おはようございます。
今日も土曜日の芦ノ湖釣行の釣果詳細です。

天候:曇りのち晴れ
気温:4:58で11.5℃、6:00で11.2℃、7:00で11.1℃、8:00で11.9℃、9:16で15.2℃
水温:4:58で9.2℃、6:00で9.2℃、7:00で9.2℃、8:00で9.3℃、9:16で9.4℃
時間:4:58~9:16
釣り方:ぶっこみ、ウキ釣り、ルアー(スプーン、ミノー)
ポイント:箱根湾
エサ&ルアーポイント :赤■  水深4.9~6.1m

170415 ポイント



ウキ釣りロッド大当たり


芦ノ湖ではロッドを1人2本出せます。
先にぶっこみロッド1本を出し、もう1本を迷った末にウキ釣りロッドにしたところ、仕掛け投入早々にニジマスを釣りました。

さらにこの波で鈎のサイズをマス鈎7号ハリス1号からマス鈎10号、ハリス1.5号へと変更。
警戒心が薄れていると考え、大きな鈎でも大丈夫と判断しました。

するとこれが大正解。
その後ウキ釣りロッドを中心にアタリが頻発。
5:26にニジマスを追加。(ウキ釣り2匹目)
170415 ニジマス

5:30にもニジマスを追加。(ウキ釣り3匹目)
170415 ニジマス

ここでぶっこみロッドにもアタリが。
5:31にニジマスを追加。(ぶっこみ2匹目)
170415 ニジマス

ウキ釣りでアタリが頻発するのは、狙ったことが当たったことでもあるのでうれしい。


まさかのラインブレイク


ウキ釣り仕掛けの面倒くさいのは、フッキングのたびに仕掛けのウキ止めゴムが移動し、タナがズレてしまうこと。
そのため、その調整をするのが大変。

仕掛けを入れてからウキ止めゴムの位置を確認するため、ロッドではなく直接ラインを握って、調整をします。
するとググ~っと引くような感じが。

慌ててフッキングすると、仕掛けがフッと軽くなる。
これは嫌な予感。
すぐにウキなどを手で回収。
仕掛けを手繰っていくとオモリからすべて持っていかれていた~。
170415 ラインブレイク

まさかここでラインブレイクするとは。
不幸中の幸いはウキが船べりにあって救出できたこと。

気を取りなおりして、仕掛けを作り直します。
この間、ぶっこみロッドのエサ付けなどはできず放置状態。

ウキ釣りロッドの仕掛けができたので、まずこれを投入。
すると5:40にニジマスを追加。(ウキ釣り4匹目)
170415 ニジマス

5:44にもニジマスを追加。(ウキ釣り5匹目)
170415 ニジマス

魚探上に中層で魚の反応が。
170415 魚探

ここまでで7匹。
順調に釣果を伸ばしている。
タナはボートがある水深5m台。
であるならば、ここでルアーでしょう。

そのため、ぶっこみロッドとルアーロッドをチェンジ。
曇天なので、選んだのは鱒玄人3.7gLD(放流赤金)。
170415 鱒玄人

これをキャストしていく。
170415 ルアーロッド

果たして釣れるのか?


次回に続く・・・・・・。


Facebook ページ、やっています めざせ100「いいね!」


ブログの記事以外にも色々アップしています。
もしよかったらフォローしてください。



励みになるのでポチッと押していただけませんでしょうか?


  
釣り・フィッシング ブログランキングへ