2005年11月05日

体が足りない

少なくともひとつじゃ対処できない。

誰からの要望にも応える。
こんな我侭な事はないだろうが、助けを求めてくる人を、必要としてくれる人をほっておくことができない。

そのせいで、一番大切な人が悲しい思いをしても。

たぶん、これから先こんな事がまだまだあるだろう。
耐えれなかったら、今のうちに三行半突きつけてくれたらいい。

「あんたがもっと大事にしたらいいんじゃないの」

わかっていても、自分の事は一番後回し。
自分に近づけば近づくほど後回し。
一緒に居る人を傷つけるだけならば、これから先も居ない方がいいのかもしれない。

 

そんな事を考えつづけて、やっぱり同じ事をする。
学習能力ないな。

だけど、これもしかたない。
作ってない、飾ってない俺がこれだから、いつかどこかで必ず出るだろう。

 

頑張れなきゃ、早い事諦めてくれていいよ。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/manzi/50167328