ずっと同じ人と当たり続けるとかいうことは割とざらだったんだけど、先日どんなに時間をずらしてもずっと同じペアと当たり続けるという謎の赤い糸マッチングに出会った。

時間とかもわざとずらしたわけじゃないんだけど、3~4分の小休憩を挟んでもマッチングされるという過疎を感じさせるマッチングだった。

そうして回数を重ねるごとに我々の中で奇妙な愛が育まれていったのだ…

そして別れの時が来た。
oppai
わい「おい、LINEのID聞いてきたくせに返事待たずに消えたんだが」
ハジラミ「所詮その程度の関係だ」
わい「やり逃げダイナミックかよ」

※もちろんLINEは適当なIDです。