日曜日は南九州市頴娃の佐多宗二商店さんでの「AKAYANE祭り2018」にバーテンダー協会の仲間と参加してきました。

こちらの取り組みは以前から知っていたのですが、訪れるのは初めてです。

IMG_2174

















開聞岳を望むロケーション。鹿児島の端っこにイタリアやフランスから取り寄せたものも含む9種類の蒸留器がある、ここは蒸留ワンダーランド。

IMG_2173IMG_2178
















IMG_2179IMG_2180

















ちょうど芋焼酎の仕込みの時期でもあり、地元で収穫された芋を地元の方々が芋切りをして仕込んでいるその建物の隣の敷地には、アルマニャックやグラッパの蒸留器で、独自のクラフトスピリッツを仕込んでいるのです。

IMG_2170IMG_2171

















社長自ら「蒸留の変態」と自虐的に語るのですが、その蒸留に対する熱い思いは、新たな焼酎の可能性を探り、また焼酎だけには留まらない多彩な取り組みがなされており驚くばかりでした。


IMG_2181
















そして一通り見学させていただき、そのスピリッツをしっかりと胸に刻んだところで、こんどはお腹をも満たしてくれるナイスホスピタリティ!

なんと熊本から料理人の方が来て、鹿児島県産牛のリブなどを振る舞って頂きました。

仕込みの漬け込みに数週間、そして仕上げの燻製半日にかけたお肉を頬張りながら、クラフトジンやアブサンコーク(!)、その他色々。

お腹いっぱい。


IMG_2186IMG_2189






















IMG_2188

















IMG_2190

















大変刺激を受け、また勉強になりました!

ありがとうございました。


佐多宗二商店さんのクラフトのアブサンやウォッカ、ジンが数種類仕入れてきましたので、そのスピリッツを是非口中で感じてください。





















*本日のワークアウト

10月計RUN 170.3km(13)