2007年01月05日

ハイライト

ブログって、

誰かに聞いてほしくて、こうやって公開してるんだと、思うんですが、いやおれは違う、って思ってる人って、いるんでしょうか。

芸能人とかのウェブ日記ってのは、本人の意思でなくてもやってたりするんでしょうが、一般人の我々は、絶対自分の意思の元にやってるんだと思うんですが。

「最近ブログって流行ってるし、お前も書いてよ」とか、誰かの催促の元に始めた場合だってそうに違いない、って私はコッソリ思ってるわけでして、ね。

他人の内側を覗きたい欲望と、自分に興味を抱いてほしいという欲望じゃ、どっちが強い気持ちなんだろうなぁ。

自分が求める情報以外が、自分の中に流れ込んでくる。

あぁ、なんて気持ち悪いんだろう。

「私はコレを知ってる」
「私はコレを持ってる」
「私はコレを経験した」
「私は…」

うっとうしい。

だからいっきに絶った。

なんだかなぁ。

だったら覗かなきゃい話なんだけど。

ブログという新しい社会が出来て、その社会の中にはまた新しいルールがあって、その社会の一員として参加する限り、ある程度はその上を歩かなきゃいけない。

それが嫌なら、抜けていくしかない。

どの社会にも、自分なりに変えられるルールと、その社会がそれとして成り立つ為には絶対に変えられないルールがある。

アイデンティティとか、そんな概念は通用しないくらい、に。

強固で、寸分も動かせないルールが。

皆、気づいてるんだか気づいてないんだか知らないけど、その上を歩いてる。








すいませんね、理屈っぽいのは、私のクセなんです。

maple614 at 21:12│clip!
庭の主人