店主の呟き

片手にシェイカー  心に花束  唇に火の酒  背中に人生を

カテゴリ: 映画

IMG_1371

















昨日の定休日。劇場にて鑑賞

監督:西川美和 主演:役所広司 『すばらしき世界』

実在した男をモデルにした作品。

一度ドロップアウトした者に厳しい不寛容な社会。

手を差し伸べる人たちもいますが、立ちはだかる現実。

偏見、お金、就職。

「立ち直れないのは本人の努力不足なのか?」「自分は偏見を抱いていないか?」

色々と自問させられる良作でした。

役所広治の演技が凄かった〜



劇場の帰りに原作となった佐木隆三 の「身分帳」を購入。

表紙の「この世界は生きづらく、あたたかい」という文字とコスモスをみて、また感情が揺さぶられました。

20200725111340   















Amazon Primeで鑑賞。

現在公開中の作品では無く、その前作。
主人公の子、最初は男の子だと思ったけど女の子だった。

内容は置いといて、
全力で追いかけてくるゾンビにちょっと笑ってしまった。

生き延びるには早く走れないと捕まっちゃうYO!

ということで、本日のワークアウト
IMG_1131















薄曇りの桜島先輩。


111901
























内容は置いといて、おバカでハッピーな映画始めでした。



Be excellent to each other and party on dudes!


IMG_0959















ブレンデッドスコッチ「ハイランドクイーン」は恋多き、悪女?または悲劇の女王と言われるメアリー・スチュアートの名を冠したウイスキー
写真は30年物。バランスがよく熟成感がありながらも、うれしいリーズナブルプライスです。




そのメアリー・スチュアートは、先日、Amazon Primeで観た映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」にその数奇な運命が描かれておりました。

16世紀のイギリスとスコットランドで王位継承を巡る二人の女王が運命に翻弄されるていきます。女王として生きるのか、母として、女として・・・

映画の焦点は”女の幸せ”みたいなのに当っていたためか、どこまで史実なのか分かりませんが、いまでも続くイングランドとスコットランドの関係が垣間見えて面白かった。

しかし、この時代はメアリーとかジェームズが沢山いてややこしい。

IMG_0958











おさらいしたけど、また忘れるだろうなぁ。。。





the-call-2020-netflix-review-1
















Netflixで「ザ・コール」

過去と電話が繋がっちゃう、韓国タイムパラドスクSFスリラー

こういう設定は大好物。

しかし韓国映画で、黒いごみ袋の中身はアレに決まってるね。

ぼっち営業中に電話が鳴ったら、「ビクッ」ってなるかも。







fxICOswA


















なにかを劇場で観た時に予告をやってて「面白そう!」と思ってたらNetflixでもう配信してた。

面白かった〜

いい意味で軽い古風なミステリーって感じだけど、意外とポリティカルな要素も含んでたり。

しっかり伏線回収したラストシーンでスッキリ。








IMG_2460




















昨日は新年初営業。

ぼちぼちスタートからの、いきなりの来店&カクテルラッシュにバタバタで申し訳ございませんでした!

今年も温かい目で見守りくださいませ。

お休み中はRIZNをみたりランニングをしたり、映画をみたり、のんびり。

IMAXで観た「ボヘミア•ラプソディ」はもちろんですが、Amazon Prime&Netfilxで観た「イット•フォローズ」と「ババドック」も良かった。

怖いだけではなく、味わい深いホラー映画。

町山氏曰く、それぞれ2014年、2015年のベストホラー。

あらもう2019年ですね。

今年はもっと映画を観ようと思った年初めでした。




















本日のワークアウト

1月計41.1km(3)



















謹賀新年ワークアウト

IMAXで「ボヘミアン・ラプソディ」から初詣RUN

We are the champion!


(初商は4日から)



IMG_2012
















鹿児島ユナイテッドFC、1位FC琉球との首位決戦での敗戦に肩を落としている店主です。

アウェーで4−0の大敗。得失点差で3位に転落しましたが、この結果を糧に最後は優勝、昇格で終わる事を信じています。

だからという訳ではありませんが、本日と明日はお休み。

日曜日・祝日を定休日という事にしているのですが、2週も続けて連休だと多少気が引けてしまったり、アレコレ大変になるんじゃないかと思ったのですが、スポーツの秋、芸術の秋(といってもNetflxかな)、食欲の秋を楽しみます。



あっ、先日Netflxで観た「スーパーバッド 童貞ウォーズ」が最高に面白かった。

名作「宇宙人ポール」のグレッグ・モットーラ監督だから、そりゃ面白いはず。

忘れていたなにかを思い出させる青春映画。とにかく登場人物全員が素敵!

ラストも良しでした。

*本日のワークアウト RUN15km

9月計RUN 122.8km(13) BIKE47.2km(2)




 



51LjG8KfMQL











NetflixとAmazon Primeの秀逸なレコメンド機能。「あ〜これも面白そう」「これも観ておこう」と増え続けるマイビデオ(マイリスト)を完全に消化できる日はありません。

とりあえず年代の古いものからという事でのチョイスは

「暴力脱獄」(1967)【原題 Cool Hand Luke】

理不尽な刑務所での”男子校”にあるようなノリの中のLuke(ポール・ニューマン)がかっこ良すぎ。

笑顔が素敵な男も惚れる男。

宗教的、哲学的なテーマももつ、アメリカンニューシネマの傑作というのも納得でした。






*本日のワークアウト RUN6km 

9月計RUN66.1km(7)BIKE21.8km(1)


 

↑このページのトップヘ