しまんちゅのblog

hommeベーシストしまんちゅの日記

さあしまんちゅだよ!


今日は10月から始まるインストアツアーのご挨拶で山口県に行ってきた。


そして、明日は福山・津山の店舗にご挨拶に行くので、本日は福山のホテルに泊まっておる。


で、今こうしてブログの締切なので執筆しているわけだが、こう・・・なんていうか・・・












わしゃ作家か何かかい?


ホテルでPCつついて原稿書いてる自分を見つめると、いよいよオカシイな、と思うわけだ。


秋山から「ブログの締切だよ」とか来ると、あいつはあれだな、俺の編集だな、などと思いながら執筆している。


あ、先程インストアツアーが10月から始まると言ったが、そもそも、俺らは10月26日に新しいアルバムを出すのだ。


それは置いといて、今日の行き道で高速走ってたら、すさまじい尿意が襲ってきた話をしようと思う。








秋山「いや、アルバムの話ししろよバカ」

 
島田「いや、俺のブログの趣旨的にな、」


秋山「知らねえよ」


島田「趣旨・・・」


※筆者の脳内での会話です。







俺はブログで真面目な事を言うのはあんまり好きじゃないので手短に。


えー、このアルバム周辺のアクション、リリースも含め、これから起こしていく一連のアクション全て。


これらを一言で言い表すなら、


「hommeの10年が込められている」
 

この一言で完結するな、と思います。


10年つったら、生まれてから小学校中学年まで行くからね、アンタ。


そりゃ色々あるし、考え方も変わるし、嬉しい事も悲しい事も沢山経験するくらいの年月ですよ。


その都度してきたアクションも、きっとその時できる全てを突っ込んでたんだけど、今回はこうなんていうか、全てを繋げて、それを放ってる感じ。


アルバムの曲とかだけじゃなくて、ほんとアクション全て。


だから、本当に一人でも多くの人に届いて欲しい、と心から願っております。


この10年でhommeを通して出会って、繋がってきた、ファンのみんな、仲間のバンドマン、関係者各位、そしてこれから出会う全ての人たちに!











以上、現場からでした!スタジオに戻します!


スタジオの秋山「いや、特典のことも言いなさいよ」


島田「え・・・でも尿意の話が・・・」


スタジオの秋山「現場の島田さーん!!」















はい!現場の島田です!! 


島田「えー、今私はですね、あの業界最大手のCDショップ、TSUTAYAに来ております! 」


島田「なんでも、今回島根県のhommeが待望の初全国流通のアルバムをリリースするということなんですよ!」


島田「全国流通なので、全国のCDショップやネットで購入が可能なんですが、なんと、TSUTAYAで購入するととんでもない特典がつく、ということなんですね!!! 」


島田「しかし、その特典の件で、色々と事件が起こっているみたいでですね、今回調査に訪れたという次第であります。」


島田「では早速、TSUTAYA島田店の店長、田中さんにお話を伺います。田中さん、よろしくお願いします!」


田中「宜しくお願いします。」


島田「島田店なのに田中なんですね!」


田中「は?」


島田「失礼しました!今回、hommeのCDにはTSUTAYA限定の特典が付くそうなんですが、何やら色々と事件が起こっている、ということを聞きましたが?」


田中「そうですね。簡単にいうと、どこのTSUTAYAで買っても必ず特典が付く、というわけではない、ということですね。」 


島田「そうなんですか!?私のような一消費者にも分かりやすく説明して頂けますか?あとちょっと頭皮が危ないですね、田中さん!」


田中「どこ見て笑ってんだアンタ!ま、まず、前提として知って頂きたいのが、TSUTAYA RECORDSというものが大きく関係しています。それに加盟している店舗としていない店舗があるのです。」


島田「それはTSUTAYAの看板が出ていても、ということですか?」


田中「はい、その通りです。それを踏まえ、まずは特典が付く購入方法を以下にまとめましたので、それをご覧ください。」





田中まとめ「サルでも分かる!特典が付く購入方法!」  

①TSUTAYA RECORDS加盟店で予約or購入→加盟店で受取
②TSUTAYA RECORDS非加盟店で予約→加盟店で受取

③TSUTAYAオンラインで購入




田中「大きく分けて、この3パターンになりますね。」


島田「なるほど!加盟店かどうか、というのはとても重要なんですね!でもそれはどうやって確認すればいいか言わないと分からないじゃないですか。使えないですねーホントに。」


田中「つかえなっ・・・ちょ、お前ホントにアナウンサーか!?ったく・・・えー、それはこちらのリンクから、お目当ての店舗を検索して頂いて、以下のマークがあれば加盟店、ということになります。」


22657538341f965476609c5e5e882f57


<僕、加盟店だよー







島田「なるほど、そうやって調べるわけですね!」


田中「はい、そうです。そして、今回松江出身のhommeですので、特例があります。」


島田「もったいぶらずにサッサと言えよ、田中っち!」


田中「俺のペースってのがあんだよ!!!ってか田中っちって何だよ!!えー、本来、松江にはTSUTAYA RECORDS加盟店はないんです。」


田中「ですが、特例として、今井書店グループセンター店でのみですが、特典が付くんです!」


島田「おー!それは松江のファンの方には朗報だな!」


田中「遂にはタメ語かよ、オイ。ただ、これはどの購入方法にも言えることですが、特典は数量限定なので、無くなったらそれ以降特典は付かない、ということをご注意ください。」


島田「ソレハイソガナイトイケマセンネー」


田中「お前下手くそだな!深夜の通販番組みて研究しろ!」


島田「homme HPから更に詳しく注意点が書いてありますので、皆さまそちらもご覧下さいね!」


島田「本日はTSUTAYA島田店の島田店長にお話を伺いました、ありがとうございました!」


田中「田中だよ!!!お前もう辞めちまえよ!!!!」






とまあこんな感じで、上記の購入方法で買えば、特典にスペシャルなDVDがゲットできるわけなんです!


その内容はこちら!


特典内容:「混結花」収録楽曲4曲のMusic Video集。
<収録曲>
1.記憶旅行
2.desire
3.シンプル
4.この夜が明けるまで
5.「この夜が明けるまで」スペシャルメイキングムービー


※「この夜が明けるまで」のMVは、youtubeなどにも今後上がらないので、特典ゲットした方のお楽しみ!メイキングも10分近くある、楽しい内容になってますよ!


すごいですねー、これは早く予約しなければ!ですね!


えー・・・







もう尿意の話していいですか?


秋山「いいよー」


では、本日は山口インストア店舗の挨拶周りに向かう時の、俺の尿意の話でお別れです。ありがとうございました!














俺は今日、山口に向かい、高速を走らせていた。


昨日の睡眠時間が少なかったせいか、確実に眠くなる感覚があったので、ブラックコーヒーをボトル買いし、出発した。


そして高速を走っている時だ。ちょうど片側一車線になり、先程から気配を表し始めていた尿意がピークを迎えた。


その尿意たるや、決壊寸前のダム。谷底の村民は大慌てで家財を持ち出すレベル。俺の呼吸は「スーッ、スーッ」と吸ってんのか吐いてんのか分からない擬音語を発していた。


それには理由がある。


俺の前の車にこんなマークが付いているからだ。



ダウンロード









そう、高齢者マーク。怒涛の人生を過ごし、ゆるやかなスローライフを送る、人生の諸先輩方が運転の際に貼るマークだ。


分かる。分かるよ。俺がまだ経験したことがないような大変なことも、もしかしたら戦争も経験してきたのかもしれない、俺の苦労なんか鼻で笑われることなのかもしれない。


でも申し訳ない、言わせてくれ。




アクセル付いてんのか、お前コラ


どんなメカニズムなんだよその車。牛車かよ。


俺の尿意がヤバかったことと、そこが高速だったことで、「あれ?もしかして時が止まってんの?これ?」と錯覚するほどのレベル。よく高速入ってこれたな、貴様。


その頃の俺はもう「アー、アー」と謎の声を発しかけていた。というか発していた。


その際の俺の脳内に浮かんだ映像はこちらだ。








6a9eb91e-s
 












イメージ的にはもっと華々しく吹っ飛んでる画が欲しかったが、仕方ない。ちなみにこの画を拾ってくるまで15分くらい費やしている。何してんだ俺は。


こうして俺は、次のサービスエリアまで、「スーッ、アー」と一人でうめきながら、人生の大先輩の車をスターで跳ね飛ばす映像を脳内でループさせていた。多分30回は跳ね飛ばしたと思う。


こうして地獄を乗り越え、サービスエリアで事なきを得たが、山口入ってからも同じような事があった。


ナビがどっかの裏道というか、追い越せない直線を案内してきて、その時の俺の尿意はマツコデラックスがSサイズ着た時のようにパッツンパッツンだった。


その時俺の眼前には、何それ?車の底から足出して人力で走ってんの?


というくらい遅い、教習車がいた。


何なのどいつもこいつも。わしゃ駅伝ランナーかい。先導を頼んだ覚えはねえ!


そしてTSUTAYAに到着し、脇目も振らず挨拶そっちのけでトイレに駆け込んで事なきを得た。


とまあ、今回の挨拶回りツアー山口編は、どの店舗も素敵な人たちばかりだったが、尿意に苦しめられたツアーだったわけだ。


えーっと・・・












いった?この話??


アディドス!!






 

やあしばらく、しまんちゅだ。


変わり映えしないお前たちの生活に射す一筋の光、しまんちゅブログ!


2週間に1回を締切に、今年は書いているわけだけれど。


人間とはすごいもので、2週間が近づいてくると俺の中のセンサーが反応するようになった。


「そろそろ2週間だな!」みたいな感じで、前回の日付を見ると大体12日くらい経ってて、執筆に取り掛かる。


で、今日センサーが反応したんで日付を確認してみたところ。


17日経ってました。


・・・





















イマージェンシー!
センサーが破壊されています!!



楽しみにしてくださってた皆様、大変申し訳ありませんでした・・・


というわけで、頑張って今ブログを書いている次第であります。


ブログといえば、先日福山にてJOKAFEASというフェスに出演させて頂きまして。


大変素晴らしいサーキットフェスで、hommeも沢山の方に観て頂けたし、久しぶりに全国の仲間達にも会えたしでいい1日だったんですが、その辺はこのブログの趣旨とずれるので割愛します。


その時、岡山のコンビニマンションテクニカラーのVo.ヒジヤ氏に、お前のブログは面白いと言ってもらいまして。


俺は個人的にヒジヤ氏を尊敬してるし、めっちゃ面白いので、テンションが激上がりした。


普段からこのブログを見て下さってる方は分かっていると思うが、このブログの趣旨は「アーティストっぽさ皆無のしょうもない笑えるブログ」を趣旨としている。


「島田さんは今回のライブでどんな風に感じたのかしら!ワクワク!」なんてピュアな気持ちで開いたが最後、そこには後悔と激しい憎悪しか待っていない。すぐさま引き返せ。


どういうことかって?そうだな・・・例えよう。









【問1】
タケル君は、「CGがすごい!!」という触れ込みで今大絶賛公開中の映画、「君の名は」を大いに期待し、映画代が1800円だったので、2000円を握りしめ、観に行きました。
すると、そこにはクラスのいじめっ子、カズ君も来ていて、ポップコーン食いたいから500円くれよ、とカツアゲされてしまいました。
この時、タケル君は「君の名は」を見ることができたでしょうか?
計算式も含め、その時のタケル君の心情を求めなさい。






2000円-500円=1500円

1500円<1800円

A.300円足りなかったので観れなかったため、カズ君を鈍器で撲殺しようと思った








つまりはそういうことだ。


なので、そんな感じのブログを期待していた方は、ただちにこちらのリンクからVo.秋山のブログに避難するか、twitter等のSNSをフォローして頂くことをおすすめします。


あ、あいつも一番最近のはクソしょうもないやつ書いてたけど、それ以外のを見てみて下さい。


ここまで読んで、それでもまだ読みたい、ブードゥーか何かの強めの呪いに掛かっているあなたはこの先を読むがいい。


さあいこう、しまんちゅブログの時間です。






































満を持しての本日のテーマはこいつだ。



どんべえ












そう、1971年のカップヌードルの開発により、一躍その名を全国に轟かせたカップ麺界のパイオニア、日清が誇る主力商品、その名も「どん兵衛」。


日本人であれば、必ず一度は食べたことがあるであろう、ソウルフードどん兵衛。カップヌードルが「君が代」なら、「ふるさと」くらいの立ち位置。知らんけど。


しかし、この日清の「ふるさと」を語る上では必ず起こる論争がある。


そう。


「あと乗せサクサク派vs先入れドロドロ派」



の構図についてだ。


この血で血を洗うような聖戦は、第二次世界大戦の終戦以降最も大きな戦争と言われており、いまだに終戦の目途はたっていない。


この平和ボケした日本において、この話をする界隈には好戦的な奴が多いが、俺は危険を覚悟の上で話そうと思う。もし俺からの交信が途絶えたら、遺骨は日本海に撒いてくれ。


以下、あと乗せ~をAS派、先入れ~をSD派、とする。


俺は断然SD派である。


断然、というか、むしろあれをこれ以上美味く食う方法あんのか、と言いたいくらいの筋金入りのSD派だ。


あ、前置きとして、「蓋開けてから入れて、半分はサクサク、半分はドロドロ」という中立の輩は除外する。お前たちはこの聖戦に入ってくる権利がない。スイスに移住しろ。


では俺の見解を述べていこう。今も誰かから狙撃されないかと思うと恐ろしいが、カーテンは閉まっているので頭を狙うのは難しいだろう。


まず、勘違いしている輩も多いが、あれは天ぷらではない。


あれは天ぷら風のスナック菓子だ。ポテトチップスやカールとかと同じジャンルだ。


しかし、大きくカールと違う点は、ズバリ「スープに溶かした時に旨味エキスを発する」という特性を持っている、という点だ。


カールをふやかしても美味くないのは、この内包されたエキスの問題なのだ。


このエキスがスープに投下されたその瞬間、あの化学調味料上等のスープに、一気にコクとまろやかさがプラスされる。正に旨味の核爆弾だ。


従って、俺の見解においては、あのスナックをSDしてこそ、どん兵衛の真のポテンシャルが発揮される、というわけだ。


ちなみにこの見解においては、麺界隈で有名なかの麺王・秋山も同意見だ。


何だろう、あいつと麺の意見で一致した時の安心感は。あいつが怖いよ。


とまあ、俺の中ではぶっちゃけ論争するまでもなく、上記の意見で完結していた訳だが、一応弱者の意見もすくい上げてやらねば、と思いgoogle先生に「どん兵衛 先入れ」で検索。google先生は学校の先生よりも物知りだ。小学生の皆は覚えておくといい。


するとさすがgoogle先生。そこには


日清の『どん兵衛』あとのせサクサク派 or さきいれドロドロ派? 人気があるのは…」


という、かゆい所をたわしで掻きむしるようなピンポイント記事を発見。さすがです、先生。


そしてクリック。


そこにはなんと1000人を対象にしたAS派?SD派?というアンケート結果があるではありませんか!


いつの間にか天ぷらポツダム宣言してたんですね、先生!僕知らなかったです!どーれどれ結果はと・・・













<あとのせサクサク派 or さきいれドロドロ?>
1.あとのせサクサク 648 (64.8%)
2.さきいれドロドロ 352 (35.2%)














殿!戦況は圧倒的不利でありますぞ!!
 

バカな。


なぜだ。


そんなにもあのスナックをスナックとして食べたいというのか。


納得がいかなかった俺は、なぜこれほどまでに圧倒的にAS派勢力が拡大しているのか、その背景を探ることにした。


そして激闘の末、俺は1本の動画に辿り着いたのだ。


心して観て欲しい。それがこちらだ。














サックサク、サクサクゥ〜♪





サックサク、サクサクゥ〜♪









お前たち!!洗脳されておるぞ!!!!


これは恐らくどん兵衛の天ぷらシリーズが発売された頃のCMだと思われるが、そこには思いっきり「あとのせ式」の文字が。何だよあとのせ式って。いつそんな方程式やったんだよ。俺習ってねえよ。


つまり、我々日本人は、あの食べ物がこの世に生を受けてから、ずっと無意識のうちに「あのスナックはあとのせサクサクなんやで」と日清に刷り込まれてきたことが判明したのだ。


なんということだ・・・まさか巨大組織によるマインドコントロールだったとは・・・


それならば、あのアンケート結果になるのも悔しいがうなずける。


しかし俺はこれからも戦っていこうと思う。


AS派の皆さん、一度勇気を出してSDしてみて欲しい。


あなたのその勇気が革命を起こすかもしれないのだ。


この革命が成し得た時、俺は平成のジャンヌダルクになる。


さあ、皆よ、立ち上がる時は来たり!


アディドス!!!



10076883542
















はいどうも!しまんちゅです!


何となく勢いよく入ってみたが、特に意味はない。


二週間ぶりだな、お前たち。元気してたか?


それにしてもやっと夏が終わる。今年の夏も暑かった・・・


俺が夏を嫌いな理由は前のブログ に書いた通りだ。あ、あせもの薬はよく効いた。あれは大分助かった。


たまには宣伝しましょうか。


でもあれだよね。この「宣伝」とか「告知」とかって言葉が出た瞬間に凄まじい速さでスクロールするよね、お前たち。


あ、興味ないの来る!みたいな、あたかも小動物が身の危険を察知して、その場から一目散に逃げ去るかのように、スクロールするよね。


分かる、分かるよお前たち。


hommeファンの皆様はともかく、ただ「面白いブログを読みたい」、って気持ちでここ読んでくれてる人は、告知はちょっと・・・ってなるもんね。


そんなお前たちがついついスクロールしちゃいがちな、バンドマンによくある告知パターンをランキングしよう。











第3位 
「僕たち新しいMV作ったんです!観てみて下さい!系」



試しに一つ貼ってみよう。







 

homme最新アルバムより 「シンプル」MV


こんな感じに、youtubeのリンクを張りつけるやつだ。張ったMVに意味はない。


「動画がゴミのようだ!!」とムスカ様に罵られそうなほど動画が溢れかえっているyoutubeさんからたまたま拾ってきたMVだ。


このパターンの特徴としては、新しい音源を出す際に、そのプロモーションの一環として投下されることが多い。


興味あるバンドならともかく、軽い気持ちで読んでみたブログ、はたまたSNSで目にした程度では、残念ながら即スクロールされてしまうだろう。











第2位
「僕たち新しいCD出します!宜しくお願いします!系」




ちょっとニュアンスが違うが、例えばこんな感じだ。






レンタルらふ

TSUTAYA無料レンタル第二弾が決定いたしました。

第二弾レンタルは、今秋待望の発売が発表されたばかりのニューミニアルバムから最新曲「シンプル」が収録したCD!


TSUTAYA中国5県57店舗
homme無料CDレンタル第二弾

収録曲:シンプル(過去完全未発売の新曲)
レンタル開始日:2016年8月24日(水)〜
(10月23日でレンタル終了)

レンタル可能店舗:
・中国5県(島根・鳥取・岡山・広島・山口)のTSUTAYA全店
・今井書店グループセンター店&学園通り店(島根)



これは、たまたまバンドリサーチしていたら見つけた、hommeというバンドが、8/24から中国5県のツタヤで第2弾無料レンタルしてるという情報なので、リリースとは異なるが、エッセンスとしては同じだ。


特徴としては、CDのジャケの写真を載せ、曲目や値段などの詳細を書く、というところだ。


こちらも、SNSを中心に溢れかえっているが、興味のない方々には、残念ながら絶好のスクロールポイントであろう。


そして栄えある第1位。








第1位
「次の僕たちのライブはこんなんです!みんな来てね!系」



バンドマンたるもの、主戦場はやはりライブハウスでのステージだ。


そのステージを観てくれるオーディエンスが多ければ多いほど、俄然テンションが上がる。バンドマンは単純なのだ。


これはホントにSNS上でよく見かけるので、目にした方も多いのではなかろうか。例えばこんなやつだ。





2016/8/30(tue)@松江canova
ロストインタイム 海北大輔 弾き語り 「旅行鞄と僕の声と2016 ~旅人と47つの約束~」
<CAST>
秋山紘希(homme)
海北大輔(ロストインタイム)
筆島将太(withワーキャーズ)

O/S 19:00/19:30
A/D 2500yen/3000yen(D代別)
チケット取り扱い:各出演者予約/松江canova店頭/Lcode:61548/e+

秋山は20:10頃からの出演予定




hommeの秋山が8/30(火)に、松江カノーバで海北さんのツアーのサポートアクトする、という情報だが、まさにSNS上から目についたやつを拾ってきたが、こんな感じだ。


特徴としては、詳細と共にライブを告知している点だろうか。


しかし、突如として現れた文字数の多い情報に拒否感を持ったお前たちは、反射的にスクロールしてしまうだろう。







いかがだったろうか?恐らく一度はどこかで目にした事があるものばかり、そしてスクロールしてぶっ飛ばしているものではなかっただろうか。


バンドマンは、この「スクロール症候群」の恐怖と戦いながら、日々告知をしているのだ。


hommeのSNSを読んでくれ、そして拡散してくれている皆様、本当にありがとうございます。








さて、ランキングにみせかけてさりげなく告知をする、という策略が華麗に炸裂したところで本題にいこう。


現代民に蔓延している「スクロール症候群」のように、俺も長く患っていた病気を、最近克服することができたという話だ。


さあいこう、しまんちゅブログのお時間です。




















俺は長年患っていた病気がある。


それは、「自分の味覚不信症候群」という難病である。


これが発症したのは、今から約7年ほど前、俺がhommeに加入して少しした頃に遡る。


現在ボーカル秋山は、松江において割と広範囲で「ラーメンのアイコン」として知られるようになっているが、当時もラーメンにおいてはかなりのこだわりがあった。


そして当時hommeのドラムだった秋葉も、食へのこだわりは強い方だった。


そんな美味しんぼたちの中で唯一のバカ舌だった俺は、お気に入りの店に2人を連れていくと、











「全然うまくねえ」(俺が一番好きだったラーメン屋にて)










「カツべっしゃべしゃ」(お気に入りのカツ丼屋にて)


と、ボロクソに言われていた。


こうして俺は、自分の味覚に自信が持てず、美味しいお店を人に勧められなくなるという、「自分の味覚不信症候群」を患ったわけだ。


この病気の特徴としては、とにかく「感想を置きにいく」という症例が挙げられる。


例えばこんな感じだ。












「人によっては好きかもね」












「まあ、まずくはないよ、まずくは」













「普通かなー」





といったように、どっちとも取れる、常に自分の発言にプロテクトをかけるようになってしまったのだ。


hommeでラーメンを食べに行くと、食べている途中に感想を自分から言うことなぞもっての他。


秋山が「スープがイマイチだよなー」といったのを受け、初めて口を開き、



「あー、わかるわー、それ!」




と合わせにいくという、スネオ的ポジション取り。


そんな小者感と隣り合わせの情けない日々を過ごし、7年の歳月が過ぎた。









そして最近のことだ。


知人と美味しいラーメン屋について話してた時のこと。


そいつが、新しく美味いラーメン屋見つけた!!と意気揚々と言い出したのだ。


それはナイス情報だと、俺は店名を聞いて耳を疑った。


なぜならそれは、俺が前に食いにいってゲロマズだと思ったラーメン屋だったのだ。




「いや、とはいえ俺は味覚崩壊してるし・・・それに個人の嗜好じゃん?」




などという、一切のフォローすら受け付けない、ゲロマズ界の覇者ともいえるラーメンだ。


もしルフィが長い冒険の末に見つけたワンピースがそのラーメンだったなら、「俺はいったい何のためにここまで・・・」と心底嘆くようなレベル。


そこのラーメンを美味いというなら、「俺リス殺すの趣味なんだよね」と言われた方がまだ理解できる。サイコパス野郎め。


まあそんなサイコパスの話を聞いててふと思ったのだが、




「あれ?もしかして俺、味覚治ってんじゃね?」




と。


そうだよ。俺は7年間、秋山と共にラーメンを食い続けてきたんだ!舌を鍛えてきたんだ!!


そこで俺は、勇気を出して、最近見つけたなかなかに美味いラーメン屋に秋山を連れていった。


そこは、スープがうまいが、具が残念、でも値段が安いので総合的に美味いラーメンだ、というのが俺の見解だった。


そしてラーメンを食い、秋山の言った感想は、










「長さん(秋山がたまに食べに行く、松江のラーメン屋)に似てる」



だった。


俺は平静を装っていたが、内心テンションが上がっていた。


あの松江が誇るラーメンアイコン、美味しんぼでいうところの海原雄山・秋山からお墨付きをもらったのだ。





3sC
























KZEFbqOQ




 
「長さんに似てる!!!!」 









いや、これは嬉しい。


ここまで書いて来て、「秋山っていったい何者?評論家?」という疑問が浮かんだ方もいるかもしれないが、安心して下さい、ただのラーメン大好きなミュージシャンです。


ということで、私しまんちゅはこの度めでたく病気を克服いたしました。


最近また新たに美味いラーメン屋の情報を掴んだので今度行ってみよう。


あーラーメンくいてえ。


アディドス!!


やあやあ、しまんちゅだ。


2週間に1回の皆様のお楽しみ、しまんちゅブログです。


皆様元気にお過ごしですか?夏バテしてないですか?してても何もしてあげられないんだけど。


俺の近況としては、関西に嫁いだ妹が、1月に生まれた子供を連れて里帰りしてきてまして。姪っ子と戯れるのが密かな楽しみなのです。


もうかわい過ぎてヤバイ。地球上の全生物の中で群を抜いてかわいい。


しかし、人見知りが始まったせいか、生まれた時はあんなに抱っこしてたのに、久しぶりに会ったらギャン泣き。


ノー、リメンバーミー!


どうやら完全に未知の生物扱いの匡祐おじさんは、いたくショックを受け、こうなったら賄賂を渡すしかない、と意気込んでイオンにおもちゃを買いに行ってきた。


俺の周りをガキどもがギャーギャー走り回る騒然としたおもちゃコーナーで吟味すること20分。買ったおもちゃ総額2000円弱。けっこういいランチが食べれるくらいの値段だ。


今までの俺は、どうせ一瞬で飽きるんだから、そんなポンポンおもちゃ買うとか勿体なさすぎる、世の親たちは親バカすぎて頭のネジ飛んでんじゃね?とか思っていた。


それは間違いだった。ネジが飛んでるのは俺の方だったんだ。


買って帰ったおもちゃで戯れる我が姪っ子といえば、もはや天使などというありふれた表現では追いつかず、まさに形容のしようのない、人知を超えた可愛さではありませんか。


安い!安すぎる!たかだか2000円そこらで、この顔が1週間も拝めるなら、迷わず買いだ!!!


こんな金の使い方があったとはな・・・頑張って働くよ、おいたんは。





まあ、いいんですよ、そんなことは。自分から話しといてなんですけど。


本題はここからです。


えー、私しまんちゅですが、明日14日に米子ラフズにて「大樹門脇率いるすべらない話」というイベントに参加するんですね。



image





















で、ここの出演者のとこに


キョウスケシマダ(とにかく米野郎)



と書いてあるんですが、これを見たのか何なのか、こないだお客さんに聞かれまして。


島田さんはそんなにご飯好きなんですか、と。


いいでしょう。いい機会なので教えてあげましょう。


さあいこう、しまんちゅブログのお時間です。





















全ての食べ物は米を中心に存在しています。


「米を中心に、その周りを他の食べ物が回っている」

こう提唱したのが、かの有名なシマレオ=シマレイであり、この説を俗に「米地動説」といいます。 


そう、




米こそジャスティス(正義)


なのです。


そんな思想を持つ俺の思考は、やはり米を中心に考えられています。


例えば打ち上げ。


バンドマンにとって打ち上げこそが本当のライブ!と謎の発言すらも飛び出す、バンドマンにとって必須項目のイベントですが、俺はこの打ち上げで平然と「かつ丼1つ下さい」とか言ってしまうくらいに米が食べたいのです。


とはいえ、場の空気・同席の諸先輩方の思考によっては、とてもかつ丼プリーズなんて言えない時もあります。


じゃあそんな時はどうするか。


そのあとコンビニに寄っておにぎりを買って食います。例えお腹減ってなくても。それくらいに米が食べたいのです。





別の例を出しましょう。





あなたは友人とモスバーガーに行きました。


今日は朝から何も食べてなくて、この夕食のモスバーガーが初めての食事です。


あなたはバーガー2個とアイスコーヒーを頼み、その後、友人と談笑してたせいもあってお腹はいっぱいです。


しかし、今日は一口も米を食べていません。


さあどうしますか?


答えは一つ。


そのあとコンビニに寄っておにぎりを買って食います。


それくらいに米を愛しています。


ラーメンとご飯なんて当たり前です。蕎麦でもうどんでもご飯食べます。お好み焼きでも当然食べるし、なんならたこ焼きでも食べます。


俺にとって、極論米のない食事は「おやつ」のカテゴリーに入る感覚です。


だからラーメンだけ食べても、それはおやつの感覚なのです。


かのマリーアントワネットは言いました。











Vigée-Lebrun_Marie_Antoinette_1783
















「パンがなければお菓子を食べたらいいじゃない」



これを米に置き換えてみるとこうなります。













Vigée-Lebrun_Marie_Antoinette_1783
















「米がなければパンを食べたらいいじゃない」






違ぇよ!!俺は米が食いてえんだよ!!マリー!!


庶民の気持ちが分からない彼女は、ギロチンの刑に処されてしまいます。


きっと当時の民衆も俺と同じ気持ちだったのでしょう。







先日、秋山のSNSにて、俺が冷奴をボロクソに言ったことで炎上してしまいました。


冷奴ラバーの皆様には大変申し訳ない発言でしたが、あれも、米中心に考えてしまうが故の発言なのです。


俺は別に冷奴がマズい、とは思いません。


が、米には全然合わないので、俺の中では存在価値が薄いのです。


ポケモンで例えるなら、




ヒトカゲ

リザード

リザードン



と進化していくのに対し、豆腐は




ヒヤヤッカゲ

ヒヤヤッコニキムチトオンタマノセタヤツード

アゲダシドウフン


となります。


アゲダシドウフンまで進化すれば、かなり戦える戦力になります。


まあトンカッツーとかには勝てないんですけどね。


先輩にこの話をしたら、「ヒヤヤッカゲこそが今食べたいベスト!な瞬間ってのがあんのよ」といっておられました。


そう考えてみると、俺は酒も飲まないし、食欲が落ちることもないから余計にヒヤヤッカゲに魅力を感じないのかもしれません。


なにはともあれ、ヒヤヤッカゲラバーの皆様、すみませんでした。






以上、俺がどれだけ米が好きかお分かり頂けただろうか?


あー、よかった。危うく明日のすべらない話でする予定の話をネタにしないとブログ書けないとこだった。


ありがとう、米の神様。


明日頑張ります!!


アディドス!!!







 

やあしまんちゅだ。


クソ暑い日が続くがみんな元気に生きているだろうか。


昨日、一昨日は鳥取県の最高気温が全国一だったと噂で聞いたが、太陽も一体何を考えているのか。


やめてくれよ。俺はすぐできるんだよ、あせも。


早く夏終われ。始まったばかりだけど時短して終われ。


そういえば、最近、「ブログを読んでます」的な言葉をちょいちょい頂く事がある。


しかも俺の身近な人たちではなく、昔よく一緒に対バンしてたバンドマンとか、友達のバンドマンの友達(一般人)とか、はては楽器屋の店員さんとか。


こないだ楽器屋に買い物に行った時に「ブログ読んでます」って言われた時にはマジびっくりした。ビックリしすぎて新しいエフェクターボード買ってしまった。


こんな俺のブログなぞ読んでくださっている皆様、ありがとうございます。これからも頑張りますので宜しくお願いします。







さてさて、明日はライブなので今日こそ短めに書きたいと思うぞ。


こないだ道を聞かれた時の事を書こうと思う。


俺的にめっちゃ面白かったので皆にもおすそ分けしよう。


さあいこう、しまんちゅブログのお時間です。



























俺はこないだ道を聞かれた。


なぜか俺はよく道を聞かれる。地元米子だけでなく、県外においてもだ。


そんなに俺は県外で地元感を出しているのだろうか。


そういや昔ツアーして、どこだかに行った時にも道聞かれたな。


ごめんな、あん時首からカメラ下げてなんだか城の場所聞いてきたおっちゃん。俺自分が出るライブハウスの場所すらよく分かんねえんだ。他当たってくれ。


まあ、そんな感じで、とにかくちょいちょい道を聞かれるわけだ。








で、本題だが、こないだ地元でホテルへの行き方を聞かれた。


見た目的には俺の少し上、40手前くらいの男だ。


俺はいつも思うのだが、この便利な時代、なぜスマホを使わんのだ。お前の手に持ってるそれだよそれ。スティーブジョブスが泣いてんぞ。


まあそんな事を思いながらも、聞かれたからには答えましょう。












通行人A「すみません、ちょっといいですか?」



しまんちゅ「はい?」



通行人A「○○ってホテルに行きたいんですけど、この辺ですよね?」



しまんちゅ「あ、はい、そうですね。」



通行人A「あの角曲がって、真っすぐ行ったら右手にありますよね?」



しまんちゅ「いや、違いますね。この」



通行人A「あー、やっぱり。」



しまんちゅ「は?」




いや・・・






















は?


伝わるだろうか、この感じ。


俺が説明しようとしたのに食い気味での「やっぱり」。


やっぱりってどういう事だよ。どんな脳内会話がなされたんだよインユアヘッド。


まあいい、そんなことでキれるなんてそれこそ異常だ。とりあえず良く聞け、A。そのまま行くとお前一生辿り着けねえぞ。











し「この道をまっすぐ行って、あの大通りとぶつかったら右に行ってください。それから200mくらい歩いたら右手に見えますから。



A「あー、分かりました!ありがとうございます。」



A「あれですよね?そのあたりにローソンありますよね?」



し「ローソン?いや、ないですね。ファミマならありますけど。」



A「あー、やっぱり!」

























どこの星から来たんだお前


おかしいだろ!!そこで「やっぱり」はおかしいだろ!


認めろ!お前の事前の調べが間違っていたことを!そしてお前に国語を教えてきた歴代の国語教師全員連れてこい!


こいつの脳のシナプスどんな複雑な絡まり方してんの?首都高かなんか?


ここで終わるかと思いきや、ここで終わらないのがこいつのすごい所だ。










A「ありがとうね、助かった!」



し「いえいえ。」



A「お兄さん、地元の人?」



し「そうですね」



A「もしかしてバンドでもやってる?」



し「!!!?」





え、何コイツ、エスパーなの?何でわかんの?





し「はい・・やってますけど」



A「あー、やっぱり。だと思った。」



し「(それは合ってる)なんで分かったんですか?」



A「いや、だってパーマとかかけてるし、それっぽいもん。」



し「ああ・・・」





















当てずっぽうかよこのヤッパリ星人めが


お前一日何人バンドマンと遭遇してんだよ!!パーマかけた奴が全員バンドマンならこの国の経済おしまいだよ!お前もう星帰れよ!!


とまあ心の中でだいぶ笑わせてもらった。


どうせ道聞かれるならこれくらいパンチ効いてる人に聞いてもらいたいな。


皆さんも「やっぱり」の用法・用量にはご注意ください。


アディドス!!







追記


8/14、お盆真っ只中だが、俺個人のトークライブが決まった。

毎回参戦している、地元バンドマンによる「大樹門脇率いるすべらない話」というイベントだ。

その名の通り、地元バンドマンが集まって、各々巧みな話術で話をし、すべったりすべらなかったりするイベントだ。

俺も毎回本気で挑むので、興味ある方は是非。

予約は俺個人になんらかのメッセージ、hommeのHPから受付中。

よろしく!



2016/8/14(sun)@米子laughs
「大樹門脇率いるすべらない話」
-お盆もすべらない!べしゃり自慢の精鋭達によるすべらない話はじめての米子開催編-


<CAST>
キョウスケシマダ(とにかく米野郎)
ダイジュカドワキ(手がクリームパン)
ヨシオハラ(こうやってこうする強がり)
ショータスミ(ギター買いたがり)
ケンジロウニシムラ(倉吉発大陸間弾道ミサイル)

O/S 19:00/19:30
A/D 1000yen/1500yen(D代別)
















 

やあしまんちゅだ。


本日もしまんちゅブログ恒例、「営業日システム」をフルに活用し、こうして深夜にブログを書いておる。


しかしあれだな。毎日毎日あちーなオイ。


俺は夏生まれだけど夏が嫌いなんだよ。早く終わってくれよ、夏。


なんで夏が嫌いかって?いいだろう、俺が夏を嫌いな理由を以下に列挙しよう。












島田的夏が嫌いな理由 



その①「暑いから」 

まさにゴミみたいな、なんの捻りもない理由だ。
これが飛び込み競技なら芸術点ゼロだ。ただの垂直落下だ。
まあ暑いと汗もかくし、ベタベタするし、暑いよりは寒い方がなんぼかマシだ。



その②「海が嫌いだから」

夏の風物詩といえば「海」。そう答える人も少なくないはず。
しかし、俺は海が嫌いだ。さらに詳しく言うなら海水浴が嫌いだ。
だってしょっぱいじゃん、海水って。
しかも全身日焼けするし。
なんなの?塩ラーメンのシナチクなの?前世。
俺は泳ぐなら断然プール派だ。



その③「あせもがかゆい」

もうほんとこれ。毎年恒例。
体中にあせもができるんだよ・・・
体中にできるからホントに厄介。
今年はあせもに効くスプレーみたいなん買ったからその効能に期待。






以上、俺が夏を嫌いな理由だ。


うん、なんか、こう・・・














しょうもねぇなオイ


何だこのクソみたいな情報は。


毒にも薬にもなりゃしねえ。


まあイマイチ伝わらないかもしれないが、俺の苦手な季節が近づいて来ているのだよ。


そんな俺の事は気にせず、前世シナチクのみんなは思う存分夏をエンジョイしてくれ。ちなみに俺は好きだよ、シナチク。





ccacac7be
















とまあここまで夏について語ってきたが、俺はそんなことを話したいんじゃないんだよ。早とちりするのはお前の悪い癖だよ、ほんとに。


俺が話したいのはここから!


さあ始めましょう。しまんちゅブログのお時間です。

















俺は小銭が嫌いだ。


お前嫌いなもん多いな!という声が聞こえてきそうだが、捕捉させてほしい。


財布の中がジャラジャラするのが非常に嫌いなのだ。


もっと言えば、1円玉と5円玉が入っているのが本当に嫌なのだ。


贅沢を言わせてもらえるなら、10円も6枚とかあると気持ち悪い。が、まあ10円玉は許容ラインなので、よしとしている。


だから、どこで買い物するにしても、最も小銭が少なくなるように支払いをする。


特に端数の出やすいコンビニなんかでは、ポイントを駆使して下1桁をポイントで支払うようにしている。


余談だが、秋山は7000円分くらいポイントが溜まってるらしいが、いまいち使い方が分からないから死にポイントと化しているらしい。誰か何とかしてやってくれ。不憫で仕方ない。


きっと俺みたいな感覚の方も少なくはないと思うのだが、俺は若干その傾向が強いかもしれない。


というのは。


セルフのガソリンスタンド、皆さんはどのように給油しているだろうか。


俺はというと、満タンまで注ぐ事が多い。


満タンまで注ぐと、吹きこぼれを防ぐためガソリンの供給は自動停止する。


俺はそこから、キリのいい、もっと言えば100円単位でキリよくなるまで「ヴィ、ヴィ、ヴィ」と少しずつノズルを握り、継ぎ足すのだ。


例えば2231円とかで止まったら、2300円とか2400円とかになるまで微量に足していく。


これは一歩間違えればマジで吹きこぼれてえらいことになるので、やらない方がいい。


とまあ、それくらい俺は1円と5円が嫌いなのだ。









そんな俺がこないだガソリンを注いだ時のことだ。


俺はその日、松江に向かう途中だった。


ガソリンが無くなりかけていたので、松江に向かう道沿いにあるガソリンスタンドに寄った。


そのガソリンスタンドは、初めて寄るガソリンスタンドだった。外の看板が安値を掲げていたため、ラッキー!とばかりにハンドルを左に切り、入って行った。


安値の割に1台も車は停まっておらず、何やら機械も古めかしい様相で、おいおい大丈夫かこれ、混ぜ物でもしてんじゃねーよなと疑うには十分な雰囲気であったが、資本主義の下層に位置している俺は全く気にもしていなかった。


いつものように3000円を投入、2400いくらで止まった。


そこから


「ヴィ、ヴィ、ヴィ!」


と慣れた手つきで2600円ジャストで止め、満足げな表情でノズルをホルダーに戻した。


するとだ。

















ガッシャン!


トゥルルルル・・



なんとスロットが回り始めたではないか。


色んなガソリンスタンドで給油したことのある方なら分かるかもしれないが、ガソリンを注いだ後にスロットが回り始めるスタンドがある。


そのスロットの図柄が揃えば、その揃った図柄に応じてガソリンが○円引きになる、といった、ゲーム要素を含んだ割引サービスだ。


もちろん揃わないこともあるし、スリーセブンが揃ってリッター5円引き!なんて時もある。


が。


が、だよ。


小銭を嫌う俺にとっては、不必要この上ないサービスなわけだ!


初めて寄ったスタンドなので、このタイプだと分からなかったのだ。


せっかく2600円までヴィヴィヴィしたのに!


頼むから外れてくれ!











トゥルルルルル・・・


----------------------------
   回    |   回   |   回   |
   転    |   転   |   転   |
   中    |   中   |   中   |
----------------------------







リーチ!!


----------------------------
   ス    |   回   |   ス   |
   イ    |   転   |   イ   |
   カ    |   中   |   カ   |
----------------------------
 





リーチ!じゃねえよシナチク野郎


はっ!違う、こいつはシナチク関係ない。


おいおい、マジかよ勘弁してくれよ・・・スイカ揃ったら何円引きなんだよ・・・


3円引き?最悪だ・・・まだ5円とかならキリよくなったかもしれないのに・・・


頼む!外れてくれ!!!













トゥルルルル・・・


----------------------------
   ス    |   回   |   ス   |
   イ    |   転   |   イ   |
   カ    |   中   |   カ   |
----------------------------









ピッ、ピッ、ピッ・・・


----------------------------
   ス    |   遅   |   ス   |
   イ    |   回   |   イ   |
   カ    |   転   |   カ   |
---------------------------- 










プゥーン!!


----------------------------
   ス    |   イ   |   ス   |
   イ    |   チ   |   イ   |
   カ    |   ゴ   |   カ   |
---------------------------- 







YES!!!! 


俺の念が通じたのか、真ん中のリールはスイカを通り過ぎ、イチゴで停止した。


あーよかった!!


さあお釣り400円おくれまし・・・










ブゥーーーーン!!












!??























ピッ、ピッ、ピッ・・・


----------------------------
   ス    |   再   |   ス   |
   イ    |   回   |   イ   |
   カ    |   転   |   カ   |
----------------------------

 




パッパラーーーーン!!


----------------------------
   ス    |   ス   |   ス   |
   イ    |   イ   |   イ   |
   カ    |   カ   |   カ   |
---------------------------- 




機械「おめでとう!リッター3円引き!!」


機械「お釣りを受け取ってください。」


ジャラッジャラジャラーン!!(お釣り499円)



















死んじゃえバーカ


あんなにヴィヴィヴィしたにも関わらず、大量の小銭が返ってくるという始末。


お金は得したはずなのに。


何なんでしょう、この不愉快な感情は。


小銭嫌いの皆様、初見のガソリンスタンドにはお気をつけてください。


あ、これで夏が嫌いな理由増えたな。






その④「スイカが嫌いだから」
 



アディドス!!!

 

やあしばらく。


前回は締切にブログが書けず、ついに原稿を落としてしまった。


楽しみにしてくれてた俺のブログファンズ、本当に申し訳ない。


え?


ブログに締切ってなにって?


なるほど、最近hommeを知ってくれた方か、たまたまこのブログを覗いたかだと思う。


ようこそ、homme、そして俺のブログへ。


出会いの早い遅いなんてなんの問題もない。


そんなことより、隣の家の何らかの木が生い茂りウチの敷地に浸食してきている事の方がよっぽど問題だ。何とかしてくれ。ほら、俺にはご近所付き合いとか色々あるだろ。


そんなあなたに説明しよう。


hommeは今年で活動10周年を迎え、このアニバーサリーイヤーを通し、10個のアクションを起こすことを年始に発表した。


それがhomme 10 Actionsである。 


詳しくは上記のリンクから。


とまあ、そんなこんなでブログの締切を設定したわけだが前回の締切に間に合わず、今こうして書いているわけだ。


というのも、前回の締切日、俺は体調を大きく崩してしまっていた。


たくさんのお見舞いメッセージ、ありがとうございました。


今はもう回復し、こうしてブログを書けているのでご安心を。


今回はそんな体調激悪の時に起きたことを書こうと思う。


さあいこう、病み上がりしまんちゅブログのお時間です。


























6月23日。


この日はブログの締切日だった。


俺のブログは、暦上の日付が変わっても、俺が寝るまでは日付が変わらない、すっかり定着したはずの通称「営業日システム」を採用しているため、24日の深夜にブログを書こうと思っていた。


しかし、何だか体調がおかしい。


仮眠をとって、少し休んでからブログを書こうと思い、ベッドへ。


そして24日の明け方。


起床したと同時に、体の調子は良くなるどころか、とんでもない熱っぽさ。


これはまずいですよ、とベッドから這い出て体温計in。


39.2℃。


なるほどね・・・



















39.2℃!!!??


俺はイロイロオワタと思い、まずブログの投稿を諦めた。


本当にすみませんでした。


そして、翌日25日は昼から路上ライブの予定だったため、この時点から数時間後、秋山と路上の練習があった。


が、直前になっても熱が下がる様子はなく、秋山に連絡。


この時点での最終リハが行えないことから、体調のことも踏まえ、2人体制での路上を急遽秋山一人の弾き語り体制にすることにした。


本当にすみませんでした。


リハも行けず、路上にも参加できない俺のすることは決まっている。


そう、ただただ寝て、体調を回復させることのみ。


朦朧とする意識の中、俺は以前のブログでも登場した、徒歩10秒のファミマに行き、ポカリを購入。


看護師を母に持つ俺は、昔から何でもかんでも薬に頼らず、熱があるときは水分をしかっり補給して、汗をかくだけかけ!そして寝ろ!


と言われて育ってきたので、脳内サウナ状態になりながら、冬の就寝時に着るスウェット上下、インナーは長袖Tシャツという、重装備に着替えた。


さらには毛布と薄手の掛け布団を引っ張り出し、再びベッドに潜り込んだ。


死ぬほど汗をかき、熱を下げちゃいまして治しちゃいましょうよ作戦の構えだ。


もうすっかり日も昇ってしまっていたので、100均で買ったアイマスクを装着し、準備は万端だ。


いざ、灼熱の眠り、そして快方への道へとドリームイン!!!!





























サハラぁぁああ!!!!!


俺はあまりの苦しさで眠りから覚めた。


時計をみると、数時間は眠れたようだ。


全身汗びっしょりで、スウェットも汗を吸ってか、湿って重くなっているような気がする。


汗をかいたせいか、少し熱も下がったような・・・。


ふと、寝起きかつ、熱で朦朧とした意識の中ではあるが、俺は息苦しさを感じた。


ん?


なんだ、この違和感は。


マスク?俺マスクしてんじゃん!!!!


俺は寝る前にはつけていなかったマスクをしていた。


寝るとき、俺はマスクをしても、どうせ直ぐに寝ながら取れてしまうので、加湿器をつけて寝ている。


だからマスクをしていたわけはない。


じゃあなぜ俺は今マスクをしている?


あ!


もしかして!!!



















秋山じゃね!???


秋山が俺の家にこっそり来て、寝ている俺に気づかれないように、マスクをかけて帰ったんじゃないか?


なるほど、真実はいつもひとつ!





















なわけねーだろバカかよ

 
頭脳3歳かよ。体以下かよ頭脳。


そもそも玄関には確かにカギをかけていたハズだ。


それに、わざわざ松江から米子まで、片道40分かけてマスクをかけにくるほどあいつも暇じゃない。


じゃあこのマスクは誰が?


俺が夢遊病のように歩いて下までマスクを取りに行って、かけた?


もしそうなら違う科の病院行かなければならない。


にしてもとんでもないフィット感だな、このマスク。


軽く息苦しいわ。


俺はマスクを取った。

























節子、これただのマスクちゃう、アイマスクや
 

フルーツドロップとおはじきよりは近いが、似て非なるものだ。


どうやら俺が寝る前に付けた100均のアイマスクは、暑さから何度も寝返りを打つうちに顔面中を旅した挙句、口という安息の地に落ち着いたようだ。


このほぼ100%近く真実だと思われる推理を裏付けるため、そのアイマスクの旅の奇跡を再現してみた。


それがこちらだ。











出発前


IMG_2755




























旅の道中


IMG_2759



























安息の地


IMG_1298






















奇跡かよ


しっくりきすぎだろこれ。もういいよ、ただのマスクで。


そんなこんなで、久しぶりに体調を崩し、皆さまには大変ご心配とご迷惑をおかけしました。


本当にすみませんでした。


こんなブログを書いていますが、熱があって大変だったとか、元気になってよかったとか、そういうことを伝えたいわけではないです。


これはただのアイマスクの暴走が書きたくて、その前振りで書いただけですので。


ライブという、その時その場所でしか見れない、一期一会なものを発信する立場として、 今後体調管理により一層気をつけます。


本当にすみませんでした!!!


もう大丈夫だから、またどこかで元気にお会いしましょう!!


アディドス!!! 

このページのトップヘ