●権利関係まとめ。

1.全てがそうではありませんが、法的にグレーです。
  もし権利者の方から削除要請がございましたら、即刻、公開物の公開を取りやめます。
  
2.公開物は、権利者に対し損害を与えることを目的としたものではありません。
  したがって、公開物の徒な拡散は防がれるべきというスタンスを取ることとして、
  MUGEN外部に対する公開物の宣伝、また当ブログの宣伝を全面的に禁ずることとします。
  
  
  
ケシェトのスプライトについて。
sffNo10000~19999以外のスプライトを
流用・転用することを禁止します。



その他、動画使用などの公開物の扱いについて、また再配布・改変配布については、
『続きを読む』からどうぞ。
続きを読む



(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)
(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)(`∧ ´)
(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)(´ v `)

ありがとうございます!!

およふくのアレンジたまらんですわ。
同じレミリア改変でも、カラーリングだけじゃなくて全体的な印象まで変わってくるのって面白いですよねぇ。



ケシェトLv3のお披露目です。
これ実は開幕ヴェートモードのコンフィグ切った方が強いのではなかろうかw
ヴェートモードではフェイズ値の上がりがベートモードよりも1低いうえ、常時ライフ減少が痛い。

Lv2までは狂上位でしたが、今回からは狂最上位なので、ガンガン仲間を増やしてくれそうです。

2007年6月24日。mugenキャラ初公開から今日でちょうど10年目です。
image[541] 00490-001
いくつか前の記事でも話題にしたけどコイツの初公開日です。

10周年記念で何か出そうかと思ったんですが、思いの外制作状況が芳しくなく、何も出せそうにありません。
が、何もなしというのも寂しいので、現在制作中のキャラについて少しだけ情報を公開することにします。
公開は半年以上先のことと考えてください。
エル01

エル・シュタイム・ベレシュティア('el_Shtayim_Bere'shti`a)

通称エル。
咲夜改変で槍をブンブン振り回しながら戦います。
斬撃エフェクトがもう少し工夫できそうなのと、
ドット改変があまり進んでないのでナイフ持ってんだか槍持ってんだか分からないところもありますが、いずれ直します。

現時点でのコンセプトは"アンチ凶悪"。
アメジスタ、ケシェトとこれまでは割りかし素直でスタンダードなキャラを作ってきたので、
今回は少し捻くれた性能にしてみようかな、なんて考えています。

神ランクについては搭載する予定はありません。
が、神キャラと戦えるようなカラーは用意するつもりです。なんてったって"アンチ凶悪"ですから。



キャラ設定の話をすると、エルは"太古の世界"の出身者です。
"太古の世界"といっても、"遠い昔。遥か彼方の銀河系で"というレベルの話ではなく、
宇宙年齢の数億倍も昔にかつて存在した、正真正銘の異世界です。

その世界は、造物主たる"創世者"によって管理され、
世界外の脅威に応ずるべく、現存する宇宙に比べて、遥かに緻密で複雑な法則のもとに成り立っています。

世界外の脅威と書きましたが、この世界では、
"霊獣"と呼ばれる赤紫ないしピンク色のゲル状の怪物が毎日のように襲来します。
これら霊獣を撃退するために育成された戦士が"霊獣殺し"であり、
エルはこの"霊獣殺し"の若きリーダーでした。

奮闘するエルでしたが、創世者は死に絶え、やがて世界は終末の時を迎えます。
それから数えるのも馬鹿らしくなるほどの時を経、
世界外に漂っていたエルは、かつての世界の残骸ごとアメジスタによって掬い上げられます。

再び目を覚ましたエルの、第二の人生が始まる――。



という、まあそんな筋書きの話をカチャカチャ打ち込んで、
いずれはキャラファイルに添付して公開したいと思います。
ちなみに、上記の説明は、「間違いではないけれど限りなくミスリーディングな内容」なので、
話の概要を理解する程度に留めておいてください。

半年以上かかると思いますが、気長にお待ちください。



点数ではケシェト側がリードしていますが、上位勢の持ち点がジワジワ上がってきてるので、まだまだ分かりません。
禍雨ちゃんの持ち点が高いので、現時点では、
「彼女が負けた相手を引き込む」ことがケシェト側にとっての最善のシナリオかと。

今パートで、ケシェトのレベルが上昇しています。
Lv3について言及した過去記事によると、

Lv3:5P、最初からヴェート状態。
ベートモードから1度だけリザレクションしてギーメルモードになるモードです。
ランクは狂最上位。

リザレクション時、大魔法撃ってレベルが2上がるので、
ベートモードが速攻で削り切られても、ギーメルモードではレベル3以上からのスタートになります。
なので、大威力を散発的に打つ系のキャラがベートモードを速攻で削りきっても、
ギーメルモードでヒーコラ言うことになりそうです。カッチカチですからね、ギーメルモード。
なお、ベートモードはギーメルモードの下位に当たるモードですが、
レベル7になると、ランク的にはがっつり狂上位はあるので、
それなりに暴れられるだけのポテンシャルを秘めていると思います。

あとは、経験則ですが、ベートモードに得意なキャラはギーメルモードには弱く、
ギーメルモードに強いキャラは、ベートモードに翻弄されるようなので、
この辺で5Pカラーは相性補完という他にない強みを持っているものと考えられます。

即死耐性は、ギーメルモードのレベル5~7のみ。
ベートモードの時に超即死系列の攻撃をもらうと、あっさり死にます。


こんな感じ。
一応、狂最上位ということで、Lv1、Lv2とは一線を画した強さになりそうです。

ギーメルモードは常にゲージ満タンなので、その状態で負けた場合、
次ラウンドでは、ベートモードはゲージMAX開始→3ゲージ超必発動→レベル3化→死亡→リザレクションで、
ギーメルモードはレベル5からのスタートになります。
レベル5では超即死耐性あるしハイパーアーマーなので削りきるのがかなり難しい、と。
多分こういう理屈でランクが跳ね上がったのではないかと思われます。

次パートに期待。



投稿早ええ・・・

禍雨ちゃんLv2のお披露目です。

ケシェトの方は、Lv2になったはいいが、成績はやや振るわず。
次か、あるいは次の次のパートあたりで、ケシェトのレベルが上がるのではないかと。

前の記事で、りどみのランク表記に誤りがある可能性について言及しましたが・・・
うーん、圧倒的に強いわけでもないみたいなので、訂正は一旦保留ということで。
相性差が激しいと最終的にどの辺のランクを落とし所にするか悩むんですよね。

うーむ難しい。



サムネちなつちゃん。
ちなつちゃんの真横に独特な角度で刻まれた、赤黒の禍々しい「ちなつのかみのけ」の文字。
そう簡単に仲間になどなってやるものかという気迫を感じます。
ちなつのかみのけ-1
ちなつのかみのけ-2
こんなキャラです。何度でもSS載っけてやります。
動画でのちなつのかみのけの説明書きのところに「目を狙え!」とありますが、
これは確か、ちなつのかみのけ初公開時のりどみの文言だったと記憶しています。
現公開版には過去verのりどみデータが残ってないし私自身過去ver持ってないので、
過去verのりどみ持ってる人がいたら、そいつは激レアです(無価値)



さて、ケシェトは今回からLv2。
ランクそのものは下がったけど即死耐性は上がったのでどんなものか・・・という話でしたが、
あれ?こいつこんな強かったっけ?という活躍ぶりでした。
ランク表記を見直さなくてはいけないかもしれません・・・

あとは、禍雨心傘 vs 禍霊夢のカードが熱かったですねぇ。
レイマリのような何か。
そしてレベルアップする禍雨ちゃん。

両将ともにレベルが上がったので、これから先、大会の進行に面白い変化があるといいですね。



爆炎クリザ回。
禍雨ちゃんサイドとケシェトサイドを行ったり来たり。

Romancing Fairyさんは序盤のエースとして大活躍でした。



さて、今回でケシェトが遂にレベルアップします。
Lv2のケシェトについて、簡単にお浚いをば。



Lv2:3P
ギーメルモードです。
ランクは狂中位寄りの狂上位。

ギーメルモードは、超必殺技発動毎に、2ずつレベルが上昇します。
config指定がないので、普通にレベルは1から7の間を変動します。
なお、レベル上昇と共に、累積ダメージ量の半分というえげつない数値分回復します。
長期化すると面倒くさいです。
レベル7は固定1ダメージ。カッチカチですね。

AIではいきなり大魔法打ってレベル上げてくるので、
設定上はレベル1スタートですが、実質レベル3スタートのようなものです。
が、試合開始と同時に即死攻撃を仕掛けることができたなら、速攻撃破も可能です。
レベル1にはダメージカット等、基本的な即死耐性すら搭載されてません。
死ぬ時はあっさり死ぬんじゃないかと思います。多分ですが。

なお、即死耐性については、レベル5から超即死無効化が付きます。
元々ギーメルモードは全ての攻撃がprojなので、超即死食らうことは滅多にないんですが・・・
超即死というか、超即死投げでしょうか。そのあたりについての耐性と考えてもらえればと思います。
ランクじたいはLv1よりも下かなと思うのですが、Lv1にはなかった即死耐性がくっつくので、
この辺で相性が変わってくるのが、今大会の見どころでしょう。



えっと、前の前の前? ぐらいの記事でこんなこと書いたと思います。
即死耐性がつくってところが多分ミソです。



レフィカル回でした。

大会が進むと、点数の変動が一気に大きくなりますね。
リーダーは脱落しないから、勝ったぶんだけ点ゲット・・・
からのリーダー敗北で高得点付与、という流れでしょうか。

リーダーは負けるとレベルアップでどんどん強くなるので、
その点で得点UPは一定の合理性があるように思われます。
つくづく面白いですね、このルール。



投稿早い!
順調に仲間を増やすケシェトですが、大将自身の負けが込んでまいりました。
レベルアップまでもう少し。

とはいえ、この大会のルールは、大将自身が得点稼ぎまくっても点数にならないというところがミソなんですよね。
レベルアップ後、強力な仲間を引き込むことができるのでしょうか。今後の動向に目が離せません。



そういえば、私(mapelao)が友情出演しています。
image[002] 00000-000
↑こいつ。
制作物思い(?)の良い棒人間なので、私ぐらいになると、大会動画に自ら出場してでも様子を見に行くのです。
直前の設定20170609180628
天気予報に映り込んだ自己主張の激しい一般人のように暴れるだけ暴れて帰っていきます。

↑このページのトップヘ