天文館シネマパラダイスへ初潜入。(「テンパラ」と呼ぶのはまだ抵抗があります)


ロマン・ポランスキー監督「おとなのけんか」

「子供同士のけんか」の和解のために二組の夫婦が集まり、そこから始まる「おとなのけんか」
夫婦二組のワン・シュチュエーションの会話劇は、上映時間も短めでちょっと物足りない気もしたけど、思い返すと色々と示唆に富んだシーンもありちょうどいい分量だったみたい。

オープニングとラストシーンもいいんですねぇ。

その中に出てきたお酒、「貴重なシングルモルト18年物」はこちら。

劇中、ガンガン飲みます(笑)

bruich18

アイラモルト・ブルイックラディ18年、おそらくセカンド・エディション。

アイラモルトの中ではいくぶん軽い風味を持ちますが、最近は、「ポートシャーロット」とか「オクトモア」とか、かなりピーティーなシングルモルトも生産。また島で唯一のボトリング工場も持ち、近年リリースも多く注目されている蒸留所ではないでしょうか。

映画を観た後、その映画にまつわるお酒を飲んで色々と話をしてみるのもいいでしょうね。

せっかく天文館に映画館が出来たんだから。







*天文館シネマパラダイスで6/8まで上映予定です。

*残念ながら、弊店にはブリックラディ18年2ndエディションの取り扱いはナシ!!
その代わりと言っては何ですが、この映画の半券提示(当日のみ・一杯のみで勘弁)で、「ブリックラディ・クラシック」を半額でご提供します映画館の帰りに是非どうぞ。

*初めての天文館シネマパラダイスはこじんまりとしておりなかなかいい感じ。
ちょっとチケット発券に戸惑いましたが、すぐに慣れるでしょう。