manosu299

店主の呟き

片手にシェイカー  心に花束  唇に火の酒  背中に人生を

August 2013

30 Aug

アートの森へプチトリップ。


















先日の休み、霧島アートの森へ行ってきました。
初めて乗った観光列車「はやとの風」。途中、嘉例川駅などで停車してノンビリと。
皆さん、バシバシ写真を撮っていました。それから栗野駅で町営のふるさとバスに乗り換えます。
以前はレンタカーで行っていたのですが、電車とバスもいいですね。空いた時間はブラブラと散策して過ごします。

久しぶりのアートの森、野外作品もゆっくり鑑賞。いい天気でとても気持ち良かったです。

そして高橋コレクション「マインドフルネス」

草間さんの初期の作品も観ることが出来て良かった〜
今回は震災関連の作品もいくつかありました。前回の高橋コレクション「ネオテニー・ジャパン」は震災前の2008年。こういう作品を目にすると同時代に生きていることを実感。もちろん作品の好き嫌い、何を感じるか感じないかは人それぞれだけれども、このダイナミックさは現代美術ならではだなぁと感じました。

帰りに入口にあった、やよいちゃんとポチとパチリ。


31265c8e109611e3a23322000aaa04c3_6












楽しい休日でした。
29 Aug

先週のINPUTとRUN

あっ。もう木曜日だ。
先週観たもの、読んだもの、走った距離とか。

精神世界関連が多かった1週間。

<本>
ヨーガの思想 【著】山下博司  (図書館本・読了)
インド文化史が専門の著者がヨーガの起源、精神性、現状などを、言語学的・歴史的・社会文化学的またはヨーガの実践者として丁寧に解説。
フィットネス的ヨーガから一歩踏み込んみると、そこは深い深い思想の世界が広がっていた。
もしもし運命の人ですか 【著】穂村弘  (読了)
歌人”穂村弘”の恋愛エッセイ集。相手が何気に発した”言葉”の真意を洞察する著者。それに自意識過剰さと妄想癖が加わって、彼の恋愛は迷走する。クスクス、時に爆笑しながら一気に読了。共感も多い。そして時折り挟まれる歌がいい。
「冷蔵庫が息づく夜にお互いの本のページがめくられる音」
「カルト宗教」取材したらこうだった 【著】 藤倉善朗  (読了)
「けっして自分から関わり合いたくないけど、その可笑しさがなんとなく気になる」そんなカルト宗教を実際、体験して取材した新書。笑えるネタが多いのだが、その中に問題提起や裁判対策も含まれてます。そして今も着々と手を伸ばす彼ら。2世信者とかは絶対に笑えないよなぁ。


<その他>
メンタル癒しのカルテ シーズン1 1〜8話(ひかりTV)
またハマってしまった海外ドラマ。型破りで行動的な精神科医ジャック。毎回様々な精神に障害を持った患者が現れ、その患者達を思い、革新的なその治療を施す彼は時に周りを巻きこみ、病院側とぶつかる。面白いドラマだったけど残念ながらシーズン1で終了。ちなみに”あまちゃん”も”半沢直樹”まだ一度も見てません。
講義 yoga sutra解読(/ぁ法studio Shakthi)
座法ではなくヨガの教典の講義、今回で最終回。堅苦しい講義では茶飲み会的にリラックスして話を聞く、時に意見する、そして脱線し楽しく興味深かった。
サッカー鹿児島県選手権(天皇杯予選)準決勝 ヴォルカ鹿児島(3−5)鹿屋体育大学 (鴨池陸上競技場)
鹿屋体育大学は翌日の決勝も勝利し優勝。スピード・スタミナ、チームとしての連携を含めてヴォルカは劣っていた。

<RUN>
走ってませーん!だって灰が凄かったんだもん(←いい訳)
<BICYCLE>
18.7Km/1回
灰溜り怖い。
24 Aug

同姓同名

1174863_506636879425373_1342652175_n

























先日、古本屋で見つけた本。

洋酒夜話/藤本義一(1978発行)

藤本義一さんといえば、私ら世代には隠れてこっそり観ていた11PMの司会のあの人。
番組中でお酒を飲んでいた記憶もあって、「あのお洒落なオジサンこんな本も書いているんだ〜」と思って購入。そして、この写真と共にFacebookに投稿。

「11PMの印象が強いけど、筆者はサントリーの宣伝部にもいたんですね。だからお酒に詳しいのね。少しづつ読もう。」

そうすると、コメントが。

「11PMの方とは、別の藤本義一さんですよ(^_^)同姓同名ですね…

えぇ!?調べてみると確かにそうでした。
作家の藤本義一さん(11PMの方)と洋酒研究家(この本の著者)の方は同姓同名の別人。後者の藤本さんはワインなどに関する著書を多く書いてます。

あちゃ〜飛んだ赤っ恥。

「あのマイケル・ジャクソン」と「ウイスキー・ビール評論家のマイケル・ジャクソン」を混同しちゃっうのと同じですね。佐賀の山崎マスター(鹿児島のおっちょこちょいでは無い方)ご指摘ありがとうございます。

そういえば私は昔、何かの本か雑誌で、作家の山口瞳さんがお酒について書いている文章を読んで「へ〜こんなカッコイイことをいう女性がいるんだ」と思っていた。それからその名前はすり込まれ、しばらくして古本屋さんで山口瞳さんの「礼儀作法入門」を見つけて購入。そして最初に開いた著者の紹介の写真をみて驚く!「おっ、オジサンじゃん!ハゲて眼鏡をかけたオジサン」




これは世の中には、料理研究家の大島優子さんとか、写真家の武藤敬司さんとか、パレスチナ問題に詳しい岸谷五郎さんとかいそうだな。

気をつけよう。
20 Aug

先週のINPUTとRUN

先週観たもの、読んだもの、走った距離とか

<映画>
マッドマックス(1979)【監督】ジョージ・ミラー【出演】メル・ギブソン (ひかりTV)
有名作品ですが初見。「北斗の拳」にも似た世界観、というか「北斗の拳」がこの作品をヒントにしたかも。低予算ながら近未来バイオレンスアクションの金字塔というのもうなずける。いろんな映画が出てくるけど、やっぱり最初に作った作品は輝きが違う。そしてスタントマン死亡説もあるゴツゴツしたカーアクション。お気に入りです。お酒を飲みながら何度も観ちゃうヤツ。

ノイズ(1999)【監督】ランド・ラビッチ【出演】ジョニー・デップ、シャーリーズ・セロン (ひかりTV)
髭が無くて金髪の「え?!これ誰?」って感じのジョニー・デップと美しいベリーショートのシャーリーズ・セロンの競演。心理的にジリジリくる恐怖のSFサスペンスだったけど、ラストがイマイチ。。。地球外生命体モノは、姿を現すととたんにシラケるね。

<本>
ロードバイクに乗る時に読む本 【著】エンゾ早川  (図書館本・読了)
ちょい悪系オヤジの筆者がロードバイクについて語る本。語り口が独特。
接触事故に合ったときは「非常に高価な自転車だと半キレ気味に伝える」は笑った。フォームとかはまだ全然わかんない。

自転車生活スタートガイド 
【著】瀬戸圭祐  (図書館本・斜め読み読了)
自転車について幅広く網羅。メンテナンスとかトラブル対応に役立つ。

「カルト宗教」取材したらこうだった 
【著】 藤倉善朗  (途中)



<漫画>
憂国のラスプーチン1〜6 【原作】佐藤優【脚本】長崎尚志【作画】伊藤潤二
日本を代表するホラー漫画家・伊藤潤二と元外務省官僚、「戦後最強の外交官」といわれた佐藤優の異色過ぎるタッグ。”ムネオハウス”で知られる鈴木宗男事件の真相、検察の国策捜査、司法の堕落、外務省の腐敗、マスコミの罪などを明かす。面白すぎて一気読み。日本の検察、一番ホラーだよ。泡沫で貸出可、おすすめ!

<その他>
UFC162【メインイベント】ミドル級タイトルマッチ アンデウソン・シウバVSクリス・ワイドマン  (ひかりTV)
アンデウソンの衝撃のKO負けをyoutubeでは見ていたが、TVで観ると更に衝撃が。試合後のインタビューも面白かった。セミファイナルのフランク・エドガーも強かった。

<RUN>
26.99km/3回
暑いのでまぁボチボチと

<BICYCLE>
19.1Km/1回
これまたボチボチ。
20 Aug

【41歳の夏だから。。。番外編:「サプライズパーティー」】

日付も変わり誕生日も過ぎた深夜3時前。
早目に終わったので、独りでいつもの隠れ家で刺し身をつまんで日本酒を飲んで、これまたいつものBarへ向かう。その店の店主から、「誕生日のお祝いのシュワシュワサービスしちゃうよ」のメールでホイホイと。
サービスされるだけじゃ悪いから、持ち帰りの唐揚げを手土産にホイホイと。

扉を開けると店内が何だか薄暗いなと思った瞬間、

クラッカーパーン!いつもの飲み仲間10数名の「ハッピーバースデーコール」

「え〜〜〜〜あ〜〜〜〜なんで〜」完全に不意を突かれた私。

そして驚くことにいつもの飲み仲間の中、裸で背中に”おめでとう”の文字を書いた人達の中に見慣れない、見慣れた人が。

え!!奥さん(泡沫さん)!

なんとこのサプライズパーティー、奥さんの企画でした。
普段飲み歩かない彼女が独りでいろんなお店を回って、声をかけてくれたらしい。

ありがとう!!!!!!!

しかしこういうときって、リアクションが上手く取れないんですね
「なんで?なんで?」を連発してました。

でも本当に嬉しかった。

その後、もちろんお約束のシュワシュワの飲み、さらにお店を終わった人達が集まり人数が増え、DJガッキーの選曲で踊り宴は続くのでした。

皆さん、本当にありがとうございました。

素敵な仲間と、企画してくれた奥さん。

僕はこんな人達に囲まれて、41歳も楽しく過ごせないはずがない。
19 Aug

41歳の夏だから。。。

バカボンのパパと同じ歳になりました。

楽しく、美味しく、健やかに。

過ごしていきたいと思います。


「これでいいのだ。」




















赤塚不二夫と見せかけて、手塚治虫。
17 Aug

残暑お見舞い申し上げます。



















久しぶりの降灰の鹿児島でございます。

相変わらずのモヒート人気ですが、

開催中

”第2回 MALT ODYSSEY 〜ジャパニーズウイスキー編〜”

〜8月24日(日)まで

昨日、一昨日とパーフェクト賞を狙ったお客様が福岡からいらっしゃいました。

さすがに鹿児島からは難しいかもしれませんが、サントリーコンプリート賞・ニッカコンプリート賞は可能だと思いますよ。

ジャパニーズウィスキーで暑気払い!

如何ですか?







追伸:Age41さん

例の物が届きました。
早速、昨夜というか早朝の晩酌タイムに。

本当にありがとうございます!
12 Aug

先週のINPUTとRUN

先週観たもの、読んだもの、走った距離とか


<映画>
ゾンビ特急 地獄生き(1972)【監督】ユージニオ・マーティン【出演】クリストファー・リー、ピーター・カッシング(ひかりTV)
残念な邦題を付けられてるがキャストは豪華。そもそもアイツらゾンビじゃないし。そして”白目”顔は秀逸!


<本>
匂いの文化誌 【著】  小泉 武夫, 吉武 利文, 川上 智子(読了)
古今東西”匂い”について、歴史的、科学的、社会学的にまとめた匂い尽くしの一冊。かなり面白かった。
原色旬食 【著】 太田垣晴子(図書館本・読了)
旬の食材をカラーのイラストで紹介。その薀蓄、レシピ、著者の体験話などもあり楽しい一冊。


<漫画>
ブラック・ジャック1〜3 【著】手塚治虫
手塚治虫展に触発されて再読開始

<その他>
手塚治虫展(長嶋美術館)
この神様がいなければ今の日本の漫画界は無かったといっても過言では無い!!
宮内裕香イカ展(洋風居食屋bocca)
with 特製イカカレー

<RUN>
36.98km/4回
踵、多少の違和感。

<BICYCLE>
3.61Km/1回
初ライド。10kmぐらい走ったと思うがRUNKEEPが落ちてた。。。車怖い。
10 Aug

自転車買っちゃった。



















お盆の帰省も始まっている様で、何やら街は賑やかですね

そんな事とは全く関係なく、自転車買っちゃいました。

ジョギングをしていると足に違和感がある時もあるので、日頃のジョグに自転車を混ぜてみようと考えた。自転車には結構興味があったし。

とりあえずお手頃なクロスバイク(ロードバイクとマウンテンバイクの間みたいな自転車)なんかどうだろうと、休日にスポーツバイク専門店に行ってきた。

カクカクシカジカ話すと自転車さんの親父さんはロードバイクを勧めてくる。「ロードかぁ。しかしロードは値段もハードルも高いからなぁ」と思っていたら、親父さん「ロードの中古があるよ、見る?」「見ます見ます!」「乗ってみる?」「乗ります!」

前傾姿勢のドロップハンドル、細いタイヤ、無駄な装備を省いた軽い車体。

かっちょいい〜。

中古に全く抵抗は無い、なにより安い!!

むしろ低予算で始められるのは飽きっぽい私には好都合。

で、お買い上げ。

ちょこちょこと走ってみたけど、スピードはグングン出て爽快。バイクとは違う風を切る感覚。でも車が怖い。段差が怖い。下り坂が怖い。まだまだ自転車屋さんに教えてもらった乗り方、降り方、ギアチェンジの仕方、ブレーキングなど考えながら乗っているので、早く”シャシャー”と体の一部になるぐらい乗れたらいいなぁ。

自転車はちょっとした距離では心拍数は上がらないけど、あまり使っていなかった体幹と太もも、腕にくる感じ。ジョギングとは違う感覚が心地よいです。結構汗もかきました。

いい買い物したかな。

いや〜しかし、ここ数か月で随分とアクティブになったものだ。

6 Aug

来週はお盆

「お盆の営業はどうするの?」

ちょくちょく聞かれますが、来週はお盆ですね。

お盆期間も、定休日の水曜日(14日)のみお休みでございます。

ボヤボヤしてたら夏が終わる、あっという間に9月になりそうな予感ですな。

正体
バー魔の巣の店主。

酒とは?カクテルとは?サービスとは?
美味しいとは?自分とは?
将来とは?(じつと手を見る)

女性とは?


日々考え続けるトリコ仕掛けの明け暮れ。

好きなもの(順不同)


スコッチ、バー巡り、カクテル、読書、昼ビール、イタリアン、寿司、猫、映画、漫画、夜ビール、家でゴロゴロ、格闘技、妻、柚子こしょう・・・
Twitter プロフィール
応援してます!

★鹿児島ユナイテッドFC★

公式HP

Recent Comments
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ