【NEWS】

帽子屋 帽子専門店 帽子の通販MAOZI(マオズ)
MAOZIのオフィシャルウェブサイトへ
帽子の初心者の方から、帽子好きの方までご満足いただけるよう帽子専門店ならではの商品を取り揃えております。


2015年08月31日

帽子専門店マオズ『自分の地盤』

こんにちは

今日は8月最後の日。そして明日は「防災の日」です。
大正12年の関東大震災にちなんで9月1日になっていますが、台風シーズンでもあり各地で防災訓練が行われます。

最近は噴火も続き、いつ・何が起こるか分かりませんので、
先日、週刊現代に掲載されていた『危ない地名』が気になるところです。

png




























「地名情報資料室」を主宰し、地名評論家の楠原佑介氏曰く

『日本全国には「○○が丘」や「○○台」、あるいは「希望」や「光」といった明るい意味の単語を使った地名は数多い。そのほとんどは近年つくられたばかりの新興住宅地。ところがそうした場所は、古い地名が災害と関係していることがしばしばある。

新地名が一つ誕生すると、少なくとも数個の旧地名が抹消されます。そうなるとその土地に根付く伝承、それこそ災害の歴史も人々から忘れ去られてしまいます。不自然に明るい印象を受ける地名が付けられる背景には、行政や企業が災害を示す旧地名、いわゆる『あぶない地名』を隠そうとする意図が見られる場合もあるようです』

等々、各地名の解説をしています。

国土交通省のハザードマップで、ご自宅や職場の状況や避難場所を確認しておいた方が良いですね。
http://disaportal.gsi.go.jp/

知りたくない事実が・・・   な〜んて事があるかもしれませんよ

重ねて、明日は防災の日です。こんな時しか防災について考える事は少ないので、準備の再確認でもしておきましょうか。

厚手の帽子は防災頭巾の代わりになりますので、これからの冬物帽子は必需品かもしれませんね

備えあれば憂いなし です。

それでは、焦っているのに準備が進まない
ハーメルンのほら吹き男でした



maozi at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月30日

帽子専門店マオズ「話好き?」

こんにちは

まだ8月なのに少々肌寒く感じる今日この頃です。
お店も秋物に変わってきています。
新作の買い物シーズンに入りますが、皆さまは買い物の際、お店のスタッフと会話しますか?


同じようなシチュエーションとして、とあるアンケート結果を。。。

Q.美容院では美容師と「しゃべりたい」派? それとも「しゃべりたくない」派?
2014年の『マイナビウーマン』の調べによると 《有効回答数200件(22歳〜34歳の働く女性)》

しゃべりたい……27.5%
しゃべりたくない……72.5%

<「しゃべりたい」派の意見>

・「行きつけの美容室なので気心の知れた相手だから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「担当の美容師さんと趣味の話で盛り上がる」(29歳/生保・損保/事務系専門職)
・「普段はなかなか接点のないような人なので、いろいろな話を聞きたいです」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「仕事のグチとか聞いてもらっているので、ストレス発散しています」(22歳/医療・福祉/専門職)
・「スタイリングとかのコツを聞きたいし、最近の流行りとか美容師目線で聞いてみたい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

<「しゃべりたくない」派の意見>

・「雑誌を読みたいのでほっといてほしい」(26歳/その他)
・「美容院ではリラックスして過ごしたいので、会話をして、話を考えるのが面倒くさい」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「会話をつなぐのが面倒」(26歳/学校・教育関連/技術職)

・「世間話する程度ならいいけれど、プライベートな細かいところまで聞き出そうとしてくる人は嫌」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「ネタがないし、あまりプライベートのことを話したくない」(26歳/医療・福祉/専門職)


では、美容院が受動的な状況に対して、能動的な場合ではどうですか?


Q.タクシーの運転手との会話は好きですか?
好き……100人(26.2%)
嫌い……281人(73.8%)

<タクシーでは会話を楽しみたい>
・「運転手さんからしか聞くことのできない、面白い話やすごい情報を聞くことができるから」(女性/32歳/食品・飲料)
・「たまに感じのいい人がいるので、そういう人の職業苦労話などを聞くのが楽しい」(女性/30歳/機械・精密機器)
・「旅行先でタクシーにのったときにおすすめの飲食店やスポットをいろいろ教えてくれて助かったから」(男性/23歳/通信)
・「地元のこぼれ話などが聞けるから、得することが多いから」(女性/47歳/学校・教育関連)
・「何気ない会話に癒されるから」(男性/31歳/運輸・倉庫)
・「無言だと怖い」(女性/39歳/医療・福祉)

<運転手との会話は苦手……>
・「面倒だし、仕事のことを考えていることが多いので」(男性/50歳以上/電機)
・「疲れているから出来るだけ休みたい」(男性/26歳/農林・水産)
・「運転に集中してほしい」(女性/24歳/団体・公益法人・官公庁)
・「折際に長話をされてなかなか降りられなかったことがあったから」(男性/29歳/不動産)
・「タクシーに限らず、あまり知らない人と話したくない」(女性/22歳/医療・福祉)
・「世間話が苦手だから」(女性/25歳/電力・ガス・石油)
《2015年フレッシャーズ調べ 集計対象数:20歳から60歳の社会人381人》


さて皆さんは少数派、多数派?

お店でも会話するとお得情報をゲットできる事も多々ありますよ
知識を持っている人の少ない帽子なんかでは特に有益な情報が・・・


それでは、自分の買い物では会話を楽しめない
ハーメルンのほら吹き男でした

会話












-----------------------------------------------------------------------------

会話が弾まなくても、美容師は常に一生懸命 ...美容師の思い...

「一番はお客様に喜んでいただくことが大前提ですので、話しが弾まないからカットに集中できないということにはならないと思います。今、美容室が増え続け、そのなかから選んで来てくれただけで美容師は一生懸命になっていると思います。」(栃木県/足利)

「美容室での過ごし方は人それぞれですし、リラックスしていただけているなら日常会話は必要ないと思います。会話しないから楽しくないお客様、一生懸命になりにくいということは全くありません。自分の楽しみ方で美容室を楽しんでいただけたらと思います。」(大阪府/堺)


「お客様のなかには会話を楽しみたい方、雑誌を読みたい方など色々な方がいらっしゃいます。それに対応できるよう美容師側が察していかないといけないと思います。施術に必要なことの会話などはあると思いますが、会話がないから一生懸命になりにくいということはないです。」(神奈川県/川崎)

「個人的な意見でよろしければ…美容師としても、会話の苦手な方の空気を察して、あまり必要以上に話しかけないよう努めます。しかし髪の毛の話しだけをしてしまうとどうしても無愛想になり、お客様の好みが読み取りづらくなってしまいます。お客様との会話は、美容師がよりお客様の髪の好みや悩みを、言葉にできない部分から読み取るための手段とも言えます。」(沖縄県/名護 )



maozi at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月27日

帽子専門店マオズ『おじさんの境界』

こんにちは

本日から登校といった学校が沢山ありますね。
昨日は宿題の追い込みで大変だったのではないでしょうか?

ただ、私に辛い思い出しかない夏休み最終日ですが、皆さんは違いますかね。。。
読書感想文なんて本当に地獄でした。。。

が、今となっては福井県にオープンした「一筆啓上日本一短い手紙の館」が気になっています。
日本一短い手紙のコンクールの過去の受賞作約4400作品を展示している木造2階建ての館だそうです。
240_0_1440342632_1









因みに今年は「花」をテーマに、全国から3万3千通以上の寄せられ、その中から5作選ばれました。


その受賞作の一部に、会社員(70)の12年前に亡くなった妻に向けた「おーい、お花を新しくしたぞ。活け方に文句あるなら出てこいや」と呼びかけている作品や、主婦(30)の「来年は、タンポポの綿毛を一人で飛ばせるといいね。ママは酸欠で、もう倒れそうです」と娘の成長を温かく見守る様子をつづった作品がありました。

いやぁ〜〜・・・しみじみ来ます。。。年をとったのでしょうか。。。

年をとったと云うと、不動産情報サイトのアットホームが、あいまいな境界線として『おじさん/おばさん』『女子/男子』のアンケート結果が気になる所です。

20〜50代の500人に、5つの質問を実施

Q.「男子」と呼べるのは何歳までだと思いますか?
 Q.「女子」と呼べるのは何歳までだと思いますか?
Q.「おじさん」と呼べるのは何歳からだと思いますか?
Q.「おばさん」と呼べるのは何歳からだと思いますか?
Q.「熟女」と呼べるのは何歳からだと思いますか?


■男性の回答平均値
男子     20.9歳
女子     21.4歳
おじさん   37.2歳
おばさん   37.1歳
熟女    44.8歳


■女性の回答平均値
男子   21.2歳
女子   23.3歳
おじさん 40.3歳
おばさん 39.8歳
熟女   48.8歳

『「男子・女子」と呼べるのは二十歳ちょっとまで 、「おじさん・おばさん」の境界線、男性は30代後半、女性は40歳からで、いわゆる「アラフォー」と呼ばれる年齢あたりという結果が出た。』としています。

男性は「男子・女子」からの卒業は早く、 「おじさん・おばさん」になるのも早いと考えているようだ。
30代後半から「おじさん・おばさん」と見なす男性に対して、 女性は「40歳から」と区切りを設けている人が多いのかもしれない。
30代女性は「お姉さん」と呼んだ方がよさそうだ。

また「熟女」は40代半ば〜後半からで、「おばさん」とはどう違うのか、アンケートではっきりと違いが出た。「おばさん」の年齢(男性平均37.1歳/女性平均39.8歳)より高く、
男性では「熟女:44.8歳」、女性では「熟女:48.8歳」という結果となっている。熟女はおばさんよりもさらに熟年度が高い、と考えているようだ。

さて、自分は『男子/女子』ですか?
『おじさん/おばさん』でしたか?

みなさん、おじさんは蔑むのではなく労わらないといけませんよ

若く見せる為、シミ・そばかす防止に帽子でも被ってケアしましょうか

それでは「永遠のおじさん」ハーメルンのほら吹き男でした




maozi at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール
記事検索


Copyright(C) F.I.S Co,.LTD. All Rights Reserved.