2016年08月

2016年08月29日

2nd第10節 鳥栖 1 vs 0 新潟 × 8/27 19:00 (ベアスタ)

14079694_1200498583324732_1018228974030946318_n失点シーンは流石に腰砕けましたね(ニガワラ

私はよく『お金払って見るプレー』
という表現を使いますが
それとは全く逆のプレー。

まさしく『金返せ!』的な事言われても
プロとしては仕方の無いプレー。

そこはしっかりと私たち応援している側も言うべきです。
準備、メンタル、判断、技術とも最低だった。
あれは容認してはいけないプレーでした。

あの失点でチーム全体が『ガクッ』となった事は否めません。

それまでシュートはなかなか撃てないなりにも
ピッチの幅全体を使い逆サイドへも展開。

アタッキングサードまではボールを運べていました。
(ま問題はその後なわけですが(ニガワラ)

まがりなりにも2ndで上位にいる鳥栖さん(この言い方は失礼かm_ _m)相手に
それなりに良い闘いをしてましたから。

まぁ鳥栖さんが高い位置から来てくれたこともありますけれども
とにかくどちらに転ぶか?解らない状況でありました。

しかし今後必ず良い方に転んでもらわなければいけないのが、ミスをした増田選手。

試合後のコメントや翌日の新聞を読む限り、前向きなコメントが聞けているので
大丈夫だと思います。そりゃそうですよね。これで凹んでいたら、プロ選手でござい。
なんてとても言えないですもんね!

次のチャンスがいつになるのか?は厳しいところでしょうが、
その時のためにしっかりと備えて欲しいですね。

まずは写真のところから!

そして他の選手達は『ガクッ』とはしたでしょうが、残りまだ20分以上あった筈です。
そこで味方のミスを取り返す術なく、チャンスらしいチャンスも作れず敗れてしまったことは
鳥栖のキャプテンと違ってキャプテンシーをなかなか発揮できないキャプテンや
チームメイトにも同じく猛省を望みます。

こんなことでは残留に向けての大一番となる次の試合に勝てませんよ!

その大一番。一週空いて(これは吉と出るか?凶と出るか?)9/10。

ぜひ勝利して『なめんな!田中!!』の大コールを送ってやりましょう!!

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月22日

2nd第9節 新潟 3 vs 0 福岡 ○ 8/20 19:00 (デンカS)

14102236_1192301317477792_3064820663941800407_n数日前の新潟日報さんに
『レオ、雪辱を期す』
みたいな記事が出てましたが、

まさに有言実行
(本来は不言実行w)


追加点のPK弾
ダメ押し弾

と決めてくれました。

まぁだいたいこの日は
イレブン全員が【雪辱を!】の想いを持って
内田潤先輩の髪の毛を守りにいきましたね!(笑)

私の髪の毛も守ってもらいたいところなのですが。。。
まぁ私の方は自然の摂理ともいうべきものなので無理ですね。。。orz

この日はみな頑張ってましたよね(他の試合だって頑張ってますけど(苦笑)

積極的にボールを奪いにいき、奪ってから前へ!の気持ちが見てとれました。

それがダメな時は先制点のシーンのように焦れず回して遅効から崩しゴール!!

そしてこの日は指宿が左SHに。

彼はそのタッパからすぐに空中戦要員。またはポストプレーを求められがちですが
さすがタッツマーは誰かさんとは違いました(ニガワラ

ただこれは梅ちゃん先生もよくスカパー!解説で言っているように、
スタートのポジションがSHなだけで最後はどのタイミングでどのようにどのスぺースの
ゴール前に来て仕事するか?なわけで、指宿・ラファの両SHは悪くないと思います。

正直【SH】ってより、これ4-1-4-1であり〜の、4-3-3であり〜の、
要はスリートップなんじゃね?って感じ。

スカパー!さんの実況さんがレオ、野津田両選手を
『ツーシャドー。ツーシャドー。』
って言ってましたが、違うと思います。

とにかく最下位の福岡さん相手にきっちり勝ち点3は良かったです。
今のチームには何よりの薬でしょう。

しかしながら【最下位の福岡】さんが相手だったことも忘れてはいけないと思います。

次は2ndに入って調子をあげてきた鳥栖さんです。
ここがホントの試金石なのは言うまでもありません。

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

2nd第8節 甲府 1 vs 0 新潟 × 8/13 18:00 (中銀スタ)

001ニイガタは幸せですね。
写真の彼のような先輩がいて。

夕方のローカルニュースの生放送で

『(次節)福岡戦で負けたら坊主にします!』

言わずにいられなかったのでしょう。

最初の降格の大ピンチだった08シーズン最終節。

勝てば自力残留だが2-2の同点で
時は早、後半のロスタイム。

そこで魂のゴールを決め、残留を決めた。
その人こそ誰あろう坊主宣言の彼・内田選手でした!

そんな彼にとっては『もう少しなんとか出来るだろ!』
の想いを甲府戦に抱いたに違いありません。

えぇ枠内シュートは【0】
ボールは保持しても、持たされてる状態で
ゲームのイニシアチブは完全に甲府さんにとられてる状況。

PKで先制されてからは益々強固な守備ブロックを引かれ
なかなかシュートに持ち込めない状況。

まぁ、あぁなると崩すのが容易じゃないのは解りますけど
内田氏の『もう少しなんとか出来るだろ!』の想いは
ニイガタサポーターの総意であったことでしょう。

とはいえ、決してチームとしてクラブとして進むべき道の方向は
狂っているわけではないと思います。

申し訳ありませんが、スカパー!の実況の方も言ってましたよね。
『甲府はまず残留が目標のチーム。。。』

そう。

残留が目標ならば、甲府さんはあのサッカーでなんにも悪くないわけです。
それどころか解り易くて面白い!興奮もする!!
ニイガタにもそんなサッカーしか出来ない時代がありましたね。
7人で引きこもり攻めるのはブラジル人トリオの三人のみ。みたいなシーズンも。

しかしニイガタは曲がりなりにもJ1昇格後一度も降格する事なく
日本サッカーの最上位のステージに立ち続けてきたのです。

ならば向かうべき方向は何なのか?

さすがにその道を歩み始めたばかりですので、
現実には今シーズンは残留争いをしていますが、
本来なら争うのは【優勝!】そして【世界へ!】という方向でしょう?

ならば簡単に対策を練られてしまうカウンターサッカー、
リアクションサッカーだけでなく、
自らがアクションを起こしチャンスを創るサッカーを目指すのは
なんら間違ってはいない。と思うのですが。。。

まぁ確かに降格しちゃぁ元も子もない。ですがね。

そこは皆で頑張りましょうyo!
漢・内田氏の心意気に感じて!

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 10:55|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年08月09日

2nd第7節 新潟 1 vs 0 神戸 ○ 8/6 19:00 (デンカS)

13901589_1178967378811186_4758047027061333501_nほらね!
言った通りでしょ。
私が行くから
大丈夫。って。。。



って、
こーいう憎まれ口ばっか
叩いてるから
嫌われるんだよなぁ〜(ニガワラ

まぁ一番萌えたシーンは前半10分頃?

ワンツー・ワンツーで崩して
一番頼りになるレオでシュート!

弾かれてゴールゲッター・ラファのシュート!

ここで入らなかった時、恐怖に震えました!

なにに取り憑かれているんだ!?って。。。(ニガワラ

しかしその後成岡田中のベテラン勢の頑張りと
ナイスプレーで今度こそ!のラファが股抜きシュート!

決めてくれましたね!

ここまで成岡選手の前線からのチェシングと
後ろの選手達が連動せずうまく奪いどころが定まらずにいましたが、
その頑張りを最後尾から見ていた若手二人のCBも
『おっさん、アレだけやってんだから俺たちも!』って感じで
踏ん張ってくれました!

結果J1リーグ戦のデビューとなった西村選手が見事MOM。
でしたが、私は成岡翔ーーーっ!にMOMです!

でも。。。
前半加藤選手から『ハイ、どうぞ、成岡さま』
と出された横パスをダイレクトで打ったミドルと
後半初めの走り込んできてのボレー。

アレ決めてくれてたら、MOMどころか
今節のベストイレブン間違い無し!だっただろうにぃ〜。。。

ま、次に期待だ!

おっさんと若手がかみ合ったニイガタ。

いよいよキますぜ、こりゃぁ!!

VAMOS!ニイガタ!!


manon_blog at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月01日

2nd第6節 新潟 0 vs 1 FC東京 × 7/30 19:00 (デンカS)

e49ccffeムムム!
カンフル剤注入!が
効果的に効いてしまった
FC東京さんに完敗です。。。orz

ワンボランチ小林選手の
両サイドのスペースを
上手く使われ劣勢。

そこは吉田監督が早目に手当をしましたが、
いかんせんアドレナリン出まくりみたいな
FC東京の選手たちの早い出足にタジタジ。

『ボールを奪う!』がこの日のテーマのひとつだったそうで。
やられました。

後半早い時間に後ろからドンドンゴール前に参集してきたFC東京の選手達に
ついにはゴールへ叩き込まれThe end。。。orz。。。orz

終盤に二階の自室から降りて来てTVを覗き込んだ次男坊。

そこにはハーフコートに全フィールドプレイヤーが入り
スペースのない状況が映し出されていました。

『うへ。こりゃもうダイレクト二・三本繋げるしか崩せないんじゃね?
 ニイガタに出来るん?』

「うるせ!はよ風呂入れヴォケ!」

地元チームの敗戦は家庭の団らんをも壊します。。。orz。。。orz。。。orz

で大丈夫!次のホーム神戸には勝つよ!
なぜなら私がビッグスワンに行くから!!www

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)