かったことと思います(笑)

そしてゲームが始まり
より一層その心配をされた方も多かったことでしょう。

しかし、しかし、駄菓子菓子!

達也選手のあげた虎の子の一点を守り抜き
見事アウェーで勝ち点3ゲッツ!!

00しかしアウェー
だからこそ、
ゲッツ出来たのかも。。。

お世辞にも
素晴らしい内容での勝利。
とは言い切れない試合。
(今はそれでも良いと思いますyo)

ビッグスワンでやっていたら、
タイミングを見計らっている間の
ボール回しに焦れて
嫌な雰囲気を醸し出していたかも。。。orz

なんにせよ良くなければ良くないなりに勝ち切ることが出来たのですから二重丸ですね♪


それにしても敵将になりますが、元アジアの壁・井原監督。
あの誰もが『やっちまったぜ!守田!PKだわそりゃ!』のシーン。
ノーファールのジャッジに色めき立つ福岡イレブン。

そのイレブンへ『切り替えろ!』のベンチからの声。

ピッチレポーターの言葉によれば『誰よりも一番早く切り替えてました井原監督!』

敵ながら良い監督さんですね。

えぇ審判マンセーで行っているわけではないです。

チームにとって今は何を指示すべきなのか。

現役時代のクールさと、一瞬の切り替えの遅さでやられてしまうことを
身に沁みている井原監督ならでは。のシーンでした。

(その後ジャッジの不安定さにベンチの壁を叩いていたそうですがwww)

まぁそれとは正反対のお方が去って、マイチームの放送を見ていると
やたら【今シーズンはノビノビとプレーしてます】のコメントが聞かれる今シーズン。

そのうちの一人、ベテランのノビノビ達也選手がまたも決めてくれました!

今シーズンはもっともっとやってくれそうですね♪

リーグ戦でようやく両目が開き(二勝)
チーム自体もこれからもっともっとやってくれそうです!


VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 17:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)