2017年09月19日

第26節 H 鹿島 2-4 × 〜負けても来てくれるスタジアムに〜

000優勝に一番近いチーム

降格に一番近いチーム

【差】
が良く解りましたね。。。orz

中野社長が最初に社長していた時の
カンファレンスでの発言を思い出しました。

チームが負けてもまた観客が
来てくれるスタジアムに。
ホーム試合で毎度【祭り】を開くつもりでやる。
非日常の空間を演出していく。 


『負けても面白いサッカーを魅せてくれれば』
と常々思っている私ですら、
もの凄い違和感を覚えました。

祭りはいつか終わるもの。
街にとってサッカーが
非日常の空間で行われるのではなく、
日常の風景にならなければ。

そうして初めて、勝った!負けた!だけじゃないスタジムになる。

方や鹿島は超負けず嫌いのジーコイズムが浸透し、
常勝を余儀なくされているチーム。というかクラブ。

結局クラブのこの姿勢の違いが
ハッキリと示された試合になったのではないでしょうか?

すでに茨の道を3シーズンも続けて歩んでいるニイガタですが、
これからももう少し続くことでしょう。

覚悟を決めてクラブと一緒に歩んでいくしかありません。

VAMOS!ニイガタ!!

manon_blog at 12:29│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔