manosu299

店主の呟き

片手にシェイカー  心に花束  唇に火の酒  背中に人生を

July 2008

31 Jul

4年前

休日に、古いPCから今のニューPCにデーターを移行しようと思っていじっていたら、昔のHPのログの一部が出てきた。このライブドアのブログを始める前に、HPに書いていた日記みたいなもの。といっても、更新は多くて週一程度。丸々一ヶ月書かないことも。まぁ内容は今とあまり変わりません。日常だったり、お酒の紹介だったり、映画だったり。。。

で、「数年前の今頃はどうしていただろう?」と思ってみてみると。


2004年 8月5日

あ〜暑い、暑いと思っていたら、明け方とかは、わりと涼しくなってきましたね。 
ご無沙汰ぶりです。 
 
今日は、朝早くに「今からお店の火災報知器の点検に伺いたいのですが」という電話で起こされ、その後バーテンダー協会の役員会に出席し、3時からは求人の面接があったので途中で退席させてもらったが、面接はぶっちぎられ。。。 
 
「なんなんだ!」と思っていたら、お気に入りの漫画の新刊が出ていたのでホクホクです。 


 

なんら今も変わりません。
この面接はたっちゃんを採用の時かな?
そして4年前の8月5日は、明け方は涼しくなってきてたんですね〜




人気ブログランキングへ
30 Jul

双子映画祭りその

matugane






山下敦弘監督『松ヶ根乱射事件

90年代初頭、田舎町・松ヶ根。
主人公は、その町で生まれ育った駐在所の若い警察官(新井浩文)
だらしない双子の兄(山中崇)と、だらしない父親(三浦友和)、そしてそれに甘い母親(キムラ緑子)と暮らし、町の閉塞感と特殊な人間関係、自らの屈折した性の欲望を持ちながら、大きな展望も見ることもなく、なんとなくやり過ごしてきた。
しかしその町に突如現れた、おかしなカップル(木村祐一・川越美和)により、ゆるやかに崩壊していく。

表面上はなんの変哲もない退屈な町に潜む狂気と【性・金】に愚昧な人間たちをシュールでコミカルに描いてあります。

まぁとんでもなく、だらしない奴らだらけ。
映画のキャッチコピーには「人間のなさけない本音がでてきちゃう〜!」
人間はおかしいほど情けない生き物。そして一見なんの変哲も無い人間もある種の狂気をはらんでいます。

ラストの乱射から、エンディングテーマへ入るシーンは秀逸。
そして役者が素晴らしい!グーたらな父親を演じる三浦友和。轢き逃げをされて雪の中に放置され、発見した小学生のガキに体を触られ、検死室で真っ裸にされる川越美和(わぁ〜懐かしい)の独特の間(ま)。
(いわゆる)美男・美女はでてきませんが、そこが妙にリアリティーがあるんですね。

29 Jul

双子映画祭りその

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド






奇才テリー・ギリアム監督の弟子、キース・フルトン、ルイス・ぺぺ監督の『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』

イギリスの人里離れた岬に隔離して育てられたシャム双生児(体が結合している双生児)のトムとバリーは興行主に高額で売られ、美形で異形な見世物としてギターをもたされる。
しかし、彼らは才能を発揮しステージ上で狂気のパフォーマンスを爆発。観客は熱狂。ロックバンド、【ザ・バンバン】として鮮烈なデビューを飾った。そんな彼らの栄光と悲劇。


物静かなトムと破滅的なバリー。全く違う性格の二人だが、臓器を共用している為、離れる事はできない。これってすごく息苦しい、胸を締め付けられる。しかし二人は肉体的なものもだけでなく、精神的な強い強い絆が感じられる。

そこに一人の女性記者が現れて・・・

彼らが激しく歌う「お前はお前?それとも俺?」

映画はドキュメンタリータ風で描かれているため、70年代のイギリスの雰囲気をリアルに再現。本当に彼らが存在したかのようだ。ライブの場面もハンドカメラで撮影しているため臨場感たっぷり、内面を的確に表現した歌詞もシンプルでキャッチー、キメキメでかっこいいです。
そして、ラストもカルト・ロックスターの終焉らしく物悲しさに満ち溢れています。

ただ、ドキュメンタリー風という表現手法により伝えにくかったのか、彼らの心の葛藤をもっと踏み込んで欲しかった気もするな〜


ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド





人気ブログランキングへ
28 Jul

白のジャケット着用で

仕事前(!!)に最高の特ロースをいただいちゃいました。
もちろんその前に、ユッケやレバ刺し、タンにハツにetc・・・
こんな感じ

ビールもグビグビ。
とろける牛さんに感激。

「モ〜うめぇ〜〜」


お誘い頂いた方に深謝。
カウンターで頑張ったスタッフに拝謝でございます。






人気ブログランキングへ
27 Jul

こんな時間ですが。

明日、というか今日27日(日)の昼間は、

一箱古本市・ウロン堂の店番です。

私がずっといるわけでは無いですが、お時間がある方はのぞいて下さい。



26 Jul

祝☆先週のまかないVol50☆

夏真っ盛り!
買い出しに出かけると、あまりの暑さに溶けちゃいそうです。

と、このシリーズも50回目。私を含め皆、テクニックは上がったかな。
手抜きと、あり合わせで作るところは確実に進歩している気がします。

そんなチーム魔の巣の一週間の胃袋の中身。



14月曜日 たっちゃん

ゴーヤチャンプルー


(夏の定番)




人気ブログランキングへ



続きを読む »
25 Jul

光接続で快適だけど。

TA









パソコンと電話回線を繋ぐ、モデム(というのかな?)とか何とかいろんな機器たち。無線LANも付けているので、計4台もあります。しかもそれぞれに独立したACアダプターが必要で配線もゴッチャゴッチャ。緑や赤のライトもチカチカしているし。

これが部屋の一部にあるのが非常に憂鬱です。

「なにか収納BOXに穴をあけて入れて隠しちゃえ!」とも思ったけど、結構発熱しているのでそれも心配。

パソコンの本体自体はこんなにコンパクトになって、デザインも多彩なのだが、このあたりだけは数年変わっていない気がする。

一体型のすっきりした商品なんて、今の技術じゃ簡単にできると思うんですけど。

ないんですかね?だれか教えて、エロイ人。







24 Jul

エイリアン3は駄作だと思いませんか?

ばい貝





おつまみで食べた、「ばい貝」

ぷるっと出せば、エイリアン。






やっぱりここのお寿司が好きだな〜



人気ブログランキングへ


23 Jul

夏に大勢集まって外で麦酒を飲む会

ビアガーデン



楽しかったが、飲み過ぎた。
反省。




人気ブログランキングへ
21 Jul

エンジョー

昨夜仕事が終わって、録画しておいた「たかじんのそこまで言って委員会」を見た。
その中で『竹島問題』が取り上げられ、山本太郎が「竹島は韓国にあげたらいい」と発言し、他のコメンテーターから「そんな簡単な問題じゃない!!」と諭されていた。
私はその発言を聞いて「ん〜そう考えるのか〜そりゃないべ〜」と思ってたのだが、その発言で山本太郎のBlog・掲示板は、炎上。内容は読んではいないのだが、おそらく個人攻撃的なものも含まれていたと推測する。
そして謝罪文(というか、言い訳?)なるものが掲載されていた。

で、何が言いたいかというと、この問題は韓国と日本では認識の程度にあまりにも差があるということ。しかし、それもそのはず、日本では初めてこの問題が教科書に記載されるんだから。

それも「我が国固有の領土」では無く、「韓国との間に主張の違いがある」と

そこが問題だと思います。






人気ブログランキングへ
正体
バー魔の巣の店主。

酒とは?カクテルとは?サービスとは?
美味しいとは?自分とは?
将来とは?(じつと手を見る)

女性とは?


日々考え続けるトリコ仕掛けの明け暮れ。

好きなもの(順不同)


スコッチ、バー巡り、カクテル、読書、昼ビール、イタリアン、寿司、猫、映画、漫画、夜ビール、家でゴロゴロ、格闘技、妻、柚子こしょう・・・
Twitter プロフィール
応援してます!

★鹿児島ユナイテッドFC★

公式HP

Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ