2010年03月30日

首のヘルニア発症

突然の右肩、右手の不調のために、

その日は、痛みと痺れ、寒気が治まらないまま、

眠ることもできずに朝になりました。


時計を見ると、朝6時過ぎ・・・


クライアントとの打ち合わせは、朝10時から・・・



後、4時間で体調が回復するとは到底思えない。

苦痛に耐えながら、いろいろ対策を考えてみるけども

私の中では、すでに答えは決まっている。


もう、

部下の”今時君”に全てを託して、病院に行くしかない!

この痛みと痺れは異常だ・・・

単なる疲労じゃない気がしてならない・・・


とてつもなく朝早い時間だけど仕方がない!

今時君にメールを打ってみる。

「打ち合わせ直前、しかも早朝にごめんなさい!」

「今日の打ち合わせ参加できそうにもないんだけど、今時君に任せても良い?」


すると・・・

今時君は、私の体調を心配してくれていたようで

「もしかたしたら、自分が打ち合わせをリードしなければならないかも?」

と想定して、いろいろと準備してくれていた模様。


すぐにメールの返信がありました。

「了解です。何となく想定して、準備しておきました!」

「後は、何とかしますので病院行ってください!」


なんとも有難いメール!

いや、それよりも心配してもらえてたことが嬉しい!



とりあえず、今時君のメールを確認した直後に、

剛田社長にもメールをしてみる。


が、返信はない・・・


まぁ、朝6時過ぎだから当然といえば当然。

でも、7時過ぎにはメールを受信。




そのメール内容は、とてもシンプルでした。



「肝心な場面で全く使えねぇーな」



もう、痛みと痺れが勝っている状況なのでメールは無視。


そして、必死で病院をインターネット検索して、

朝一番で病院へ行って診察を受けました。


診断結果は、、、



首のヘルニア



でした・・・


腰のヘルニアは知っていましたが、

まさか首にもヘルニアがあるとは・・・


考えられる原因を担当医を話しながら模索していて

行き着いた結論は・・・


ハード過ぎるデスクワーク


つまり、過労です。

パソコンの打ち込み作業が

長時間、長期間続くと首のヘルニアになる可能性があるらしい!


これは、

たまたま自分だけに起こった稀なケースかと思ってましたが、

最近、知り合いの税理士さんも本の執筆作業が大変過ぎて、

首のヘルニアになってました・・・。

どうやら、

デスクワーク時間の長い現代人特有の病気になりつつあるらしい・・・






とりあえず、首をコルセットでがっちり固定されて帰宅。

しばらくボー然としてましたが、

ふと我に返って

クライアントとの打ち合わせが不安にはなりました。


今時君にメールして状況確認すると・・・


今日の打ち合わせには急遽、剛田社長が参加したようで・・・




それはそれで良いのですが、

・・・



ただ、



クライアントを激怒させたらしい



一体、何が起こったんだ・・・??







★次回につづく


応援の1クリックお願いします!
人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ 

mantisman at 00:44│Comments(0)TrackBack(0)退職までの道のり 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字