img174 (2)
アンディ・ウォーホルって、あのシルクスクリーンの人?こんな映画撮るの?
若いウド・キアー・・・。男前フェミニンだねぇ・・・・色気ムンムンだねぇ~。
エロい・・・エロい・・・。んん・・・レバーで勃起

9月3日にブルーレイが発売された本作。
観たことがなかったし、ウド・キアーが主演ということで、購入
う~ん・・・・無駄にグロくてエロい作り・・・・。
 本当に、アンディ・ウォーホルが監修したんでしょうか・・・・。
なんか下品ですねぇ~。

男爵(ウド・キアー)は可愛い子どもたちと近親相姦の末結婚した姉であり妻のカトリン(モニク・ヴァン・ボーレン)そっちのけで、何処かトンマな助手くん(アルノ・ジュエギング)ととも人造人間作りに夢中。
 男爵曰く―
「最高のパーツを集めて最高の男女を造り、そのアダムとイヴに美しい子どもを産ませる」のが夢なんだとか・・・・・
(幾ら作った所で、精のうと膣の持ち主のDNAがブサイクだったら意味ないし、その持ち主の遺伝子が受け継がれるなんてことは考えないのか・・・・というツッコミは厳禁)。
 イヴは出来上がり、あとはアダムを残すのみ・・・。
どうもアダムの頭部が見当たらない・・・・・。
「そうだ頭部は精力絶倫のヤることしか頭にない男にしよう」と、下賤の民が集うトルコ娼館で待ち伏せする男爵と助手くん。
 中から、男爵好みのデカい鼻を持つ、美男子が現れる。
その男はどうも二人の女性とヤッてる様子
―「な・・・な・・・なんと二人のオナゴとな・・・・吾輩の求める頭部だ
と夜陰に紛れ、助手くんと二人で襲う。
大きな裁ちばさみを手に首チョンパで、精力絶倫美男子の頭部を持ち帰る男爵。
アダムも完成し、いよいよ交配準備開始。
しかし・・・・。
ど~~うも様子がおかしい・・・。
いくらイヴがキスしても、ふにゃチンのまま・・・・。
―「キスだキスしろもっとだ何故だ・・・・、精力絶倫のハズが・・・・」
男爵は間違って、精力絶倫男ではない方の首をハネたのでした・・・・。
一方の男爵の目当て―精力絶倫男は、カトリンとよろしくやっているとナントモなオチがついてしまいます・・・。


―【総評】―
ウド・キアー、サイコー!!
肝臓で勃起する人初めて見た・・・・
IMG_4337 (2)IMG_4336
肝臓を触っただけで、勃起
ついつい興奮してしまい、助手がいるのをはばからず死姦する・・・。
このなんていうか・・・・。
ヌメり具合が非常に良いです・・・・
非常に、気色が悪いウド・キアー男爵。
身振り、口調で、この気色が悪いカンジのオーラを出せるってのがスゴいなぁ~。

〇ァック後・・・
名言が飛び出す・・・
IMG_4338 (2)
思わず、フイてしまった・・・・・
ただ、死姦しただけなのに・・・・。
ものスゴい美的に表現するとこうなります

助手くんがまたコミカルなのもイイッスね・・・。
IMG_4339
fff-03
先生がヤるならオラもヤる
ベロベ~ロ
この後、壊してしまい怒られる助手くん・・・

最近、三島由紀夫の『午後の曳航』を読んだので、なんか三島っぽかった・・・・・・
(エロい所、親の行為を盗み見る子ども、子どもが残酷な所とか)
と言えば少し大袈裟か・・・・

誰かが死ぬたびに、わざわざ内臓を出すサービス(?)精神がイチイチ面白い・・・。
ウド・キアーにいたっては、肝臓出しながら、長広舌をふるう・・・。
fleshforfrankenstein2
イヤイヤ、えら~い長いこと喋るなぁ・・・・。
「ローズ大尉かよ」(『死霊のえじき』)と一人ツッコんだ。
day of the dead 1985 movie pic1
内臓が飛び出てもよく喋る選手権
堂々の第一位 ローズ大尉

「オレの内臓を喰って、腐っちまえぇ~~」。


【予告編】







【ブルーレイ】
悪魔のはらわた HDリマスター版 [Blu-ray]
ジョー・ダレッサンドロ
Happinet(SB)(D)
2013-09-03






ウド男爵の熱演に二つ、首チョンパ後の胴体のピクピク具合に一つ星。
★★★☆☆