LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション

【キャスト】
伊藤英明 加藤あい
佐藤隆太 大塚寧々 吹越満 浅見れいな 美木良介 石黒賢 時任三郎

 ・・・あらすじ・・・

潜水士となって早2年。
海上保安官である仙崎大輔(伊藤英明)は、鹿児島・第十管区に異動となり、機動救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。
恋人・伊沢環菜(加藤あい)とは将来を意識しながら、遠距離恋愛を続行中。
 
さまざまな経験を経て、ひと回り大きくなった大輔だったが、成長したことで知る重みや苦しみもある。それが原因で環菜との仲もギクシャクし、心は複雑に揺れていた。
そんななか、鹿児島沖3キロで大型フェリー・くろーばー号の座礁事故が発生。
バディの吉岡哲也(佐藤隆太)たちと現場に駆けつけた大輔は、そこで驚愕の光景を目撃する。
 
凄まじい早さで浸水を始め、傾いていく船体。
9階建ビルに匹敵する船内には195台もの車両が積載されていて、引火すれば大爆発の危険が。
しかも非常用システムはすべて破損している。
そして、パニックを起こして逃げ惑う620名もの乗客。
そこには、偶然にも船に乗り合わせていた環菜の姿が!
 
4時間後、船は沈没する。
最後の最後まであきらめずに立ち向かう大輔だったが、かつてない極限状態の前に限界があった。
大輔の勇気と力と愛、皆の信じる思いも飲み込んで沈みゆく船。
そして、大輔の声、彼の名を呼ぶ環菜や仲間の声は、爆発音にかき消される…。


 

 ・・・感想・・・ (ネタばれご免)

映画を見てるとどうしても寝てしまうんだけど、コレは最後までちゃんと見てました。
ってことは、面白かったからです。
もう、迫力万点!
過去に『タイタニック』や『ポセイドンアドベンチャー』も見たけれど、迫力では負けてません。
それに、陸側から恋人が乗った船が沈没していく様子を見守ってる設定は新鮮ですよね。

妊婦と負傷者を2階の船室から脱出するシーンで、約1分半も潜水するんだけど、現実不可能??
プールで潜水しても30秒が限界の私にはとても信じられない!
でも、いざとなったら・・・
生きるか死ぬかの瀬戸際ではそうするしか前には進めないのなら頑張るしかないのよね。
そのシーンでは思わず私も息を止めて大塚寧々になってました。(笑)

その後、脱出途中で仲間が爆破の勢いで落ちてきた瓦礫に体を挟まれて二進も三進も行かなくなって、一般人の二人を脱出させるために残していくんだけど、一人の為に三人の命が危ぶまれるわけだから諦めるしかないんだけど、心を鬼にして決断した先崎に脱帽!
まぁ、映画だからってわかってるんだけど、そんなことを思いながら見ててもつまんないよね。
その時には「絶対に助けに来てあげて!」と祈ってしまいました。

1作目の『海猿』をまだ見てないので、先にそれを見るべきでした。

余談ですが・・・
伊藤英明クン、なかなか良い演技します。
吹越満を背負ってエントツを上るシーンがあるんだけど、その時の伊藤クンの筋肉はホンモノ??
ホンモノなら・・・ビリーも顔負けなほど筋肉隆々!?(笑)
最近やってた連ドラの役は好きくなかったけど、この作品や『白い巨塔』の伊藤クンはカッコイイかも。。