2005年06月11日

星々がみえますか

私の言葉の中に何がみえますか

私はあなたの瞳の中に
荒れはてた野原をみた
その野原は荒れはてていたけど
その奥にあたたかい大地を感じた

何が見えますか
私の言葉の中に

さまよって
さまよって
長いこと捜し求めて
やっとあなたに出会ったから
そう簡単にはあきらめない
出会いの奇蹟を信じたい

銀色夏生
  
Posted by maplepoem at 21:04Comments(0)TrackBack(0)ポエム・思うこと

2005年05月22日

くちなし

鏡に映る顔を見ながら思った
もう悪口はやめよう
私の口から出たことばを
いちばん近くで聞くのは
私の耳なのだから

星野富弘
  
Posted by maplepoem at 16:42Comments(0)TrackBack(0)ポエム・思うこと

生きることば あなたへ

愛する人に別れたことのない幸せな人は、
愛する人に別れた人に、
優しい手をさしのべることはできないでしょう。
悲しみを知らない人は
人の悲しみがわからないでしょう。

瀬戸内 寂聴
  
Posted by maplepoem at 16:36Comments(0)TrackBack(0)ポエム・思うこと

2005年05月10日

落ち葉に乗せた想い

外せないままのカレンダー
夕立の後のアスファルトの匂い
冷蔵庫に貼ったヒーローのシール

君とすれ違った坂道
破る為に書いたラヴレター
夢中で拾ったどんぐり

ブカブカのお父さんの靴
スーパーカー消しゴム
新雪を踏む音

苺の薫りの赤いペン
忘れられたしおり
下校中にするカレーの匂い

落ち葉に乗せた想い
前世への追憶
現世への惜別

来世への想いで
公園を覆い尽くした落ち葉
地に堕ちた想い

叶わなかった夢の数
地に堕ちた想い たち
雨の後にしか
虹は出ない

いつか
腐乱死体を土壌にし
美しい花が咲くだろう
見えるかい?

福山雅治 虹+326
マイ・ホームペジより
  
Posted by maplepoem at 17:56Comments(0)TrackBack(0)ポエム・思うこと

6月のバレンタイン

とても さわやかに
さわやかな笑顔で
彼は受け止めてくれた

結局 わたしはその彼と
結婚することはなかったけれど
今でも思い出す
わたしの初めての恋人

自分の中の勇気を
いっぱいにして
気持ちを伝えた
21歳最後の6月14日・・・
思い出しては抱きしめたくなる
懐かしい昔、昔の恋・・・

Eiko Mutu マイ・ホームページより

  続きを読む
Posted by maplepoem at 17:46Comments(0)TrackBack(0)ポエム・思うこと

2005年05月08日

がくあじさい

結婚ゆび輪はいらないといった
朝 顔を洗う時
私の顔をきずつけないように
身体を持ち上げる時
私が痛くないように
結婚ゆび輪はいらないといった

今 レースのカーテンをつきぬけてくる
朝陽の中で
私の許に来たあなたが
洗面器から冷たい水をすくっている
その十本の指先から
金よりも 銀よりも
美しい雫が 落ちている


星野富弘著「風の旅」マイホ−ムページより

  続きを読む
Posted by maplepoem at 20:09Comments(0)TrackBack(0)ポエム・思うこと