脇坂安治陣跡■脇坂安治陣跡
所在:岐阜県関ヶ原町関ケ原(地図





脇坂安治は秀吉の賤ヶ岳七本槍の一人に数えられる剛の者で、当時淡路国洲本城主でした。関ヶ原の合戦時ははじめ西軍に属しましたが、小早川秀秋の東軍加担に呼応して、突如反旗を翻し、小早川軍とともに大谷吉継隊を攻め立てました
戦後、同じように寝返った赤座直保、小川祐忠らは改易になりましたが、脇坂安治と朽木元綱は所領を安堵されています。ちなみに関ヶ原の合戦後には、佐和山城攻略にも参加していました。

名神高速の高架をくぐると細い林道があって、そこを入って少し進むと脇に見えてきます。林の中で近くに看板がないので、地図がないとわかりにくいかもしれません。
私が行った時は、ちょうど高速道路の工事(点検?)をしていたらしく、警備をしていたおじさんに話しかけられました。「かれこれ6時間くらい歩きっぱなしで陣地めぐりをしてます」と話したら、「はは〜、よくがんばるなあ」と妙に感心されてしまいました。確かにここまで来る頃には、かなり足は疲れてましたけどね(笑)。なんか話しやすいおじさんでした。

↓ブログの人気ランキングです。↓の画像をクリックで1票!投票してね。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
人気ブログランキング