塗料販売

2007年03月18日

四国ブロック大会が開催

d9e84b82.JPG
 3月17日は日本塗料商業組合四国ブロック大会が高知市で開催されました。本部からは小嶋理事長が来られていました。四国四県から30数社が参加していました。
 会合は午後1時半から5時までびっしりとありました。6時からは土佐流の宴会とか。体調不良でしたので残念でしたが、宴会はキャンセルしました。

map211 at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月06日

ラストボンドSG(400g)(1圈鵬然焚定のお知らせ

887784dd.jpg このサイト開設以来ラストボンドSG(400g)は3150円。ラストボンドSG(1kg)は5250円で販売してまいりました。
 皆様ご承知のように、この3年間に石油関連製品は値上されています。メーカーの値上があり、弊社も自社でのコスト削減に取組んでまいりましたが、4月1日受注分よりまことに申し訳ございませんが値上させていただきます。


               現行価格     改定価格

ラストボンドSG(400g) 3150円    3675円

ラストボンドSG(1kg)  5250円    5775円



*3月までは現行価格で対応させていただきます。まだまだ地域によりましては寒い日が続いています。塗装は10度以上の気温を確認してからにしてください。

*運賃やコレクト手数料は現行どうりです。

*詳しくはもよりのホームページをご覧下さい。

map211 at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月20日

値上げの季節は辛い

3e87c03f.jpg 石油関連製品の値上げが続いています。弊社は化成品という包装資材が販売の主体。昨年、1昨年の夏以降はずっと値上げ交渉。主にポリエチレン製品でした。

 年末まで化成品の値上げ交渉でしたが、年明けからは今度は塗料関係の値上げ交渉が。なにやら1年のうち半年は値上げの話ばかり。正直しんどいです。お客様には嬉しい話ではありませんし。

 最近はイラク情勢に加え、隣国イラクがなにやらおかしい雰囲気に。サウジアラビアにエチレンプラントが完成すれば安定供給されるということですが、雲行きが怪しいのは気になる限りです。

map211 at 16:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月30日

ラストボンドSGのご愛用に感謝

ef51f957.jpg 10度以下ではもうシーズンは終了ですね。今後は奄美地方や沖縄地方を除けばシーズンオフになりました。皆様のご愛用に感謝です。

 このところ暖冬気味ですが、さすがに朝晩は冷え込むようになりました。最高気温が10度を割り込むシーズンになりつつあります。
 この表示計での10度が目安です。10度以下では、ラストボンドSGは硬化乾燥はいたしませんので。

ラストボンドSGの1キログラムも完売になりました。11月末を持ちまして、今年のシーズンは終了です。またのご愛顧をよろしくお願いします。
 来年の春、外気温が10度を越えましたら、よろしくお願いします。

 ラストボンドSGの乾燥硬化時間の目安です。

1)乾燥硬化時間、塗り重ね時間の目安です

  10℃    60時間

  20℃    24時間

  30℃    10時間

2)可使時間(A液。B液混合後塗装可能な時間を示す)

  10℃    8時間

  20℃    4時間

  30℃    2時間


map211 at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月23日

工事が1・5倍になるとか

e75c91e2.jpg 昨日ある商業コンサルタント会社から「塗装工事が1・5倍になった!」ノウハウ公開緊急レポートと書かれたチラシ(写真)が送付されてきました。
 この商業コンサルタント会社、最近では創業者が「宗教」じみたことを言っていましたので、殆どセミナーに出かけたことはありませんでした。
 なにせ不況です。その「優等生」的な商業店舗が倒産する事態もありましたが。

 それはともかくチラシを見ますと、「営業の標準化」「コンサルタント営業」「企画提案型営業」であります。書いてあることには「一理」はあるとは思いますが・・。
 「リフォーム詐欺」が社会問題化している時節。信用を取り戻すためにもそのような手法が出てきたのでしょう。

 管理人も26年前に「シントーマイホームシステム」という戸建住宅の塗り替えシステム作りに関与していました。十分な成果を上げずに企画倒れになりました。その後大手メーカーが類似のシステムで行っています。バブル以前の頃であり、登場が少し早すぎたようでした。
 チラシのシステムがどうであるかは、疑問ですね。

map211 at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月12日

アスベスト公害の悲劇

 管理人は以前は「と言いましても遠い若かりし頃)ですが、神東塗料というペイントメーカーに勤務していました。半年は尼崎市の本社(あの福知山線の近くの)で研修、東京支店の建築塗料営業部へ配属になりました。

 壁面材に塗料を塗装する仕事でした。当時も防火材料としてアスベストがありました。営業マンであった私が知識として知っているぐらいいですから、ありふれた材料でした。
 アスベストの材料を製造する企業や家族の方が中皮腫を発病し、亡くなられています。なんとも痛ましい事件です。とても他人事とは思えませんでした。

 クボタは労災と認定し、従業員や家族補償されています。問題は厚生労働省などの国の対応です。諸外国では有害であるとの事例報告があるのに過小評価し、対応が遅れたのですから。
 国側も今後はきちんとした対応が必要であると思います。

map211 at 10:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年03月11日

鎌倉荻野塗料の実験

d50efb80.jpg 神奈川県鎌倉市大町にあります荻野塗料大町店。昭和28年にこの地から創業、藤沢、横須賀、横浜とそれぞれ発展された。
 創業の地の鎌倉をなんとかしようと荻野さんは店舗の改装をされました。隣が大変集客力のある洋品店なので、女性の顧客が多くなったとか。

 模様替えを塗料では手軽に出来るので、主に水性で無公害タイプの塗料とか。しかも色合いがよくでるという外国製の塗料とか。コンピューター制御の色合わせの機械と、ベテランのアドバーサーと、美大出身のカラーアドバーサーが対応されているとか。
ペイントアドバイサー
 「色さえつけば良い」という時代から、ファッションや環境を意識する時代に変わっているのだということを荻野塗料さんを見学して感じました。
 塗料の販売も「提案力の時代」ということなのでしょうか。商品知識とセンスが必要であることですね。
竹口さん

map211 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
moblog
アクセスカウンター

livedoor 天気