おはようございます。
昨日の続きです。
もう1つの美術展は東京・広尾にある山種美術館で開催されている「日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ―」展へ。
P1150557
こちらは美術館開館50周年記念の最後を飾る企画展。
当美術館の創設者の山崎種二さんが、当時の日本画家たちとの交流で収集した日本画を中心としたコレクションが元になっています。
今でいうと現代アートのアーティストの作品を積極的に購入しているコレクターのような人です。

コレクションした作品は今では重要文化財となっているものも多数あり、日本画の美術館としては、日本でも有数のものです。
そんな美術館がコレクションしている日本画の中から、東京で作品を創った画家たちの作品を展示したのが、今回の企画展です。

展示されている作品には横山大観、下村観山、菱田春草、速水御舟、小林古径、安田靫彦、前田青邨、奥村土牛、東山魁夷など一度は聞いた記憶がある画家のもの。

今回、太っ腹企画で速水御舟の作品2点が写真撮影OK。
P1150558
P1150559
P1150560
三脚やフラッシュはダメなので写真はイマイチですが・・・・・・。
これは本当に厳選した作品しか展示されていないので、これはおススメの美術展です。
この美術展が今年2つ目となりました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
「ヘッポコのまおまお」のブログを見ていただいてありがとうございます。
一日に一回だけ押して、ランキングアップにご協力して頂けませんでしょうか?
どうぞ宜しくお願い申し上げます!!
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★