hideyoshi

大河ドラマ『真田丸』では、秀吉が公式の場で名乗る時、「関白太政大臣・豊臣の秀吉であーる」と言っていますよね。

さあここでいきなりのはてなポイント!「豊臣」と「秀吉」の間に「の」!この言い方は「平の清盛」「源の頼朝」「藤原の道長」などにもあります。でも「織田の信長」「伊達の政宗」とは言いませんよね。実はこれは「氏(うじ)」か「名字」かで違っているのです。

■氏と名字の違い

「え?氏と名字?何が違うの?」と思った方もいるでしょう。現代では書類などによっては名前を書く欄に「氏名」とある場合もあります。当然この場合には、「山田」「鈴木」「佐藤」などの名字を添えたフルネームを書くかと思いますので、「氏」=「名字」は現代の一般的感覚ですよね。

でも昔は「氏」と「名字」は別物でした。この場合の「氏」というのがすなわち「源」「平」「藤原」「橘」などで、実は「豊臣」も「名字」ではなく「氏」です。「氏」と「名字」の意味の違いについては、詳しく書くと非常に長くなるので、ごく簡単にまとめてみましょう。

「氏」というのは、その役職などによって、区別のために天皇家から与えられたもののことをいいます。古代日本ではその役目に応じて、天皇家が「氏」を与えていたんです。日本史で著名な「蘇我馬子」の「蘇我」や、「物部守屋」の「物部」なども、天皇家から与えられた「氏」です。

時代が下って行くと、皇族の血縁者が天皇の臣下となるために「氏」を与えられるケースが出てきます。さきほど出てきた「源」「平」などが有名かと思います。「清和源氏」「桓武平氏」などの呼称を聞いたことがないでしょうか?「清和」は平安時代の天皇の諡ですし、「桓武」は平安京遷都で知られる天皇の諡です。ですから、「清和源氏」と言ったら、「清和天皇につながる皇族の血統」であることを示しています。「私は元を正せば清和天皇の血筋であるから由緒正しき経歴のものだぞ」ということを示す事にもなるという感じですね。

ちなみに俗に「四姓」と呼ばれる「源平藤橘」とは「源氏」「平氏」「藤原氏」「橘氏」のことですが、「氏」は何もこれだけというわけではありません。他にも「菅原道真」「小野道風」「安倍晴明」「文屋康秀」などのようにいろいろ存在しました。


■名字とは何か

一方で、「名字」とは、上記のようにして各地に散らばった「源氏」や「平氏」の皆さんの子孫が、地名などをとって自分で名乗ったもののことを言います。

日本史で平安時代を習う時にあっちもこっちもみんな「藤原のなんちゃら」で「覚えきれるか!」となった方もいるかと思います。このような「区別しきれない」という事態が当時でも発生していたようです。なので、区別しやすいように各々が名乗り始めたのだとか。

地名由来のものには、貴族の名乗りが多かった「一条」「二条」「鷹司」など、京都の大路の名称を取ったものがありますが、地方では地名もよく使われていました。戦国武将で有名なところでは、中国の覇者・毛利家は本姓(氏)が「大江」です。

鎌倉幕府の政所別当として日本史の教科書にも登場する大江広元という人物を覚えていますでしょうか?彼の四男・経光が相模国毛利庄を領地としていたため、「毛利」を名乗るようになったのだそうです。ちなみにこの「地名いただきました」パターンは、山の麓に住んでいるから「山本」とか、山の中腹あたりに住んでいるから「山中」、川の上流に住んでいたから「川上」、などかなりテキトーなケースもありました。


■秀吉以外の武将にも「氏」はある

というわけで、「氏」は天皇から与えられるもの、「名字」は自分で名乗るものであり、本質的には別物だったというわけです。豊臣秀吉の場合は「豊臣」が「源」や「平」と同じく、天皇から与えられた新しい「氏」であるため、「名字」はずっと「羽柴」なのです。

なお、「氏」は、官位叙任などの公式文書に見られるそうですが、戦国武将の中には自分を由緒ある人物に見せるためなど、戦略的に都合のいいように、適当に名乗るケースもありました。

例えば、織田信長の織田氏は、信長の先祖の代から最初は藤原氏を名乗っていましたが、途中から平氏を名乗っています。しかし、これも信長の戦略上の理由とする説と考えられているのだとか。
その他の大名にも自称のケースがありますが、氏があったはずです。

また、秀吉は、配下となった大名たちに自分の名字「羽柴」を名乗ることを許したケースが書状などから明らかになっています。ちゃんと一覧とかにしたことはないですが、有力大名はやたらと「羽柴」を与えられていたように思います。ですから彼らは、位を授かるときの公式文書などでは「豊臣」氏で文書を与えられていました。


■名乗りの「の」について

最後に冒頭の疑問を解消しておきましょう。豊臣「の」秀吉という名乗りの「の」についてです。
これについては、氏+名前の形で名乗る場合は間に「の」を入れるのが普通ということなんだそうです。

ふうむ、ということは「の」がつく場合は「氏」ということか。
蘇我馬子、大伴家持、菅原道真、藤原道長、小野道風…、ほほうなるほど…。たしかに。

でも、豊臣秀吉は学校で習う時は「の」つかないですね…。
大河『真田丸』はこういう細かいところが、何かとちゃんとしているのです。

ちなみに、今回同じく天皇が与える「姓(かばね)」についてもいくつか調べたんですが、これまたなかなか奥深いので、今回はカットします。機会があったら記事にするかもしれません。

 
↓ブログランキングに参加しています。よろしければご協力お願いします。(クリックで1票) 人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログへ