2008年12月10日

1次転職でHPを減らしたときの下限値は職依存

HPを何とか少なくしようとする奇特なプレイヤーにとって
新しい手段として現れた1次転職でのHP減らし。

HP装備で減らす。
ハイパーボディーをかけて減らす。
そして、APをHPに振ってHBの効果を上げて減らす。
そんな減らし方で50は当たり前にいけそうということで
実際に試して見ました。

メイプルアイランドに降り立った初心者は、
いつも通りデンデンスローでレベル11まで順調にレベルアップ。
すべてのAPは振らずにとっておきます。
レベル11になったらHPやMPに振れるようになるので、
レベル2〜10で溜めたAPをすべてHPへ。


まずは弓
弓転職前弓転職後








転職前HPは677 HBありで1083  その差406。
前回調べた内容から344+16がレベル11で転職したときの想定の値。
ところが実際になったのは区切りよいHP200。

そこで次に魔法使いを試してみると、
魔法使い転職前魔法使い転職後








転職前HPは689 HBありで1102  その差403。
前回調べた内容から162+16がレベル11で転職したときの想定の値。
今度はHP50。

さらに戦士を。。。
戦士転職前戦士転職後










転職前HPは1248 HBありで1996  その差748。
前回調べた内容から444+16*25がレベル11で転職したときの想定の値。
今度はHP300。
レベル11で同じように転職してみても300。

どうやら職によって下限値が決まっているようです。
かといってこの情報が必要な育成は、貧弱ドラゴンナイトくらい。

HPを降り直しして増やすさなければいける場所が少なくなる世界には
あまり必要の無い情報ですねー。



転職遅れの際、レベル29以下ならSPがちゃんと付与され
30以上ならダメだということにコブシさんたちが
コメントをしてくれようになってます。
申し訳ないコメントご心配なくコメント


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/maplenetastory/51192981