2006年04月

2006年04月27日

地下室マンション

 昨年末、新築マンション内覧会の同行依頼者から耳を疑う連絡が入りました。

「今週、内覧会の同行をお願いしている○○と申しますが、実はマンションの建築確認が取り消されたらしいんですよ」

私は念のためバカげた確認をしました。

「ちょっと待ってください。お客様のご依頼は内覧会同行でよろしいんですよね。ということは、マンションは完成しているということですよね・・・」

続きを読む

2006年04月26日

事件の解決とは?

 昨年秋、耐震偽装事件発覚当時、以前に内覧会に同行したお客様の中にグランドステージの方がいましたので、状況を聞くため連絡をとりました。

「お久しぶりです。今回の件で大変な状況だと思いますが、私に何かできることはありますか?」

「ご心配ありがとうございます。でも、今は外部からの取材などは一切断っている状態ですので、御社にも特にお願いする事はありません」

続きを読む

2006年04月25日

マンション・スマイル通信箱 第2便 「サトウさんの笑顔」

差出人 番場 敏郎

マンション・スマイル通信箱第二便








私のマンションで咲いた百合です


私は自分のマンションの修繕委員を5年ほど担当しています。
本音を言いますと、ちょっと面倒と思う時もあります。

私も以前はマンションの役員なんて絶対にやらない、誰かがやってくれる、と考えていました。
このようなことに全く無関心であったわけです。では、なぜ、こんな面倒なことを好んで引き受けたのでしょう。それには、こんなきっかけがありました。

続きを読む

2006年04月24日

【管理組合クイズ 事例(13)】共用部分のリフォーム

次の内容は、マンション管理組合の運営のなかでおきた出来事です。事例における両国くんの説明が、正しい場合にはYES、誤っている場合にはNOでお答えください。

【事例(13)】
水天宮マンション管理組合の会計担当理事である森下さんは、修繕に関しての予備知識の一つとして、住宅金融公庫のマンション共用部分リフォームローンについて知りたいと思った。
そこで、森下さんは、仲の良いFP志望の大学生である両国くんに、そのローン商品についての質問をした。
両国くんは、
「住宅金融公庫のリフォームローンにはいくつかの種類があります。無担保のものとしては、10年以内の償還という条件がありますが、法人登記をしていない管理組合の名義でも申し込みができ、工事費の80%以内の融資を限度として、1戸当たり150万円まで融資が受けられる固定利率型のローンが設定されています。」
と説明した。

続きを読む

2006年04月21日

おしっこの音

 こういう仕事をしているといろいろなご相談を受けます。
マンショントラブルの四天王と呼ばれる「騒音」「ペット」「駐車場」「駐輪場」の問題がやはり多いですが、その中でも「音」の悩み・相談が圧倒的に多いと言えます。

続きを読む

2006年04月20日

【管理組合クイズ 事例(12)】管理組合の収益事業

次の内容は、マンション管理組合の運営のなかでの出来事です。事例における両国くんの説明が、正しい場合にはYES、誤っている場合にはNOでお答えください。*文中の管理組合は、管理組合法人ではありません。

【事例(12)】
水天宮マンション管理組合理事会に対し、来客用に確保している駐車場共用部分)1台分を、第3者に有償賃貸し、その収益を、修繕積立金などの管理組合会計に繰り入れようという提案が、ある理事からされた。
理事会から、税務署への手続きなどの調査依頼をうけた、会計担当理事である森下さんは、近所の蕎麦屋で出前をしている、顔見知りの学生アルバイトの両国くん(蔵前商科大学商学部FP科に在籍中)に、その件に関して質問した。
両国くんは、
人格のない社団とされるマンション管理組合が、収益事業を行なうためには、収益事業開始届出書を、管理規約前年度決算書所在地の略図を添付したうえで、納税地の税務署に届け出なければならないと規定されています。」
と説明した。

続きを読む

2006年04月18日

【管理組合クイズ 事例(11)】共用部分の火災保険契約

次の内容は、マンション管理組合の運営において、日常的に起こりうる出来事です。事例における、両国くんの説明が、正しい場合にはYES、誤っている場合にはNOでお答えください。

【事例(11)】
経年年数15年の水天宮マンションでは、共用部分の火災保険契約更新が、あと数ヵ月後に迫っていた。
管理組合の会計担当理事である森下さんは、事前準備のため、その契約内容を確認していた。
条文の一つに、価額協定保険特約という定めがあったので、近所の蕎麦屋で出前をしている、顔見知りの学生アルバイトの両国くん(蔵前商科大学商学部FP科に在籍中)に、その内容を尋ねてみた。
両国くんは、
「火災保険の特約の一つで、保険支払いの対象となるものの損害額を査定するとき、時価ではなく再調達価額(新たに同等の建物を建築または家財を購入するために必要な金額)で契約金額を設定できる特約のことです。」
と説明した。

続きを読む

2006年04月17日

【管理組合クイズ 事例(10)】ペットの飼育と管理規約

次の内容は、マンション管理組合の運営において、日常的に起こりうる出来事です。事例における岩本くんの回答が、正しい場合にはYES、誤っている場合にはNOでお答えください。

【事例(10)】
水天宮マンションは、管理規約犬、猫の飼育を禁止していた。
ところが、住人の何人かは、禁止されているペットを飼っており、管理組合の理事長である浜町さんの耳にも、その事実は入ってきていた。
浜町さんは、この問題に悩み、委託管理会社から、清掃員として派遣されている、顔見知りの学生アルバイトの岩本くん(日本之橋学院大学法学部に在籍中)に、参考となる裁判判例について尋ねてみた。
岩本くんは、
平成10年3月26日最高裁判決で、ペットの飼育を禁止する管理規約有効とし、管理組合が、違反行為をした区分所有者に対して、ペットの飼育禁止請求することができることとされました。」と答えた。

続きを読む

2006年04月14日

管理会社変更 4

 これまで、1.専門委員会の設立 2.住民へのアンケート 3.管理会社の募集という順番で、一つの選択肢としての提案をしてきましたが、実際、専門委員会や理事会以外の区分所有者と話し合いの場を持つのはどの段階がいいのでしょうか?

続きを読む

2006年04月13日

管理会社変更 3

 前回お話した、住民へのアンケートを集計したら、いよいよ具体的に管理会社の募集にとりかかる段階となります。
もちろん、この経緯はエントランスやエレベーターの掲示板に貼り付けるようなことではなく、専門委員会及び理事会の間で粛々と進めていくべきだと思います。

続きを読む