ワックスかけ、映画と行ったと後でOWLで開催中の都築響一の「Neverland Diner 二度と行けないあの店で」刊行記念写真展へ。
IMG_1988
鹿児島のネバダイが色々とあったけど、私の「あの店」〜ネバダイ〜は見つけられませんでした。

以後、私のネバダイエピソード(記憶補正が入っていると思うし、他の方から聞いたことが無いので幻かも・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20数年に東千石町か照国町にあったラーメン店「南京亭」
当時の鹿児島では珍しい澄んだスープの醤油味の中華そば。
あっさりした味と場末感が好きでアルバイトの帰りに1人でよく行っていた。

メニューは中華そばと餃子とビールのみ(焼酎もあったかも)愛想の悪い大将が一人でやっており、カウンターには缶ピースと薬袋が無造作に置いてありテレビが流れていた。

ある夜、私がいつものようにアルバイトの帰りに行き、餃子と中華そばを注文。
先客はおらず、ぼーっとテレビを眺め(当然、当時スマホはない)出来上がるのを待っていた。

すると、その後1人の男性が来店し、餃子とビールを注文した。

すぐにビールが運ばれコポコポとグラスに注ぎ飲んでいると、程なくして餃子がその男性の元へと運ばれた。
それが目に入り、私は「あっ、俺の餃子・・・」
声には出さなかったが心の中で呟いた。しかし、それは表情に出ていたのだろう。

大将がぶっきらぼうに、「順番は変わるからねぇ!」と。

「はぁ・・・」と私。

しばらくして中華そばと餃子が私の元にも無事運ばれ(当たり前)食して、「何で怒られるの・・・」と少しもやっとして店を出た。

そんなお店、いつの間に無くなっていた。

自分が暫く行っていなかったのかもしれないし、その夜の出来事以外は、記憶が定かでは無い。。。



でもね。

今なら分かるよ!ビールは直ぐに飲みたいし、そこに餃子があるのは最高だということを!

たぶん私に出てくる中華そばと餃子のタイミングもよかったのだと思う。

そんな接客業や飲食業の面白さを知った店、体験だった。

あんな言い方は無いよなぁと思うけど。


また行きたいなぁ「南京亭」

ビールと餃子から始めたい。


でもあの缶ピースと薬の量だと色々と案じてしまう。